2018年 08月 15日 ( 2 )
海釣りボート転覆 小6男児死亡 岩手 久慈
海釣りボート転覆 小6男児死亡 岩手 久慈

2018年8月15日 18時59分

岩手県久慈市で海釣りに出て行方がわからなくなっていた3人が15日午後、近くの海で見つかり、小学6年の男の子が死亡しました。

14日午前7時ごろ、岩手県久慈市でボートで海釣りに出た3人が戻ってこないと、家族から警察に通報がありました。

3人は東京の外舘博幸さん(43)と、いとこで久慈市の瀬野昭司さん(46)、それに外舘さんのおいで、青森市の小学6年生、樋渡翔成さん(12)です。

海上保安部や警察などが捜索したところ、15日午前10時前、3人が乗っていたボートが転覆しているのが見つかり、午後2時すぎ、警察の船が久慈市の漁港の近くで、海に浮いている3人を見つけました。

3人は病院に運ばれましたが、海上保安部によりますと、小学6年の樋渡さんの死亡が確認されました。外舘さんと瀬野さんは命に別状はないということです。

3人は救命胴衣を着け、まとまって海に浮いていて、近くには浮き輪代わりに使ったと見られるクーラーボックスがあったということです。

警察はボートが転覆した状況などを調べることにしています。

[PR]
by jpn-kd | 2018-08-15 20:39 | NEWS
小学生含む3人乗りボート戻らず 捜索続く 岩手 久慈
小学生含む3人乗りボート戻らず 捜索続く 岩手 久慈

2018年8月15日 4時34分

14日朝、岩手県久慈市の漁港の近くから海釣りに出た、小学生を含む3人が乗ったボートが戻らず、付近の海上で夜通し捜索が行われましたが今も見つかっていません。

行方が分からなくなっているのは、14日午前7時ごろ、岩手県久慈市の舟渡漁港の近くから海釣りに出た3人が乗ったボートで、「夕方になっても戻らない」と、家族から警察に通報がありました。

八戸海上保安部や警察によりますと、3人は、いずれも親戚で、久慈市の46歳の男性と、東京の43歳の男性、それに青森市の12歳の小学生の男子児童で、3人とも救命胴衣を着けていたということです。

海上保安部によりますと、男子児童は、14日午前9時半ごろ、釣った魚の写真を母親の携帯電話に送りましたが、その後、連絡はなくほかの2人の男性についても携帯電話がつながらない状態だということです。

3人が乗ったボートは、たて5メートル、横2メートルの簡易なタイプで、海上保安部は、3人が遭難した可能性があるとみて、巡視艇を出して夜通し捜索にあたりましたが今も見つかっていません。

3人のうち久慈市の男性の同僚によりますと、男性はボートでよく釣りに出かけていたということで、「とにかく無事に戻ってくれることを祈っています」と話していました。

15日朝からは、海上保安部に加えて警察や消防も海岸から捜索を行うことにしています。

[PR]
by jpn-kd | 2018-08-15 05:28 | NEWS


ブログで行政改革をめざす日本救護団 080-9850-5240
メルマガ-まぐまぐ

メルマガ購読・解除


 

カテゴリ
タグ
以前の記事
記事ランキング
検索
楽天
その他のジャンル
画像一覧