商工会議所を中心として八戸市を興隆させよう 2
商工会議所を中心として八戸市を興隆させよう 2
八戸市史 近現代編から
昭和の先人たちの「知」
昭和六年、大不況下の八戸をどうするか、という座談会が鲛の石田家で開かれた。神田重雄市長、市会議員、企業経営者たち、そして新聞記者、芸者たちがいた。八戸には名物があるか、という話になったとき、神田市長が「芸者は八戸の名物ですよ」と紹介した。すると、芸者(八戸美人)は「八戸に相応しい歌を作ってほしい」と、かねて温めていたアイデアを述べた。これが契機となり、市長、新聞記者たちが「八戸小唄」を生み出す。
この小唄は全国的なヒットとなつた。
八戸は芸者が名物、これはいただきの話、芸者は当意即妙の受け答えを求められる。すかさず、小唄を乞うたのは面白い。
八戸市には美人が多い、今は芸者はいないが、女性の智恵の素晴らしさを活かさぬ手はない。それには先ず、八戸美人年鑑を作成し毎年更新、これが面白い。
小中野隆盛なりし頃、芸者150人、女郎は350人とか。
その証拠は以下。
八戸の料亭・女郎屋一覧
昭和十二年料亭・女郎屋 経営者 創業年月
小中野浦町 喜月 尼崎市五郎    昭和9 3
小中野浦町 千代の家 森クケ    昭和5 12
小中野浦町 菊水  塩田花代    昭和4 5
小中野浦町 きらく  阿保鶴松   大正13 11
小中野港町 吉田家  吉田タカ   大正13 6
小中野港町 梅之家  音喜多アサ  昭和8 12
小中野浦町 旭楼   熊野スエ   昭和9 12
小中野浦町 島守楼  紬越ョシノ  昭和9 12
小中野浦町 住吉楼  左館きく   昭和9 12
小中野浦町 花月楼  山内あやめ  昭和9 12
小中野港町 千登勢  音喜多熊次郎 昭和9 3
小中野浦町 志賀十  福士とよ   昭和5 3
小中野新地 末広亭  長谷川スエ  大正6 8
小中野新地 小松家  音喜多もと  大正8 10
小中野新地 しのぶ  山下亀蔵   大正15 3
小中野新地 五明様  植木重蔵   昭和9 12
小中野新地 開扇楼  田中いし   昭和9 12
小中野新地 冨貴楼  藤谷キチ   昭和9 12
小中野新地 輪島楼  稲本ョシノ  昭和9 12
小中野新地 花泉楼 佐々木はな   昭和9 12
小中野新地 新菊楼 丸谷とみの   昭和9 12
小中野新地 曙楼  音喜多ウメ   昭和9 12
小中野中條 喜代志 音喜多キョ 4 昭和9 12
小中野中道 藤見楼  佐藤クマ   昭和9 12
鮫  青葉   駿河高子      昭和12 5
鮫  西欧   宮崎マサ      昭和4 4
十六日町 きらく  荒谷クマ    明治40 3
六日町 魚周  沼館周太郎     明治10 5
鳥屋部町 根城家  根城いし    大正12 1
鷹匠小路 君乃家  若松キミ    大正13 8
朔日町  八百万  若松ナオ    明治42 5
八日町  かねやま 千葉得寿    昭和9 5
八幡町  鯉寿   中村得次郎   昭和6 8
六日町 金山支店 千葉しめ     大正11 5
八幡町  川得長春閣 佐藤ナカ   昭和3 8
尻内駅前 吉田屋  吉田孫兵衛   明治24 9


by jpn-kd | 2019-01-07 00:00 | 八戸市興隆案
<< 商工会議所を中心として八戸市を... 癌患者爺ィは八戸市役所のガンと... >>


ブログで行政改革をめざす日本救護団 080-9850-5240
メルマガ-まぐまぐ

メルマガ購読・解除


 

カテゴリ
タグ
以前の記事
記事ランキング
検索
楽天
その他のジャンル
画像一覧