<   2017年 12月 ( 39 )   > この月の画像一覧
元市長にカネ返せ命令、市民がそれはオレ達の問題だと支援
元市長にカネ返せ命令、市民がそれはオレ達の問題だと支援
東京新聞の記事を整理してみる。
東京新聞はマイナーだが真実を伝える力を持つ。
国立市、人口7万4千人と小さな町だ。こくりつと間違う妙な名称の元は国分寺駅と立川駅の中間で国と立ちを並べた造語、いかにも行政が考えそうな無味乾燥名称。
さて、何で市長が裁判所からカネ返せ命令を受けたのか?
それは、一橋大学と無縁ではない。東京神田一橋にそれはあり、国立に移転してきたのが昭和5年。一橋大に東京商科大学から名称を変えたのも学生たちが決めた。学長選挙にも学生が参加する自治独立の不羈の横溢する日本でも希な大学。
国立は大正時代までは甲州街道沿いを除き雑木林だったが、箱根土地株式会社が学園都市構想に基づき大学を誘致、ドイツの学園都市・ゲッティンゲンをモデルに地区開発を行い、1926年に分譲開始。同時に同社によって建設された国立駅が鉄道省に譲渡され開業し、以後住宅地の範囲が拡大している。
駅を中心とし、さくらとイチョウ並木が国立の特長。これを市民は愛した。そこで、ビル化を阻止する条令が出来た。
町の景観を守るというのが市民の総意だ。ところが開発業者は、そんなことよりゼニ儲けに走る。そこで行政とのせめぎ合いだ。
 同市が高層マンション建設を規制した条例を巡り、市が業者に支払った損害賠償金を上原さん個人が負担するよう命じた判決が、昨年十二月に確定した。元金と利息で計約四千五百万円。私は「なぜ元市長が個人として責任を負わねばならないのか」と疑問を抱いた。上原さんの市長時代を取材し、市民の意向を受けて景観保護に取り組む姿を見ていたからだ。
 やはり疑問を持つ人は多かったのだろう。「上原さんだけに責任を負わせてはならない」と、二月に「くにたち上原景観基金一万人の会」ができた。会は全国でカンパを募り、上原さんも集会などで協力を訴えた。
 五月に元金約三千百万円を市に弁済。残る利息分の約千四百万円も、全額弁済の目標としていた十一月二十一日の二日前に集まった。寄付をしたのは延べ約五千人。帯封付きの一万円札の束を市役所に持ち込む会のメンバーの姿に、意地と誇りを感じた。
 わずか九カ月余りで多額の寄付が集まったのはなぜか。背景には、市民が景観保護に取り組んできた歴史がある。JR国立駅周辺の整然とした街並みは大正末期、東京商科大(現・一橋大)の誘致に合わせて整備された。その景観を守る市民運動は一九五二年、都内初の「文教地区」指定につながり、その後も運動は続いた。
 「行政のトップが訴えられ、市民が賠償金を肩代わりした例は世界でもないのでは。歴史に大きな光をつくっていただいた」。元国立市長の上原公子(ひろこ)さん(68)は、今月十六日に市内で開かれた集会で支援者らに感謝した。
「あんたに感謝される筋合いはない。自分のことだからやっているんだよ」。協力を呼び掛けるための街頭活動に感謝する上原さんへ、参加者の一人が返した一言だ。多くの市民の思いを代弁する言葉だろう。
 「市民の支持を得て施策を実現しようとする首長や、住民自治を萎縮させかねない」。上原さんは、米軍基地を巡って政府と対峙(たいじ)する翁長雄志(おながたけし)・沖縄県知事らを念頭に、判決の影響を懸念する。だが、今回のカンパによる肩代わりの成功は、萎縮の懸念を払拭(ふっしょく)する材料になるのではないか。
 上原さんと弁護団、支援者は、長年の闘いをまとめた「国立景観裁判・ドキュメント17年」(税抜き千三百円、自治体研究社)を出版した。問い合わせは一万人の会のEメール=office@ueharafund.org=か、ファクス=042(573)5947=へ。 (服部展和)


[PR]
by jpn-kd | 2017-12-31 08:02
世の中何が起きるかわからない
世の中何が起きるかわからない
二人に一人が癌になるといわれる時代だ
その一人になった
今年の三月三日に余命90日を宣告された
そこで、八戸から東京の自宅に転居
つくばEXで柏の葉キャンパス駅からバス停三つ目の国立ガン研究センターに通院だ
国立がん研究センター東病院は、1992年に千葉県柏市に設立され、今では年間8,000人を超える新患が訪れる国内トップクラスのがん専門病院。
わんさと来るぞ
八時から受付が開始になる
採血の順番を待つ、その番号が500程になる
それから、3時間の抗がん剤点滴
2週間朝晩の服薬
こいつがきつかった
吐くんだ
食ったものが全部出て痩せた
このままじゃ死ぬなと覚悟した
服薬、点滴の量を加減する、医者が血液から判断し量を減らす
次第に楽になるが、今度は下痢だ
なんだかんだとやりながら年末を迎えた、余命90日が300日になる
人間なかなか死なないと痛感
ま、歳も歳だ
74歳を癌で迎えたな
何も考えずに気の抜けたサイダーのような人生だった
ぼんやり生きてきた
だから癌と言われて仕方がないと悟った
やり残したことも、ようやっと12月の頭にやれた
馬鹿な人生を送ってきたもんだ
おれのような馬鹿になりなさんな
検診はしたほうがいい
毎年やることをすすめる
七十の坂を越せずに死んだ奴もいた
どこまで生きたいと願っても死ぬ
八戸の知人は風呂に入ろうとして寒暖差で死んだ
死ぬのに理屈も理由もない
いきなり来るんだ、おれのような馬鹿にならず、自分が何をしにこの世に来たかを悟るべき
そして、それに死にものぐるいでしがみつくことだ
オレは馬鹿だから、それをせずに障子にしがみついたハエのように羽音をうるさく立てたが、なんのこともない
馬鹿の寄ったかりの人生だった、こんな馬鹿になりなさんな
若者は経験が少ないから人に騙される
親切ごかしのSNSに引っかからず、人を信じずに生きることだ
カネを失うのは小さなことだ
名誉を失うのは大きなことだ
勇気を失うのは全てを失うことだ
オレに名誉はないが死ぬまでやる気を失わない
生きてればオレのような馬鹿でも最後の最後にやることが見つかる
癌が教えてくれたようなものだ
気の抜けたサイダー人生を送りなさんな
馬鹿は死ななきゃ治らないとは言ったもんだぜ
オレのためにあるような言葉だ


[PR]
by jpn-kd | 2017-12-30 07:06
2017年12月23日、国連は北朝鮮に対し石油の禁輸90%を決議
2017年12月23日、国連は北朝鮮に対し石油の禁輸90%を決議
日本が天皇陛下万歳で他国を侵略、昭和16年8月にインドシナへ進駐しオランダの石油を強奪した。
これに対して米国は石油を禁輸し対抗。米海軍は「石油禁輸はアメリカを戦争に巻き込むことになる」「対日経済制裁は延期すべき。それをすれば近いうちに日本に攻撃される」と分析したが、ルーズベルト大統領はそれを無視、日本は4ヶ月後に真珠湾攻撃をしかけた。
今回の北朝鮮も万歳で国威発揚、当時の日本と均しいがミサイルを持つ。
ために、北、新たなミサイル発射の兆候か…数日中にも
2017年12月28日 19時01分
北朝鮮
 【ワシントン=海谷道隆】北朝鮮が弾道ミサイルか人工衛星の発射を準備している兆候が確認され、数日か数週間で発射される可能性があると、米CNNテレビが27日、報じた。
 情報当局者を含む複数の政府関係者が明らかにしたという。
 関係者は、北朝鮮のミサイル発射場周辺で機材の動きが複数見られるとしている。韓国紙・中央日報は26日、韓国政府関係者の話として、北朝鮮が新たな人工衛星「光明星5号」を製造し、打ち上げる計画があると報道しており、米政府がつかんでいるとされる兆候は、この計画についてのものとみられる。
追い込まれれば窮鼠猫を噛むで日本と同様に真珠湾攻撃しか残らなくなる



[PR]
by jpn-kd | 2017-12-29 08:54
三浦哲郎への取り組みで日本救護団認識不足
三浦哲郎への取り組みで日本救護団認識不足
教育委員会からの回答で一本参った
小川 真 様
ホームページからお問合せいただいた件についてご回答いたします。
(1)国語科の教材を通したかかわり
  現在、八戸市内の中学校2年生が使用している国語科の教科書「国語2」(光村図書)には三浦哲郎著「盆土産」が掲載されています。
そのため、今年度の中学2年生、3年生の全ての生徒が、国語科の授業を通して、三浦哲郎氏の作品に触れています。さらに、授業を通して三浦文学に興味をもった生徒のために、読書案内のページでは、同著「ユタとふしぎな仲間たち」が紹介されています。
また、光村図書の教科書では、昭和62年に「盆土産」が初めて掲載されて以降も、掲載された期間が長いため、現在の中学生に限らず、高校生以上の年代にとっても三浦哲郎氏は馴染み深い作家の一人であると言えます。
(2)マイブック推進事業を通してのかかわり
マイブック推進事業は、自ら本を選び購入する体験を通して、読書に親しむ環境をつくる趣旨で、八戸市内の全ての小学生にマイブッククーポンを配付しています。
マイブッククーポンの有効活用のための一つの手だてとして、各小学校においては選書についてのアドバイスも積極的に行っています。
その際、三浦哲郎氏が著した唯一の児童文学「ユタと不思議な仲間たち」も、郷土ゆかりの作家の著書として紹介されることが多いと聞いており、本事業にかかわる指導を通して小学生も三浦哲郎氏に触れていると言えます。

これは三浦哲郎を購入した数を把握しているのか?
気分的な物言いではないのか

(3)「三浦哲郎少年少女作品賞」を通してのかかわり
八戸市内の小・中学生の優れた作品を掲載している文集「はちのへ」は、第64号の発刊に向け現在編集作業が進められています。
この文集「はちのへ」第60号の発刊を記念し、市内の児童生徒の作文力向上に資するために、平成25年度に「三浦哲郎少年少女作品賞」を制定しました。
本賞は、文集「はちのへ」に応募された作品の中から、小・中学校それぞれ一作品を選考会で選出し表彰しています。
表彰式は、三浦哲郎氏ゆかりの地に建つ「八戸ポータルミュージアム はっち」で開催される市教育委員会主催の「教育の広場はちのへ」において行っています。
「三浦哲郎少年少女作品賞」制定以降、本賞が児童生徒の励みとなり、文集「はちのへ」へさらに多くの作品が寄せられるようになっています。
増加の数字は把握しているのか?

(4)特別展「三浦哲郎の作品とその素顔」を通してのかかわり
御承知のとおり、八戸市市制88周年記念事業の一環として、今年10月12日~17日にデーリー東北ホールを会場に、特別展「三浦哲郎の作品とその素顔」を開催いたしました。
八戸市立図書館所蔵の三浦哲郎氏の愛用の品や著作、手紙、デーリー東北新聞社所蔵の生原稿など三浦氏に関する資料880点を展示した特別展は、会期中の来場者数が千人を超え、三浦文学の魅力が今なお少しも色褪せることなく、幅広い世代に読み継がれていることを物語っていました。
本県唯一の芥川賞受賞作家である八戸市出身の三浦哲郎氏が、より一層幅広く周知されるよう、市教育委員会としては上記のことを踏まえつつ、今後とも努力してまいります。
----------------------------------------
 八戸市教育委員会
 〒031-8686 青森県八戸市内丸一丁目1-1
 TEL 0178-43-9519 / FAX 0178-47-4997
 Mail: kyoiku@city.hachinohe.lg.jp
----------------------------------------



[PR]
by jpn-kd | 2017-12-28 08:04
愚脳市長小林が陥りそうだった映画の話
愚脳市長小林が陥りそうだった映画の話
映画「一茶」 製作会社破綻で公開できず 助成金返還も
12月21日 18時18分 
俳優のリリー・フランキーさんや佐々木希さんが出演して製作が進められていた、江戸時代の俳人、小林一茶の生涯を描く映画が、製作会社の経営破綻で公開のめどが立たなくなり、文化庁が所管する独立行政法人が助成金2200万円を返還するよう求めたことがわかりました。助成金が返還される見通しは立っておらず、専門家は、文化の振興を目的とした補助金や助成金が増加する中、チェック態勢を強化すべきだと指摘しています。
江戸時代の俳人、小林一茶の生涯を描いた映画「一茶」は、リリー・フランキーさんや佐々木希さんが出演し、ことし3月までに撮影を終えましたが、製作会社の資金繰りが悪化して経営破綻し、俳優などへの出演料も支払われなくなっています。

文化庁が所管する独立行政法人「日本芸術文化振興会」は、この映画の製作費として、東京・品川区の製作会社に助成金2200万円を支給していましたが、映画の公開のめどが立たなくなったことから、全額を返還するよう会社側に求めたことがわかりました。

製作会社の代表をしていた男性はNHKの取材に対し、「破産手続き中で語れることは何もない。映画を製作するためにいろいろなところから借り入れをしていた」としています。文化庁は「文化的価値が高いと考え助成金が支給されたが、映画が公開に至らず残念だ」としています。

この助成金は、文化庁が文化や芸術の振興のために予算化した補助金から支給されたもので、予算額は昨年度およそ100億円が計上され、10年余りで10倍に増加しています。

会計検査院OBで、日本大学総合科学研究所の有川博教授は「予算が拡張する中で、補助金を交付する行政側で審査や進捗(しんちょく)状況についてチェック態勢を整備すべきだ」と指摘しています。


[PR]
by jpn-kd | 2017-12-27 13:27
八戸市民病院手当 合計
八戸市民病院手当合計
医師            看護師
地域手当1億8百万円
扶養手当1700万円    2000万円
管理職手当1億5百万円   1億4千6百万
特殊勤務4億5千8百万   1億9800万
住居手当            62百万
宿日直手当6千4百万      320万
通勤手当百50万円       1800万円
期末手当1億7千8百万円  3億8千4百万円
勤勉手当95百万円     2億2900百万円
寒冷地手当7百20万円     2900万円
単身赴任159万円
児童手当470万円        2500万円
合計10億4300万円    合計11億8300万円


看護師一人が幾ら手当を貰ったかを知らせるように伝達したが市民病院管理課が無視
ために合計金額を記載 担当のGLが死者が出たので回答せず
手当支給額は決まっているのに、明細を示さずはボケ。管理課ぐるみで隠蔽体質は病院管理者の三浦が消えないかぎり解消せず


[PR]
by jpn-kd | 2017-12-27 08:11
八戸市民病院手当
八戸市民病院手当
看護師
扶養手当2000万円
管理職手当4百万円
特殊勤務1億4千6百万
時間外手当1億9800万
夜間勤務6千万
住居手当62百万
宿日直手当320万
通勤手当1800万円
期末手当3億8千4百万円
勤勉手当2億2900百万円
寒冷地手当2900万円
児童手当2500万円
合計11億8300万円


看護師一人が幾ら手当を貰ったかを知らせるように伝達したが市民病院管理課が無視
ために合計金額を記載


[PR]
by jpn-kd | 2017-12-26 08:18
八戸市民病院手当
八戸市民病院手当
医師
地域手当1億8百万円
扶養手当1700万円
管理職手当1億5百万円
特殊勤務4億5千8百万
宿日直手当6千4百万
通勤手当百50万円
期末手当1億7千8百万円
勤勉手当95百万円
寒冷地手当7百20万円
単身赴任159万円
児童手当470万円
合計10億4300万円

医師一人が幾ら手当を貰ったかを知らせるように伝達したが無視
ために合計金額を記載



[PR]
by jpn-kd | 2017-12-25 08:38
三浦哲郎文学館設置必要案 3
三浦哲郎文学館設置必要案 3
公民館23館で三浦哲郎のDVDが見れるようになる
お年寄りの中には三浦と言葉を交わした人もおられよう
また、親戚縁者も当然おられる
その人々が三浦との関わりを大事にしておられるはず
ところが、それが聞こえてこない
それは、発表する場がないからだ
機会をつくればいい
無い物はつくればいいのだ
このDVDを見た感想を発表する、あるいは備え付けのノートにそれを記す
それらをまとめて冊子にする
思い出のよすがとなる
はっちも遅ればせながら、このDVDを活用するような話をする
此奴等は信用できないところが多い
口先だけで適当なことを言うが実がない奴らばかりだ
此奴等の汚い手口を解明するだけの資料はあるが、今回は黙する
三浦哲郎の縁ある地に立脚するはっち、ところが管理者にその想いがない
情けない話だ
三浦以降に芥川賞作家が出たのか、直木賞作家が誕生したのか?
文春という商業雑誌だが、それなりの権威と格付けをもつ
そこが三浦を認定した
純文学という狭隘な範疇で呻吟されたが大衆から迎合される作家ではない
池波正太郎のようなわかり易い話、中間小説の面白みを書けない作家が三浦だった
それは生き方の問題で、良し悪しの対象ではない

官営本屋で酒場のブックセンターも三浦の机を模した上にDVDを設置し画像を見せるとのこと
バタバタと事は進んだ
出来るところから手を染めて、八戸の名を喧伝することだ
三浦という文学者も死して後も八戸の地に芥川賞作家ありと伝える
他の名誉市民にそれが出来るか?
ここが政治家とかいかさま名誉市民の鈴木と大きく異なるところだ
我が地には宝あり
それを生かせないのが現状、イカ・サバの本拠地、だが、それの売り方に拙さがある
出来るところからやれば必ず解決できるはず
足下を見直そう


[PR]
by jpn-kd | 2017-12-23 09:43
三浦哲郎文学館設置必要案 2
三浦哲郎文学館設置必要案 2
現在官営本屋で酒場のブックセンターに三浦哲郎の本は6冊しかない
出版された他の本、およそ30冊は絶版となった。
はっちの三階に三浦哲郎コーナーらしきものがあり、開館当初は30冊ほどの本があったが、盗まれ(管理をしていないため万引きを助長)、現在は5冊、補充を願ったがどうなったか不明。
三階のリニューアルを図らせ、三浦哲郎のビデオあり(八戸市広報所有)、八戸の港のことを語っている模様、まだ見る機会に恵まれていない。このビデオを三階のコーナーで毎日見られるようにする、小中学生に副読本として、三浦哲郎の一節を読ませるなどの底辺拡大を教育委員会に願いたい
我々生きとし生ける者は必ず滅びる
生きている間に何を成したかが閻魔の前で問われる
元気で成せる時間は少なく、また権能の座にいる時間は尚すくない
伊藤教育長を人間的に高評価する
是非、忘れ去られた三浦哲郎文学館をはっち内にリニューアルを基に三浦哲郎文学館を実現したいものです
これを教育長に送信した

社会教育課長に願った
課長に願うのは
三浦哲郎の生前のビデオあり(八戸市広報所有)、八戸の港のことを語っている模様、まだ見る機会に恵まれていない。このビデオを公民館各館で鑑賞していただきたい
そして、図書館にある三浦の本を手にする機会を増やす、あるいは孫に話すなど、こんな偉人がいたと語っていただきたい
今一度、三浦の話を燃やさないと足下の八戸から三浦の名声はは壊疽を開始だ
名誉市民とは人口に膾炙されてこそ生き残るものだ
是非督励方願います
広報課長に言えば貸し出しは可能、倉庫に投げられている状態では画質も落ちるのでDVDに焼き直す必要も発生
 こう記して昨日送信した
すると、どうだ
社会教育課はビデオをDVDに焼き直す機器を所有、早速取りかかった
八戸市役所には40人の有能な官吏がいる
人は宝だ
年末にきて、つくづく知らされ、生きていてよかった。今年もいい人材が八戸市役所にはいる。胃がんステージ4、肝臓に転移、癌研究センター東病院に貼り着いて抗がん剤の日々
その抗がん剤が教える、三浦哲郎はこれでいいのか?
公民館に風穴があいた。73小中学校をどう展開できるか
八戸名誉市民、ただ、掲げればすむのではない。人口に膾炙してこそ、おらほの三浦だ

[PR]
by jpn-kd | 2017-12-22 09:16


ブログで行政改革をめざす日本救護団 080-9850-5240
メルマガ-まぐまぐ

メルマガ購読・解除


 

カテゴリ
タグ
以前の記事
記事ランキング
検索
楽天
その他のジャンル
画像一覧