人気ブログランキング |
2019年 10月 05日 ( 3 )
東霊園は墓地貸し事業、所有権ではない、名義変更不要
東霊園は墓地貸し事業、所有権ではない、名義変更不要
霊園管理市民課担当者間に齟齬、対処方法徹底必要
霊園の合葬墓、生前予約問い合わせ書類を開示請求
b0183351_09411477.jpg
b0183351_09415580.jpg

出た書類から
28年度は22件、29年35件、30年度50件、32年度(途中経過)18件
内容に着目したのは28年度、整理番号16・17は同一人物とみられる
内容
母の名義で東霊園を所有しているが、母が寝たきりのため自分名義にできないか
回答
できない
ここがおかしい。
八戸市の霊園は使用をさせているので、所有ではない。
使用権は使用料を遅滞なく払えば、永久に使用可能
例としてあげると、死に損ないの祖父、江戸末期の生まれ、東京多磨霊園に猫の額の墓地使用許可。
その請求書は70年も前に死んだ、申込者の名前で郵送される。
名義も糞もないのだ。
行政は使用料徴収が仕事、死人だろうが亡者だろうが、おかまいなし。
それを所有権だと思う心の浅ましさ。
使用者が所有するのは借りた墓地に立てた墓石と卒塔婆。他には何もない。使用料不払いは督促状を発し、徴収に努めるが10年支払われない場合は公告し、墓石撤去。更地にして貸し出す。カロウトに入った骨はしかるべき期間保存、そのごは無縁塚にはいる。
行政手続き通り進行する。
名義変更なんて糞の役にも立たない。
それを八戸市役所市民課霊園係が気付かぬ。
使用権と所有権は異なる。使用権は名義の必要も無いが、市役所担当は成人後見人を立てて裁判所の許可を得れば名義変更ができる。と昨日返答。
愚か!
所有権の話をしていないのか、こんな奴が窓口で嘘を教え市民に混乱を来たさせる。
霊園係の頭を整えよ。
昨日課長が出て来て話し合い。傍にGL関川女史、一覧表は字数制限もあり紋切り型に記載されたが、以前の担当者が何を言ったかは判らぬが、今は丁寧に伝えている。
それも状況証拠だ。物的なものはない。
まして、昨日電話した担当は成人後見人云々を言ったばかり。
市民課大坪課長は民法の80X条で規程しているので名義変更はできない。
なら、その条文を見せろ。そこには祭祀を司るものは、その権利を継承できるとある。
物知らず大坪課長、勉強しろ。課長がこれだから関川女史も自分たちに都合のいいことを並べる。
真実は一つ。役所は市民の役に立つのが使命。
市民課長、忘れるな、主役は役人じゃない、市民だ。


by jpn-kd | 2019-10-05 09:42 | 行政ネタ
道路維持課市道に大穴類家4丁目17番補修しろ
道路維持課市道に大穴類家4丁目17番補修しろ
b0183351_08230906.jpg

ここは、前にも修理を願った、3年前だったか。
八戸は寒暖の差激しく、どうしても道路に亀裂。放置すれば事故。
類家地区の道路補修は業者請負、そこがうまく機能せず。
業者督励必要。
また、類家生協前歩行者道路に穴、これは昨年補修したばかり、またもあけたのは生協が資源ゴミを集め、それを売却益を狙う。
ために、進入禁止の柵の鍵を開け、収集トラック作業で出来る穴。
放置せず、生協に穴の修理代を請求せよ。
また、歩行者道路に車を入れぬように行政文書を発せよと願ったが、返答がない。
道路維持課は生協にもの言いをせよ。
生協は積年の道路不正使用で八戸市から罰金を科せられた。
それは、歩行者専用道路に露天商を置き、そこから使用料を徴収。
これを死に損ないが見つけ、適切な処理をしろと迫った。
結句、罰金だ。
本来行政がしなければならぬこと、見て見ぬフリ大得意が八戸市役所。骨の髄まで染み込んでいる。
それで世の中通るのか、武士と生まれた悲しさは、狭い道を拡げて通るが、おのが稼業、聞かぬうちはまだしものこと、聞いたからには、庶民の難儀を救うため死に損ないは今日も行く。


by jpn-kd | 2019-10-05 08:24 | 行政ネタ
木村書店を救おう、本が売れず青息吐息、時代は本離れ更にTRC問題4
木村書店を救おう、本が売れず青息吐息、時代は本離れ更にTRC問題4
木村書店救済を願った市議は坂本美洋氏、自民の長老、40年に渡り八戸市を見据えた。この人の持論は、市会議員は絶えず市民のためになること。
それを実施するには、理事者側に理解していただかなくてはならぬ。それには合意に至るまでの時間が必要、ここが足らぬから何とかしろではなく、ここを改善できると、もっと良くなりませんかと提案すること。
教える諭すでは世の中は変わりません。その時期、タイミング、職員の理解力を見定めて、そろそろ、いいかなと動き出すことです。ここにこそ、議員の手腕が発揮される、つまり、巧みの技です。大工さん、陶芸職人となんら変わりません、その道を模索し40年も努力してきました。
ウーン、議員の能力とは、これなのかと、話を聞いて思わず打った膝。
一つの道を倦まず絶えまず続ける男の信念。
なるほど、この人が長く自民の会長を勤められた原因を知った。
この木村書店問題、行政は書店とTRCの取り分配分を知らぬという。
平成14年の協定書を定めたから、それに沿ったというが、五輪と同じで4年ごとの見直しが必要ではないのか。
坂本議員と教育長の話し合いでは、老舗は守る、市民のためになるが確認された。
それに基づき日向端GLが事情聴取、この日向端氏の手相は大変すばらしく、部長になると手相が告げていた。また、この男、宝くじを買ったことがないと言われるが、珍しい位の籤運の良さ。一億円は視野、が、坂本議員が言われるように、その時期が問題。今すぐ買っても大当たりはしない。
この手相、妙な話に聞こえるかも知れぬが、未来、将来を正しく伝える。
さて、行政が乗り出し着地点を求めるも、TRCの現在業務をまるまる引き継ぐには人材不足、ここらを調整するには八戸工業大学の智恵を入れる必要もあろう。
産官学一体で八戸市をよくする、圏域を元気にさせる工夫が必要な時期。
イキチも木村も本屋業務の他に出版がある。八戸市で生活し様々な事象のなか、伝達したい、研究発表をするなど、時間とカネを費やし自費出版、その手伝いを長いこと続けてこられた。
時間の集積、地方文化を支える努力は、眼に見えにくいが厳然たる事実。
東京の業者が、これを出来るのか?
また、老舗を失うことで、これら地方文化の発信を途絶えていいのか?
世の中は光と影、自分の姿が大地に映るから自分の存在を知る。
老舗が無くなり自分の影を八戸市は失うのか?
影無き実態はその姿を失ったに等しい。よく考えよう、真実は見えないところにこそある。
時代は軋み音を立てながら着実に変わりゆく、その音を線路傍のコスモスは聞く。
そして、思えば遠くに来たもんだと、若者は若者なりに、年寄りもそれなりに、商売人は悔恨と戻らぬ時の流れを砂でも噛むように感ずるものだ。



by jpn-kd | 2019-10-05 07:52 | 行政ネタ


ブログで行政改革をめざす日本救護団
メルマガ-まぐまぐ

メルマガ購読・解除


 

カテゴリ
タグ
以前の記事
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
記事ランキング
検索
楽天
その他のジャンル
画像一覧