人気ブログランキング |
<   2009年 10月 ( 35 )   > この月の画像一覧
「日本救護団」の活躍
十月二十九日、毎朝かかってくる無言電話、どうも、相手は老婆の模様、「日本救護団」の声を聞くと電話を切る。何か訴えたくて電話をするも、ドスの聞いた声の対応で、こころがすくむのか、電話を切るのだろう、一ヶ月も続くのは遊び半分でもなかろうと、その番号から割りだしを市役所市民相談室に願った。
 結句、八十過ぎの父と七十過ぎの母、その娘が透析をする家族と判明。そこで「日本救護団」は障害福祉課で、障害者手帳の発給の有無、国保課で入院費の状態、入院時の食費負担、生活保護課で、親の生活保護受給の有無、収納課で市税滞納の有無を調査。
 老夫婦は農家で収入は年金で月三万弱、畑を耕作し自給するも限界、娘の入院等で精神的にも疲れている模様。そこまで判明したので、市民相談室に、老夫婦に生活保護課に相談に行くように説得を願った。
 農地を所有する者は、不動産を有することで生活保護の対象にならない。しかし、悪名高い社会福祉協議会が、その土地を最終的には処分をすることを条件に、貸付金を行う、これはリセットと呼ぶ制度。
 生活保護課はこれをすすめる。毎月三万の収入では生活保護より悪い。が、市税の滞りはない。生活をきりつめておられるのだろう。こうした苦しい生活を送られる人々も多い。
 どんな心配事でも必ず解決の道はある。八戸で遊説にきた鳩山総理に泣いた母親がいた。自分の息子が就職できずに首を吊ったと告げた。胸が痛む。
「日本救護団」に相談して欲しい。必ず解決の道を探る。死ぬ気なら何でもできる。テレビが言った。友人の母親の食べ物を願った若者が餓死した。食えないなら生活保護も、一時避難所もある。皆、無料で利用できる。
 心配するな、「日本救護団」が最後の砦になる。遠慮なしに電話して欲しい。若者も老人も、皆が抱える悩みは「日本救護団」の悩みだ。電話45・3344
by jpn-kd | 2009-10-31 10:19
菊まつりで福助に逢えた
b0183351_824380.jpg
叶福助って言葉あり、江戸の昔の文化元年(1804)頃から江戸で流行し始めた福の神の人形。諸願を叶えるとして、茶屋・遊女屋その他水商売の家などで祀ったという。巨頭小躯の土人形。
 菊まつりの主は三本たての背の高い菊、一本の菊から幾十もの小花を咲かせたもの、懸崖と呼ばれる楯ようのもの、切花と盆栽仕立てと福助。福助は三本仕立ての大きな花をいじめて背が伸びないようにしたもの。人間もイジメられないと、良い花を咲かせないのかも知れぬ。
 三回ほど薬をかけて、背が伸びないようにする。そこで頭がでかくて背が短い菊ができる。それで福助だ。これの展示された小屋に入ると、菊の香が馥郁(ふくいく・よい香のただようさま)と鼻孔を打つ、むせかえるような菊の力に、いよいよ、これから冬になると教えられる。昔、菊まつりは共進会の付け祭り、体育館で産業展があり、企業が製品などの展示をし、それが、妙になまめかしくて面白かった。物販や屋台も出て、購買と食欲を同時に満たした。里芋の根っこを売る軽トラが公園入り口あたりに出て、リンゴの赤が目に染みた。それがどういうわけだか中止になり、付け祭りの菊だけが市役所前に出るようになった。物販がなく淋しいが、屋台のバサマから声かけられた。この人は露天商を長く続け、お子さんたちを立派に育てた。女手一つで。ご主人は観音下の場末の酒場で仲間の露天商に殺された。このバサマは女の盛りで、美しい人だった。目つきの鋭さが、その女の盛りを添えた。それから時間が経ちまして、白髪にめがねの人の良い人相におなりだ。
 人間としての勤めを立派に果し、福助の菊のように、イジメられながらも馥郁たる人間の誇りを示される。屋台のテントに品々並べ、ラッシャイ、どうぞと声あげる、その呼び声に豚マン買って、福助ながめむさぼれば、なんだか知らない涙が溢れる。バサマの来た道、茨道、露天商の仲間があれば、ここまでようよう来れましたとの感謝の言葉が耳を打つ。人は一人じゃ生きられない、仲間と売れた売れないどうしようと、愚痴と不満と喜びを並べるうちに歳とれる。それが人生と言う、味わい深いものなんです。
by jpn-kd | 2009-10-30 08:24
しない、したくない役所をどう動かすか 3
今居る課でしか、今知ることを遂行できない。この認識に欠け、家庭内と同一思考回路で、何故、私がしなければならないのという言葉がでる。
 するしないは心が決める。恣意的に決められるのは役所を離れたときだけ、役所内では自分のほかに誰がいるわけでもない、私がやらねばの精神を問われる。そこから逃げたければ役所を辞めることだ。
 女係長以外に、その部署を担当する係長はいない。ならば、私がさせていただきますの言葉が何故出ない? 覚悟が足らないのだ。ふらふら送る日々の中で一生が決まる。自分に甘く他人にきびしいでは従う部下は困惑する。まして、市民はこんな者に任せていていいのかと人間不信におちいる。もっとましな人間を雇えと声を大きくしたい。
 人生は遊びではない。人のお世話にならぬよう、人のお世話をするように、そして報いを求めぬよう。他人のためになれるのが役人だ、それを忘れての勤めはない。
 さて、7月27日に20個、10月8日100個、都合120個。これが取り付けられていない。
●何故?○高齢福祉課から何処につけろの命令がないから。これは今月24日に掲載した火災警報器の話。消防は「日本救護団」に噛まれて3527の要援護者宅を全調査。42%に警報機が設置されていた。残りをどうする?の問題あり、これは置いて、120個寄贈分の取り付け命令をどのようにするかと高齢福祉課長を詰めた。予定表を文書で出させた。
 10月30日消防団会議で要援護者の火災警報器取り付け要請
11月6日民生委員協議会で対象者の把握を民生委員に押し付ける
いやいや行動する民生委員に名簿を提出するように11月30日までに出せと強要する。
12月1日消防本部へ取り付けを依頼、12月中に取り付けを完了する
寄付を受けたのは7月27日に20個、10月8日100個、都合120個。「日本救護団」が動かなければ、火災警報器の賞味期限が切れたろう。消費期限の切れた女房、綾小路きみまろの世界だ。
by jpn-kd | 2009-10-29 06:08
しない、したくない役所をどう動かすか 2
願ったことを願われないと思う心の仇桜、夜半に嵐の吹かぬものかな、行き違い、食い違いはよくあることだが、障害者のことを一番知悉しなければならない課が障害福祉課だ。外に課があればそこに願う。
 そもそも係長の認識不足なら、課長にナンボ喋っても通じない。一番知るべき立場の人間が知らなければ、ボケ課長が何を知るというのか。
 女係長はそれをしなければならないのですか? と、口走るが、特定随意契約は指名業者の登録もいらない特殊なもの、障害福祉課は障害者支援施設、障害福祉サービスを行う施設及び小規模作業所において製作される物品、提供できる役務の相手方となりうる事業者の名簿を各課に周知せよと規定された。それは去年の十一月十一日だ。
 女係長はそれを作成し庁内ランに載せた。それが何か手落ちか?と斬り込んできた。女に斬り込まれて、黙って引き下がるのも片腹痛い。載せれば解決するのか?と返した。
○我々ができるのはそこまでです。
●載せれば各課が障害者施設に仕事を出すのか?施設が何を出来るかを知るのは障害福祉課でしかない。それをランに載せれば走り出すのか?
○我々が障害者の施設に行って、これをやりませんかとは言えない。
●言えなきゃ「日本救護団」が言って歩く。長者まつりんぐ広場の担当は公園緑地課だから、これから行ってかけあうから、もういい。
役人はこうしたもんだ。お触れに従い、書類は作成し、手はず通りにランに載せた。それの何処が悪い?それじゃ血の通った行政ではない。役所が広場の管理はできないから、何処かに頼む。その頼み先を障害者にも出せないか?というのが、今回の特定随意契約の趣旨。
 それを忘れて、載せたから後は各課が気付けばやるだろうし、やらないかもしれないでは努力が足りない。一日椅子に座っているから判らない。「日本救護団」が足で稼いだ情報を女係長に告げても、この程度の認識だもの、先には進まぬ、それにめげずに「日本救護団」は今日も役所の中を歩き回る。
by jpn-kd | 2009-10-28 05:21
脅威の馬力
パソコンが進化し映像を送れるようになった。そこで気になる映像を集めた。諸君も一緒に考えていただきたい。先ずは馬でもここまでやるのをご覧頂く。
 人間の我々、馬に負けずに頑張ろう。


by jpn-kd | 2009-10-27 15:18
八戸駅東西通路の出店者募集
新幹線八戸駅が出来たとき、市民も駅舎建設に金を出した。「日本救護団」も八戸の偉人、鈴木継男氏から言われて、何がしかの金を出させていただいた。
 通路の東京寄り半分はJR、青森より半分は八戸市の所有となっている。この通路は八戸の顔、管理は都市政策課担当。この通路に物販業者が出る。売上げの二割を取られている。この二割が辛いと相談あり。
 そこでもともとタダの場所で、ショバ代を取るテキヤは誰だと調べたら、八戸物産協会、こいつらが、毎土日を来年三月まで借り切っている。勿論、八戸市には一銭も払わずに占有許可だけを取った。にも関わらず二割のショバ代はどういうことだと吠えた。
 物産協会が5%、JR子会社のジャスターが15%を搾取だ。理由はレジと陳列台を貸しているから。この景気の悪い中、二割を搾るは不届きだ。さらに、月から金までは物産協会が借りていないため、業者は東京寄り通路に店を移し、二割をジャスターに支払っている。
 物産協会は八戸市民のためを考えていない。観光客が買い物をする。ユートリーにも販売所はあるが、急ぎの客は駅構内か、通路の業者を利用。八戸ならではのみやげ物を提供すれば、この通路は意外に売上げが見込める好立地。なんでも面倒だ、なんでオレが、ワタシがやらなければならないのと、役所の職員には被害者意識が強いが、その被害者意識が加害者になっている。
 市民のために汗を出す、お役に立てる喜びを味わえ。このことも、六月から言うも、つべこべ理屈を並べて解決しようとしない都市政策はもういらない。十一月からは月から金までを「日本救護団」が借りて(無料)、業者と共に、どうしたら売上げを向上させることができるか、二割をやめて、一日千円程度の出店料に変える。
 そして、観光客が好むような仕掛けを案出する。くたばれ物産協会、JR子会社、生き血を吸うような時代は終った。これからは市民のための、市民による販売の促進、公共施設利用のありかたを模索する時代だ。
 「日本救護団」は生活弱者・障害者及び高齢者の救護を本分とし、死ぬまで市民目線を忘れない。物販希望者は連絡乞う。電話45・3344
by jpn-kd | 2009-10-27 07:36
しない、したくない役所をどう動かすか 1
事なかれ主義の言葉あり。何で私がしなければならないの? 女にこうしたのを良く見る。家庭内のもめごとならば、勝手にしやがれで、それはそれなりに収まるが、役所でこの言葉を聞くと腹が立つ。
 「日本救護団」は今日から手口を変えた。ライブで情報を発信する。読者と共に解決を見出す手法だ。従来はある一定の結末を見て話を載せた。今後はこんなことに気付いたが、担当課の反応がどうだったかを重点に市民目線と役人目線の違いを浮き彫りにする。
 障害福祉課にワヤマという女係長がいる。これに、長者まつりんぐ広場の管理をシルバー人材センターが行っているが、これを障害者の施設で管理できないだろうかと話を向けた。暑くなる前だ。管理料は年間350万円。多い額ではない。
 これは現在随意契約で出ている。その外にも八戸駅の東口広場の清掃、これは指名競争入札だが、臨海鉄道に妙な談合で委託している。これが500万円、この二つを障害者の施設で適当なところがあれば、手を挙げるように話をして欲しいと伝達。
 九月に入りどうかとワヤマ係長に尋ねると、昨年の十二月に要綱が出て、障害者施設には随意契約が特別に出来ることになったという。それは福音だ。障害者は程度により年金がもらえるが、それも僅かな額。金よりも働く喜び、社会のお役に立つ意識は金で買えない。
 水沢の偉人、後藤新平がいう。人のお世話にならぬよう、人のお世話をするように、そして報いを求めぬよう。「日本救護団」はこの言葉を座右としている。ある会合でこの言葉を言ったとき、唱和する婦人がおられた、学生時代を水沢で過ごされ、八戸に嫁してこられた。小学校で後藤の言葉を毎朝唱和したという。高齢になられても、自然と口をつくといわれた。人口に膾炙(じんこうにかいしゃ・広く世人に好まれ、話題に上って知れわたること)される。有難いことだ。後藤の精神を水沢人は継いでおられる。
 さて、要綱変更で、この二つの仕事も障害者にお願いできるようになる。是非、障害者の施設に、これらの仕事に手を挙げるように話をして欲しい。このようにワヤマ女係長に願ったはず。続
by jpn-kd | 2009-10-27 07:00
若武者三浦ひろし十分な援護なくむざむざ討ち死に
田名部和義、八島隆らの中国タダ旅行の敵前逃亡にあい、味方の手厚い援護もなく、必死の戦(いくさ)を重ねるも、陣営の温度差違いもあり、斬り死にをきっした。
 政治家は三浦ひろし氏を煽てに煽て、あとは知らないじゃ人間性を問われる。小林市長の公金不正流用、是川縄文館の不手際もあり、少々「日本救護団」にゆさぶられたが大差。
 なに、これで三浦ひろし氏の政治生命が終ったわけでもない。次は県議か参議院がある。損して得とれだ。もっと大きな活躍の場がある。人生はくよくよした者が巻け。大きな気持ちを持つことだ。小林市長だって、是川縄文館建設地から土器が出土しながら、これを隠蔽し建設を強行、これが法律違反となれば失職する。
 そうなりゃ、自動的に市長就任だ。「日本救護団」はまだあきらめちゃいないヨ。小林市長だって大きな声じゃ言えない、小さな声じゃ聞こえないようなことを幾つもしているのサ。世の中は身奇麗な奴しか生き残れない。クヨクヨするな、本当は人生は毎日が楽しいのサ。ところが、その楽しいことに気付かないだけだ。
 宝井其角が両国橋の上で大高源吾に訊いた。
「年の瀬や水の流れと人の身は」と発句。
「明日またるるその宝船」と源吾は脇句をつけて立ち去る。おなじみの赤穂浪士の討ち入りだ。
 行動せず悶死、憤死するよりは、堂々の若武者ぶりを見せた三浦ひろしや良きかな良きかな、それにつけても、敵前逃亡の田名部和義、八島隆らは信義を問われる問われる。
by jpn-kd | 2009-10-26 08:18
八戸セメントの道路閉鎖にともなう工事、県が着手
b0183351_7523923.jpg
県は約定通りセメント下の斜路取り付け工事に着手。工事落札業者は下田組。予定通りなら十月末には完成。これで安心して年寄り、女、子どもも利用できる。この道はセメント前の道路が狭く、交通事故が予想されるが、完成により安心道路と変る。
 新井田から柳橋に抜けられる。工大一高の生徒なども利用する道。自転車はこれから寒くなるので、年寄りは無理だが、少年諸君は活動できる。ももひき履かないでもいいんだから羨ましい限りだ。
 少年諸君も難儀にあったら、「日本救護団」に電話するんだ。必ず解決するから。
by jpn-kd | 2009-10-26 07:53
新型インフルエンザワクチン無料化要求
10月21日の民生協議会傍聴、新型インフルエンザの説明があった。厚生省がワクチン注射を叫び出したが本当に効くのか疑問あり。この注射は国が半分、県、市が4分の1負担、西目屋村は無料になった。行政は住民の生命財産を守るのが仕事。一律無料化をすべき。
 大正七(1918)年夏から八(1919)年にかけてスペイン風邪大流行。当時の記録から、90年前と現在とで、どれほどの違いがあるかを見る。
 当時の人口は5千7百19万人。患者は1千9百23万人、死者が20万4千人。国民の33%が罹患し、風邪をひいた人の1%が死んだ。
 当時の治療法は解熱剤・アスピリン、アンチピリン、ピラミドン、撤曹フェナチセン
心衰弱にはヂギタリス、コフエイン、カンフル
血管運動神経麻痺にはアドネラリン、ストリキニン
食塩水、リンゲル氏液の静脈内注射は推奨すべき方法なり
喀痰、咳漱多き場合
去痰剤としてはゼネガ
気管支炎、肺炎を起こせる時の処置
酸素吸入、チアノーゼの軽微に来る頃より初むべし、酸素吸入により一時軽快するも止むれば又起きるオリバー氏は酸素吸入の代りに過酸化水素水の静脈注射をすすむ。
インフルエンザワクチンを使用するのが今回(1919年)をもって初めとす。
調査結果・次の豊田紡績及菊井紡績の二例は流行開始前に予防注射を完了したるものにして人を派して直接調査したるものなり(北里研究所製「インフルエンザ」菌「フクチン」)。
 予防注射によりて豊田紡績工場に於ては患者発生率を二分の一に減じ、菊井紡績工場に於ては三分の一弱に減じたり。肺炎併発の割合も注射を受けしものは注射を受けざりしものに対し二分の一内外に減じ死亡率に於ても亦約半減せり。尚菊井紡績工場にて治癒したるものに付治療平均日数を見る注射を受けたるものに於ては七・二日。非注射者に至りては九・一日なり。即ち予防注射によりて約二日を短縮し得たるなり。
流行時に行へる予防注射成績
 茨城県日立鉱山に在りては大正九年春「インフルエンザ」の流行あり、その期間は九週間にわたり、初の五週間に大多数の患者を出せり流行の始れる後一週間にして予防注射を開始し、流行の頂点たる第五週に至るまでにこれを完了せり。
 二回注射によりて其の発病率は六分の一に減じ肺炎併発の割合は二分の一に、又死亡率は四分の一に低下し、其の結果は名古屋に於ける二紡績工場の場合に比し著しく良好の統計を示せり。但日立鉱山の場合にありては予防注射を流行と同時に行へるものなれば之を以て直に予防注射の確実なる効力と速断すべきものにあらず。
 詳しくは八戸図書館所蔵、平凡社、東洋文庫「流行性感冒」スペイン風邪大流行の記録を。
 この90年で日本の医療体制は変った。国民皆保険の導入は1958年、スペイン風邪から40年後、90年後の我々はワクチン無料接種も受けられないは、文明、文化は前進か、それとも停滞なのか。時代を生きるということは、過去の事跡より現代の方が暮らしやすくならなければ、人類は滅亡の淵に立つ。原爆などの発明、自動車による二酸化炭素の排出で地球温暖化というが、もっと違う要素があるような気がする。地球を現代で破壊することは愚かだが、同様に税を還元できない行政も人民を破壊する。生き残ることにこそ意義と意味がある。人は財産なのだ。少子化時代は日本人が財産を放棄したのだ。のこされた財布の中を、掻き集めても年寄りばかりじゃお先真っ暗。
by jpn-kd | 2009-10-25 06:57


ブログで行政改革をめざす日本救護団
メルマガ-まぐまぐ

メルマガ購読・解除


 

カテゴリ
タグ
以前の記事
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
記事ランキング
検索
楽天
その他のジャンル
画像一覧