なはしのはなし135 翁長俊英・多和田栄子監査請求提出
昨日述べた通り、本日監査委員に下記の文書を提出受理された。
あとは、どのような結果を招致するか、蒔かぬ種は生えぬ
悪い種を翁長俊英・多和田栄子共に蒔いた
が、結果は泥棒が泥棒を捕まえる行政の体質、身内の恥はかくすかくす
今回判明いたのは議員を直接訴えることができず、議会事務局長を訴えた
これは監査委員事務局の意向
まあ、解明されれば誰を訴えようと大した問題ではない
大事なのは市民が臭いと思えば訴えるということだ
目覚めよ那覇市民、諸君らの税金を市役所諸君も議員諸氏も適当にナンクルナイサーで使っている
怒れ、市民の敵は行政なのだ

那覇市職員措置請求書
                       平成27年7月21日
那覇市監査委員殿
請求の要旨
那覇市議会議員翁長俊英ならびに多和田栄子の平成26年度政務調査費支出は政務調査費手引きに該当せず不当であり、翁長俊英の支出金額三万円、並びに多和田栄子の支出金額七千七百円の返金を那覇市議会事務局長に求める。

根拠
那覇市議会事務局に提出した翁長俊英ならびに多和田栄子の政務調査費収支報告書に記載された事務所費のなかに、翁長俊英は支出金額三万円を那覇市識名1-11-17大城工務店に支払った。それは大城工務店代表者大城永一が記載した但し書きには冷蔵庫代金とある。
また、
多和田栄子は支出金額七千七百円を那覇市銘刈の店名不明から買ったが、但し書きにはCDプレイヤーラジオ付とある。
これら二件は政調費の支出対象にあたらない。
事務所費を那覇市議会の「政務活動費の手引き」から見ると
(事務所賃借料、維持管理費、備品及び事務機器購入費もしくはリース代等)と規定
ために、
翁長俊英ならびに多和田栄子は規定に違反している。
よって、その理由なく支出した政調費、翁長俊英は支出金額三万円、多和田栄子は支出金額七千七百円は、議会事務局長が政務調査費収支報告書の吟味を忘れそれを認めたことにより、これら金員の返金を議会事務局長求める。
上記のとおり地方自治法第242条第一項の規定により、別紙事実証明書を添え必要な措置を請求する。

請求者
住所 
職業 
[PR]
by jpn-kd | 2015-07-21 21:51 | 行政ネタ
<< なはしのはなし136 下地敏男... なはしのはなし134 翁長俊英... >>


ブログで行政改革をめざす日本救護団 080-9850-5240
メルマガ-まぐまぐ

メルマガ購読・解除


 

カテゴリ
タグ
以前の記事
記事ランキング
検索
楽天
その他のジャンル
画像一覧