人気ブログランキング |
2019年 03月 24日 ( 1 )
八戸市交通部は親切に教えろ、バスに乗って小銭がないとき
八戸市交通部は親切に教えろ、バスに乗って小銭がないとき
デーリー東北こだま欄に乗客が小銭の無いことに気づき、ポケットをひっくり返していたのだろう。やむなく5000円を出して一日乗車券を買おうと決める。
が、その有様を見た乗客が、千円札を出し、これを使ってください。
八戸市民にも優しい方がおられる。
なかなか出来ないことだ。我が身忘れての行為は得がたく到着尊い。
千円札を出した人は偉い、また、そのことをこだま欄に出した人も偉い。
落ちぶれて袖になみだのかかるとき、人の心の奧ぞ知らるる
こうした言葉があるが、千円札一枚が、いろいろなことを教える。
これが人情の機微を知るということ。
高が千円、されど千円だ。
さて、こうした時、バスに乗って小銭がないときの対処方法あり。
運転手に次回乗車の時払いますと言えばよい。
運転手は咎めない。
一日乗車券を買うなんて考えないことだ。
次回支払いは、八戸市交通部も認めている。
もっと煎じ詰めて言えば、ないものはない。
次回払うは正当な行為で、それを拒否はできない。
交通部に出向いてこだま欄で、こうした投書が掲載された。
交通部として、次回支払いがあると、こだま欄を通じて返答しろと迫った。
が、交通部はこだま欄に載っていたことすら知らなかった。
どういう連中かね。


by jpn-kd | 2019-03-24 08:49 | 行政ネタ


ブログで行政改革をめざす日本救護団
メルマガ-まぐまぐ

メルマガ購読・解除


 

カテゴリ
タグ
以前の記事
記事ランキング
検索
楽天
その他のジャンル
画像一覧