カテゴリ:命のSOS( 2 )
市長食べられない子供たちを助けてください
市長食べられない子供たちを助けてください
某県立高校の教諭からの訴えで当座の食材を確保、それを高校に持参する前に市長に見せ実情を認識していただき、防災備蓄食料の提供を訴えようと出向いた。
昨日は防災演習の日で、市長、副市長も共に不在、そこで秘書課に伝え戻られたら面談を願うと、危機管理課長から五目ごはん、賞味期限2019年3月が50食提供いただいた。
b0183351_10135691.jpg
毎週金曜日に学校に届けることになったが、食べられない子供は実は11人いるとのこと。
何とかしてやりたい。
食材集めに努力が必要だ。
毎日食べないと健全な体は作れない。食材集めに知恵を絞らないといけない。
早速、スーパーユニバースへ交渉。
どうなることやら、有償ならというが、カネがないのがNPO。タダで集めない限り成り立たない。
善意の寄付者をいかに探すか、東京の一流企業は災害に備え食材を保有。賞味期限が近くなると放出。
これに焦点をあてご寄付下さる企業も見つけたが、送料がねん出できない。
企業は着払いを要求。
宮城県は送料を補助。青森県がそれをするのは10年先だろう。
八戸市に送料負担を願うことも必要。
フードバンク事業が動き始めたが問題は山積だ。
それでも八戸市も動いてくれた。
ありがたかった。

[PR]
by jpn-kd | 2018-09-01 05:26 | 命のSOS
命のSOS 緊急訴え!某県立高校教諭から姉弟3人が食えてない助けてくれ
命のSOS 緊急訴え!某県立高校教諭から姉弟3人が食えてない助けてくれ
父親が入院、母親がパートで支えるが姉弟3人の食事が満足じゃない。
デーリー東北新聞を見た高校教諭からの緊急電話だ。
本日、早速あり合わせの食料を教諭に届ける。後は定期的に食材を届ける手段方法を考えればいい。
今日は先ず小川が米を買い、それにあり合わせの缶詰やスパゲッティなどを届ける。
新聞の威力は凄い。潜在する貧困家庭の実情を知る教諭が、これだ、沙羅双樹の会なら助けて貰えるとの通報だ。
23万市民には明日の米さえない家庭もおられる。ただ、我々が知らないだけだ。
市民農園で野菜を栽培し、それを定期的に提供してくださる石動さんは元教諭、ご自身が教鞭をとっておられた時、貧困家庭を目にされた。そのときは何もできなかった自分がいたと、定年退職されて市民農園で野菜の栽培、たまさか、沙羅双樹の会が余剰野菜をご寄付願いたいとの、チラシを目にしてご協力いただいた。
一粒の麦だ。
これは聖書の言葉、一粒の麦もし地に落ちて死なずば、ただ一つにてあらん、死なば多くの実を結ぶべし。
我々は生きている。が、我と我が身を投げ出し困窮者を救うを喜びとできないか?
我、今日も三度の食事を採る。何のためらいもなく。が、その一食が得られない姉弟がいると知ったとき、あなたはどうされる。
一、見て見ぬふりをする
二、それは仕方ないことだと見過ごす
三、何とか助けてやりたいと、台所のレトルト食品を探す
どれを取るも正解
八戸市教育委員会は市内の小中学生3241人が給食費を支払えず、それに4億5千万円をつぎ込む。学用品には4億2千万円だ。
これら児童生徒が何処に居住するかを、教育委員会は知っている。
この子らに食材を届けたいと学校教育課のGL(主任)に伝えたら、個人情報だから告げない。
困っている子弟がおられる、が、届け先が判らぬでは絵に描いた餅、そこで足で情報収集を開始、浜辺で落したペンダントを探すような仕事だ。
それでも十数件の母子家庭が見つかり定期的に石動さんからの野菜を提供、また、高齢者で救助、援助を求める声が届いてきた。
地道な活動に目を向けていただき、デーリー東北が大きく書いてくださり、今回のSOSが届いた。
新聞の力は絶大だ。
八戸市には備蓄米もある。が、これは災害用、古米、古古米をお持ちの方もおられることだろう。これらを集め幼い子供たちを救いたい。
どうぞ、皆様、台所の米一合、レトルトカレー一食でもご寄付願いませんか。
我々は一粒の麦になりませんか。
食材のサンタクロース。
足長おじさん、幸福な王子、世の中にはいい話がたくさんある。
行政の手が痒いところに届かぬ、痛いところに手当ができぬ、それを報い求めず実行する。
これが奉仕だ。
水沢の偉人、後藤新平がいう。
人のお世話にならぬよう、人のお世話をするように、そして報いを求めぬよう。
善意が命のSOSを助ける。
姉弟を助けるのはあなたの小さな善意、今日は市長に姉弟の実情を伝える。備蓄米倉庫を開いていただけますかと。
命のSOSが我と我々を衝き動かす。我々は困窮者の代弁をする。
小林市長、幼い命を見殺しにしないでください。
そして、市民の皆様、0178・45・3344沙羅双樹の会にお電話を願います。素麺、うどん、蕎麦一個から取りに行きます。
そして、それを姉弟たちに確実にお届けします。
助けてやってください。伏してお願いします。



[PR]
by jpn-kd | 2018-08-31 05:48 | 命のSOS


ブログで行政改革をめざす日本救護団 080-9850-5240
メルマガ-まぐまぐ

メルマガ購読・解除


 

カテゴリ
タグ
以前の記事
記事ランキング
検索
楽天
その他のジャンル
画像一覧