2018年 01月 14日 ( 3 )
鳴らないジュークボックス 9エディット・ピアフ

鳴らないジュークボックス 9
エディット・ピアフ(Édith Piaf, 1915年12月19日 - 1963年10月11日)は、フランスのシャンソン歌手。
47歳になってまもなくの1963年10月10日、ピアフはリヴィエラで癌により死去する[1]。
死はその翌日に公表されたが、同日に友人のジャン・コクトーが死去した。ピアフの死に衝撃を隠せず「何ということだ」と言いながら寝室へ入りそのまま心臓発作で息を引き取ったという。彼女の公式の命日は死が公表された10月11日とされている。遺体はパリのペール・ラシェーズ墓地に埋葬された。彼女のそのライフスタイルゆえに、カトリック教会のパリ大司教は葬儀におけるミサの執行を許さなかったが、葬儀には無数の死を悼む人々が路上に現れ葬列を見送り、パリ中の商店が弔意を表して休業し喪に服した。墓地での葬儀は40,000人以上のファンで混雑した。シャルル・アズナブールは第二次世界大戦後、パリの交通が完全にストップしたのはピアフの葬儀の時だけだったと述懐している。
パリ11区のクレスパン・ドゥ・ガスト通り(Rue Crespin du Gast)5番地にエディット・ピアフ博物館がある。
今日、ピアフはフランスで最も偉大な歌手の一人として記憶され、尊敬されている。フランスではいまだに彼女のレコードが売れ続けている。彼女の生涯は悲劇的な私生活と一連の名声、そしてステージ上で轟くような力を備えた声と華奢で小さな姿がコントラストとして現れたものであった。


[PR]
by jpn-kd | 2018-01-14 07:45 | 鳴らないジュークボックス
凄いシリーズ 7 プロパンガスが大爆発
凄いシリーズ 7
3万リットルのプロパンガスが大爆発


[PR]
by jpn-kd | 2018-01-14 07:29 | 凄い映像シリーズ
九州電力 こども食堂へ場所提供(宮崎県日南市)
九州電力 こども食堂へ場所提供(宮崎県日南市)
2017年5月から毎月2回、子どもに温かい食事の無料提供や学習支援をボランティアで行っている「日南こども食堂」に、九州電力日南営業所が毎月1回の場所の無償提供をすることになりました。  九州電力ではこども食堂として場所を提供することは九州初。 日南営業所と日南こども食堂、それに日南市が協定書に調印をしました。     崎田日南市長は「九州電力は地域の中でいろんな人が知っている場所であるし、地域の子ども達をなんとか支えたい人を繋げることによって良いカタチでできると思う」とコメント。 ▽県や市の児童虐待や地域見守り活動にも協力している、九州電力日南営業所・濱砂睦司所長は「日南市の子ども達と市の子ども支援活動に役立ちつことができることは非常に嬉しく思っています」とあいさつ。  市内で人口が最も多い吾田地区でも行うことで利便性にも期待ができます。 日南こども食堂・つわぶきの会・西明美代表は「地域のみなさんどなたでも入ってきやすい面で広げていける、多方面においても協力を頂けると感じています。先駆けて無償で場所提供してくれた日南営業所やみなさんに感謝の気持ちでいっぱい」と話していました。  これまで月平均50人程の利用がある日南こども食堂。 今後は第2土曜日に旧日南カトリック幼稚園(木山2丁目)、9月30日の第4土曜日から九州電力日南営業所(中央通1丁目)コミュニティスペースで毎月実施される予定です。


[PR]
by jpn-kd | 2018-01-14 07:23 | 行政ネタ


ブログで行政改革をめざす日本救護団 080-9850-5240
メルマガ-まぐまぐ

メルマガ購読・解除


 

カテゴリ
タグ
以前の記事
記事ランキング
検索
楽天
その他のジャンル
画像一覧