人気ブログランキング |
タグ:教育委員会 ( 14 ) タグの人気記事
教育委員会短信2 母子寡婦貸付金は殆どが教育用
教育委員会短信2 母子寡婦貸付金は殆どが教育用
貸付額は1億円まで可能。給付型増額が困難な中、貸付額を増やせ。それには子育て支援課が担当する母子寡婦貸付金を共有し、貸出額を増やせ。県の仕事が一昨年八戸に回ってきた。新しい流れには皆で知恵をだすべき。

by jpn-kd | 2019-10-26 10:36 | 行政ネタ
児童科学館短信 陳腐化展示品
児童科学館短信 陳腐化展示品
10年一日というが、40年変わらぬ展示品。力学解説など大切なものもあるが、ただ並べてる。時代はIT、ネット、プログラム作成による制御の人材を求める。ために、小学校でもプログラム講座導入。興味を持った子らが更に探求に応えるのが児童科学館。理科の先生を糾合し解説、開発促進力を持つが発揮されず。教育センターの管理不足。


by jpn-kd | 2019-10-26 06:57 | 行政ネタ
「食品ロスをなくそう」 鎌倉の児童、手作り新聞で訴え 八戸市はそうした取り組み無し
「食品ロスをなくそう」 鎌倉の児童、手作り新聞で訴え 八戸市はそうした取り組み無し
未来と将来を託すこどもたち、その自主性を重んじるのが大人の仕事だ。
八戸市教育委員会というのが頑迷固陋、実に嫌な奴が多い。
こどもたちの自主的な取り組みを見せない、知らせないという問題意識の欠如。
こどもはほめて教えろが大命題。
「可愛くば、五つ教えて三つ褒め、二つ叱ってよき人となせ」
二宮尊徳

教育の基本は「ほめ育て」です。
これは何歳になっても同じです。
習い事の教え上手な人とは、「ほめ上手」な人のことをいいます。
老いも若きもほめられれば嬉しいものです。もっとやろうとするものです。

特に幼い子供に教える時は、ほめるに限るのです。
尊徳翁は「三つほめて、二つ叱れ」と教えてくれておりますが、一切叱らずにほめても良いくらいだと思っております。

しかし、尊徳翁はほめるだけでは、そのほめられることの値打ちがわからない。だから二つは叱りなさい。二つ叱ることによって、ほめられることの値打ちが判るといっているのです。
食育月間、食育の日というのが八戸市にもある。
長者小は「給食新聞」を作成し生徒に配布、大館中は残食ゼロを目標にした。白山台中は残食量をクラスごとに計測し発表。
下長小は完食したら「はなまる完食」を一週間ごとに記録、江陽小は給食委員会が全校によびかけ残食調べを実施、残食の少ないクラスを表彰。
いろいろと取り組んでいるが、記録に残ってない、給食新聞は外部に見せないと、例によって教育委員会の隠蔽体質で、生徒達の意欲的取り組みが厚いコンクリートの蓋に閉ざされた。
そういう体質なのかね、教育委員会に行くと、職員がやる気を減ずる。

by jpn-kd | 2019-04-10 16:57 | 行政ネタ
何もしないのが上策とふて寝をきめこむ教育委員会
八戸市役所で一番性質(たち)が悪いのが、教育委員会
この社会教育課が公民館の係り
枝野大臣が言った節電
これは基本契約を下げない限り、無駄な電力を供給しようと、電力会社ははりきる
少なければ、少ないだけ電気を発電
根本を見直せと、告げた
それは七月
回答がきた
何もしないのが一番との返答
こんなもんだ
社会教育課長は最初から結論ありき
やらない、やれない理由をこじつけるべく、資料を集める
愚かなことだ
こんな課長しか集まらない教育委員会
何を言っても聞く気がない
教育部長は部下の見殺し、課長連はしたくない、しないことを最上とする
ぐだぐだ言いながら賞与と月給もらい得
本人は得とおもうけど、市民にとっては毒でしかない
こういう輩を一掃しよう
清掃事務所に頼んでもだめ
市民各位が箒をてにして、各階を監視と叩き出し
こうでもしなけりゃ、改善、改革はできない
行政改革屁のごとし
担当課もしない、させない、やらない課だ
教育委員会、社会教育課の寝言返答を記載
日本救護団様
 
 日本教護団様がご提案されております公民館における契約電力の引き下げにつきまして、次の
ようにご回答申し上げます。
 当課で所管している24公民館における電気設備は、2館が高圧受電施設、残り22館が低圧受
電設備です。
 高圧受電施設における各月の電力は毎月変動し、その月の最大電力と前11か月の最大電力の
うち、いずれか大きい値を契約電力とすることになっており、契約電力は月により変動します。
このことから、最大電力を大きくしないために、同じ時間に一度に電力を使わないように指導し
ているところです。
 その他の22公民館については、使用しようとする負荷設備の容量が6キロボルトアンペア以
上であり、50キロボルトアンペア未満であることから、東北電力供給約款による契約種別が従量
電灯Cとなります。
 この従量電灯Cにおける契約容量につきましては、大きく2つの方法によって算定されます。
① 契約負荷設備の総容量
② 電気使用者が用意する契約主開閉器により契約容量を定める
 当課で所管する公民館の契約容量は、①の「契約負荷設備の総容量」によって、東北電力株式
会社に電気の供給を申込んでおり、それぞれの公民館の負荷設備に応じた契約容量になっており
ます。
 さて、公民館は「学び・集い・つなぎあう」生涯学習の場として、また、地域コミュニティの中
核をなす場として、地域住民の方が活用しているとともに、災害時における避難所に指定されて
おります。
 いざ、災害が発生し、公民館に多くの方々が避難された場合、施設照明、暖房・調理設備など
通常時における使用時より、多くの電力が必要とされます。避難された方々の安心、安全を確保
する上でも、十分な電力を確保する必要があります。
 このようなことから、ご提案されている公民館の契約電力を引き下げるということは、「①契約
負荷設備の総容量」による方法から、「②電気使用者が用意する契約主開閉器により契約容量を定
める」という方法にするということになります。この場合、公民館が避難所になった場合等にお
いて、契約主開閉器が動作して公民館への電気の供給が停止し、避難されている方々を不安にさ
せるという事態が想定されますことから、公民館の契約電力に関しては、現状の契約電力で管理
していきたいことをご理解いただけるようお願いいたします。
 なお、今年度6月から実施しております節電につきましては、省エネルギーの観点から、引き
続き、公民館を利用する方々のご理解、ご協力を得ながら、継続して節電に努めてまいります。

                                      八戸市教育委員会社会教育課
by jpn-kd | 2011-11-13 09:48
教育委員会社会教育課長の逃げ
競馬に逃げ馬というのがいて、のっけから走る走る、他の追随を許さずゴールする妙味は競馬ファンならず血を沸かせる
教育委員会は部下殺しの部長がいて、課長が東北電力に問い合わせ従量電灯Cは契約電力を下げられないと言った
これを嘘だと見破り、東北電力に出向き確認、さらに課長を連れて部下殺しに談判
課長の非をなじると嘘だと決定していない、調査をするので時間を貸せという
必要な時間を待ち、経過一週間
すると課長は東公民館の配線図をとりだし、ここの契約電力はどうのこうので結論的には変更できないという
嘘をついたのを詫びないのかと訊くと、「部下殺しのところで詫びたと認識している」とほざく
あのときは部下殺しが時間を貸せといっただけだ
そうでしたか、私は詫びたと認識している
自分だけ認識しても相手にそれが伝わらないでは詫びも愚痴も言い訳もない
そこで、こんどは誤ったのを当方が認識した
電力会社が24ある公民館の電力使用量から出来ないかどうかを訊くのが先で、こんな東公民館の配線図を持ち出し、一週間待たせた理由は何か?
それは課長は前任が建築指導課だったそうで、そのときに東公民館を手がけたことがあり、その図面を取り寄せだか、借りたのかは知らぬが一週間待たせて、その館をもって24館の変更は無理は自分が無理解
八戸市役所に公民館をつかさどる課はここだけ、その課長が嘘はつく、自分のすることも理解できず、こじつけに時間を費やすは愚か愚か
そして、今日がまたも一週間目、こちらが訊かなければ何も連絡してこないのが市役所の体質
こうした世間一般常識のない理不尽きわまる奴バラを相手にする
日本救護団が死んだら誰が追求する?
奴らはずるく市民が知らないところで勝手放題、許すな役人、なまずるい
by jpn-kd | 2011-08-19 08:33
ペテン師教育委員会・社会教育課長
24公民館の束ねは社会教育課、ここに先週の金曜日に従量電灯の基本アンペアを下げる努力を願いに出た。課では各公民館の電力会社との契約アンペア数を知らない。調べて連絡するとのこと。今週の水曜日に出向いたが時間を貸せと課長、金曜日になり連絡がないので催促、すると出たとのこと。
午前中に来いというので出向くと、公民館別の一覧表があった。小中野公民館従量電灯C、27KVA、基本料金8505・白銀公民館37KVA基本料金11655などと記されている。
15%節電を目標に掲げ努力中との説明あり、ところが基本料金は下がらないとの説明があった。
課長の話では従量電灯A・Bは可能だがCは機器を撤去しなければいけない。だから無理だという。誰に聞いたのかとたずねたら、電力供給規定をインターネットで調べ、更に東北電力のお客様相談室の鈴木氏だという。
その裏を取りに電力に向かい、鈴木氏と面談。
すると「契約アンペア変更は従量電灯Cでも可能です」
課長の話と全く違う。八戸市役所はやりたくない理由を探す。これは体質だから無理もないが、電力の社員の言葉を真逆にして伝えることはない。つまり、自分たちがしたくないので、あたかも電力会社がそう言ったように置き換えた。
普通の根性の人間なら、課長の言うことだし、そうかもしれないと引っ込む。ところが何でも調べないと気がすまないので、電力会社で担当者と面談。
「たしかに市役所の人から電話で問い合わせはありましたが機器を外す必要などもありません、契約アンペア変更は出来ます」
丁度十二時になったが、今度は日本救護団が課長を足止めし、再度市役所に戻った。何で嘘まで言うのかと詰問、聞き違い勘違いもあるが、出来る話を出来ないとした欺瞞は許さないと教育部長に面談を求めた。
教育部長が突き放し、自分で解決しろと迫ったため、自殺した職員事件以来の面談だ。
開口一番見殺しの話をしてくれた。お盆も近いので自殺した職員がこの場を設営したように思えた。部長の芝は何も言わない。陰険な眼で睨んでいたが構わず社会教育課長の嘘をなじった。芝は15%がどうのこうのと言い出し、事態の飲み込みが悪い。それとも得手のトボケか、こうした奴を上司に持つ人間は辛い。だから人事交替を叫ぶが遠吠えでしかないが、必ずこうした場面が用意されるものだ。天罰覿面(てんばつてきめん)はこれを指す。
課長の錯誤は自身が従量電灯を下げたときにクーラーを外したという。それは自発的にしたのだが、それをしないと出来ないと思い込んでいたようで、部下の説明もその線で聞いたように受け止めたが、出来る話を出来ないと置き換えたペテンは許すことができない。
課長が応対し結論を出せば、それは八戸市役所を代表して言う言葉、その認識があって嘘を言ったのかと訊くと嘘は言っていないと反駁。電力会社の社員は首をかけて言っている。出来ると、それをいかにも出来ないように言う行為は市役所が市民に嘘を言ったことになる。出来ない・しない理由書を取り、処分決定に不服を申し立てれば行政裁判に引き出せる。どんな些細なことでも気に入らなければ徹底的に追求する。これが男の仕事だ。
部長の芝は時間をくれ、電力会社に今一度尋ねてみるとのこと、どうぞ気の済むように徹底しておやりください。
by jpn-kd | 2011-07-31 09:09
教育委員会の返答
津波で八戸市も被害をこうむった。避難所暮らしをしなければならなかった人々に自衛隊も避難所を提供し多くの人々の露命をつないでくれて多謝。こうした災害時の威力を発揮するのが無線、世の中がどのように進んで、電波法の一部見直しで電波を発射する携帯電話の持ち主に電波法で定める従事者資格を免除したようなしないような妙なことで、携帯電話の促進をしたが、基地局が損壊すれば無用の長物、今回もそれを露呈したが、無線機は各々が電源とアンテナを有するため、個々の被害ですむため、生き残った無線機が活躍したのは立証された。十勝沖地震のときにも八戸のアマチュア無線局が大活躍、水産従事者も無線機を有するが、今回の津波でどうなったかは情報が不足して不明。
さて、何回か紹介したが電池不要のラジオ、昔は鉱石ラジオと呼んだが今はICラジオと呼ぶのが正しいか、それの製作キットを八戸市内で販売している人がいて、その商品は秋葉原の電気街に卸されている。
これを小中学生に製作させ、手のひらに入るほどの大きさのため、持ち歩きさせるも良し、自宅に置くのも良し、使い勝手はさまざまあるが、自作で電池不要の情報収集手段を手に入れることが可能だ。孤立し情報もないままひたすら耐えるは千年前の津波被害と同じだ。
文明が進みテレビ・ラジオの情報の垂れ流しの時代、売っているものが全てではなく、自作したラジオが正しい情報を伝えれば、いくらか心の安定にもつながる。
これを八戸市内の小中学生に教育として自作させよと詰めた。
その返答がきたので開示。
日本救護団 様

 平成23年4月18日付でお問い合わせのありました、
「小中学校生徒の鉱石ラジオ作成」についてお答えいたし
ます。
 この度は、有意義な情報を提供していただきありがとうございました。今回の震災による停電でテレビも映らず、 携帯電話もつながらない中、正確な情報を得るためにはラジオが有効であることを経験いたしました。普段から防災に対する意識を高め、しっかりと準備することの大切さを実感したところです。
 そのような中、ご紹介いただきました鉱石ラジオは、電子工作の入門として、ラジオの原理を知るには最適な教材の一つと思われます。昨年度、発明協会出前講座でも取り
上げられており、また学校独自で製作に取り組んだ市内の小学校もありました。
今回の震災の経験から、各学校に対しては、手回し発電機を利用したライト等と合わせて、理科や技術・家庭科等のなかで、防災意識を高める教材の一つとして鉱石ラジオを紹介したいと思います。

 これからも、さまざまな面から子どもたちの防災意識を向上させていきたいと考えております。

             平成23年4月19日
               八戸市総合教育センター
             
             〒031-0803
              八戸市諏訪一丁目2-41
              ℡0178-46―0521

屁の様な回答で臭いもなければ実現可能かどうかも定かでない。こうした文章を作成しろと学校は教えているのかネ。
行政を改善改革するには担当者の頭の中、文法の組み立てから教えるのか?
小学校に行きなおしたらいかがかナ。
by jpn-kd | 2011-04-20 11:33
急転直下是川縄文館に泉山一族の土器移る?
世の中は人、八戸市役所教育委員会はアメリカまで出かけ、土器搬出を一族の末裔に願うもことは成就せず、アメリカで小便して帰ってきた。この交渉経過書類を見せよと捻じると、八戸市の利益を損ねると開示拒否、この場合には選択肢は二つ、一つは査問委員会を開かせ八戸市役所に今一度下駄を預ける、これが穏当、もう一つは裁判所に持ち込むで、これは青森まで行かなければならないのでかなり面倒、もっとも、査問委員会を開いたあとでも可能。
こうした、面倒な作業しかないかと、半ばあきらめていたが、人物がいたのを発見、それも市会議員、この男が重要な鍵を握った。人は用と所を得れば水を得た魚、この問題は間もなく解決、さすが市会議員、足を棒にして市内を歩く歩く、そのため支持者を獲得するが、その支持者の強力な応援を得て当選、この図式に要の人間がいたのだ。まだ、全貌を知らせるときではないが、事態氷解は間違いない。それにつけても、市長を始め職員は頭を低くして市議に相談しないのかネ。
by jpn-kd | 2010-02-08 08:23
税金を何と考えるのか?教育委員会
不要な縄文館を建てる小林市長、その尻馬に乗って騒いだ咎めを受けろ教育委員会シリーズで、徹底的に叩くのが狙い。
 さて、視聴覚センターだ。これは三八五に指定管理になった。この年間の管理費が三千三百万。ところが、ここの利用者が少ない。ここにはプラネタリウムがあり、「日本救護団」の前に建つ。そのため利用状況は知悉するが、よく車で来るのは三沢米軍キャンプの子どもたちだ。車検の無い車で来る。車検もなくて平気なんだ。まだ日本は占領されているのかネ。同様、自衛隊の車も車検はない。南部バスを見な、車体に穴が開いてるが車検は通る。自衛隊の車は穴が開いていないが、車検は通さない。どうなっているのかね、自衛隊法を読んだことがあるが、超法規だ。
 さて、この視聴覚だが、ここには年間六百万円のビデオ購入費がある。図書館は年間百五十万、それでやりくりをムリクリ(八戸弁)している。同じ教育委員会に属するんだ。図書館利用者年間47万人、情報センター年間二万人。図書館ビデオ所有本数1424、視聴覚3441。DVD図書館1006、視聴覚347。
視聴覚センターは学校関係者にしか貸し出さない。この閉鎖された状況。これは規則で決めた。そんな規則は変えろ。誰でも借りられるようにするべき。だから、年間九百しか借り手がいない。
 さらに、保有するビデオに何があるかを探せない。昭和の初めじゃあるまいし、保存資料をカードで探せはナンセンス。図書館の蔵書検索システムに併合し、誰でもが自由に探せる制度にするべき。何のための誰のための視聴覚センターだ。映像資料購入費は市民のためと違うのか? さらに、その資料購入は訳のわからぬ審議会で決めるのだト。審議会の真偽が問題。多分嘘だろう。自分たちのために買っている。真昼の暗黒、蟹工船などを小中学生が見るのか? もっと開かれた状態にしろ、同じ教育委員会内で図書館の意見も取り入れ、市民本位の資料検索、貸し出し自由にしろ。それが市民のための映像資料貸し出し自由化だ。
by jpn-kd | 2009-12-08 07:07
教育委員会変る世の中変らぬ随契
b0183351_0242966.jpg
随意契約大好きで、競争入札やりかた知らぬ、自分だけわかるやりかたで、他に言われりゃ面白くないと、横を向いては舌をだし、人の意見は聞くふりばかり、どんなに世の中変ろうと、そんなことなど何処吹く風よ、我が世を謳歌したけりゃおいで、八戸教育委員会、人のうらやむ仕事ぶり、したふりこいて絶対しない、しないはずだよ、ここは中東シナイ半島、なせばなる、なさねばならぬ何事も、ナセルはエジプト大統領。
 年に一度の成人式を取り仕切るのが教育委員会、この仕事を随意契約、見積もりとって安いところに出すのはいいが、同じ業者に十年出すな、これはおかしい変だわヨ、相手は日新管財、これまた不思議、毎年どうして取れるのか、何かカラクリあるはずと、探してみれば、こりゃ妙だ、市役所清掃八千万、これも同じく毎年落札、どうして同じ業者ばかりが美味い汁、知るか知らぬか知るかクソ。
 談合するのかしないのか、同業者に鼻薬、いろいろ方法あるだろが、役人怖くて喋らぬが、毎年、同じはこりゃ変だ。
 成人式の看板請負、これまた丹野看板や、同様随意契約で、十六万、一社は同じ見積もり百四十万、これが正しい金額ならば、どうしてできるの丹野さん、毎年同じ看板使い、年だけ入れ替えすまし顔、これじゃ新規作成じゃありません、昔の顔で出ています、それは小林旭さん、昔の名前で出ています、それは看板屋じゃありません、看板格納、倉庫やさん、だから安くできるんです、参議院にいるバサマ、私にも写せますってCMに出た扇千景じゃないけれど、それなら私にも移せます、看板かついでスタコラサ、倉庫に入れてしまいます、また来年のお楽しみ、これじゃ終いにオコルぜ、責任者出てこい!
 ステージ中央の松の盆栽、借り賃なくして撤去料が出る不思議さよ、前任者がやったこと、今年も何のためらいもなく、同じこと繰り返すのが教育委員会のお仕事です。毎日お父さん、立派なお仕事ご苦労さま、互いに言い合うお疲れさま、疲れるのはお前の仕事ぶり、こちとら少しも疲れない。
b0183351_024512.jpg

by jpn-kd | 2009-12-01 00:25


ブログで行政改革をめざす日本救護団
メルマガ-まぐまぐ

メルマガ購読・解除


 

カテゴリ
タグ
以前の記事
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
記事ランキング
検索
楽天
その他のジャンル
画像一覧