人気ブログランキング |
2019年 05月 02日 ( 1 )
広域八戸人 藤井あつこさん
広域八戸人 藤井あつこさん
小澤 征爾さんが病をおして指揮棒をふるう。食道癌を克服し腰の病をねじふせて若手の音楽家に檄を飛ばす。
十六分音符が大事だと、何度も繰り返すオペラ「カルメン」のワンシーン。
執念だ。なんとしても、自分が体得したものを若手につなぐ。NHKが見せたTVに思わず頭が下がった。
宝生流という能の一派がある。
これに魅せられたのが藤井あつこさん。この人は能を次代につなげようと、若人を見つけるたびに勧誘の声をかける。
能は十四世紀後半に世阿弥を得て、大きく飛翔。これが観世流、藤井さんは宝生流、盛岡南部は宝生流の六世新之丞の弟錠之助を召し抱えた。ために盛岡に宝生がしっかりと根付いた。
能は『謡十年、型三年』と言われるほど、時間を要する芸能、また、この謡本を斉唱する謡は登場人物の台詞と状況を説明。
この詞章がよく出来ている。この素晴らしさを教えてくれたのが藤井さん。
東北宝生流の会を治めておられる。
この藤井さんが小澤征爾さんは食道癌、同じように骨の癌に罹患。面をつけずに舞うことを仕舞と呼ぶが、藤井さんの凜とした姿はいまだに目の底に浮かぶ。が、癌を患って以来、背筋が伸びないことを嘆かれる。
外国人も能の船弁慶、土蜘蛛には絶賛の声を上げる。
薙刀を手にした平知盛幽霊
「あら珍らしやいかに義経、思ひもよらぬ浦浪の「声をしるべの出舟の「知盛が沈みしそのあり様に「又義経をも海にしづめんと、夕浪に浮べる長刀執り直し、巴波の紋あたりを払ひ、潮を蹴立て悪風を吹きかけ、眼もくらみ心もみだれて、前後を忘ずるばかりなり、「その時義経少しもさわがず「その時義経少しもさわがず、打物抜き持ちうつゝの人に向ふが如く、言葉をかはし戦ひ給へば、弁慶おしへだて
と地謡(じうたい)とよばれるコーラスが物語を推し進める。
千年の歴史を持つ能、これをなんとしてでも後世に伝える。藤井さんの執念が癌を押して生きさせる。
藤井さんは八戸市で出会った女性で頭脳明晰NO1。今から四十年も前、金物を買いにサウンドクリエイトの久保田社長と出かけた。
十六日町の角に、その店はあり、店名は三鉄。百貨店の三春屋の分家、藤井一族が福島の三春から八戸に来て呉服商で財をなした。藤井与惣治と歴代称した。
その分家で三春屋の三と金物屋で鉄とでもつけたのか。後年聞いたところでは、金物ではなく最初はお菓子や、ケーキ屋のようだった。
金物屋で財を成したのがサンデー、吉田昌平氏、この人も人物。金物屋の扱い品目は雑多、覚えるだけでもかなり煩瑣な作業だ。藤井さんは八戸高校出身、もとより頭脳は優秀。
この人からは幾つも教えられた。
「商売をするなら全国を相手にするようじゃなければダメ、全国統一価格のものを扱うこと、ローカル価格じゃカネ儲けは出来ないわよ、全国統一価格は株の売買」
なるほどと思った。鋭さに度肝を抜かれた。
また、こうも言った。
「栄耀栄華なんてのは一夜の夢、三春屋も潰れた、泉山銀行を興した一族も滅びた、でもね、泉山一族は自分たちの歴史を冊子にして残したのよ、家も家宝も財産も持ち続けるのは至難な技、でも、泉山は自分たちの歴史を本にした、これは立派だったわね」
「三春屋は自分たちの歴史を伝えることをしなかった。家系図も持たなかったが、野辺地にそれがあった。残そうと努力しないと残らないものなのよ」
能を極めたからこそ、言える言葉だ。
舞、謡、囃子の三つで能は成立。
「人間五十年、下天のうちを比ぶれば、夢幻の如くなり。ひとたび生を得て滅せぬもののあるべきか」
能の敦盛の一節、信長が舞ったとして有名。
藤井さんの身体の中には、この必衰の「もののあわれ」が流れているのだろう。
この人の母親が恬淡として好人物だった。
おしんが奉公した加賀屋の大奥様・八代くに役を長岡輝子が演じた。堂々たる風格と気品が圧倒する。是々非々を通す女、この長岡は盛岡の産。南部の女の魂なのだ。
その長岡輝子と同じように、藤井さんのご母堂は立派な気品の持ち主で、なおかつ、気さくだった。
金物屋を整理し、その跡を駐車場とし、母娘で財産を守った。が、それも面倒と土地を貸して、今はそこにコンビニが建っている。ご母堂も亡くなり、財産の管理、癌になったからその相続をどうするかと、浮き世の諸問題の大波小波の中、謡をお弟子に伝えながら、癌と闘う。
でも、八戸市には癌専門の医師がいない。是非とも東京の癌研で診てもらいなさいと勧めている。カネが無いのじゃない、この世とあの世を分けるのは生命力と良い医師の診断だ。
背骨を治してもう一度、しゃんとして仕舞を演じたい。
この精神があり続ける限り、藤井さんは死ねない。
天下の指揮者小澤征爾、東北八戸の地には藤井あつこ、共に伝えるべき魂を持つ。


by jpn-kd | 2019-05-02 14:46 | 広域八戸人


ブログで行政改革をめざす日本救護団
メルマガ-まぐまぐ

メルマガ購読・解除


 

カテゴリ
タグ
以前の記事
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
記事ランキング
検索
楽天
その他のジャンル
画像一覧