徳島県、決裁済み書類を書き換え 消しゴムで金額を修正
徳島県、決裁済み書類を書き換え 消しゴムで金額を修正
2016年参院選で、徳島県選挙管理委員会事務局を務める県市町村課が、確認ミスで約320万円の損害を出していたことが、県の包括外部監査(監査人・野々木靖人弁護士)の報告書でわかった。決裁済みの書類の金額を砂消しゴムで消して書き換えたことも判明したという。
 同課は高知との合区となった16年参院選で、選挙公報や投票用紙などの印刷について、同年5月に徳島市内の印刷会社と898万円で随意契約を結んだ。
 徳島・高知選挙区には3陣営が立候補。陣営が提出した選挙公報の原稿のうち、1陣営の原稿が規定の枠からはみ出ており、印刷会社は3陣営分を同じ比率で縮小して印刷した。同課は県内分約35万8千部が刷り上がった時点で、他の陣営分も縮小したミスに気付き、印刷会社に刷り直しを依頼。契約額は1219万円に増えた。
 契約額の増加を受け、同課は決裁済みの書類の支出予定額を、砂消しゴムで消し、「950万円」から「1250万円」に書き換えたという。
 外部監査の報告書では、「決裁済み書類を書き換えることは許されない」「原稿や試し刷りを十分確認していれば、再印刷しなくて済んだ可能性がある」などとした。
 森口浩徳・市町村課長は「無駄な出費をして、申し訳ない。文書書き換えもミスにミスを重ねてしまった。今後はこのようなことがないよう、しっかり取り組みたい」と話している。
「離婚届サインしないと殺すぞ」ハサミでフィリピン人妻脅迫の兵庫県職員を停職処分
兵庫県は29日、はさみを突きつけて離婚届にサインするよう妻を脅したとして、神戸県民センターの男性職員(57)を停職1カ月の懲戒処分とした。男性職員は同日付で依願退職した。
 県によると、男性職員は2月16日、神戸市西区の自宅で20代のフィリピン国籍の妻にはさみを突きつけ、「離婚届にサインしないと殺すぞ」と脅迫。妻が通報したため、翌17日に脅迫容疑などで神戸西署に逮捕された。同27日に神戸区検が同罪などで略式起訴し、神戸簡裁が罰金20万円の略式命令を出していた。罰金は納付済みという。
 男性職員は県の聞き取りに対し、妻がフィリピンの家族に送金していることをめぐってトラブルになっていたと説明している。2人は平成26年8月に結婚。妻は最大で月5万円程度を送金していたという。
[PR]
by jpn-kd | 2018-04-05 00:00 | 行政ネタ
<< 16万人生協健保、解散を検討 ... 日曜朝市として毎開催日に3万人... >>


ブログで行政改革をめざす日本救護団 080-9850-5240
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
メルマガ-まぐまぐ

メルマガ購読・解除


 

カテゴリ
タグ
以前の記事
記事ランキング
検索
楽天
その他のジャンル
画像一覧