なはしのはなし169 NHKの那覇市議会の疑惑報道
NHKが那覇市議会議員の政務調査費を丹念に調査
共産党がどのように言い訳しようが、不正は不正だ
生存しない親の年金を継続して受けているようなもの
無い存在の店で納税はできない
納税は国民の義務
最大の追求点は事務所費
那覇市議会事務局長は事務所の存在は確認したと明言
本当に確認したのかと日本救護団に突っ込まれると、あんた酒呑んでいないのか
と言う
顔を事務局長の鼻の前で臭い息を吐いてくれた
酒など20年も呑んだことがない
酒の臭いがするか?
と問うと、臭い口臭だという
お前のキン玉も臭いと言ってやったら目を白黒させた
さて、
事務局長が事務所の所在を確認しているは真っ赤な嘘
それは事務所費が出ている確認をしただけ
実地に事務所を確認に行ったのではない
それを、NHKは丹念に議員の事務所を精査
記載された場所にない
あるいはあっても事務所の看板もない
また、貸主に事務所費が渡っていないなどもろもろが露呈
日本救護団も独自に調査し、葬儀社を事務所として登録している議員は看板もない
何処が議員の机かと問うと、そこら全体との返答
事務所としての隔離された場所は確認できない
また、連続八期当選の久高は議会事務局に事務所賃貸契約書を求めよと伝達
議会事務局は三度に渡り久高に求めたが、契約書は出さないと拒絶
立派な態度だ
こうした下地のある那覇市議会の腐った体質にNHKが徹底取材
それが、昨日の18時に報道された
時間をかけた入念なもの
b0183351_948837.jpg
b0183351_9483117.jpg
b0183351_9484831.jpg
b0183351_949652.jpg
b0183351_9492491.jpg
b0183351_9494294.jpg
b0183351_9501977.jpg
b0183351_9504312.jpg
b0183351_9513275.jpg

政務活動費に閉店書店の領収書
共産党県委員会が、党から書籍を購入した党所属の那覇市議会議員に20年以上前に閉店した書店の名前で領収書を発行し、議員が提出した政務活動費の収支報告書に添付されていたことがわかりました。
県委員会は、「今後も領収書の発行を続けるが疑問を持たれるのであれば、対応を考えたい」と説明しています。
那覇市では、市議会議員の政務活動費として、1人当たり年間108万円を支給しています。
NHKが、すべての議員の昨年度の支出を調べたところ、共産党県委員会が、党から書籍を購入した党所属の議員3人に20年以上前に閉店した書店の名前で領収書を発行し、議員は、政務活動費の収支報告書に添付していたことがわかりました。
領収書の連絡先は県委員会の代表番号で、記載された住所は県委員会とは別の場所でした。
共産党県委員会は、事実関係を認めた上で、「書店の事業は県委員会が引き継いだ。しかし、その後も、政党名の入っていない領収書を希望する人がいるので、書店の名前を使っている。今後も続けるが疑問を持たれるのであれば、対応を考えたい」と説明しています。
政務活動費をめぐっては、このほか、県外の視察などの経費に充てた5つの会派の議員や元議員8人がその行程や目的を明らかにせず、旅費の領収書だけを提出しているケースもありました。
地方自治体の行財政に詳しい琉球大学法文学部の獺口浩一教授は、「政務活動費が税金で賄われていることを認識すべきだ」と指摘しています。
[PR]
by jpn-kd | 2015-09-25 09:51 | 行政ネタ
<< 沖縄県のはなし26 県議会議員... なはしのはなし168 NHKが... >>


ブログで行政改革をめざす日本救護団 080-9850-5240
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
メルマガ-まぐまぐ

メルマガ購読・解除


 

カテゴリ
タグ
以前の記事
記事ランキング
検索
楽天
その他のジャンル
画像一覧