2018年 08月 27日 ( 2 )
株相場情報
株相場情報
儲かるか損するか、イチかバチかの大勝負、老人になってのボケ防止

8028ユニー売りについて
8月17日に42日線を越えてO11050、H11640、L11050、C11530
前日比260円高
これが翌20日は窓明け10230の1300円安
21日も連続下げC9670とたった2日で1860円下落
これは外人売りが原因
東京証券所発表の空売りの残高情報発表、高値をつけた8月17日に売りが始まり91万株の売り、その日の出来高の七割を占めた
20日は180万株を売り72%、21日は318万株を売ったと報告あがっているが、出来高は172万株と数字の整合性に欠ける
22日は15万株で10%と収束
売ったものは買い戻すが原則、
23日は9800、24日は10060円の260円高
C値計算は
17日11530
20日10230
21日9670
22日9850
平均売り単価は10320円
現在値10060円で乖離は260円
巨大な売りで相場は大きく崩壊、が後260円で元値にもどる
平均だけに大雑把なとらえ方、また、外人は簡単に買い戻さない傾向あり
どうなるか?
売った総額は613億円
外人の底力恐るべし

[PR]
by jpn-kd | 2018-08-27 07:54 | 株売買ボケ防止
救急車遅延 消防は無線不感認識
救急車遅延 消防は無線不感認識

08月24日 09時26分

先月、山形県鶴岡市の消防本部が救急隊に出した出動指令が伝わらず、出動が遅れた問題で、救急隊は無線が届かない可能性を認識していたにもかかわらず、適切な対応を取っていなかったことが消防への取材で分かりました。

鶴岡市消防本部によりますと、先月11日、80代女性の搬送を藤島分署の救急隊に無線で要請しましたが、指令が伝わらず、出動が6分遅れました。
関係者によりますと、女性は搬送先の病院で死亡が確認されましたが、出動の遅れによる影響はないとしています。
救急隊は当時、避難訓練の指導のため分署から150メートル離れた保育園にいて、電波状態が悪く消防無線が受信できなかったということです。
これについて、消防本部が聞き取り調査を行ったところ、隊員が「分署の周辺で、無線が途切れることを認識していた」と話していることが分かりました。
分署の周辺では、以前から無線が途切れることがあり、無線機器メーカーの調査でも非常に電波が弱い状況だったということです。
鶴岡市消防本部では、救急隊が外出する際は、電話回線を使った受信端末を備えた救急車や消防車に、隊員が待機することになっていますが、当時、隊員は誰も残っていなかったということです。
鶴岡市消防署の渡部徹署長は、「指令が出る4分前に救急隊が点検した際は、電波に問題がなかったので、大丈夫だと判断した。今後は車に隊員を残す対応を徹底したい」と話しています。

[PR]
by jpn-kd | 2018-08-27 06:47 | 行政ネタ


ブログで行政改革をめざす日本救護団 080-9850-5240
メルマガ-まぐまぐ

メルマガ購読・解除


 

カテゴリ
タグ
以前の記事
記事ランキング
検索
楽天
その他のジャンル
画像一覧