人気ブログランキング |
タグ:市長小林の失敗 ( 628 ) タグの人気記事
八戸市役所、抱えた仕事持ちきれず臭くなったら外に投げろ4
八戸市役所、抱えた仕事持ちきれず臭くなったら外に投げろ4
高齢福祉課地域包括支援センターは「下長・上長地区 高齢者支援センターはくじゅ」の言う、上長地区には正式な見守りネツトワーク等はないは嘘だと言う。何故? 町内みまもりネットワーク協議会があると主張。
役人が言う薄め液作業だ。面倒なことを言われると協議会とか委員会と言い逃れるのが常套策、それを言われた時は、その存在を問うことだ。
町内みまもりネットワーク協議会の事務局はない。つまり市役所は嘘をついている。
無い物をあるといえば、その存在と構成員を調べればいい。さらに議事録を取ることだ。この風刺政策課で見たように市役所はいい加減に処理、面倒になると外部発注、それも事務委託は可能で、それなりの手続きを経ることを擁するが福祉政策のボケは補助金交付という訳の分からぬ手段をとった。
アウト! 手続き違反。
外部発注が本当に必要なのか、手の余るような大がかりな仕事なのか、最近他の市町村で見るのは市民見守りの事務外部委託、それも町内会への事務委託。全国的な悩みを事務委託で解決しようとする、これは正しい。
こうした場合も手続きが必要なのは言うまでも無い。
福祉政策はいい加減なことをするな、市民を欺すなごまかすな!


by jpn-kd | 2019-06-13 07:33 | 行政ネタ
八戸市役所、抱えた仕事持ちきれず臭くなったら外に投げろ3
八戸市役所、抱えた仕事持ちきれず臭くなったら外に投げろ3
八戸市はこのように規程
八戸市補助金等の交付に関する規則 昭和 61 年1月7日規則第1号
(この規則の目的) 第1条 この規則は、法令、条例又は他の規則に特別の定めのあるものを除くほか、補助金等の交付に 関する基本的な事項を定めることにより、補助金等の交付の適正化を図ることを目的とする。
(用語の意義) 第2条 この規則において「補助金等」とは、市が市以外の者に対して交付する次に掲げるものをいう。 (1) 補助金 (2) 利子補給金 (3) 交付金
2 この規則において「補助事業等」とは、補助金等の交付の対象となる事務又は事業をいう。
3 この規則において「補助事業者等」とは、補助事業等を行う者をいう。
(交付の申請) 第3条 補助金等の交付の申請をしようとする者は、補助金交付申請書に市長が定める書類を添えて提 出しなければならない。
福祉政策課が八戸市社会福祉協議会に民生委員管理業務を出した。
これが補助金対象になるのか、補助とは自力でできない事業に市が助力をする。
始めから事業ありきだ。
八戸市中心街の八日町開発、田名部組が中心となり開発会社を設置、その資本金だけではまかなえないために、補助金申請、それが市側で審議され、交付決定。
この手続きを踏む必要あり。
社会福祉協議会は申請書類を提出したか?
その申請に基づき審査決定をしたのか?
補助決定通知は出たのか?
補助事業が完結し社会福祉協議会は報告書を提出したのか?
社会福祉協議会が提出したのは補助金をどう処理したかの会計報告だけだ
福祉政策課は依頼する業務内容を明確に伝達したのか?
民生委員を毎月招集し各課が依頼する業務内容の記録を福祉政策課は何故求めないのか?
役所はすべからく記録に残す。
ところが記録を求めず記憶に頼るのが市役所の仕事か?
福祉政策課が本来自身で処理する事務、これを外部に委託するなら補助事業ではなく、事業委託をするべき。
自分たちでやらなければならぬ仕事をマル投げ、持ちきれなくなり、臭いにおいが出て来た民生委員管理、これを投げた。
目的と処理方法も明確にせず八戸市社会福祉協議会に投げた。
ゴミ箱か? 八戸市社会福祉協議会は?
3000万円の補助金が八戸市社会福祉協議会に出ている。
この福祉政策課のマル投げは、別枠だ。
八戸市役所手抜きを旨とし、汗を流す努力を放棄!
しっかり仕事をしろ、市民を馬鹿にするな!
八戸市役所諸君のはらわたまで見通すことができるのが、行政文書開示請求だ。
市長小林は行きすぎた情報公開請求は問題だと発言。
何、自分の無能・愚脳と職員の仕事に対しての手抜きを隠すための発言だ。
国が決めた法律、開示請求は米国人でもロシア人でもなにびとにも認められた権利だ。
たかが、地方行政の首長が云々できる話ではない。
僭越、笑止千万!



by jpn-kd | 2019-06-10 07:00 | 行政ネタ
八戸市役所、抱えた仕事持ちきれず臭くなったら外に投げろ2
八戸市役所、抱えた仕事持ちきれず臭くなったら外に投げろ2
何故これが判ったか?
それは高齢者支援センターから上がる地域個別ケア会議報告書からだ。
介護保険という制度を国がつくり、そこで多くの雇用を産んだ。新しい産業が日本に誕生した。
八戸市は毎年2億円のカネをつぎ込み、高齢者支援センターに地域の高齢者を見守ろうと新体制を発足。
受託した12の民間企業の高齢者支援センターが定められた地域が抱える悩みを報告する。
それを市役所の地域包括センターが一括秘匿管理。
そこに、隠されていたのが地域ケア会議報告書28
報告者 下長・上長地区 高齢者支援センターはくじゅ
徘徊する方を見守る上で一番重要となるのが地域住民からの情報等であることから、連携できる見守り支援が必要。上長地区には正式な見守りネツトワーク等はないため、民生委員が主に見守りを頑張っているものの負担が多大となっている。
 【地域課題】民生委員以外の町内住民も含めた見守り体制の構築が必要。
こうしたことに町内見守り連絡協議会を高齢福祉課は設けているという。その事務局はあるのか? ない。
民生委員の会合が毎月開かれている。その席上で高齢福祉課が町内見守りをお願いしているという。
それでは、いつそれをお願いしたか記録を見せろと要求。
記録はないが口頭で頼んだとのこと、それでは依頼の事実を確認できない。そして町内見守り連絡協議会の存在すら判明しない。
ない組織をいかにもあるかのように言う市役所、民生委員に依頼したという事実確認もない。
そこで、福祉政策課に高齢福祉課が毎月開催の民生委員の会合に出たかを確認。
すると、いろいろの課がお願いをして、次の課が発言し、福祉政策課はそこに開始から終りまで居ないという。
福祉政策課が民生委員の掌握をしていないのかと問うた。
すると、社会福祉協議会に願っているとのこと。
どういう形態で依頼したのか?
補助金だという。
市役所が事務掌握しなければならぬ業務を他に依頼する。
良くあることだが、本来業務を補助金で依頼できるのか?

by jpn-kd | 2019-06-09 08:24 | 行政ネタ
八戸市役所、抱えた仕事持ちきれず臭くなったら外に投げろ1
八戸市役所、抱えた仕事持ちきれず臭くなったら外に投げろ1
八戸市役所には情報が集まる。
これは間違いない。
健康増進課でも見たように、多くの市民をおだて煽って、自身ではできぬことをさせる。
が、その管理ができない。
間口拡げて人を集め、それらの向かう先の指示ができない。
ところが、もたもたしてても一年は瞬く間に経過だ。
積み木と同じで、色とりどりの部品を眺め、その数の多さに満足するが、どう並べるかを知らない。
挙げ句に一年の時間切れで、おもちゃ箱にしまう事忘れて次の年度が開始だ。
役人は2,3年で部署を替わる。
前の仕事もロクにこなせず、次に行くが、その部署の内容を、ようよう理解したころでまた異動。
前任者が何をしたかを理解しても、その前任者がロクなことをしてないと認識しても、それを口にださぬ。
これが暗黙の了解事項。
これに異を唱えれば不平分子の烙印だ。
だから、判っていても判らぬふりだ。
八戸市役所職員は役者だ。
知らぬフリをする名人揃い。
八戸市役所劇場の俳優達は見ざる聞かざる言わざるの三猿を得手とする。
さて、
民生委員という制度がある。非常勤の地方公務員。
民生委員は、住民の生活状態を把握し、援助を必要とする者の相談に応じ、社会福祉に関する活動を行う者と密接に連携し、福祉事務所その他の関係行政機関の業務に協力すること
さらに老人福祉法の施行について、市町村長、福祉事務所長又は社会福祉主事の事務の執行に協力すること、生活保護法の施行について、身体障害者福祉法の施行について、知的障害者福祉法の施行について、売春防止法の施行に関し、婦人相談所及び婦人相談員に協力すること、児童福祉法(第16条第2項)に基づき児童委員を兼ねるとされている。
めったやたらと業務が多い。
こなしきれるはずもない。
民生委員は役所のできない仕事の受け皿で、いわばゴミ箱だ。
八戸市には法定民生委員定数は523人、現在509人が地方公務員として登録されている。
また、酷使される条件を揃えている。
民生委員はその職務に関して、都道府県知事などの指揮監督を受ける。
市町村長は、民生委員に対し、援助を必要とするものに関する必要な資料の作成を依頼し、その他民生委員の職務に関して必要な指導をすることができる。
さらに、
また、民生委員は、都道府県知事が市町村長の意見を聞いて定める区域ごとに、民生委員協議会を組織し、その協議会は民生委員の職務に関する連絡調整その他の任務を行う。
八戸市役所福祉政策課がそれを担う。
6月6日に問うた。毎月開催される民生委員協議会の議事録を見たい。
無い!
作成していない。
市役所は困難な作業を民生委員に頼んだという。
▲頼んだのは文書でか?
●口頭で頼んだ。
▲どこに?
民生委員協議会にだ。
そこで、議事録を求めた。
が、市役所が民生委員を掌握していたのは10年前まで。
今は下請けにマル投げだ。
その下請けは?
社会福祉協議会だ。


by jpn-kd | 2019-06-07 07:14 | 行政ネタ
八戸市に保健推進員制度7 健康増進課罰金50万円!
八戸市に保健推進員制度7 健康増進課罰金50万円!
形骸化した保険推進員を調べていて副産物発生
それは最低賃金法違反で罰金50万円
食生活改善推進員は八戸市が委託する事業。委託とは八戸市自体では出来ないからお願いしたい。それには◎◎万円でお願いしますと、事業推進にかかる経費を積算し、合計◎◎万円になるので、この事業の経費を認めて欲しいと財政課に願う。
すると、鬼より怖い財政はグズグズと文句をつけ、事業費削減や、その事業の必要性について文句をつけ、なかなか承認しないというのが建前、
ところが、この財政も、細かい所は見ていないのだろう。これで通過だ。
青森県最低賃金762円、ところが450円、支払い根拠は有償ボランティア制度を社会福祉協議会で決めた額。
これはあくまで、タダで働くボランティアに、申し訳ないからと僅かでも払おうと決めた金額。
これを援用した。
ふざけるな、八戸市民は応分に税負担に耐えている。
その市民に役人では出来ぬことを委託するのに、最低賃金も守らぬ賃金で事業を委託するのか。
市民を馬鹿にしている。
応分な負担を強いながら、国や県が決めた裁定賃金を守らず、人を安くつかうことしか考えていないから、こうした情けない事態が発生する。
健康増進課の課長が物知らず、また、GLも根本を知らない。何故こうした悪い惑星直列が出たのか?
それは、健康増進課が得意な体質の集まり。
つまり、事務畑の人間不在を証明。この課は実務畑のたたき上げ、保健婦や看護婦などの実戦部隊だ。
ために、技術的なことは知悉すれど法律が、規則が条令がなどには疎い。
ために、こうした馬鹿げた駒下駄、日和下駄が生じた。
人を安く使えが八戸市役所の大命題ではない。市民にいかに健康で働いていただくことこそが使命。
その最前線で活躍指揮する健康増進課が最低賃金守らず、労働基準局から罰金を科せられる。
その相手は?
愚脳市長小林にだ。
小林の泣きっ面に泥を塗った。こうした愚行、この課だけではなかろう。昨日と同じ事を繰り返す八戸市役所職員ばら。
根源は何か、何故我々がこの事業を繰り返すのか? 継続が必要かの事業評価が大事。
それもせず、形骸化した事業をズルズルとだらしなく引きずり続けるな。
事業評価を絶えずしないと、税の垂れ流しとなり市民の為にならぬ。
まして、今回の最低賃金すら遵守しない愚行、責められる。誰に?
労働基準局監督署だ。これらの人々は逮捕権を持つ。
縄付きが八戸市役所から出る、それも業務上でだ。
情けない話だ。


by jpn-kd | 2019-06-02 09:08 | 行政ネタ
八戸市に保健推進員制度6 健康増進課罰金50万円!
八戸市に保健推進員制度6 健康増進課罰金50万円!
八戸市役所健康増進課には二つの市民団体を抱える。それが食生活改善推進員。
いずれも、市からの委託だ。
保健推進員は640名、年間7千円が働こうが寝ていようが支給される。
食生活改善推進員は類家の福祉公民館を主たる活動の場とする。
自主開催の食生活改善啓蒙活動は年間70回以上に及ぶ。
地区公民館でも年間49件ほど実施。
ところが、この団体には年間70万円しか支給されていない。
これは妙だと支払いの積算根拠を調べると、時間給が450円で3時間を単位として支給。
最低賃金という制度がある。
青森県は時給762円、これを遵守しない企業は最低賃金法違反で罰金50万円
第四十条 第四条第一項の規定に違反した者(地域別最低賃金及び船員に適用される特定最低賃金に係るものに限る。)は、五十万円以下の罰金に処する。
つまり、八戸市役所健康増進課は違反、罰金を支払え。
おそろしいもんだ、課長がボケだと法律違反を基礎行政が犯す。
妙な話だ。

by jpn-kd | 2019-06-01 07:36 | 行政ネタ
八戸市に保健推進員制度5
八戸市に保健推進員制度5
いちいの会の母体は家庭看護教室、21年間で937人が受講、そしていちいの会が発足、当時は350人の会員、それが現在は65人。
八戸市役所は色々と市民に健康啓蒙をしてきた。そして、いちいの会のように自発的に健康作りに踏み出した方々も出た。
八戸市は女が実力を発揮、いさばのかっちゃの言葉のように、不言実行が八戸女の魂。
これに脱帽する。
高齢福祉課に凄い女性がおられた。
一人は梅内さん、障がい福祉課長を務められた。もう一人は長谷川さん、高齢福祉課長を務めた。
生活保護を求めてきた高齢者がいて、その居宅を尋ねると猫と同居、いたるところに猫の踏んだらけ、アパートの一室を借りていた。
80過ぎておられた男性、実情を梅内さんに伝えると、当時部下だった長谷川さんと共に迅速に実地調査、ビニールの靴下を履き部屋中を査察、小川は猫の糞の臭いで入ることができない。
八戸市役所職員は凄いと驚嘆した。
梅内さんは「もっと悲惨な状況も経験してます」と平然。
頭が下がった。
小川は男を売り物にしているが、この二人の女性には負けた。
「仕事ですから」と長谷川さん。
共に定年で市役所を去った。
素晴らしい人を見せていただいた。
訴え人は生活保護を受給し特別養護老人ホームに入居された。
この二人の尽力なければ成就しなかった。
さて、健康増進課にはまだ違う市民の健康啓蒙団体があった。
それは食生活改善推進員制度だ。


by jpn-kd | 2019-05-31 08:56 | 行政ネタ
八戸市に保健推進員制度4
八戸市に保健推進員制度4
いちいの会という婦人ボランティア団体がある、
八戸市家庭看護教室を終了した人々があつまり、看護学習を継続するとともに、ボランティア活動を通して、互いに助け合い、健康で住みよい環境づくりに役立つことを目的とする団体。
八戸市役所本館ホールのからくり時計はこの団体の寄付による。
家庭看護教室というのは、今は廃止となり、こうした健康作りに目覚める人々を増やす制度はない。
人数こそ66人と少ないが、この人達に、参加していただくのも一つの方法。
八戸市内24公民館、ここは地域の人々の教養、健康講座、中には本の貸し出しもされている。人々が集まる工夫に館長は智恵を絞る。
はっちで勉強をする高校生をよく見る。また、まちにわでも散見する。町中だけでなく地域公民館も学習の場にできないのだろうか、幾つも公民館に対する疑問もあり、人々がもっと気楽に公民館に来れるような仕掛けが大事だ。
保健推進員やOG看護師、さらに、このいちいの会員たちに、地区公民館に時折寄っていただき、健康相談を受ける拠点とする。
こうした全市的取り組みは八戸市役所健康増進課の仕事だ。
死ねば終りだ。癌患者の小川は余命90日と宣言され、初めてこの世にいる喜びを知った。
75年も生きて初めて知った喜びだ。健康ほど大切なものはない、耳慣れた言葉だったが、深く理解が出来なかった。
何も知らずに生きてきたもんだ。
八戸市は市民のために様々な制度の中、市民にサービスを展開。
中には錆び付いた制度もある。それには看護協会やいちいの会などの新しい血を入れ込み、より良い制度に磨きをかけるといい。
いちいの会のように講座で習得した知識を生かそうとする、気高い精神の持ち主が八戸市にもおられた。
有難いことだ、尊いことだ。
ナイチンゲール精神、八戸市民の中に見た。

by jpn-kd | 2019-05-29 06:07 | 行政ネタ
八戸市に保健推進員制度3
八戸市に保健推進員制度3
保健推進員の目標は成人病予防、これを町内に告げて歩くのが仕事だ。
本日、地域ケア会議の報告書をメールで12の地域包括支援センターに送信した。
これは高齢福祉課、地域包括支援センターに一年臨時職員として12の介護施設を八戸市が選定し、地域の介護施設への利用促進を旨とする。
その12の支援センターが二月に一度報告書を八戸市役所に送信、が、八戸市役所はこれを一括把握し、12の支援センターに再送信をしない。
ために、12の支援センターは他のセンターが何を報告しているのかを知らない。
そこで、癌患者の小川がその報告書を入手し、デジタル文字にして毎日送信だ。死んだらできない、生きてるからできる、面倒だがありがたいことだ。生きているという確証を得ているからだ。
面倒な作業の中に、喜びがある。市役所職員は嫌々仕事をするが、考え方一つで楽しくなる。
さて、その報告書にこんな一文がある。
田面木・館・豊崎地区高齢者支援センターハピネスやくらが書いた。
「地域で生活を支えるにはどうしたらよいか。~生活援助の訪問回数から地域課題を見つける』
○独居のため、大雪の時の除雪が心配
 ⇒ 町内会長から、本人からの希望があれば町内で対応可能。また、向かいの方を見守り隊としてお願いしている。町内では、いつもヘルパーの車が止まっているので安心している。
町民はパトカー並の威力を持っておられるようだ。警察→パトカー 介護→ヘルパー車
子どもの登下校に交通指導員、町内健康見守りに介護の車、すると、八戸市内に600人の保健推進員がいる。これらの方々との連携も必要ではないのか。
推進員の拠点がない。
拠点は市内に400箇所もある介護施設、ここに保健推進員を配属する。
入り口に推進員の名を掲げ、推進員巡回所と書く。どうように公民館も巡回の場所とするんだ。
公民館は24、館あたり24人が配属になる。
巡回すれば、顔を出す人と出さない人の頻度が明確になる。
自分の名が公民館に大書されれば、嫌でも重い腰を上げるだろう。
そして、人の顔を見さえすれば「血圧は? 夕べ何食べたの?」と訊くことだ。
そして、必要なら手立てを教える。
ちょっとした思いつきだ。
暇が出たらば探ってみようと思ってた推進員、旧弊な制度、新しい血を入れろ。
スマホが操作できない化石人は排除し、スマホで市役所からの情報を共有できる人材を求めることだ
80歳の老人を採用するな、若い人でボランティアしてでも、健康づくりに参加したい人を集めることだ。
ここらの智恵を外部団体から貰え、青森県看護協会には2272人が登録、八戸市には何人おられるかは不明だが、この看護協会の町中健康相談室は毎週木曜日に、「はっち」で開催されている。
毎回多くの人々が相談に見えている。
小川はそれを目撃。
実に親切丁寧だ。もとより人のためになろうとする人々、これらの人的資源を最大限活用するのは、市役所の仕事だ。
この看護協会に連絡をとれ、そして、新たな組織作りを目指し、おれのような癌患者を一人でも二人でも出さないっように務めてくれ。
誰だって死にたくない。そんな悩みを抱える人を減らそう
それが推進員の仕事ではないのか?


by jpn-kd | 2019-05-28 12:22 | 行政ネタ
八戸市に保健推進員制度2
八戸市に保健推進員制度2
がんの死亡率を都道府県別でみると、青森の男性が201.6人、女性が103.0人で男女ともにワースト1。2位は男性で秋田、女性で北海道だった。東北地方で比較的死亡率が高いことについて、厚労省は「塩分の多い食習慣などが影響している」とみている。
一方、男性は長野や滋賀、女性は岡山や長野でそれぞれがんの死亡率が低かった。
全体の死亡率は、男性が486.0人(同58.3ポイント減)、女性が255.0人(同20.0ポイント減)。都道府県別では、男女ともに青森が最も高く、長野が最も低かった。
短命県の汚名を冠せられた。不名誉じゃないか、情けないじゃないか。
長野県は県民の意識が違う。行政に頼るなんて考えは持たない。自分たちが動かずにどうする。
人に助けて貰う前に自らが行動する。
気概が違う。
こうした人物が時に触れ折りにあたって出現するのが世の中の面白さだ。
須坂の保健補導員、戦後間もなく誕生、往時は結核、脳溢血に悩まされ、医師の不足、それを補う保健婦の必死の努力、一人でも多く命を救おうと尽力だ。これを見て住民が発憤。その結果日本一の長寿県。
もっとも、埼玉県越谷市が気づいた国民皆保険の制度、これが平均寿命を間違いなく延ばした。
人間の知恵、アメリカは全人類を3回半絶滅できる核を保持、ロシアは5回分だと豪語、が、よくよく考えろ、一回絶滅すれば、もう人類はいないのだ。
人間という生き物はよくよく馬鹿に生まれついている。
さて、八戸市の保健推進員制度、他都市がやっているからバスに乗り遅れるなと開始。
信念も理念もなく、ただ走る。八戸市役所にはこうした風土が根強い。
ために、本来の業務遂行より、形骸だけを保持することに躍起となる。その結果がお恥ずかしい80歳の保健推進員。
他人の心配より自分をいとえ。
この600余名の保健推進員が活躍できる場を求めることだ。
昭和30年代にはAED(心臓ショック機)はなかった。世の中は変転し素晴らしい機器が開発された。携帯電話なども考えられない時代、往時の人々なりきに必死に編み出した組織だ。
これら文明の利器利用が保健推進員になされているのか。
AED操作人口を増やそうと消防本部は力を入れ、現在4万人が講習を受けた。狙いは市民全員というから大仕掛けだ。このAEDを保健推進員が操作できるのか、講習受講者は何人いるかと、八戸市健康増進課に問うた。
わかりませーん、の答えだ。
情けないだろう、家庭に一台血圧計のある時代だ。保健推進員の智恵も機材も昔とは大違いだ。
この保健推進員と他の援助員との共存の道はないのだろうか、これを模索する。

by jpn-kd | 2019-05-25 09:32 | 行政ネタ


ブログで行政改革をめざす日本救護団
メルマガ-まぐまぐ

メルマガ購読・解除


 

カテゴリ
タグ
以前の記事
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
記事ランキング
検索
楽天
その他のジャンル
画像一覧