吉田初三郎・明治天皇肖像画
2006年7月15日、八戸博物館で特別展「吉田初三郎と八戸」が開催された。これに間にあわせるべく、幻の明治天皇肖像画を探した
ところが、見つからない
この話が既報で「はちのへ今昔」に掲載したが、詳しく再掲載
それには、博物館・美術館の管理のありかたを再検討する要素が含まれている
東奥日報が伝えた
2006年7月14日(金)号
全国の鳥観図を描き、八戸市の種差海岸に住居兼アトリエを構えた吉田初三郎画伯が描いた明治天皇の肖像画が十三日、同市立図書館で見つかった。一九三五(昭和十)年に吉田画伯が同市に寄贈したものだが、その後、所在が不明に。十五日に同市博物館で開幕する特別展「吉田初三郎と八戸」に合わせて関係者があらためて探していたもので、開幕直前の貴重な発見に、同博物館の藤田俊雄学芸員は「もう見つからないかと半信半疑だった」と喜んでいる。
 肖像画は、縦百七十五センチ、横百六センチ。絹地に日本画の技法で描かれている。図書館三階の古文書庫の奥で見つかり、一部破損しているものの保存状態は良好。特別展の目玉の一つとして展示する。
 一八八一(明治十四)年の明治天皇東北御巡幸の際に、現在の市庁舎前ロータリーの場所にあった旧八戸小学講堂(のちの旧図書館)が休憩所となった。一九三五年四月になって、御巡幸の記念碑が付近に建立され、除幕式に寄せて吉田画伯が肖像画を描いた。当時の東奥日報は「吉田画伯が御尊影揮毫(きごう)」と写真入りで報じた。
 肖像画はいったん、図書館の所蔵となったとみられる。しかし、その後の図書館の移築や新築移転に伴い、文献や所蔵目録などにも残らぬまま、いつしかお蔵入りになったと関係者はみている。
これについて、
八戸市議会で坂本みちのぶ市議が質問
平成19(2007)年6月定例会
◎3つ目の質問項目は美術館運営についてであります。
 1、収蔵品の管理について、2、収蔵品展示の周期についてお伺いいたします。
 実は、昨年度に我が八戸市美術館において吉田初三郎作品展が開催された折、その吉田初三郎が描いた明治天皇の御肖像画が作品展開催の2日前に発見され、急遽その展示作品に加えられ、というより展示会の主役を担うほどの位置づけで展示されました。私も、作品展初日のセレモニーに参加し、作品展が開催となってからどの作品よりも先に、一番最初にその作品を拝見いたしました。
 天皇が神と位置づけられていた当時、一般の者がその肖像画、似顔絵などをかいたとすれば不敬罪で逮捕されたかもしれない時代背景の中、どのようにして許されてこの肖像画がかかれたのだろうかと、その作品誕生の前後に思いをめぐらしながら、かなりの長い時間、その作品の前に立ちどまって拝見したのであります。それからしばらくして考えました。なぜ見つかったのか。というより、長く収蔵されていながら、何ゆえその存在が明らかになっていなかったのかということであります。
 なぜ見つかったのかについては、作品を我が八戸市が収蔵しているはずだとする確かな証拠が一般市民より提示され、焦った担当部署が総力を挙げて徹底的に探したからであります。もう少し詳しく言えば、当初、複数の一般市民から、吉田初三郎がかいた明治天皇の御肖像画があるはずだという声がたびたび寄せられ、それから次に、複数の本議会議員から非公式に、あるはずだから探してほしいという要望がなされた。しかし、探すには莫大な労力と時間が必要になるのであり、あるはずだからという不確かな情報、申し入れの中では、その作業に入ることができなかった。しかし、次に、作品を我が八戸市が収蔵しているはずだとする確かな証拠、つまり、それは当時の神田市長から、作品の作者であり、そして我が八戸市にそれを寄贈した人、吉田初三郎氏にあてた作品寄贈についてのお礼の電報の現物、それが証拠、裏づけとして示されたので、今度は確かにあるはずだろうという確信のもと、担当部署が総力を挙げ、徹夜で調べ上げ、探し出したのであります。
 その御努力には敬意を表し、感謝申し上げるのでありますが、しかし、議員の立場として思ったのは、収蔵品管理の実態、真実はどうであるかということであります。それほどに貴重な作品が何ゆえ数十年の長い間、収蔵されているのかも不明のまま放置されてきたのか。
これに対して、八戸市長の小林は自分で答えず、教育部長に言わせた
が、違うことを述べ、坂本みちのぶ市議に更に追求された

言いづらいのか、吉田初三郎作の明治天皇の御肖像画につきまして、なぜそれが長い間出てこなかったのかというところについて、もし御説明をいただけるのであれば、突っ込んで恐縮でありますが、いい機会でありますから御説明をいただきたい。
◎◎教育部長(林隆之介 君)坂本眞将議員の再質問にお答えいたします。
 吉田初三郎氏の明治天皇の肖像画がなぜ長い間出てこなかったのかという御質問でございます。
 図書館の方で探したのにすぐ出なかったわけですけれども、今後は私どもは、市民の方、また議員の皆様方からの御指摘があった場合には、真摯に誠意をもってその所在を確認するよう努めてまいりたいと考えておりますので、その辺よろしくお願いしたいと思います。
これで、坂本みちのぶ議員は兜首を上げた 続
[PR]
by jpn-kd | 2012-04-23 08:41
<< 吉田初三郎・明治天皇肖像画 後日談 お寒い、足立区の要援護者対策、... >>


ブログで行政改革をめざす日本救護団 080-9850-5240
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
メルマガ-まぐまぐ

メルマガ購読・解除


 

カテゴリ
タグ
以前の記事
記事ランキング
検索
楽天
その他のジャンル
画像一覧