2018年 11月 09日 ( 5 )
大坂なおみ選手 父親の母国ハイチで表彰される
大坂なおみ選手 父親の母国ハイチで表彰される

2018年11月9日 16時22分

テニスの四大大会のシングルスで日本選手として初めて優勝した大坂なおみ選手が、父親の母国であるカリブ海の島国、ハイチを訪れ、大統領から今シーズンの目覚ましい活躍を表彰されました。

ハイチ出身の父と日本人の母を持つ大坂なおみ選手は、現在、両親とともにハイチを訪れています。

8日、首都ポルトープランスで、モイーズ大統領から、テニスの四大大会の1つ、全米オープンのシングルスで日本選手として初めて優勝するなど今シーズンの大活躍を表彰されました。

黄色のドレスを着て表彰式典に参加した大坂選手は、大統領からラケットや盾を手渡され、笑顔で受け取っていました。

そして、会見で、「ハイチは父の母国で、私の半分を形づくっています。ハイチのことをもっと知りたいとわくわくしています」と述べ、表彰への感謝と、ハイチを訪れた喜びを語りました。

大坂選手は、自身のツイッターにも、「いま、ハイチにいます」と投稿し、空港で報道陣に囲まれて歓迎されている様子を紹介しています。

大坂選手は、ハイチに5日間滞在し、現地の学校やスポーツ施設、それに父の出身地などを訪れるということで、来シーズンに向けて英気を養えそうです。

[PR]
by jpn-kd | 2018-11-09 17:34 | NEWS
こどもふれあい食堂百軒目標7 コカコーラ様・田名部組様も動いた
こどもふれあい食堂百軒目標7 コカコーラ様・田名部組様も動いた
子ども食堂運営の一助に
売上金一部寄付の自販機設置
総合建設業の田名部組(八戸市)と、清涼飲料水
製造.販売の「みちのくコ力コーラボトリング」(岩手県矢巾町)は8日、同市城下1丁目の田名部組の工事現場事務所に「こどもふれぁい自動販売機」を設置した。売り上げの一部はNPO法人「沙羅双樹の会」
(同市)に寄付しヽ市内の子ども食堂の運営などに役立てられる。
この日、設置現場で行われた披露会には、田名部組の田名部智之社長や沙羅双樹の会の小川雷太理事長、みちのくコカコーラボトリングの三浦勇一郎八戸営業部長らが出席。自販機を除幕し、設置を祝った。
田名部社長はあいさつで、「工事現場では飲み物を購入する人が多いので、売り上げもまずまずになると思う。今後も設置を進めていきたい」と述べた。デーリー東北新聞から
b0183351_10024853.jpg
b0183351_10031006.jpg



[PR]
by jpn-kd | 2018-11-09 10:03 | こどもふれあい食堂
こどもふれあい食堂百軒目標6文科省も動いた
こどもふれあい食堂百軒目標6文科省も動いた 

文科省
子ども食堂の活動に関する福祉部局との連携について(通知)
30文科生第267号
平成30年7月5日
各都道府県知事
都道府県教育委員会教育長
各指定都市市長
各指定都市教育委員会教育長        殿
附属学校を置く各国立大学法人の長
小中高等学校を設置する学校設置会社を所管する構造改革特別区域法第12条第1項の認定を受けた各地方公共団体の長
文部科学省生涯学習政策局長
常盤豊
文部科学省初等中等教育局長
髙橋道和
子ども食堂の活動に関する福祉部局との連携について(通知)
 昨今、地域のボランティアが子供たちに対し、無料又は安価で栄養のある食事や温かな団らんを提供する取組(子供に限らず、その他の地域住民を含めて対象とする取組を含む。)が、「子ども食堂」等の名称で各地にて開催されています。
 こうした状況を踏まえ、この度、厚生労働省から各都道府県知事等宛に、子ども食堂の意義を確認しつつ、また地域住民、福祉関係者及び教育関係者に対し子ども食堂の活動への理解と協力を促すよう依頼するとともに、食品安全管理に関する留意事項等、子ども食堂の運営上留意すべき事項を運営者や関係者に周知するよう、別添のとおり通知がなされました。
 子ども食堂を含め、子供の育ちを支えるような地域における活動と、学校、社会教育施設や地域住民等が連携することは、学校、社会教育施設と地域が一体となって子供たちの成長を支援していく観点からも重要です。また、子供の安全と安心の観点から適切な配慮を行っている子ども食堂の活動は、地域における食育の観点からも意義があるものと考えられます。
 ついては、貴職におかれましては、学校、公民館・青少年教育施設等の社会教育施設、PTA及び地域学校協働本部や、教育委員会等が実施する学習・体験活動等の事業関係者を通じて、困難を抱える子供たちを含む様々な子供たちに地域の子ども食堂の情報が行き届くよう、福祉部局と積極的な連携を図っていただくとともに、厚生労働省の通知の趣旨について、所管又は所轄の学校、域内の市町村教育委員会及び関係機関等に周知いただきますようお願いいたします。



[PR]
by jpn-kd | 2018-11-09 09:10 | 行政ネタ
こどもふれあい食堂百軒目標5 農水省も動いた
こどもふれあい食堂百軒目標5 農水省も動いた 
こども食堂と連携した地域における食育の推進
-「子供食堂」とは?-
近年、地域住民等による民間発の取組として無料または安価で栄養のある食事や温かな団らんを提供する子供食堂等が広まっており、家庭における共食が難しい子供たちに対し、共食の機会を提供する取組が増えています。
-食育の推進という観点から見た子供食堂の意義について-
子供食堂の活動は様々ですが、親子で参加する場合も含め、

(a)子供にとっての貴重な共食の機会の確保

(b)地域コミュニティの中での子供の居場所を提供

等の積極的な意義が認められます。
-地域と子供食堂の連携の必要性-
地方自治体は、地域住民、関係機関、関係団体・NPO等と適切に連携して、地域における食育を推進する役割を担っています。
地方自治体が、子供食堂を、そうした連携先の一つとして位置づけ、連携を深める中で、子供食堂の取組に地域ぐるみで協力し、子供食堂の活動遂行に役立つような環境整備を行うことが期待されます。
なお、国や地方自治体は、子供食堂の多くが民間のNPOや個人の善意に基づき、発足、運営されていることに十分留意し、子供食堂の自主的・自発的な取組を最大限尊重し、個人やNPOの善意で行われている子供食堂の活動の趣旨を理解することが必要です。
- 基本的な考え方-
農林水産省においては、子供食堂と連携した地域における食育の推進について、関係府省(注)とともに、以下のような方針により、関係施策を推進します。
(1)地方自治体や地域における食育関係者が、食育推進の観点から、子供食堂の活動の意義を理解し、適切な認識を有することができるよう、全国レベルで情報発信を行うとともに、必要な支援を進めていきます。
また、地方自治体や地域における食育関係者向けに、地域と子供食堂が適切に連携している好事例を収集、整理し、情報提供します。あわせて、子供食堂の抱える様々な課題の解決に役立つような課題ごとの参考情報の提供に積極的に努めます。
食育活動の全国展開をとりまとめている農林水産省が中心となって、関係府省と協力しながら、上記のような情報発信、情報提供に取り組むことといたします。
(2)民間のNPOや個人の善意に基づき、発足、運営されている子供食堂の取組を後押しするためには、政府または地方自治体が実施する表彰制度を活用することが有効です。このため、国の既存の表彰制度を活用するとともに、地方自治体が当該自治体の実施する表彰制度を活用することを奨励します。



[PR]
by jpn-kd | 2018-11-09 09:05 | 行政ネタ
こどもふれあい食堂百軒目標4
こどもふれあい食堂百軒目標4
こども食堂に国も着目
厚労省から通達が出た

 厚生労働省子ども家庭局長 子発0628第4号
平成30年6月28日
子ども食堂の活動に関する連携・協力の推進及び 子ども食堂の運営上留意すべき事項の周知について(通知)
昨今、地域のボランティアが子どもたちに対し、無料又は安価で栄養のある食事や温かな団らんを提供する取組を行う、いわゆる子ども食堂(子どもに限らず、その他の地域住民を含めて対象とする取組を含みます。以下単に「子ども食堂」といいます。)が、各地で開設されています。
子ども食堂は、子どもの食育や居場所づくりにとどまらず、それを契機として、高齢者や障害者を含む地域住民の交流拠点に発展する可能性があり、地域共生社会の実現に向けて大きな役割を果たすことが期待されます。
一方で、地域住民、福祉関係者の子ども食堂に対する関心が薄く、取組を発展させる機運の醸成が十分に図られていない地域や、学校・教育委員会の協力が得られないといった課題を抱えている地域もあるとの指摘があります。また、食品衛生などの面において、子ども食堂の運営者(以下「運営者」といいます。)の安全管理に関する取組の促進により、利用者や地域住民の子ども食堂に対する理解と安心感を醸成することが課題との指摘もあります。
こうした状況を踏まえ、本通知においては、子ども食堂の意義を確認しつつ、地域住民、福祉関係者及び教育関係者に対し、子ども食堂の活動に関する理解と協力を促すようお願いするとともに、子ども食堂における安全管理について留意すべき点を整理することとしましたので、御了知のうえ、子ども食堂の活動に関して運営者や関係機関との連携・協力を図るとともに、本通知の内容につき、運営者のほか、地域住民及び福祉関係者に周知されますよう、管内市区町村又は関係団体への協力要請等よろしくお取り計らい願います。併せて、教育関係者に対しても周知されますよう、教育関係部局への協力要請等よろしくお取り計らい願います。



[PR]
by jpn-kd | 2018-11-09 08:41


ブログで行政改革をめざす日本救護団 080-9850-5240
メルマガ-まぐまぐ

メルマガ購読・解除


 

カテゴリ
タグ
以前の記事
記事ランキング
検索
楽天
その他のジャンル
画像一覧