八戸市町づくり文化観光部長大岡氏の観光コンベンション協会への天下り3
八戸市の通達に違反してまで、なぜ大岡が観光協会へ天下りしなければならなかったか
これを探る
観光協会の仕事は八戸に観光客をいかに導くかが主題である
それには多くの人に来てもらうことだと、考え方を転換
それが、会議を八戸で開くことだと、コンベンションを付加
これは、ホテル業界への利便を図ることだが、観光とは別の観点が必要
八戸の観光協会は八戸市からの補助金運営しか眼中になく、長年協会長を務めた老人の問題意識のなさが、八戸市役所につけこまれることになった
やる気がなく、市民の側に立たず、市役所の顔色を伺う人物が長に立つことは、補助金を出す側にはもっけの幸い
補助金のパイプバルブを閉められれば困るのは必定
七千万円の補助金には紐がついていて、イベント開催費は、いかにも観光協会独自の独創的案件に見えるが、何のことはない市役所の観光課の企画を、いかにも観光協会が行うように見せているだけ
つまり、観光課のいいなりにしかできないのだ
そのため、補助金監視員の専務理事、及び市役所からの出向者が一人へばりつく
市役所の言い分は七名の部長経験者が天下りしたとても、昔と異なり給与は安い
従って、何等問題がない
こう言うが、金銭の多寡をいうのではない
そんな卑賤な問題はどうでもいい
肝心なのは補助金を出すことで、市役所の思い通りに動かすことだ
つまり、観光協会は観光課の統治機関でしかない
だから、会員増強などの具体策はとらず、ひたすら、観光課の意向だけを重んずることになる
観光課としては、観光協会員が増え、自分たちの意見が通らないことに危機感を感ずる
だから、積極的意見、進歩的改革案などを喜ばない
こうした状況では、観光協会は市役所の下請けをする以外にはなく、その証拠に、観光協会は本来の観光事業から、窓口業務の人材派遣業務へと移行
それは、八戸駅総合観光案内所の案内業務
中心商店街の無目的会館「はっち」の窓口受付業務
さらに、博物館受付業務
八戸南部一族の発祥地・博物館隣接する「根城の広場」の指定管理である
ところが、観光協会には人材がおらず、優秀な人材が育つことは、観光課にとってはありがた迷惑で、自身の管理下からの造反でしかない
そうしたやる気のない人間を飼い殺すことこそ、観光課の狙いであった
ために、観光協会が管理委託を受けた、水産科学館「マリエント」に来館者が集まらないという惨状を呈した。

[PR]
by jpn-kd | 2012-04-10 06:56
<< 八戸市町づくり文化観光部長大岡... 八戸市町づくり文化観光部長大岡... >>


ブログで行政改革をめざす日本救護団 080-9850-5240
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
メルマガ-まぐまぐ

メルマガ購読・解除


 

カテゴリ
タグ
以前の記事
記事ランキング
検索
楽天
その他のジャンル
画像一覧