八戸学院光星が2回戦進出
八戸学院光星が2回戦進出

08月11日 15時37分

夏の全国高校野球は大会7日目、八戸学院光星高校が初戦で西兵庫の明石商業に競り勝ち2回戦に進みました。

八戸学院光星は1回、4番の東健太郎選手のツーランホームランで先制します。

そして2回にも連続タイムリーヒットなどで4点を追加し、6対1と大量リードを奪い、試合を優位に進めますが4回には7対5の2点差に迫られました。

その後、東選手のこの日2本目のホームランで再び突き放しましたが、7回に3点を失って8対8の同点となり試合は延長戦に入りました。

そして延長10回、八戸学院光星は一塁二塁のチャンスで、途中出場の中村優惟投手がレフト前にヒットを打ち、相手選手のエラーの間に1点を勝ち越しました。

八戸学院光星はその裏の明石商業の攻撃を0点に抑えて、9対8で競り勝ち、2回戦進出を決めました。

八戸学院光星の仲井宗基監督は「明石商業は粘り強いチームなので、必ずもつれると思っていたが、1度も勝ち越しを許さなかったことが勝利につながったと思う」と話していました。

八戸学院光星の次の試合は大会11日目、第4試合で、京都の龍谷大平安高校と対戦します。

[PR]
by jpn-kd | 2018-08-12 06:18 | NEWS
<< 瑞穂区長を恐喝未遂の疑いで逮捕 「胸張り裂けそう」声詰まらせ ... >>


ブログで行政改革をめざす日本救護団 080-9850-5240
メルマガ-まぐまぐ

メルマガ購読・解除


 

カテゴリ
タグ
以前の記事
記事ランキング
検索
楽天
その他のジャンル
画像一覧