人気ブログランキング |
ヤドカリ人生野沢俊雄を考える11
ヤドカリ人生野沢俊雄を考える11
野沢にいかに知恵がないか、図書館所蔵の「蕪島神社」これを見てみると、蕪島神社は火災もあれば風で壊れたこともある。
都度、宮司が骨を折っている
享保19(1734)年3月3日堂宇が破損。
本寿寺より蕪島神体修復、及び堂宇再建の希望に付き、勧化を許可す、と八戸藩の達しがあった。
再建の勧化(募金をすること)、が本寿寺(八戸東高校隣)によって行われた。
ここで、智恵のある男が出た。野沢と違うのが当時の宮司の清水甚太郎。
元文2年(一七三七)、辨天堂を再建するので、白銀村で富付(宝くじ)を実施。
別当清水甚太郎に智恵があった。
野沢のように愚脳市長小林にすがろうなんていうケチな根性の持ち主じゃない。

一応、八戸藩に伺いを立てた。
愚脳市長小林と同じように、カネは出せない、税金を一神社に投入はできないと断ったと同じで、藩は時節柄財政難でむずかしいから寄付を集めて建立せよ、その代り材木はお上から下さる。
ところが甚太郎は野沢と違う知恵者だ。
「又々別当願ひ出申し候は」どうも今年は不景気で寄付ばかりでは何んとも心細い次第です、ですから富付を行って建立仕りたいと存じます。もっとも、寄付を頂く事も両方共御許し下さるように、と申し上げた。結局「願ひの通り申し渡し候様」、と言うことになり、別当甚太郎が大いにカを尽したと言う訳です。それから十ー月十ニ日、白銀村三島で富付が行われたのです。始めての事ですから地方の町々•在々から見物人が大勢集り代官や警固の足軽まで遣わされて、お祭り騒ぎのような中に首尾よく終った。その成果は、寄せ金三拾六貫文余りだったと言うことで、これが辨天堂改築に、大きな財源となった。
又くじが当ってほうびを頂いた人も三人あった


○ところが、今度は蕪島神社から出火だ。
(一七八〇)年安永九年八月二十四日、蕪島辨天堂に八戸の船頭久吉と言う者外数名が、前の晩からおこもりをし、五つ時(朝の八時頃)まで居て、その人達が引き取った後、見回りをして帰ったと言うのですが、その後昼頃火事になった。この事で甚太郎が殿様から責任をとらせられ、三日間の戸〆 (藩政時代庶民に科した正刑でない刑罰、犯罪者の門を釘づけにし謹慎させる。)と言う書付を以つて申し渡された。
野沢俊雄は何の咎めもない。
この頃、蕪島は陸続きではない。文字通りの島だけに焼けたら最後、丸焼けだ。
天明の頃は天候が悪く、不作でケガジの年が多い中に、辨天堂が全焼したのですから大変。それでも何んとかして今年造立したい。と言うので地元から再建願いが八戸藩に出された。それは、再建に使用する木材五百石分の沖の口(藩に納める金。税金。)は免じて頃きたい。又船からの相対勧化(相方の話し合で寄付を頂くこと。)を許可して欲しい。堂宇再建用に、前から用意していた木材を使いたい。
これに対して八戸藩では、この堂宇を造立する分の木材はお上から下さる。港に入って来る船からの御寄付は最近景気が悪いので、それは難しいだろうから、お上の方が金三両御寄附をする、一般からの募金も許可する。用意してある材料は使用してもよい。早く再建するように、と言う。
安永九年八月、社殿が全焼し、翌年の天明元年に堂宇が落成し、遷宮式が挙行され、それから二年後に御神像が出来上り、天明三年六月九日、蕪島辨天堂の別当正宋山本寿寺の第九世が、導師となり新しい辨財天の開眼式が行わた。
これが、浮木寺にある弁天だ。

何故、蕪島にあった弁天が浮木寺に行ったのか、それは廃仏毀釈だ。
日本民族の興隆は、大和魂の涵養にあり、敬神愛国の至誠に基く、この主旨により、邪神濫祠の淘汰せられる事となり、明治四年の発令は同七年に至り、当地方一斉に神社仏閣の検査になりました。辨財天は、神に非ざるなり、神社に於て祭祀の形体なり。かかる変形の神は濫祠として破棄すべし。として腕六本を切り落とし且つ御神体を海中に投げ入れました。
時の浮木寺住職、千葉量光氏は之を聞くや、直ちに漁船を□せて、漂い流れる御神体を拾い集めて、修理を加え、当時浮木寺に安置。

それにつけても、役人とは妙なことを平気でするもんだ。この一件もそうだが、戦争当時は役人が徴兵を行い、色々と権限を行使しそれがもとで恨まれる話を松本清張が書いていた。恐ろしいのは役人に権限とキチガイに刃物だ。
八戸市の役人に言わせれば、小川にブログと付け足したいところだろう。
by jpn-kd | 2018-05-19 00:00 | 蕪島神社焼失事件
<< 市長が読まない市長への手紙4 八戸デジタル観光協会サージャ・... >>


ブログで行政改革をめざす日本救護団
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
メルマガ-まぐまぐ

メルマガ購読・解除


 

カテゴリ
タグ
以前の記事
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
記事ランキング
検索
楽天
その他のジャンル
画像一覧