人気ブログランキング |
カテゴリ:フードバンク事業( 3 )
六戸エコファーム林さまから、またまたゴボウ、ニンニクご提供です
六戸エコファーム林さまから、またまたゴボウ、ニンニクご提供です
林さんちのゴボウ茶、これを飲み始めて10日目に、どばっと宿便がでました。
腹廻りが2週間目にすっきり
げ、これほど効くとは知らなんだ。
もっと早く気づくべきだった。
75歳の癌患者爺ィが飲んで効く、若い人ならもっと効く
知ると知らぬとじゃ天と地ほどの差がある。
良いことを教えてくれる人は宝、林さんちのゴボウ茶はもっと宝だ。
そういえば、宝田明という役者がいた。
宝田明氏は存命、林さんちのゴボウ茶知ってるかな?
b0183351_07330466.jpg
b0183351_07333392.jpg


by jpn-kd | 2019-03-30 07:33 | フードバンク事業
八戸市内26寺院からフードバンク事業へのご協賛あり、母子家庭へ配布
八戸市内26寺院からフードバンク事業へのご協賛あり、母子家庭へ配布
母子家庭市内に3000世帯、2700人の若いお母さんたちが就職
が、540世帯が病気・失業中
これらの方々を支援するべくNPO法人沙羅双樹の会が活動中
市内のお寺さまのご協賛がありました。
見てください、これほどの量が善意であつまります。
八戸、まだまだ捨てたものじゃない。
人のお世話にならぬよう、人のお世話をするように、そして報いを求めぬよう
岩手県水沢の産んだ偉人、後藤新平の言葉です。
母子家庭のお母さん、四月に入るとマックスバリュさまからのご援助もあります。
要望に応えるのがNPO法人沙羅双樹の会です。
b0183351_08150111.jpg



by jpn-kd | 2019-03-25 08:15 | フードバンク事業
マックスバリューと市民団体 余った食品 有効利用を
東奥日報
マックスバリューと市民団体
余った食品 有効利用を
家庭から回収、無償提供
スーパーのマックスバリュー東北(本社秋田市)は29日から、各家庭で余った食品を集め、市民団体などに無償で提供する。「フードドライブ活動」を青森市内の5店舗で始めた。市民団体などが、幅広い年代を対象に開いている月一回の無料食事会の場で使用する。県内他店舗にも拡げ、食品ロスの削減にもつなげたい考え。
青森の5店舗で始動
対象店はマックスバリューの浪打店、幸畑店、浜田店、ザビッグの青森東店、浪岡店。未開封のコメや麺などの保存食品、インスタント・レトルト食品、飲料、乾物、ギフト品などを受け付けている。賞味期限が一ヶ月以上あり、表示が明記されているものに限定している。
5店舗の入り口に、目印ののぼりと専用の回収ボックスを設置。集まり次第、市民団体や市民有志、企業でつくる「みんなの応援隊ネットワーク」が、高齢者やこどもまで役百人が集まる無料食事会で使用するほか、構成団体を通じて支援を必要としている人に寄付する予定。
29日、青森市の県民福祉プラザで両者が覚え書きを締結した。マックスバリュー東北ストアオペレーション本部の若松悦男本部長は「全国で7人に一人の子が食事ができないと言われているので、少しでも力になりたい。食品ロスも削減し、活動を継続していきたい」と話した。ネットワークの事務局を努める国際文化交流クラブ(青森市)の神山恵美子代表は「食品ロスはもったいないことなので、少しでも有効活用につながればうれしい」と語った。
同社は2017年度から秋田、山形両県でも活動しており、これまで集まった約2500キロの食品を寄付してきた。
同様の活動は生協なども行っている。フードドライブは食料(フード)と活動・運動」を意味するドライブを組み合わせた言葉。

by jpn-kd | 2019-02-02 11:35 | フードバンク事業


ブログで行政改革をめざす日本救護団
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
メルマガ-まぐまぐ

メルマガ購読・解除


 

カテゴリ
タグ
以前の記事
記事ランキング
検索
楽天
その他のジャンル
画像一覧