人気ブログランキング |
<   2017年 05月 ( 33 )   > この月の画像一覧
特集 八戸裏面史 いかさま名誉市民鈴木継男を通して見た八戸 その16

どうして大平透が張り切って鈴木継男の片棒を担いだのか。それには理由がある。

マンデー事件でも分かるように、鈴木継男は自分の目的の為には手段を選ばない。日本軍が行け行けで志那に進駐し大量虐殺をした。それを鈴木継男は自分の目で確かめた。この年代の男は多かれ少なかれ、こうした強行突破を得手とした。

鈴木は八戸ガス、液化ガスで辣腕を揮う、目的のためには手段を選ばないから、籠絡、策略、謀略は当たり前だ。

鈴木継男は相手に取り入ろうとする際はなめずり出すような言葉を巧みに使うを得意とする。

鈴木継男はこう言った。

「私には娘がいる。男の子供はいない。が、血はつながってはいないが三人の息子がいる。一人は坂本よしひろ、二人目は田名部和議、三人目が大平透だ」

これに、皆コロリと騙される。

鈴木継男は八戸ガスの社長を退いても平気で黒塗りの車を使いまくった。後任社長の熊谷を差し置いてだ。目的の為には手段を選ばずを地で行く。

坂本よしひろは熊谷義男代議士の事務所に居た。田名部和議は野党の旗頭、政治的バランスで田名部和議を取り込もうの魂胆。大平透は秘書室長、うまく抱き込もうの策略。

市長小林を鈴木継男の敷地内に建てた別棟に居住させ、市長に恩を売り込もうの計略だ。

愚脳市長小林は気持ちが汚いから、無料提供だか有料だか知らぬが、簡単にこれに引っかかった。

愚脳市長小林が籠絡され、秘書室長もその気でいかさま名誉市民構想が固まった。なるほど鈴木継男の謀略は見事だ。

そして、念願の名誉市民、これがいかさまであるのは、積年美術品を八戸市に寄付したが論拠。物を寄付すりゃ名誉市民か?

これではカネで名誉市民を買っただけ。まして、その絵画は代議士熊谷義男のものであったという。
by jpn-kd | 2017-05-31 00:00 | いかさま名誉市民
特集 八戸裏面史 いかさま名誉市民鈴木継男を通して見た八戸 その15

まして一年じゃ使い走りだろう。

その大平が自伝でマネージャーをしたと記したのも、鈴木継男がそう要請したのか、それとも大平透自身がそう思い込んで記したのか? 裏をとれ、物書きとして裏を取らずに記せば咎めが必ず来る。

人殺し縄文館館長の古館、こやつがしでかした失敗が、市史編纂委員が持ち込んだ原稿の裏を取らずに市史に掲載、当然訂正が必要になり、後任者の佐々木に押しつけた。結句、古館を頼りにしていた佐々木は古館の逃げを食らって自殺した。

これほど左様に裏取りは大切だ

大平は自伝に自分が嘘を記載すれば、前非は書き直せば消えるのかね、少なくとも大平は、そう信じている。だから、わざわざ、自身しか知らないマネージャーに書き換えたと発言。

こんな馬鹿が副市長様におなりだから、八戸市の前途は暗い。

前非を悔いるという言葉があるが、事象を書き換えれば済むのかね。

パソコンのリセットボタンを押せば、入力した事柄は瞬時に消える。新たに記録を収録するが人生は自伝を書き換えれば、鈴木継男の悪行が消えるのか。

そんなことをしても、講談社MOOKの本は厳然としてあり、鈴木継男がテレビで語ったビデオテープも存在する。

それを大平は書き直しました。どこか価値観が違う、鈴木継男の為にする言辞を連ねただけで真偽も確かめず、大平透の実名で編集後記を記した。物書きの資質ゼロ、当然副市長としての資質も問われる。
by jpn-kd | 2017-05-30 00:00 | いかさま名誉市民
特集 八戸裏面史 いかさま名誉市民鈴木継男を通して見た八戸 その14

副市長になった大平透が小川を妙な目つきで眺めるようになり、

「あんたが、妙な目つきで見るが、その目つきが気に入らないので、鈴木継男の駅伝をばらすぞ」

と告げた。

すると大平透はこう言った。

「鈴木さんの自伝(私の中国)でマネージャーと言い換えました」と平然と言った。

そのことを小川は知らない。つまり大平透しか知らない事実だ。

よくよく調べると、この鈴木継男の自伝私の中国は大平透が執筆。

おわりにの章352頁に鈴木継男がこう言う。

当時の総務部長の西幹雄が本にまとめろと勧められた。本書をまとめるにあたり、全面的に協力してくれたのが大平透君である。

また、大平透自身もその本の尻で大平透は市役所に入る前は東京で文章を書く仕事をしていたこともありと、これまた鈴木継男同様、自分をひけらかす。明確に岩波書店にいたとか、講談社にいたとか明記するべきだが、ここらはぼかしている。愚にもつかぬ会社だから明記できないのであろう。
by jpn-kd | 2017-05-29 00:00 | いかさま名誉市民
特集 八戸裏面史 いかさま名誉市民鈴木継男を通して見た八戸 その13

小「鈴木さん、テレビで人生は駅伝だという話をされましたね」

うれしそうな顔で、

鈴「あのテレビ君も見たの、そうなんだよ、人生は駅伝なんだよ」

小「鈴木さんが読売新聞社前にビリで到着した時、誰もおらずに後輩だけが……」

鈴「そうなんだよ、読売新聞社前には誰も」

小「鈴木さん、こういう本があります。鈴木さんが出たのは第22回大会、読売新聞社前ではなく靖国神社からのスタート」

鈴「え、そうだっけな、靖国神社だったっけな」

小「鈴木さん、10区は三上さんが走り、貴方の名前は載っていない」

鈴木継男、呆然とし、手渡されたMOOKをうつろな眼で眺めるばかり、

「おかしいな、おかしいな」

やがて、封筒にカネを突っ込み、小川の前に置いた。

「鈴木さん、私はカネはいらない。貴方が新幹線到来で八戸駅舎を建てるにあたり、八戸市に寄付をされた、私もこのカネを寄付します。三役の誰でもいい、これから寄付に行くと伝えてください」

「う、それだと、これでは足りない」と更に封筒にカネを継ぎ足した。

「もしもし、鈴木継男でございます、いつも大変にお世話になります、ただいまから小川さんという人が新幹線駅舎建設の寄付に伺います、市長室に参りますので、よろしくお願いいたします、はい、新幹線の駅舎建設の寄付でございます。金額は30万円でございます」

この封筒に30万円が入っているのは鈴木継男の言葉で知った。中を確認もせず、市長室でそのカネを渡し、帰ってきた。

口止め料なのだろう。その事は鈴木継男が生きている間は口外しなかった。
by jpn-kd | 2017-05-28 07:58 | いかさま名誉市民
特集 八戸裏面史 いかさま名誉市民鈴木継男を通して見た八戸 その12

講談社MOOK「写真で見る箱根駅伝80年」という雑誌がある。2000年2月に刊行された。

この44頁に第22回大会昭和18年1月5、6日を掲載。

昭和16年12月8日の太平洋戦争勃発に伴い従来の東京・箱根間大学駅伝に代わって、昭和18年の靖国神社・箱根神社間往復関東学徒鍛錬継走大会が第22回大会となった。

2年ぶりにタスキをかけた選手が靖国神社大鳥居前の階段から出発、神保町を右折、日比谷の交差点から従来のコースに出た。1区は六郷橋を渡って立教の伊藤が日大、文理大を引き離し先頭を独走、1分15秒差で中継した2区森田も1分差を守って3区に入った……と続く

鈴木継男はテレビに出て、人生は駅伝と得々として、経営も駅伝と同じで次のランナーに引き継ぐと語った。私は拓殖大学の生徒で最終の10区を走りました。読売新聞社前のゴールには大会関係者の姿もなく、ビリの拓殖大学の後輩だけが私を迎えてくれました。

このテレビをビデオに録画し、鈴木継男は箱根駅伝に出たのか、いつか、これを調べてやろうと思った。そして、MOOKの本を取り寄せた。

拓殖大学は確かにビリ、1区は杉原宏ビリ、ここから10区までビリをひた走る。2区山本雅男、3区森田肇、4区三橋博、5区小梨豊、6区入江光行、7区後藤弘春、8区倉持凡康、9区佐藤寿郎、肝心の10区は三上晃で鈴木継男のすの字もない。

b0183351_07291636.jpg

by jpn-kd | 2017-05-27 00:00 | いかさま名誉市民
ペテン師 八戸消防団長兼市会議員大館恒夫
消防団長大館恒夫が昨年五月、消防団員による寄付金強要をやめるべく指令を出した
ために、消防団運営費の捻出に苦慮
そこで団員の手当を総額で200万円増加
消防団員1350人個々にその手当が振り込まれる
その送金料は青森銀行が無料実施
ところがこの金は分団長が再徴収し団運営に使用する
これでも不足だと八戸市役所防災にかけあった
そこで地域交流のような形で支援できないかと考察中とのこと
金額的には200万程度の模様
これを増額するには、消防団長の要請要求が必要と、消防団長に面会を求めた
すると、大館恒夫は5月15日から23日視察に出ているため面会はできないと言う
そこで、議会事務局に確認すると、5月15日から18日まで視察の届けは出ている
5月19日は協議会があり、全議員が参加する
この協議会は午前中に終了
消防団は団長ばかりで機能する訳ではない
そこで副団長に面談
すると、松田副団長(副団長は6人いる)から、カネなんて欲しくない、カネなんぞ貰わずとも我々は責務を果たすと立派な見識だ
カネがいらない消防団にカネを願って歩く必要は無い
ために、
この消防団組織奨励金の話はやめだ
足並みがそろうまで、また、ペテン師大館恒夫が消防団長をやめるまでは、この話はしない
もっとも、そこまで生きているかの小川の都合もある
しかし、大館恒夫消防団長殿、嘘つきペテン師香具師、野師、詐欺師に仕事師、地面師、などと呼ばわれぬよう注意注意、もう貴殿とは話しもしたくない。


by jpn-kd | 2017-05-26 07:02 | 行政ネタ
特集 八戸裏面史 いかさま名誉市民鈴木継男を通して見た八戸 その11

小林が八戸液化ガスから381台のはるるを購入、ところが覚え書きは321台。

覚え書きの印鑑は株式会社MKテレビサービスと記されているが、同社は有限会社で株式会社ではない。

佐々木はこの覚え書きについて、こう証言している。

昭和56年11月に返品を受け入れ、57年10月20日で確認。ようやく覚え書きに捺印して貰えることになった。昭和57年2月27日午前中、八戸液化ガス常務取締役工藤健太郎と共に小林の事務所を訪問。小林は印鑑を押したければ、そこに置いてあるので勝手に押すようにと机の上を示したので、私が小林の会社印と個人印を押した。それを八戸液化ガスに持ち込んだところ、小林の会社印が必要とのことで、再度工藤健太郎と共に小林のもとに行った。小林は自分から会社の印鑑を押してくれた。持ち帰ると陰影が薄いので、再度工藤と共に小林のもとを訪れ押印を要求、このとき小林は自ら押印した。

この佐々木が平成8年6月15日午前10時に八戸港で水死体であがる。これを調べるべく東奥日報、デーリー東北を調べるも記事としての水死は発見に至らず。

ただ、死亡広告あり。

b0183351_14074768.jpg

八戸ガス興業社長馬渡就、八戸ガス・八戸液化ガス社長鈴木継男、液化ガスの子会社ベストライフ社長橋本正保の名が見える。

この馬渡は鈴木継男の腰巾着、八戸ガスから八戸液化ガスが飛び出し、同様にガス興業が飛び出した。つまり、この三社は親子関係。馬渡はガス管工事では市内一、それなりの権勢をふるった。やりすぎて、馬渡は、鈴木継男同様、選挙違反で逮捕され、銀行が融資引き上げで倒産。

b0183351_14091558.jpg

by jpn-kd | 2017-05-26 00:00 | いかさま名誉市民
特集 八戸裏面史 いかさま名誉市民鈴木継男を通して見た八戸 その10

これに対し佐々木次長は「分かりました。松下電器に伝えます。こんなの納得できませんよね」と言って引き上げた。

それから二日後の4月30日、小林は佐々木次長にもう一度自宅に来てもらい、「覚え書きには同意できません。私はお金は一円も欲しくないし、安易な妥協はしない」と松下住設奥羽設備機器営業所の田中勇二郎所長へ宛てた書簡を渡し、併せて松下幸之助直筆の色紙を返却。

その後も小林は佐々木次長に再三、「松下の正式な見解はどうなっているか」と回答を促すが、「いくら催促をしても回答がありません」と繰り返した。

小林は5月26日新聞社大手にナショナルはるるは欠陥商品であると書留郵便を出したが、何の音沙汰もなかった。

その後、1983年(昭和58年)小林はマンデーを創業。商売は順調に推移し、小林は「はるる」欠陥商品の追求を再開。

八戸液化ガスを通して回答を求めても無駄だと、松下電器の東京支社を訪ねた。

応対した大阪本社秘書室泉課長は、

「おかしいですね、その件はすでに解決済みになっている」と二通のコピーを示した。

一通は八戸液化ガスとテレビサービス社との覚え書き、もう一通はその補足文書。

覚え書きは1981年(昭和56年)4月28日、八戸液化ガスの佐々木が持参した覚え書きと同一内容、1500万円(解決金)を始めとし、空白部分が全部植えられていた。

日付けは「よねくらホテル」で小切手を受け取る前日が記載され、小林がこの覚え書きに署名押印をしないにも関わらず、印鑑が押されていた。

小林はこの事実確認を八戸液化ガスの佐々木に確認すると、偽造を認め、

「覚え書き、覚え書き補足とも、原案は松下側が作成し、印鑑は私が押しました。鈴木社長とお会いできる機会をつくります」

佐々木は偽造を認めたものの、鈴木継男は逃げ回り、会うことをひたすら避けた。鈴木継男が小林と面会したのは、二年後の1987年(昭和62)7月28日。

偽造された覚え書き

作成年月日が昭和56年3月30日は鈴木継男が取締役社長とある。しかし、鈴木継男が八戸液化ガスの社長に就任したのは同年の6月、作成年月日は専務であった。

つまり、この覚え書きは虚偽だ。


by jpn-kd | 2017-05-25 00:00 | いかさま名誉市民
緊急暴露 田名部組補助金法律違反 長崎や跡地を戸田建設に月額12万で貸したのが違反

かねてからよからぬ企みをし、建つ建つとかけ声ばかりの田名部組、そこへ隣接の地にホテル建設、戸田組が貸して欲しい、資材を置き始めるが、図々しい田名部組は市役所の問いに短期ですからとしらばっくれた。

ここで散々煮え湯を飲まされた市役所は、眉に唾をつけなければならぬが、もとより、やる気のない金魚鉢の金魚ならぬ市役所職員、荒波をくぐり、生き馬の眼を抜く商人には、赤子の手をひねるがごとくに口先だけで、いいくるめられた。

ところが、日本救護団の小川、6月3日までの命、その先は見通し建たずで、八戸によろよろ出てきた、まるで市議の大館恒夫とそっくり。

そこで、三日町の角に立ち驚嘆。

大型クレーン二基が大活躍。

建たない田名部組のビルが補助金を得て更地になったを勿怪の幸いとばかり、戸田建設の申し出でを快諾、おのおの契約書を交わし、月額12万円で貸した。

ところが八戸市補助金規則の19条には貸す、売る、担保に入れてはならないと規定。

田名部組明確な違反。

すると、黙って猫ばばを決めこもうとした田名部組に市役所が王手、その金は田名部組のものではない、国に返納するか市にするかは今後決める。

ともかく、貸して得たカネは田名部組のものではないと口頭で伝達。

追って文書が出て、田名部組の着服したカネはアサリ、ハマグリが水に入れられ、一晩おけば砂を吐き出すにも似て、あわれ、市役所にとぼけてぽっぽを決め込もうとした目論見は見事、棺桶に両足を突っ込んだ小川に待ったをかけられた。

死に損ないジジイの力、おそるべし。

また市役所の町づくり文化も汚い、癌研の抗がん剤の副作用で天井をみるばかりの、死に損ないでも分かるように、毎日市役所に通いながら、それに気づかぬは情けない。

部長が原田だけに気にしているのは腹だ? 

上を見て歩け、誰の目にもクレーンは見える、町づくり文化の職員に見えないのは、田名部組からいくらか貰って黙認か?

それが役人のすることか!

逮捕は免れぬ案件、日常生活の繰り返しが、実はとんでもないターニングポイント、これをヒチコックシーンという、町づくり文化の職員逮捕などとならぬよう、もっとも、そうなれば面白い。まさかに、愚脳市長小林が黙認したなどはないだろうて。

いや、それもありか?

補助金等に係る予算の執行の適正化に関する法律

(財産の処分の制限)

第二十二条  補助事業者等は、補助事業等により取得し、又は効用の増加した政令で定める財産を、各省各庁の長の承認を受けないで、補助金等の交付の目的に反して使用し、譲渡し、交換し、貸し付け、又は担保に供してはならない。ただし、政令で定める場合は、この限りでない。

○八戸市補助金等の交付に関する規則

19 補助事業者等は、補助事業等により取得し、又は効用の増加した次の各号に掲げる財産を、市長の承認を受けないで、補助金等の交付の目的に反して使用し、譲渡し、交換し、貸し付け、又は担保に供してはならない。ただし、補助事業者等が補助金等の全部に相当する金額を市に納付した場合又は補助金等の交付の目的及び当該財産の耐用年数を勘案して市長が定める期間を経過した場合は、この限りでない。



by jpn-kd | 2017-05-24 01:43 | 行政ネタ
特集 八戸裏面史 いかさま名誉市民鈴木継男を通して見た八戸 その9

ところが、八戸液化ガスは裁判で、「昭和56年3月30日八戸液化ガスは、原告会社に対し、商品買い戻し代金と解決金(和解金)の一部を支払い」と奇妙な主張を行い、小切手受け渡しの席に同席した佐々木次長も、「私もその場に同席していました。解決金1500万円の支払いについて、その会議の際に合意ができました」

と陳述し、同じような趣旨を証言。

鈴木継男が出した小切手が解決金を含んでいるとすれば、「はるる」購入代金から約束手形分500万を差し引いた額と同じなのだろうか。

昭和56年4月28日、八戸液化ガス佐々木次長が小林の自宅を突然訪れ、「これに同意してほしい」と「覚え書き」なるものを提示、これは松下電器が作成し、田中勇二郎奥羽設備機器営業所長が八戸に持ち込み、佐々木が持参した。

覚え書きはテレビサービス社と八戸液化ガスが「はるる」問題に関し、商品を買い戻し、和解金を支払うことで合意、今後テレビサービス社は八戸液化ガス並びに松下電器に対して請求もしくは主張を行わない、という内容だ。

突然の覚え書き提示に小林が驚き、怒ったのは言うまでも無い。3月16日の交渉で「今度は松下電器の正式な見解を持ってくる」と約束しながら、それを反故にし、解決金を支払うことで、すべてを終らせるのではないかと小林は佐々木次長に、

「これでは全くこれまでの話し合いが無意味になります。私が要求しているのは欠陥商品のリコールです。松下電器の正式な見解も示さず、解決のための話し合いもないまま、いきなりこんな覚え書きを見せられても同意できません」と抗議。


by jpn-kd | 2017-05-24 00:00 | いかさま名誉市民


ブログで行政改革をめざす日本救護団
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
メルマガ-まぐまぐ

メルマガ購読・解除


 

カテゴリ
タグ
以前の記事
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
記事ランキング
検索
楽天
その他のジャンル
画像一覧