人気ブログランキング |
タグ:フードバンク事業 ( 11 ) タグの人気記事
食品ロスをなくそう」 鎌倉の児童、手作り新聞で訴え
食品ロスをなくそう」 鎌倉の児童、手作り新聞で訴え

話題 神奈川新聞  2019年03月13日 05:00
手作りの新聞を駅利用者に手渡す児童=湘南モノレール大船駅前

 鎌倉市立小坂小学校(同市小袋谷)の4年4組の児童約30人が、まだ食べられるのに廃棄される「フードロス」を減らす取り組みを続けている。12日には大船駅周辺でキャンペーンを行い、手作りの新聞を配り、食べ残しをなくそうと訴えた。

 4組の児童は昨年9月、社会科の授業でごみとして廃棄される食品の多さを知って関心を持ち、自分たちで調べて深刻さを知った。まずは自分たちから行動に移そうと、給食の残飯量を減らすためにポスターを作製して各教室に掲示。結果、昨年11月の残飯量が前月比で約50キロ減少するなど、効果があった。

 取り組みを校外でも広めるため、「フードロス00(ゼロゼロ)応援隊」を結成。ポスターの掲示や新聞の配布を市内の町内会に依頼した。

 街頭キャンペーンも児童の発案で、今月5日に続いて2回目。スローガンの「君が動けば 世界が変わる」と書かれた横断幕を掲げ、飢餓に苦しむ世界の子どもたちの現状や、国内での食品の廃棄総量などを駅利用者らに声を合わせて伝えた。

 積極的に新聞を配った児童(10)は「初めは緊張したけれど、もらってくれる人がたくさんいて、思いが伝わったと思う。世界を変える一歩に近づいた」と笑顔で話した。


by jpn-kd | 2019-03-18 09:21 | 行政ネタ
盛岡市フードバンク(食料品寄附)ポストを設置しました
盛岡市フードバンク(食料品寄附)ポストを設置しました。

ページ番号1017527  更新日 平成30年12月13日 印刷 

市では,市民の皆様の善意が形になる場として少量の食料から寄附できる機会を広めることで,地域における支え合い活動を推進するほか,食品ロス問題の周知の機会とするため,特定非営利活動法人フードバンク岩手の協力を得て,市庁舎にフードバンクポストを設置しようとするものです。
緊急フードドライブ実施中
b0183351_08114156.jpg

皆さまのご家庭の棚などで眠っている食べ物はありませんか?

夏休みや冬休みは児童が長期期間給食を食べることができない期間で,通常の倍以上の食糧支援要請があります。フードバンク岩手では,平成30年12月14日(金曜日)までを冬季募集強化期間と定めて「緊急フードドライブ」を実施しています。

市では,市役所本館1階(市民ホール)と5階,保健所1階にフードバンクポストを設置して食料品を受付けています。

その1品を必要としている人がたくさんいます。ご協力をお願いします。


募集強化期間に限らず,随時食料品を募集しています。


ご提供いただきたい食料品

【 条件 】

賞味期限が1ヶ月以上のもの
未開封の物

※ アルコール類,自家製品(漬け物等)は受け付けていません。

【 食料品例 】

缶詰類(サバ缶,ツナ缶,焼き鳥缶,大豆缶,果物缶など)
レトルト食品(カレー,牛丼,ミートソース,釜飯の素など)
瓶詰類(さけフレーク,なめ茸,佃煮など)
乾物類(わかめ,かつおぶし,海苔,ふりかけ,即席みそ汁など)
お米(前年度生産までの分) ・乾麺  ・調味料

フードバンクポストの設置状況

1  設置開始  平成28年10月26日(水曜日) 9時

2  設置場所  盛岡市庁舎本館5階 地域福祉課窓口(51番)前

3  受付時間   8時30分から17時30分まで
        ※ただし,土・日曜日,祝日,年末年始(12月29日~1月3日)を除きます。

4  受付する食料品  缶詰類,瓶詰類,レトルト食品,お米及び乾麺類などで賞味期限が1カ月以上で,
         未開封のもの。(詳しくはフードバンク岩手のリーフレットをご参考ください。)

5 運営方法   フードボックスの日常的な管理は市地域福祉課で行うもののとし,寄せられた食品の
         回収及び生活困窮世帯等への提供はフードバンク岩手が行うものです。
フードバンクポスト設置式の様子について

(1) 日 時 平成28年10月26日(水曜日) 9時~9時10分
(2) 場 所 盛岡市庁舎本館5階 保健福祉部長室・地域福祉課
(3) 出席者 フードバンク岩手 阿部事務局長ほか
        盛岡市 佐藤副市長,村上保健福祉部長,小原地域福祉課長,藤澤危機管理防災課長ほか


by jpn-kd | 2019-03-04 08:08 | 行政ネタ
お寺さま、母子家庭からの嘆きに応えさせて頂きました

お寺さま、母子家庭からの嘆きに応えさせて頂きました

お寺さまは住職というだけあって、一処にとどまり動くことがない。当然お寺さま自体が諸処方々に配給する手段を持たない。

そこでNPO法人沙羅双樹の会が、それを代行させていただいている。

母子家庭から知人を通じて嘆きが来た。

理事長が面談中で癌患者の死に損ない爺ィが嘆きを聞いた。

母子家庭で二人の子育て中、長女が障碍を持たれる。ただでさえシングルマザーで悩みは多い。それに更に負荷がかかっておられる。

それに負けずに生きていかなければならない。

太宰治が言う、「世間とはあなたでしょ」、この方も世間から障碍児を抱えていると後ろ指。

それが苦になり、言葉の端々に「すみません」が出る。

理事長が面談を終え、嘆きを聞き、お寺さまからの菓子、果実、餅などをお渡しした。

その後、「親爺、あの人痩せて手足がカサカサしてたのを見ましたか?」

「いや、気づかなかった」

「世間から苛められ続けたからスミマセンを繰り返す、自分の食べるのを減らして、子供達を養育しておられる、気の毒な話です」

癌患者爺ィは気づかなかった。

理事長はポケットを逆さにしてマネーを絞り出し、肉と米をその日の内に紹介してくださった知人と共に、その家に届けた。

シングルマザーは玄関口で米と肉を持ち泣きながら帰る理事長と知人を見送った。

翌朝、また泣きながら知人に礼の電話があったと言う。

裸になってもNPO法人沙羅双樹の会は生活困窮者を救う。

武士と生まれた悲しさは、狭い道を拡げて通るが、おのが稼業、聞かぬうちはまだしものこと、聞いたからには、庶民の難儀を救うため、裸になっても尽くすのが小川家の精神。

困ったら尋ねてください。電話453344

17ヶ寺のお寺様の篤志はこうして活かされてます。

八戸市内に46ヶ寺が存在。八戸仏教会が団結すれば、もっと多くの母子家庭に幸せを運べます。
by jpn-kd | 2019-01-18 07:55 | 母子家庭
癌患者爺ィの死に物狂い 今年はえらいお世話になりました4

癌患者爺ィの死に物狂い 今年はえらいお世話になりました4

八戸図書館蔵「ソウル・オブ・マネー」から

☆寄付募金は「対話」の仕事

私は、人々からお金を集めるのが大好きです。

資金調達を行う寄付募金としての仕事は、私にとって天職であり、多くの人にイメ—ジされがちな、不快で不安定な仕事でもなければ、負担に思う義務でもありません。資金調達はたしかに厳しい仕事です。でも、それと同時に私は、それがとても神聖な仕事であると信じています。

それは、その人が本来持っている自分の価値観について、内なる対話を行なう機会を提供する仕事だからです。そこから生まれた、困窮者がいると気づきと、彼らと良い関係の構築をしようという新しい流れを創り出します。

寄付募金募金、資金調達とは、つまり、「流れをつくること」なのです。お金を自分の意思で使い、お金の流れを自分だけのためにしない選択をすることであり、人々がその流れにょって成長する経験を可能にすること。

寄付募金を通して私は、さまざまな人たちと親密でインスピレーシヨンあふれる交流をし、さらには、人々が自分の本当の財産にたどり着くところを目撃してきました。

多くの場合は、その初めての行動によって、とても深遠な体験をする。これは、生活維持に必要な収入の最低ライン未満の人たちにでさえ起きた。

世界有数の億万長者にも起こりました。

本当の財産の経験は、分かち合い、自分はすでに充分に持っていると世界に表現することから生まれる。

シカゴでの、巨大食品メーヵーの社長との気まずい会談から5年ほどが経過した頃のこと。生活弱者救済プロジヱク卜はますますの成長を遂げ、より認知度の高い組織となっていた。そんなとき、私はある一通の手紙を受け取った。その手紙は例の社長からのもので、彼は今では引退し会社の卜ップとして莫大な退職金が用意されていた。手紙には、彼が自分の必要をはるかに上回る豊かさの中で人生を送っている旨が綴られていた。

そして、その彼の人生の中でも忘れられない出来事が、私から小切手が返送されたことだった。なぜなら、彼に強く叩き込まれていたアメリカ企業に普遍のビジネス・ル—ルは、「収益を上げるためなら、どんなことでもしなければならない」というもの。このルールは「寄付金を返金する」という行為で、そのル—ルはくつがえされた。

退職するにあたり、自らの実りある長いキャリアを振り返ったとき、彼は「世界の飢餓を無くすために行動したい」と望んでいる自分に気づき、そこで彼は、自分自身のポケットマネ—から、彼自身の良い関係構築のコミットメントにおいて、返送された小切手の5万ドルを何倍も上回る個人寄付を行った。彼は、その寄付について、「自分の魂のため、やり残した仕事を完了させるために行なつたのだ」

お金と自分の魂が一致する絶大なパワーにあらためて気づかされた出来事だった。

それがどれだけの額であろうとも、魂のこもった意図で、お金の流れを選択したとき、あなたは豊かさを感じます。自分が誰であるかの表現として自分のお金を使うとき、あなたの人生は輝きだす。

それこそが、本当のお金の存在意義なのかもしれません。


by jpn-kd | 2019-01-04 18:29 | こどもふれあい食堂
癌患者爺ィの死に物狂い 今年はえらいお世話になりました2
癌患者爺ィの死に物狂い 今年はえらいお世話になりました2
八戸図書館蔵「ソウル・オブ・マネー」から
豊かな「お金の流れを感じるには、しがみついてはいけない」
ガ—トルードは「お金は水のようなもの」と教えてくれた。
お金は、時には勢いある川のように、ときには一滴のしずくのように、私たちの人生に流れてくる。流れているときお金は、クリアになり、成長させ人物を養うことができる。
が、流れが滞り、長い間せき止められると、それを滞らせている人にとつて、どんより濁ったつたものとなつてしまう。
時とお金は流れるもの。
それは、祝福のエネルギーやポジティブな気持ちや意思や意図を遝ぷこともできれば、コントロールや支配や罪を運ぶこともできる。お金は私たちの魂が承認したものを運ぶのです。それは、愛の流れにもなり、あなたとの良い関わり合いにも、誰かを傷つける流れにもなる。
私たちは、お金の洪水に見舞われ、その超過で溺れることもある。お金を必要以上にせき止めると、流れの循環を止め、他者に損害を及ぼす。
私はシカゴの食品会社の社長に、5万ドルの小切手を返却しました。
社長が良い関係を築けると思う団体に寄付をお願いします。私たちを選んでくださったことには深く感謝したします、と書いて返却しました。
マザーテレサを訪ねたとき、私は彼女に対してファンドレィジング、資金調達についてのアドバィスを求めました。
すると彼女は、「自らの資金調達の方法は祈ることであり、神は常に過不足なく自分の必要とするものを提供してくださった」と答えました。
彼女は、その充足を信頼し、一切の蓄え無しで、すべてを運営していたのです。世界102力国で400以上の孤児院を彼女は運営していました。そのすベての施設には、常に必要とするものが供給されていた。
私たちは彼女のような生き方は想像することもできませんし、私も提しません。けれども、マザ—.テレサが数億万ドル規模の運営を祈りによって成功させたという事実は、きっと私たちのお金について考えるひとつのヒントになる。
もちろん、節度のある貯蓄は、責任あるアプロ —チの一環。けれども、あなたの持つ財産が、意義のある方法、人生を肯定する方法で使われないなら、それは障害になる。
ちようど、健康を維持するためには血液が体中をくまなく循環するように、お金は、それが循環し流れ、人生を肯定する方法で寄付され、分配され、仕向けられ、投資され、初めて役立つ。
血流が止まれば病気になる。お金も同じような影響を人生にもたらす。
ハイチにはこんな表現があります。
もし、1個のケ—キを持ち、一人で全部食べてたら、あなたはむなしさを感じる。
でも、1個のケーキを持ち、それを半分ずつ分かち合ったなら、あなたは満腹になると冋時に心も満たされる。

by jpn-kd | 2018-12-29 15:38 | こどもふれあい食堂
癌患者爺ィの死に物狂い 今年は皆様にえらいお世話になりました。1
癌患者爺ィの死に物狂い 今年は皆様にえらいお世話になりました。1
弱者救済をしたい・八戸市役所のA課長、
「生活困窮者のために何かしたい、でも、手段方法がわからなかった。大事な仕事だから頑張ってほしい。有馬記念で増やして沢山寄付したかったんだけど、今回はこれで勘弁してね」盆と暮れにご寄付を賜った。
課長の福祉の想いが心に届いた。
有難かった。
こんな話がある。リント・ウィスト(世界の困窮問題解決家)のソウル。オブ・マネー(八戸図書館蔵)
b0183351_13005855.jpg

その日、ハーレムで寄付金を集めるイベントがあり、その直後、シカゴの大手食品メー力—から寄付の申し込み、シカゴからニユーョークへ飛ぶスケジユールは時間的にタイト。
この食品メー力—は最近、ある件で有罪になり企業イメージがダウン。企業は寄付で世界の飢餓を無くす活動に貢献すれば、企業イメージの回復になると考えた。
寄付の説明を終えると、社長は5万ドルの文字が印刷された小切手を機械的に出した。私たちの活動にも困窮者救済にも、関心のないことを物語っていた。寄付は、あくまでも、ビジネス戦略的手段だった。寄付行為で会社が犯した罪と恥を拭い去りたかった。それは単純に取引でした。
社長はお金と一緒に会社の罪もこちらに手渡したのです。
とんぼ返りで雨がまるで嵐のように激しく叩きつける二ユーョ—クに到着し、ハーレムにある古い教会へと向かった。地下の会場へ行くと募金集めに70名ほどが集まっていた。
天井中が雨漏りだらけ、滴り落ちる水を溜めるためのバケツが置かれ、ピン、ピン、と雨漏りの音がリズミカルに響いていた。私だけが白人、それでも早速、私は貧困救済プロジヱク卜のアフリ力に対する取り組みから話しはじめた。
最後の寄付金を募るところまで話が進むにしたがい、私はそれが本当に正しいことなのかどうかという疑念を抱きはじめました。ここに参加している人たちがあまりお金を持っていないことは明らかです。それでも声を励まし寄付金を募ると、会場は水を打ったように静まり返った。
ある女性が立ち上がった。60歳か70歳ほどのその女性は、白髪混じりの髪を真ん中分けにし、背筋をしやんと伸ばし、
「お姉さん、私の名はガー卜ルード。あなたの言ったこと気に入ったよ。あんたのことも気入つた。ただ、私には小切手帳もなければ、クレジット力ードもありやしない。でも、お金は水のようなものだ。ある人たちにとってはまるで荒れ狂う川のように、なだれ込んでくる。けれども、私の人生には、お金は、雨漏りのしずくのようにぽたり、ぽたりとしか落ちてはこない。でもね。私はこのお金をできるだけ多くの人たちの役に立つよぅに、あなたに託したいんだ。それが私の権利であり、責任でもあるんだから。これは私にとって喜びだよ。今、手元に白人の服を洗濯して稼いだ50ドルがあるんだ。私には洗濯をするぐらいの能力しかない、でもこれは私のお金だ。
彼女は会場の後ろから通路をすたすた歩いてポケットからしわくちゃの紙幣を並べ、彼女は私に力強いハグをした。
彼女が自分の席に戻ろぅとすると、他の人たちが次々と立ち上がり、1ドル札、5ドル札、10ドル札、20ドル札紙幣で、寄付しはじめました。私は驚きと感動で思わず涙があふれてきました。全部の紙幣を手で持ちきれなくなり、ブリ—フケースを開けてテーブルに置いた。人々がお金を寄付するために、次々と押し寄せてきたこの瞬間、私は祝福を味わっていたのです。
この小さな教会で受け取ったお金の総額は、おそらく多くて500ドルくらいだったでしょ
ぅ。この500ドルは、私にとって、今まで受け取ってきたどんなお金よりも価値のあるお金。そして、そのブリーフケースの底には、今朝受け取った5万ドルの小切手がある。
でも、私にとってはガートルードの50ドルの方こそ多大な価値があると知らされた。
生活困窮者を救うには、この女性が言う、「私にはおカネは雨だれの滴のようにしか入ってこない、でも、そのおカネを役に立つように使う権利を私は持っているんだ、だから、あなたにこのおカネを託するよ。役立てておくれ」
八戸のみちのくコカ・コーラの方が言われた。
「私たちは日本財団のような所に寄付をしてきました。でも、本当にそれが八戸市のためになっているのか、地域で活かすことこそ大事だ。だからNPO沙羅双樹の会に寄付します」
この言葉は重い。我々は付託に応える義務がある。


by jpn-kd | 2018-12-28 13:01 | おすすめの一冊
年末でお寺様にお参りに行かれる方も増加、またもご寄付賜りました
年末でお寺様にお参りに行かれる方も増加、またもご寄付賜りました
お寺様は名前を隠してくださいとのお申し出、山号寺号を記載できないことをご寛容のほど。
寺に墓地、鐘楼からは鐘の声、木魚の音に線香の薫り、花も絶えることなく故人を偲ぶ心。
本堂にはご本尊はあれども、広い空間。
何にもないようだが、びっしりと詰まっている。
それは先祖への供養の心。
身体はあれども、その人の心は愛に満ちてても見ること適わぬ。
人は心があれば行いとして出る。
それが墓参り、寺参り。
故人の好物だった、これを持って行こう。あれを見せてやりたいと、心がそれらを買い求め、故人のために供える。
b0183351_21524112.jpg
b0183351_21513472.jpg
b0183351_21541376.jpg
b0183351_21545832.jpg
本堂は空間、が、満ちている愛の心。
今、協賛いただくお寺様14ヶ寺、八戸市内には46ヶ寺あり。公民館は23、倍の数がある。そこにお檀家さんがおられ、歳時には先祖の墳墓を祭祀すると諺にもあるように、我があるのは父母の故、祖父母を偲び、我が連れ合いと心は次第に大きく拡がる。
その心の姿、そのお供えものをNPO法人沙羅双樹の会は毎日集めては配ってあるきます。
八戸市母子寡婦会様には毎週水曜日、今回は仰天ものの果物だくさんです。
なかなか果物まで手が回りません。
果物を水菓子と呼び、昔から珍重される食べ物。
こどもたちの嬌声が聞こえてくるようです。
夏にプールからこどもらの嬌声が聞こえると、楽しんでるなァと思わずこちらも笑み。
また生活困窮家庭にお届けすると、姿が見えなくなるまでこちらに手を振られる。
いい仕事をさせていただいています。
本来はお寺様がその栄誉を頂戴するのが筋です。申し訳ありません、そして有り難うございます。


by jpn-kd | 2018-12-18 21:50 | こどもふれあい食堂
こども食堂ムラタ様からリンゴのリクエスト
NPO法人沙羅双樹の会報告
こども食堂ムラタ様からリンゴのリクエスト
いよいよ押し迫ってきました。今年も間もなく暮れます。
月一回開催のムラタ様からこどもたちにリンゴを添えての提供です。
リクエストが来ると沙羅双樹の会は忙しい。
ご提供いただける篤志家さまに連絡。
今回は八戸卸センターの野田青果さまからの特別提供です。
有り難うございます。
b0183351_08395847.jpg
b0183351_08401384.jpg
b0183351_08401384.jpg

なんたって、NPOはおカネがありません。無償提供を願う訳ですから願われる方も大変です。
それでもこどもたちの為ならばとご提供いただけました。八戸人は心が優しい。
有難いことです。地域は地域で守る。
これが大原則ですが、困っていると相談できないかたも多くおられます。
さて、はっち内のムラタ食堂様、赤いリンゴの皮を上手に使ってウサギを作って出すなど、料理人の腕のふるいどころです。
保育園の保育料が支払えない家庭が20世帯ほどあります。
こども食堂の存在を知っていただけるといいですね。
食材に困っている家庭は是非ご連絡ください。
45-3344です。
お米でも野菜でも味噌醤油でも遠慮無く申してください。
定期的に提供可能です。
b0183351_08401384.jpg


八戸市母子寡婦会さまには毎週提供させていただいております。
12月24日にはケーキとサンタブーツにお菓子を添えてお届けします。
母子家庭の皆様楽しみにしてください。

by jpn-kd | 2018-12-16 08:41 | こどもふれあい食堂
こどもふれあい食堂百軒目標7 コカコーラ様・田名部組様も動いた
こどもふれあい食堂百軒目標7 コカコーラ様・田名部組様も動いた
子ども食堂運営の一助に
売上金一部寄付の自販機設置
総合建設業の田名部組(八戸市)と、清涼飲料水
製造.販売の「みちのくコ力コーラボトリング」(岩手県矢巾町)は8日、同市城下1丁目の田名部組の工事現場事務所に「こどもふれぁい自動販売機」を設置した。売り上げの一部はNPO法人「沙羅双樹の会」
(同市)に寄付しヽ市内の子ども食堂の運営などに役立てられる。
この日、設置現場で行われた披露会には、田名部組の田名部智之社長や沙羅双樹の会の小川雷太理事長、みちのくコカコーラボトリングの三浦勇一郎八戸営業部長らが出席。自販機を除幕し、設置を祝った。
田名部社長はあいさつで、「工事現場では飲み物を購入する人が多いので、売り上げもまずまずになると思う。今後も設置を進めていきたい」と述べた。デーリー東北新聞から
b0183351_10024853.jpg
b0183351_10031006.jpg



by jpn-kd | 2018-11-09 10:03 | こどもふれあい食堂
こどもふれあい食堂百軒目標2
こどもふれあい食堂百軒目標2
こどもたちが一人でも安心して入ることの出来るこどもふれあい食堂が必要です。母親が仕事から戻る前の時間、毎日こども食堂は安心できる大事な場です。そこで食べて宿題をして、お店の人に自分の夢を語る。
地域の大人たちがこどもたちを守ります。JA八戸様のご協力を得て野菜の無償提供を頂いております。市内、近隣町村の篤志農家様からの無償提供の果実・野菜などの提供もあり、こどもふれあい食堂開設は着々とすすんでおります。


by jpn-kd | 2018-11-03 07:56 | こどもふれあい食堂


ブログで行政改革をめざす日本救護団
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
メルマガ-まぐまぐ

メルマガ購読・解除


 

カテゴリ
タグ
以前の記事
記事ランキング
検索
楽天
その他のジャンル
画像一覧