デジタル八戸観光協会第三弾、根城の広場の紹介

デジタル八戸観光協会第三弾、根城の広場の紹介
八戸の良さを東京人の目線から紹介するシリーズ。
こんな風に八戸をみてくれているんだと、目から鱗の動画シリーズ。毎日三作を目標としているそうだが、時間のやりくりでまだ、日に一作。
面白い作品になることを期待だ。

根城は、建武元年(1334年)に南部師行(なんぶもろゆき)により築城された城です。
 寛永4年(1627年)に領地替えにより使われなくなるまでの約300年間、八戸地方の中心でした。
 根城跡は、昭和16年に国史跡に指定されました。
 その後、昭和53年から約11年間掛けて、発掘調査及び整備事業が進められました。
 史跡の主要部分は、平成6年10月「史跡 根城の広場」として公園化されており、本丸跡には、発掘調査の成果をもとに、安土桃山時代の根城の様子が復原整備されています。
 主殿と呼ばれる当主が儀式を執り行った建物を中心に、工房(こうぼう)・板蔵(いたくら)・納屋(なや)・馬屋(うまや)などが復原されており、内部に入れば、正月の儀式の様子や、いろいろな道具類などを見ることができます。


[PR]
by jpn-kd | 2018-04-13 10:12 | 行政ネタ
<< 大学のカメラ横領容疑、北九州市... 八戸市役所総合保健センター推進... >>


ブログで行政改革をめざす日本救護団 080-9850-5240
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
メルマガ-まぐまぐ

メルマガ購読・解除


 

カテゴリ
タグ
以前の記事
記事ランキング
検索
楽天
その他のジャンル
画像一覧