「日本救護団」に追い出された職員互助会山車
b0183351_7385795.jpg
デーリー東北新聞が伝えた。互助会の山車が東京ドームに行くと。今度は引き子も連れて行き、搬送費用で千四百万円かかるとのこと。
 大阪富田林でダンジリがこけた。これも山車を引き回すが、奴等は過激で、大勢の大人が本気になって町中を走りこむ。家に当たる、横転はするで、利口な奴ならやらぬが、それが面白い。世の中広い。昨日は四名だかが怪我をしたという。屋根の上で、右に左へと体をかわして扇子を広げる。おっちょこちょいの見本みたいなもんだが、あれに命をかけているのだろう。
 八戸の山車はのんびりしたもんだ。囃子もそれなりで、危険なことはまるで無い。東京人を驚かすだろうと、小林市長は言うが、東京人が驚いたのはイタコ。十年前の青森県の宣伝で、東京ドームを十重二十重に取り巻いたのは、イタコにくちよせをしてもらう人。
 このイタコのくちよせが十月にも八戸駅の観光プラザであり、それなりに人を集めた。山車もわかりやすくていいが、判り難いイタコも大事だ。
 さて、美術館とホテルの間に空き地があり、そこを「日本救護団」が知る限りでも互助会の山車小屋が三十年は不法占拠。どういう契約かと調べた。無料で土地を互助会に貸した。長者まつりんぐ広場の山車小屋に市民は年間三十万円も支払う。それを互助会はタダ。これが不当だと噛んでくれた。愚図愚図ぬかしたが、小屋を壊しはじめた。有料で使用せよと言ったが、ゼニが惜しいのだろう。隣の山車テントは観光協会だ。これも間もなく出て行く。
 市民が知らないのをいいことに、市役所職員はやりたい放題。調べると出るわ、出るわ。日赤の職員が市役所職員と机を並べるも不思議だが、市役所では当然。役所の常識、民間の非常識。
 この空き地に市議が車を止めるが、民間の駐車場を借りて金を廻すことを考えろ。金の流れが滞ることが不況の原因だ。不況でも市議の報酬は下がっていない。貰うことばかり考えず、活性化に貢献しろ。市議も市役所職員も同様だ。三日町にはっちが出来る。「日本救護団」は毎日、そこに集まり市役所に日参だ。
b0183351_739841.jpg

by jpn-kd | 2009-10-19 07:39
<< 露見 教育委員会の約束不履行 1 水道企業団もタイムカード導入 >>


ブログで行政改革をめざす日本救護団
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28
メルマガ-まぐまぐ

メルマガ購読・解除


 

カテゴリ
タグ
以前の記事
記事ランキング
検索
楽天
その他のジャンル
画像一覧