八戸市役所総合保健センター推進室、隠蔽改ざん発覚、更に医師会に便宜供与か?

八戸市役所総合保健センター推進室、隠蔽改ざん発覚、更に医師会に便宜供与か?
保健センター内に休日夜間診療所設置につき調査を開始したところ、隠蔽改ざん森友問題と同様な事を発見。
夜間休日診療は開設以来平均で利用者数は一日43人程度。

物事を調べるには二つの方法あり。
一つは事象を時系列で見る。
もう一つはカネの流れにだけ着目してみる。
後者が大事だ。
今回のこの夜間休日診療もカネの流れから見ると妙な点が浮いてきた。
この制度が発足したのは昭和60年から、これを運営するのは八戸医師会。
当初は特別会計、これは平成14年度まで続行。
この制度が実に複雑でわかりにくい。
場所は根城の総合福祉会館裏、インフルエンザが猛威をふるうといきなり患者が廊下に溢れるという曰く因縁のある場所。
冬季に患者が溢れ、患者同士が感染するおそれもあるので、今回総合保健センターをつくり、検診センターも移転させようという腹。
検診センターは医師会が建て現在は青葉にある。まだ、十分に機能を果たす建物だが、愚脳市長小林は、強行に総合保健センターに移れと迫った。
その経緯は松浦という退職した男が、最初から移転ありきの交渉記録があり、市側の強行策に医師会が抵抗している様子が克明に記録されている。
さて、
患者が来る。新患者だと窓口収入がある。診察をすると診療報酬が来る。それは設置者の八戸市に入るのではなく医師会にだ。
それを一度、八戸市に入れ再度これを医師会に支払った。それも5%の消費税を加算してだ

医療行為に消費税を支払うべきなのか。
厚生省はこう言う。
公的医療保険でカバーされる医療(社会保険診療)は非課税取引です。したがって、医療機関等が社会保険診療を提供する際に、患者から消費税を受け取ることはありません。

消費税は昭和63年から導入された。八戸市の説明は嘘だ。
医師会に便宜を供与したのではないのか、それが行政のやることなのか


[PR]
# by jpn-kd | 2018-04-13 06:00 | 行政ネタ
デジタル八戸観光協会第二作、お店紹介、南類家のラ・フォーレ

デジタル八戸観光協会第二作、お店紹介、南類家のラ・フォーレ

洋菓子店の中堅処、手堅い味わいが人気のお店、伊吉書院の中にある。
八戸の小規模複合店で着実な売上を堅持。
シュークリームが抜群の美味さ、その他にも優秀賞を取ったケーキもあり、今回はその紹介もしている。


[PR]
# by jpn-kd | 2018-04-12 13:02 | デジタル八戸観光協会
八戸市営本屋、ブックセンター民間なら倒産売上目標の29%

八戸市営本屋、ブックセンター民間なら倒産売上目標の29%
愚脳市長小林の馬鹿っこ政策、あきれた官営本屋。
三月の売上は102万円
29年度売上目標3600万円、ところが実績は1050万円と散々。
目標到達率は29%、民間なら店長はクビ。

官営だけにそうしたことはないが、二元制の議会、職員に目を光らせる存在の議員諸君、皆さんにも予算を通した責任あり。
官営本屋など全国的にも希れ、それも失敗の見本となった。愚脳市長小林の責任は明白。
愚脳市長小林を頂く市民は呆れてモノも言えない。職員3人体制で2400万円、バイト代150万、本屋の管理をカネイリ、伊吉、木村の団体に1200万円、家賃に1524万、光熱費が100万、嘱託で975万とかかるかかる。役所は自分のカネではない。市民のカネを勝手放題に乱費。
都合6349万円、利益は200万円で赤字も赤字の大赤字、6千万円が煙りとなったぞ。
愚脳市長小林万歳、よくも、こんたらもん作れたもんだ。
[PR]
# by jpn-kd | 2018-04-12 05:27 | 行政ネタ
最優先で到着「妊婦タクシー」…破水にも対応
b0183351_04030346.jpg
最優先で到着「妊婦タクシー」…破水にも対応
出産間近の妊婦の元に最優先で駆けつけ、病院に送り届ける「妊婦タクシー」が千葉県内で広がっている。
 かかりつけの病院を事前登録することで道案内の手間を省いたり、破水に備えて防水シートを常備したりしており、女性たちから「いつ陣痛が来るかわからないので助かる」と好評だ。
 「陣痛が始まって電話したら、すぐに来てくれた。病院までの行き方を伝える必要もなくて、すごく楽だった。おかげで元気な女の子を産むことができました」。先月29日に第2子を出産した千葉市中央区の女性(26)は感謝する。
 女性が利用したのは、千葉構内タクシー(千葉市中央区)の「うぶごえタクシー」。県外で同様のサービスが行われているのを知った同社が2015年4月、「県内でも需要があるはず」と導入した。
 利用者が事前に自宅の住所やかかりつけの病院を登録しておく仕組みで、電話を受けたら最優先で妊婦の元にタクシーを向かわせる。登録は無料で、365日、24時間体制で利用を受け付ける。運賃は後払いも可能。車内で破水した場合でもクリーニング代は請求しない。
 約250人の乗務員の大半は助産師会の講習を受け、妊婦が安心できる声のかけ方などを学んでいる。17年度の登録者数は2597人で、前年度から300人ほど増えた。毎月100件前後の利用があるという。
 昨年11月に第2子を出産した千葉市美浜区の女性(30)も登録していた一人。「家族が近くにいない時や深夜でも呼べる安心感が大きかった」と振り返る。病院に到着した直後に出産したケースもあったといい、同社の加藤雄三専務は「次の出産や、出産以外の時にも使っていただけるようになれば」と期待する。
 県タクシー協会によると、県内で同様のタクシーを運行しているのは10社以上。「陣痛タクシー」と名づけた「エミタスグループ」(千葉市美浜区)は、登録者からの電話が判別できるシステムを取り入れ、女性オペレーターが出るよう心がけている。
 「陣痛119番」を運行する「ムトータクシー」(市川市)は全29台に防水シートを常備。車内で破水した場合でも対応できるよう、運転手の研修を行っている。同社の武藤厚社長は「困っている人に『足』を提供するのがタクシーの使命。妊産婦の不安を和らげる取り組みを充実させていきたい」と話している。
ところが、
これは、八戸の三八五タクシーがやっていた。
NEWSびならないから知らなかったが、なんだ、八戸人は意外と先進的。こうした市民が自分たちの街を住みよくするための努力を出来る分だけでも先に進める。
知らないだけで、こうした他の都市に負けない、いや、それどころか、先進事例として誇れるものを見つけた。
いやあ、八戸及び八戸人、あなどれませんぞ。素晴らしい人がたくさんおられる。


[PR]
# by jpn-kd | 2018-04-12 03:32 | NEWS
千葉県警巡査長を逮捕 女子中学生にわいせつ行為か
千葉県警巡査長を逮捕 女子中学生にわいせつ行為か
4月11日 21時47分
千葉市内の警察署に勤務する30歳の巡査長が、女子中学生に現金を渡す約束をしてわいせつな行為をしたとして、児童買春の疑いで警察に逮捕されました。
逮捕されたのは、千葉南警察署地域課の巡査長、赤塚信之容疑者(30)で、ことし1月に千葉県内のホテルで、10代の女子中学生に現金を渡す約束をしてわいせつな行為をしたとして、児童買春の疑いが持たれています。

警察によりますと先月、中学生からの相談で発覚し、2人はスマートフォンの出会い系アプリで知り合ったと見られるということです。

調べに対し、巡査長は容疑を認めているということです。

千葉南警察署の浜野芳美署長は「署員が逮捕されたことは誠に遺憾であり、指導を再徹底し再発防止に努めます」とコメントしています。


[PR]
# by jpn-kd | 2018-04-12 03:23 | 行政ネタ


ブログで行政改革をめざす日本救護団 080-9850-5240
メルマガ-まぐまぐ

メルマガ購読・解除


 

カテゴリ
タグ
以前の記事
記事ランキング
検索
楽天
その他のジャンル
画像一覧