八戸市民病院タクシー券不正流用疑惑1
飲み屋のネエチャンに八戸市民病院の医者が、何の礼だかに使えとくれたタクシー券
市民病院が発行したものではなく、タクシー会社が発行するもの
その、管理状態を訊いた
実におそまつ
誰に渡したかも判然としない
昨年の九月から、これに気づいて改善したというが、本当なの?
その有様を開示するように伝達しているが、いまだに返答がない
年間タクシー券の使用額は1400万円
緊急用で医師・看護師が使用するとのこと
何時・誰が・何のために・何回使ったかの記録もないとは、頷くことはできない
この投書は昨年来ていたが、そんなこともなかろうと思い込んでいたが、八戸市役所はタクシー券の管理は出来ているため、その思い込みがあったが、度重なる投書で調査を開始
すると、上記のような不具合が露呈
いいかげんに使用したタクシー券は使用者を明確にし、返済させればいい
それにしても、タクシー券で女の関心を得ようとは、情けない話だ
by jpn-kd | 2012-03-17 14:32
<< 老人バス乗車証利用者は飽和状態 八戸市役所は観光協会への天下り... >>


ブログで行政改革をめざす日本救護団
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28
メルマガ-まぐまぐ

メルマガ購読・解除


 

カテゴリ
タグ
以前の記事
記事ランキング
検索
楽天
その他のジャンル
画像一覧