市長が読まない市長への手紙4
市長が読まない市長への手紙4、糞の役にも立たない愚脳市長小林、手口が汚い!
                      八 広 第 42 号
                       平成30年 5月15日
 小川 真 様

               八戸市長  小 林   眞
                       (公印省略)
        「市長への手紙」について(回答)
 平成30年4月29日差し出しの「市長への手紙」について、次のとおり
お答えいたします。
 八戸市美術館は、昭和61年の開館以来、当市の文化芸術活動の振興に寄与してきましたが、施設の老朽化をはじめ、魅力的で自由度の高い芸術作品の鑑賞空間確保などの課題に加え、平成27年3月に「新しい美術館を熱望する市民の会」から陳情書が提出され、市議会で採択されるなど、多くの市民から新しい美術館が期待されていることを踏まえ、新たな美術館の建設に向けてさまざまな取組を進めているところです。
 新美術館建設に向けた取組状況としては、平成28年9月に「アート・エデュケーション・ファーム ~種を蒔き、人を育み、100年後の八戸を創造する美術館」をテーマに掲げる基本構想を策定し、作品展示や収集保存、調査研究活動といった従来の美術館活動に加え、アートの力で人を育むエデュケーション機能と、アートの力をまちに波及させるアートセンター機能を併せ持つ美術館として整備することとしています。その後、有識者や市民の皆様の御意見を反映しながら平成30年2月末に基本設計を完了し、現在、実施設計及び管理運営基本計画を策定中です。
 御提案の美術館と図書館の複合整備については、群馬県の「太田市美術館・図書館」や、山形県東根市の「まなびあテラス」のほか、大分県別府市において図書館・美術館の整備基本構想が策定されている事例を把握していますが、当市においては、公会堂やはっち、図書館などの公共施設のほか、民間のギャラリーも含めた文化芸術関係施設が、中心市街地に立地する特性を活かして、新美術館と図書館の複合施設ではなく、各施設と連携した取組を展開してまいりたいと考えています。
 新美術館は、展示作品の鑑賞にとどまらずに、誰もが気軽に訪れる場にしたいと考えており、文化施設のみならず、商店街やまちづくり関係団体等と連携し、中心街の回遊性向上に寄与する重要な拠点として、基本構想で「共育活動支援機能」として位置づけている八戸市立図書館と、学びや育みをテーマとする活動等で連携を図ってまいります。
 新美術館については、多くの方から活用される拠点となるよう、引き続き検討してまいります。
(お問合せ先)
・新美術館に関すること
 まちづくり文化スポーツ部 新美術館建設推進室
 電話0178-45-8345

・図書館に関すること
 教育委員会 図書館
 電話0178-22-0266
・市長への手紙に関すること
 総合政策部 広報統計課
 電話0178-43-2111(内線2153)
これは胡乱な目つき高森の作文、市長は市民をだまして、いかにも自分が手紙をよむようなフリをする。
しかし、これは市民を愚弄している。
市長が読まない市長への手紙は糞の役にも立たない。
担当者が言う、新美術館、こんな建物に市民が行くか?
アートで人を呼べるのか? 物を販売しない町に魅力はない

植草甚一が言う、物を買えない町に魅力はない。世田谷区経堂にはわくわくさせる通りが幾つもあると記した。
八戸は愚脳市長小林が壊し、職員の馬鹿がその尻馬に乗り、中心商店街で物を買えない町にした。
マチニワは物販業者には一平米一時間一万円だ。こんなカネを払って商売が出来るのは市役所だけ、こやつらは切符(納税通知書)を出せばカネはジャブジャブ入ってくる。
感覚の差だ。役人こそ、我々の敵なのだ。

ふざけるな、愚脳市長小林!
お前のために市民は中心商店街を壊された。失われた15年を返せ!


[PR]
by jpn-kd | 2018-05-19 12:01 | 行政ネタ
<< 光星高校のサッカー部員乗せたバ... ヤドカリ人生野沢俊雄を考える11 >>


ブログで行政改革をめざす日本救護団 080-9850-5240
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
メルマガ-まぐまぐ

メルマガ購読・解除


 

カテゴリ
タグ
以前の記事
記事ランキング
検索
楽天
その他のジャンル
画像一覧