八戸資源回収協同組合とリサイクルプラザの癒着2
リサイクルプラザから八戸資源回収協同組合が買い取った古紙の金額
平成19年度 7千万円
  20   7千5百万円
  21年度 2千百万円
  22年度 4千百万円
  23年度 3千5百万円

内訳は新聞紙・雑誌・ダンボール・古布・その他
20年から21年でいきなり7千5百から2千百と急落
72%ダウン
強烈な古紙の相場変動があったのか?
●また、随意契約で八戸資源回収協同組合に払い下げた金属類は
平成19年度 1億5百万円
  20   1億4百万円
  21年度 2千6百万円
  22年度 6千3百万円
  23年度 5千万円
こちらも20年から21年でいきなり1億4百から2千6百と急落
75%ダウン
おそろしい数字だ
古紙と金属類の合計は
平成19年度 1億7千5百万円
  20   1億7千9百万円
  21年度 4千7百万円
  22年度 1億4百万円
  23年度 8千5百万円
この金がリサイクルプラザに渡ったという
広域事務組合は近隣町村が合併してできたもの
そこに、市町村が応分の負担金を出している
つまり、ゴミ処理で出た売却代金は、負担金を出した市町村が応分に返してもらうのが筋
その筋なくしてグニャグニャはタコ
八戸名物のイカですら、少々の骨はある
ところが、広域事務組合はどうしたことだ
これが、四月から八戸市役所総務課に移った
事務局長は総務部長兼務だと、とうとう八戸市も盲腸を切除、慶賀、慶賀
だが、この金はどう処理されたのかね?
 続
[PR]
by jpn-kd | 2012-04-04 08:54
<< 八戸資源回収協同組合とリサイク... 八戸資源回収協同組合とリサイク... >>


ブログで行政改革をめざす日本救護団 080-9850-5240
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
メルマガ-まぐまぐ

メルマガ購読・解除


 

カテゴリ
タグ
以前の記事
記事ランキング
検索
楽天
その他のジャンル
画像一覧