<   2018年 01月 ( 69 )   > この月の画像一覧
4割超の世帯に影響か 新潟 佐渡の断水
4割超の世帯に影響か 新潟 佐渡の断水
1月30日 4時12分
新潟県佐渡市で、水道管が破損して広い範囲で断水している問題で、市内ではスーパーマーケットで水が品切れになるなど、市民生活への影響が広がっています。
新潟県佐渡市では、厳しい冷え込みで住宅の水道管の破損が相次ぎ、29日夜7時半の時点で全世帯の4割を超える1万世帯余りが断水していると見られています。

このためスーパーマーケットなどで水や食料品が品薄になり、佐和田地区のスーパーでは、29日朝から水を買い求める客が増えて、わずか数時間で売り切れたということです。

また、すぐに食べられる総菜やパンなどもほとんど売り切れて品薄状態となっていますが、次の入荷の時期は未定だということです。

スーパーマーケットの本間英一郎店長代行は「足りないものを早く仕入れたいのはやまやまですが、どの店も商品をほしがっているので、なかなか難しいです」と話していました。

また断水の影響で市内では消火栓が使えなくなっているほか、病院や特別養護老人ホームの一部で入院患者や入所している高齢者が入浴できないなどの影響が出ています。

佐渡市は水道管の破損状況の把握を急いでいますが、現時点で復旧の見通しは立っておらず、30日も19か所の給水所を設けて住民への対応にあたることにしています。


[PR]
by jpn-kd | 2018-01-31 00:17 | NEWS
8代目桂 文楽 出囃子 野崎

8代目桂 文楽(かつら ぶんらく、1892年(明治25年)11月3日 - 1971年(昭和46年)12月12日)は、東京の落語家。本名、並河 益義(なみかわ ますよし)。自宅住所の住居表示実施以前の旧町名から、「黒門町(くろもんちょう)」「黒門町の師匠」と呼ばれた。
落語における戦後の名人のひとりといわれ、2歳年上の5代目古今亭志ん生と併び称された。志ん生の八方破れな芸風とは対照的に、細部まで緻密に作り込み、寸分もゆるがせにしない完璧主義により、当時の贔屓を二分する人気を博した。
出囃子
近松半二作の人形浄瑠璃(後に歌舞伎化)『野崎村』の『野崎』
最後の高座
高座に出る前には必ず演目のおさらいをした。最晩年は「高座で失敗した場合にお客に謝る謝り方」も毎朝稽古していた。
1971年(昭和46年)8月31日、国立劇場小劇場における第5次落語研究会第42回で三遊亭圓朝作『大仏餅』を演じることになった。前日に別会場(東横落語会恒例「圓朝祭」)で同一演目を演じたため、この日に限っては当日出演前の復習をしなかった。高座に上がって噺を進めたが、「あたくしは、芝片門前に住まいおりました……」に続く「神谷幸右衛門…」という台詞を思い出せず、絶句した文楽は「台詞を忘れてしまいました……」「申し訳ありません。もう一度……」「……勉強をし直してまいります」と挨拶し、深々と頭を下げて話の途中で高座を降りた。


[PR]
by jpn-kd | 2018-01-31 00:00 | 忘れられない芸人
鳴らないジュークボックス16 5つの銅貨

鳴らないジュークボックス16 5つの銅貨
ルイ・アームストロング(Louis Armstrong, 1901年8月4日[1] - 1971年7月6日)は、アフリカ系アメリカ人のジャズミュージシャン。
サッチモ (Satchmo) という愛称でも知られ、20世紀を代表するジャズ・ミュージシャンの一人である。
サッチモという愛称は「satchel mouth」(がま口のような口)というのをイギリス人記者が聞き違えたとする説や、「Such a mouth!」(なんて口だ!)から来たとする説などがある。その他、ポップス (Pops)、ディッパー・マウス (Dipper Mouth) という愛称もある
生い立ち
アームストロングが生まれ育ったのは、ニューオーリンズのアフリカ系アメリカ人が多く住む比較的貧しい居住区であった。子供の頃に祭りで浮かれ、ピストルを発砲して少年院に送られた。その少年院のブラスバンドでコルネットを演奏することになったのが、楽器との最初の出会いとなった。その後、町のパレードなどで演奏するようになり人気者となる。
メジャーデビュー
1923年、シカゴに移りキング・オリヴァーの楽団に加入。同年、初のレコーディングを行う。1924年にはニューヨークに行きフレッチャー・ヘンダーソン楽団に在籍。この時期、ブルースの女王ベッシー・スミスとも共演。その後シカゴに戻り、当時の妻リル・ハーディン・アームストロング(ピアノ)らと共に自分のバンドのホット・ファイヴを結成。同バンドが1926年に録音した楽曲「Heebie Jeebies」は、ジャズ史上初のスキャット・ヴォーカル曲として知られる[2]。1925年11月~1932年、オーケー・レーベルで録音が行われた。
1930年代にはヨーロッパ・ツアーも行う。第二次世界大戦時には慰問公演も行った。しかし人種差別が法的に認められていた当時のアメリカでは、公演先でも白人と同じホテルへ泊まれない他、劇場の入り口さえ別々というような差別を受け続けた。1932年にビクター専属となり、1939年からデッカで録音が行われた。
幅広い活躍
1950年代には「バラ色の人生」や「キッス・オブ・ファイア」等が大ヒット。また、1953年には初の日本公演を行う。1956年にはエラ・フィッツジェラルドとも共演。1960年代、時代がビートルズを代表とするポップ・ミュージック一色となる中でも、多くのアメリカ国民に受け入れられた。特に「ハロー・ドーリー!」は1964年5月9日付けの全米NO1を記録し、その年の2月から3ヶ月間1位を独占していたビートルズの連続1位の記録をストップさせ、当時63歳のルイの偉業は全米を驚愕させた[3]。
1967年には、「この素晴らしき世界 (What a Wonderful World)」が世界的なメガヒットとなった。1968年にはウォルト・ディズニー映画の曲を取り上げたアルバム『サッチモ・シングス・ディズニー』を発表し、ジャンルに縛られない柔軟な姿勢を見せ付けた。
1969年には、『女王陛下の007』の主題歌に近い挿入歌、「愛はすべてを越えて (We have all the time in the world)」を発表。イギリスでは1994年に、「ミュージック・ウィーク」誌で、最高位3位を獲得している。
高い音楽性と、サービス精神旺盛なエンターテイナーぶりが評価され、映画にも多く出演した。代表作はフランク・シナトラやビング・クロスビーと共演した『上流社会』や『5つの銅貨』、『ハロー・ドーリー』等。
実在のコルネット奏者レッド・ニコルズ (Red Nichols) の奇跡のカムバックを軸としながら、彼と妻ボビー、娘ドロシーとの家族愛を描いた映画である。タイトルの「5つの銅貨」はレッド・ニコルズのバンド名であるが、ダニー・ケイの妻シルヴィア・ファインが同名の歌を作詞作曲し、歌手でもあるダニー・ケイが劇中で披露している。ルイ・アームストロングが本人役で登場してトランペットを演奏したり、ボブ・ホープが観客役でカメオ出演するシーンもある。レッド・ニコルズ本人こそ画面には登場しないが、トランペットのソロ演奏の吹き替えを行っている。配役はニコルズ役のダニー・ケイの他、ニコルスの妻ボビーをバーバラ・ベル・ゲデス、10代になった娘ドロシーをチューズデイ・ウェルドが演じている。少女時代のドロシーを演じたスーザン・ゴードンは、プロデューサーで映画監督のバート・I・ゴードンの娘。 本作の製作と監督は、やはり実在するヴォードヴィル芸人の伝記映画『エディ・フォイ』物語を手がけたジャック・ローズとメルヴィル・シェイヴルソン(メルビル・シャベルソンと表記されることもある)が行っており、脚本も両者の共同である。撮影はこの後『ウエスト・サイド物語』でアカデミー撮影賞を受賞するダニエル・L・ファップ、衣裳は生涯に8回アカデミー衣裳デザイン賞を受賞するイーディス・ヘッドが務めている。


[PR]
by jpn-kd | 2018-01-30 14:15 | 鳴らないジュークボックス
1月26日付けの東奥日報が水産事務所の不手際を暴いた4
b0183351_23453074.jpg
1月26日付けの東奥日報が水産事務所の不手際を暴いた4
新聞は書かなかったが、この水産事務所の管理不手際は勿論職員の大ボケによるものだ。
が、一概に水産事務所の無脳と決めつけられない。
問題点は二つある。一つは金銭的、二つは行政機構の問題だ

昨日掲載した防災危機管理課の車両が車検切れで刑事罰、行政罰を食らう。
故意に車検切れ車両を職員が運転したのではないが免停、持ち点減点で免停、所有者の死も罰金だ。
これは各課が予算要求し、自賠責も各課が管理だ。
本来、市有車両に対し物損、人身事故発生時に公益社団法人全国市有物件災害共済会に保険請求をする
ところが、各課で自賠責をかけるため管理課はこの切れる時期を管理していないが、一覧表は作成している。
これも数年に一度という手抜きだ。
管理課が自賠責保険を民間会社にかけていれば、防災部長の高橋が総務協議会で誤る必要も無い。
各課は自分たちの勝手解釈、何処を切っても金太郎飴のように結論が同一ではない
これが自賠責切れ、車検切れを招く
公道走行で自賠責なしで事故を起こせば懲役は免れない。
それほど恐ろしいのが自賠責切れだ。
八戸市役所というやつらは、躯はしっかりできているように見えるが、実はスカスカの水ぶくれ体質でしかない。
恐ろしさを知らないおめでたい奴らばかりよ。
管理課は機構を改め、自賠責の管理まで行うべきだ。
そもそも、34台のフォークリフトは事故が起きた時に一括購入をしたものではない。
平成23年度から少しずつ購入、都度構内使用で公道を走行しないからと自賠責に加入しなかった。それも6年にもわたり同じことを繰り返した馬鹿の寄り集まりだ。
人事異動が異常事態を引き起こしたとも言える。同一人物が長く居座ることこそ解決の糸口。
保険の一元管理をするのが管理課、当然、全国市有物件保険には加入、その際、自賠責未加入車両に対しては保険料が高くなると言われていた。
当然、水産課も管理課もこれを認識。
つまり水産課は管理課が保険料率は上がると言われても保険が降りると勝手解釈。
また、各課が管理する自賠責に口出し出来ないと管理課も勝手解釈だ
だから、こうした隙間が生まれる体質が発生。

それが防災部長の陳謝となった。
つまり、行政管理課の課長の佐々木がボケでしかない。
此処に気づき、一元管理こそ行政管理課の仕事との認識に立たない限り根絶は無理なのだ。
つまり役所の機構にひずみが出て、その弱い所に水が溜まった。
行政管理課は行政改革と管理課が一緒になった。
行政改革課長は同一人物の佐々木、こやつの目が曇っているから、行政機構のひずみに気づかない。行政改革の第一が手前の課からというのも皮肉な話だ
世の中は得てしてこんなものよ。
マルヨ運輸から自賠責を使わせて欲しいとの要求。そこで初めて気づいた。公道を走らないから自賠責は不要だとの思い込みに。
これは水産事務所の事務手続き違反、つまり自賠責未加入は水産事務所の責任で、これを予算要求はできない。
ために、マルヨ運輸が悪いクジを引かされた。水産課のボケがマルヨ運輸にツケを回したのよ。
面白くないのはマルヨだ。五戸市議に嘆いた、なんで我々が水産課の不手際を引き受けなければならないのか。
怒りは当然だ。ところが、副市長は市が払う必要はないと言った。余計面白くない。
そこで市場内のフォークリフトの使用ボイコットだ。早い話がストライキ。

これは面白くなった。
無脳市長小林にはこういう事態が伝わらない
なにしろ副市長が副市長だけに当然か。
カネを解決すればストライキが世間に知られることはなかった。
あとは行政機構の改革、課長の佐々木に任せればそれなりに処理しただろう。
ところが副市長が事態をこじらせた。
風邪ひいた奴に裸で海でみそぎをしろのような逆効果を生んだのさ。
余計なことは言うもんじゃない。
ここまで書けるのは新聞じゃない、TVじゃない1000通を越す開示請求の出来る小川だからこそ、ここもで踏み込める。
恐ろしいのは癌で余命三ヶ月と言われた小川が棺桶から立ち上がって娑婆に戻ったたことだ。胃がんは消え肝臓転移もあるかないか判らない程。
そやつが執念を燃やし、妄念をかき立て余念なく八戸市役所の行政改革は日本救護団からだと、思い込み錯覚している死に損ないの爺が最後の一働きと力んでいる。
蝋燭は消える瞬間が一番明るいというぞ!



[PR]
by jpn-kd | 2018-01-29 00:00 | 行政ネタ
1月26日付けの東奥日報が水産事務所の不手際を暴いた3
1月26日付けの東奥日報が水産事務所の不手際を暴いた3
水産課が問われる安全配慮義務とは
会社には、従業員が安全・健康に働くことができるように配慮する義務があります。この義務を安全配慮義務といいます。また、会社が、その義務を果たさない(怠る)ことを安全配慮義務違反といいます。
通常、従業員の働く場所を指定したり、仕事上使用する設備や器具を用意するのは、従業員側ではなく、会社側です。そのため、職場における従業員の安全と健康を守るのは、従業員の自己責任ではなく、会社側がその義務を負うことになります。
会社が、従業員に対して、危険な環境での労働、劣悪な環境での労働、慢性的な長時間労働(過重労働)などの労働条件を課すことを抑制するために、このような義務を課しているのです。
安全配慮義務は、従来、法律上明文の定めが無く、裁判所が下した判例の下に認められてきたものでしたが、平成20年3月から施行された労働契約法により、初めて、従業員の安全への配慮が法律上に明記されました。

労働契約法第5条(労働者の安全への配慮)
使用者は、労働契約に伴い、労働者がその生命、身体等の安全を確保しつつ労働することができるよう、必要な配慮をするものとする。
なお、厚生労働省の通達により、上記の条文の「生命、身体等の安全」には、心の健康(精神的な健康)も含まれることとされています。
こんな事例がある。
平成27年6月民政協議会で自賠責が切れた、車検も切れた運転
◎高橋 防災安全部長 まず初めに、本日は、急なお願いにもかかわらず、協議会を開催していただきまして、ありがとうございます。
 それでは、車検切れ公用車の運行について、お手元にお配りしております資料に基づき、御説明いたします。
 このたび、防災危機管理課で所有しております公用車が車検の手続を失念したために、車検切れ状態で運行していたことが発覚したものでございます。

 対象車両は資料にございます軽貨物自動車で、平成25年4月23日に初度登録し、平成27年4月22日に車検期限を迎えたものでございます。
 車検切れ状態での運行状況でございますが、期間は車検期限翌日の4月23日から車検切れの発覚した6月11日までの間、延べ31回使用し、走行距離は714キロメートル、当該期間中に運転した職員は8名でございます。
 本日までの経緯でございますが、6月11日の夕方に、職員が車両点検を実施した際に、車検切れが発覚し、翌12日の午後、警察への申告を行っております。
 6月15日から18日にかけて、警察による聞き取り及び車両確認が実施され、その際に、車両に設置している青色回転灯設置の届け出がなされていないことが新たに判明いたしました。
 6月19日に、警察署へ捜査の進捗状況について確認したところ、青色回転灯の設置を含め、関係機関への基礎捜査に時間がかかっており、その後、関係職員への聞き取りを実施する予定であるとのことでございました。
 そのため、捜査の結果を待って、議会への報告、公表をしようと考えておりましたが、青色回転灯の設置の件も出てきたことから、捜査にまだ時間を要するということでしたので、捜査の結果を待たずに、現時点での状況を早急に議会へ報告したほうがよいと判断し、本日の報告に至ったものでございます。
 本件が発生しました原因につきましては、当該車両の車検手続を失念していたこと及び青色回転灯の設置の届け出につきましては、届け出が必要であることについての職員の認識不足でございました。
 市民の皆様の安全と安心を守るべき部署でありながら、このような事案を起こしてしまい、深く反省しますとともに、今後は再発防止と信頼回復に向けて、しっかりと取り組んでまいります。
 このたびは、まことに申しわけございませんでした
これと水産事務所は同根。
それは次回に解説
[PR]
by jpn-kd | 2018-01-28 08:52 | 行政ネタ
1月26日付けの東奥日報が水産事務所の不手際を暴いた2
1月26日付けの東奥日報が水産事務所の不手際を暴いた2
電動フォークリフト34台に自賠責をかけず市場内を走行させ事故発生
八戸市は安全配慮義務違反だ
施設所有は八戸市、電動フォークリフトは市の所有物、貸し出す目的で購入したもの。それを使用した運輸業者に落ち度はない。
運転資格を有し運転中人身事故発生。場内作業員はまさかに八戸市が保険をかけていないなど想定していない、
当然自賠責を請求して欲しいと八戸市に要請。
ここが重要で八戸市の水産課が八戸市となる。つまり無脳市長小林が水産課なのだ。
各課はそれだけの権限を有する。ところがその認識が欠如、それが、この問題へと繋がっている。
これが問題の根源なのだ。
つまり、課長は無脳市長小林に諮ることなく事務的に処理をする。それも市長名で。
この市場を有し、電動リフトを貸す行為は日常業務だ。
安全配慮義務違反とは何か?
判例を見る。
フォークリフトの無資格運転で運転者が左足に重傷を負う
派遣社員Aは、派遣会社B社の作業者として、大阪府下にある運送会社C社の物流センターで、リーチ型フォークリフトを使ってB社がC運送から請け負っていた食品の仕分け作業していました。
 Aは食品を積んだパレットを外に運び出すために物流センター出入口に進行していたときに、出入口の向こう側に人がいたので、入ってくるものと思って手前で停止していました。
 そのとき、同じくB社の派遣社員であるDが運転するフォークリフトが近づいてきたために、とっさに左足で避けようとしたため、2台のフォークリフトの間に足を挟まれ、骨折しました。
 なお、A及びDの2人ともフォークリフトの運転資格は持っていませんでした。
勤務先と派遣先に損害賠償を請求
事故で被災したAは、労災保険支給で受給した額を上回る治療費や後遺障害の補填として、勤務先B社と業務を依頼した運送会社C社に訴訟を起こしました。
 B社に対しては、フォークリフトの運転資格を持っていないのに運転させた「安全配慮義務違反」があること、またC社はB社にフォークリフトを提供しており、B社に対して従業員に適正に使用させ、管理しているか把握する義務を怠った「安全配慮義務違反」があるとして、損害賠償を請求しました。
これに対して派遣会社は、無資格者にはフォークリフトの運転を指示した覚えはない、勝手に機械を動かした本人の責任と言って争い、運送会社は派遣会社に業務のリストを渡していただけで業務の内容を直接指示していないので、責任はないと言って争いました。
■裁判所は、両社の安全配慮義務違反を認める
民事訴訟で双方の証言が確認され、裁判所は次のように述べて「安全配慮義務違反」を認めました。
 (派遣会社B社の責任)
 「物流センターでフォークリフトを使用する場合には、運転者が運転を誤ったり、フォークリフトの走行経路と作業者の歩行経路が複雑に交差して事故が発生する危険があることから、指揮監督者は
1. 作業計画を定めて作業を行い、
2. 作業に当たっては指揮者を定めて作業指示を行い
3. フォークリフトの運転業務は資格を持つ者にのみに担当させる
など安全対策を講ずべき義務があったが、作業計画を定めておらず、作業指揮者についても明確ではなく、実態としてフォークリフトの運転資格を持たないAとDに運転業務を担当させていた」
 「よって、B社には安全配慮義務違反があり、その結果Dがフォークリフトの運転を誤り、事故を生じさせたものである」
 
物流センターC社の責任)
 「C社は、物流センター内で所有するフォークリフトを管理上の制約を付することなくB社に提供しているのであるから、適正に使用させ管理しているか把握する義務があった。にもかかわらず、その義務を尽くしておらず事故を発生させたもので、安全配慮義務違反があった」
これが八戸市にあたり、損害補填が必要

 なお、Aが事故回避のためにとっさに足を出した行為は適切な行為とはいえないとして30%の過失相殺を適用して、後遺障害逸失利益など約972万円の損害賠償を認めました。
【大阪地裁 平成23年3月28日判決】


[PR]
by jpn-kd | 2018-01-27 06:44 | 行政ネタ
1月26日付けの東奥日報が水産事務所の不手際を暴いた
1月26日付けの東奥日報が水産事務所の不手際を暴いた
このネタ元は民進の五戸市議
三月議会で理事者側追及予定、
しかし、市有の電動フォークリフト34台が業者のボイコットで動いていないことが社会問題だと五戸氏を説得し、これを東奥に漏らした

事件の概略はこれだ

八戸水産事務所の電動フォークリフト34台、業者不満で使わず
平成29年11月11日八戸魚市場第三市場のC棟内で八戸市が補助金で購入した電動フォークリフト34台のうちの一台をマルヨ運輸の社員が運転中他の運送会社の社員に人身事故を起こした。
救急車で被害者は搬送されたが治療を受け即日帰宅するも、その後も通院治療を行い90
万円弱の治療費をマルヨ運輸が負担。
水産事務所は34台の電動フォークリフトに全国市有物件保険に加入していたが、自賠責に加入していなかった。
マルヨ運送側から事故発生時から自賠責を使用させて欲しいと水産事務所に申し入れがあったが、未加入のため支えないと回答。
また、全国市有物件保険は市役所職員が運転していないと保険対象外との判断で、これまた利用ができず、水産事務所は自己責任で対応してくれとの回答。
これに不満を持ったC棟の利用者たちは保険も出ないような電動リフトには乗らない用を全利用者が決め、現在は補助金で購入した利用しない電動フォークリフト34台は全て止まった状態。
荷さばき運送は業者が各々所有の内燃機リフトを使用し業務を遂行するため、場内は排気ガスが充満し不衛生極まりない。
この電動フォークリフト34台ボイコットを避けるべく、水産事務所は自賠責をかけたが、業者側は任意保険もかけて欲しい、事故発生のたびに業者負担は納得いかない、任意保険は水産事務所が負担して欲しいとの要求があがり、水産事務所は卸会社二社にその旨を協議中。
水産事務所はお粗末なんだ。国の補助金を得て購入のフォークリフト、これに全国市有物件に加入、ところが職員が運転した場合のみ保険が下りるので、職員以外の運転事故には対応しないと支払いを拒否
この市の保険管理は行政管財課、担当が全国市有物件保険と交渉をしたのだろう。
でダメ
セールスは断られてから始まると諺にもあるように、ダメです、ハイ左様ですかじゃ子供の使いだ。
担当はGLの小向氏、胸に手を当てて考えろ、保険請求と車両の事故件数を調べたことがある。平成28年度に「はっち」がこういう事故を起こした。
八戸駅に講師を迎えに行き、助手席にそれが乗り「はっち」の駐車場で下車の際、隣の車に明けたドアをぶつけて物損事故。
講師は職員ではない。だが、保険は下りた。同じ理屈だが、それを水産事務所は知らない。
八戸市を横断的に物を見るのが副市長二人、これらが現場を知らない、
いや、知ろうともせず高給を得ている。
やる気がないのさ。
田名部副市長はマルヨ運輸が負担した90万は市が払う必要がないと断じた。物知らずだ。
こういう事案がある。
安全配慮義務違反
これは八戸市が問われる問題だ



[PR]
by jpn-kd | 2018-01-26 13:07 | 行政ネタ
鳴らないジュークボックス15 音曲師 西川たつ
鳴らないジュークボックス15 音曲師 西川たつ
 男運なく苦労し高座で倒れて死去
深川森下町生まれ、父の元で修行し9歳で岸沢式多津を名乗る。3代目柳家小さんの紹介で1909年10月下席両国立花家で初高座。常磐津と手踊りで人気を取り1915年に21歳で結婚を機に引退、翌年には離婚し再度寄席に出る。再婚するが相手が嫉妬深く、常磐津は色気がありすぎると長唄に転向するがそれでも嫉妬は止まず、寄席興行形態の変化や芸人の所属団体の離散・集合など混沌とする演芸界の中で活動し1920年に引退した。
戦後、離婚し料理屋の女中、客に請われると音曲を披露して生活の糧とたが、文芸評論家の小林秀雄が小説家・NHK文芸課長の久保田万太郎に常磐津の上手な女中の存在を話しNHKラジオと三越名人会に本名の西川たつで出演、1950年に落語協会に所属し寄席に復帰。立花家橘之助譲りの浮世節を唄う音曲師で、後進の指導にも力を入れた。第13回芸術祭賞受賞。浮世節「たぬき」を復活した。
6代目三遊亭圓生の独演会のひざがわりで出演中、人形町末廣の高座で倒れ、虎の門病院に運ばれるが翌日脳出血で逝去。出演当日、体調不良だったが、圓生夫人に「高座で死ねれば本望」と語っていた。


[PR]
by jpn-kd | 2018-01-26 00:00 | 鳴らないジュークボックス
鳴らないジュークボックス14 舞働
鳴らないジュークボックス14 舞働
外国人が好む能は船弁慶、土蜘蛛(これは源頼光で平安中期の武将。満仲の長男。摂津などの国司を歴任。左馬権頭。勇猛で、大江山の酒呑童子征伐の伝説や土蜘蛛伝説で知られる)言葉が分からずとも仕種で理解できる。能の数少ないわかり易い演目。
舞働はYOUTUBEで発見、凄い技だ。
ま、一見は百聞にしかず


[PR]
by jpn-kd | 2018-01-25 10:17 | 鳴らないジュークボックス
八戸広域消防本部警防課は消防団の行動を把握せず
八戸広域消防本部警防課は消防団の行動を把握せず
消防団が消防車を利用し地域を廻り寄付行為を強要するのは地方自治法違反
これを強く言ったところペテン師消防団長大館市議はこれをしないと言明

昨年一年間癌に悩まされ、ほとんど寝たきりだったが、癌は消滅、転移した肝臓部分もほぼCTで発見しにくくなった
死ぬまでは生きている、躯の調子は50代のころに戻った
3年は死なないだろうが、蝋燭の灯は消える前に大きく燃える
それに間違いない
その勢い良く燃えさかるうちに幾つかやり残した仕事をする
その一つが消防団の寄付行為強要だ
教養のない奴が強要をするな
副団長の一人がカネなんか要らない、使命感でやっていると言った
立派なことだ。が、それと肚とは違うのかもしれない
警防課は根絶したと大言壮語
言う下から嘘がばれた
ペテン師消防団長大館市議もそうならば警棒課長もペテン師課長か?
[PR]
by jpn-kd | 2018-01-24 08:53 | 行政ネタ


ブログで行政改革をめざす日本救護団 080-9850-5240
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
メルマガ-まぐまぐ

メルマガ購読・解除


 

カテゴリ
タグ
以前の記事
記事ランキング
検索
楽天
その他のジャンル
画像一覧