八戸市営本屋ブックセンター4月売上
八戸市営本屋ブックセンター4月売上
たったの71万円、
14万しか利益なし、アルバイト代も支払えない。
葬儀屋助けの無理くり官営本屋だ。
市長が本が好きだから本の町にする。
市長が女好きなら風俗の町にする。
これは大歓迎だな。六日町に街娼がウロウロ、それも年寄りだ。那覇に行くと若い姉ちゃんがバイトで街娼。
八戸綺麗な姉ちゃんがウロウロする町に変身、なら、オラは市長を支持するべ。
本屋じゃ面白くもおかしくもねえじゃ。同じ官営なら酒場の許可も取った八戸市、官営酒場「はちっち」で酒飲みすぎ、カネを払う段で値段が高くてあちっち、何しろ紙コップでコーヒー一杯450円とボリ放題、とりあえずビールで5千円か?
官営ぼったくりバーで摘発されるだろう。酒場の女も公務員か?
サービス悪そうだな、付け出し「塩辛」が千円? 
ウーン効く、眼鏡の中年女の公務員、こりゃダメだな。
またも売上ダウン間違いなしだ。


[PR]
by jpn-kd | 2018-05-05 00:00 | 行政ネタ
<< ヤドカリ人生野沢俊雄について考える1 無目的ホール「はっち」カネイリ... >>


ブログで行政改革をめざす日本救護団 080-9850-5240
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
メルマガ-まぐまぐ

メルマガ購読・解除


 

カテゴリ
タグ
以前の記事
記事ランキング
検索
楽天
その他のジャンル
画像一覧