人気ブログランキング |
2011年 09月 02日 ( 1 )
津波で時代が変った、八戸駅ビルに無駄なカネは使えない2
b0183351_7172889.jpg
八戸駅ビル総合観光プラザのムダ
ここの家賃は年間2千50万円
この10年で2億500万円を無駄に使った
さらに、この管理を観光協会にさせた
その管理料が年間1千175万1600円
10年で1億2千万円
都合3億2千500万円
なんとも無駄なカネを使ったものか
税金は湧いてくると思っているのだろう
間違いに気づいて改めるなどの気持ちは市役所職員にはさらさらない
まったく馬鹿につける薬はないというのは正しい表現だ
観光プラザは新幹線開業で観光客が大勢来るだろうの妄想が生み出した
その利用状況は全く惨憺たるもの
職員はやる気がなく客が入ってきても知らぬ顔、これを糾弾してくれた
今はいくらか良くなったが、客の入りは減少の一途
平成15年の利用者数29911人を最大とし平成22年は19308人
一日あたり81人から52人
8時間営業として一時間あたり10人から7人
こんなものに多額な金を投入するのは、どう考えても利口が足らない
大体、構想も計画もなくJRを助けるために借りた施設
考えつくことをバタバタとやった結果がこれ
見直しもなく、また10年を走るつもりだ
観光都市八戸などは夢でしかなく、それが現実だということを数字が示す
これをどのように考えているのだろうか
観光課長の頭は現状維持しかない
愚かなことだ
もう10年走れば観光プラザだけで6億5千万円をドブに棄てる
そんなに八戸市の財政は潤沢なのか?
市民は怒るべき、市長の無能を嘆くだけでなくののしる気概を持て
馬鹿市長、これ以上無駄な税金を使うなと叫ぶべき
暮らしを豊かにの時代は過ぎた
今はどう生き残るかの時代、行政には時代感覚が欠如
生きるために船を造ろう、そして海から拓けた町に今一度賭けよう
耐えがたきを耐え、忍び難きを忍び、未来を託す若者のために力を出そう
ムダな税金をJRのために費消するな、市民は困窮の底であえいでいるのがわからぬか
by jpn-kd | 2011-09-02 07:17


ブログで行政改革をめざす日本救護団
メルマガ-まぐまぐ

メルマガ購読・解除


 

カテゴリ
タグ
以前の記事
記事ランキング
検索
楽天
その他のジャンル
画像一覧