沖縄県の話4 県会議員新垣良俊を見逃す議会事務局の体制
議会事務局は議事の円滑な運営と共に提出される政調費の吟味がある
が、
沖縄県はそれをしていない
議員は海千山千のしたたか者、それらが提出する書類に間違いがないと盲信するのも自由
が、
提出する書類は県民の税金をどのように消費したかを明白にするもの
それを怠れば、議員諸君はここまではOK
ここからは更にこの手段でとずうずうしくなるのは必定
議会事務局は提出された書類に不備を発見し、是正勧告をする
そうすれば新垣はこうした間違いを起こすこともない
新垣も議会事務局も己が間違いを世間に知らしめることもない
が、
議会事務局は議員におもねる
だから、苦情も注意も言えない
筆者は全国を回ってこうした議会事務局のダルさを調査中
この沖縄県議会の最大のダルさは議員の視察旅行の報告書提出をもとめない
だから、
領収書だけ
これでは何を目的とし、何を見聞してきたかが不明
議会事務局は提出は求めないが活動記録簿は作成しろと規定
それを添付させろ
県民の税金を使い何を見て来たか、これを求めないから兵庫県議の大泣き男のような城崎にて悪事を働く
沖縄には温泉がないから、兵庫県議のばかな行為もなかろう
が、盲信するな
県議には不正使用の嫌疑がかかる
先ずは議会事務局の体質改善
これなければ永遠に議員との癒着だ
検察庁には予定通りに提出した
告訴・告発は国民の権利だ
b0183351_9262714.jpg
b0183351_92720100.jpg

[PR]
by jpn-kd | 2015-07-02 09:27 | 行政ネタ
<< 沖縄県のはなし5 県議の嫌疑・... 沖縄県のはなし3 県会議員新垣... >>


ブログで行政改革をめざす日本救護団 080-9850-5240
メルマガ-まぐまぐ

メルマガ購読・解除


 

カテゴリ
タグ
以前の記事
記事ランキング
検索
楽天
その他のジャンル
画像一覧