「日本救護団」定額給付金で動く
国民への人気取りの策、定額給付金に問題ありと、西村副団長のもとへ、一本の電話が入った。これによると、相談者は亭主の暴力に耐えかねて、かけこみ寺へと、市役所から移送をして貰った女性の相談だ。
 給付金は戸主に対して出る。暴力被害者は、夫の襲撃を恐れて、住民票はそのまま。つまり、暴力亭主に銭が渡った。
 すると、生活困窮の女子どもは助からない。ここに矛盾がありますと、女性は泣いた。いかにも、それは納得がいかないと、「日本救護団」が、八戸市役所に出向いた。昨、七月七日の十六時だった。担当課長から、七月一日に報道機関に通知を出した。新聞に掲載になったと思います。思います? 知らなかった。昨今は新聞を取り始めた。日経とデーリー東北新聞だ。しかし、見なかったなァ。見ているつもりで、見て無いのが世の中。そうしたこともあるある。
 八戸市役所の言い分では、該当者は電話を欲しい、申請書類を送付する。必要事項を返送すれば3週間で振り込むとのこと。
 西村副団長に、その旨を依頼者に伝達願った。どんなこまりごとも必ず解決するのが「日本救護団」。電話は45・3344だ。
b0183351_8335239.jpg
 「日本救護団」の7月号、プレス「日本救護団」が刊行された。インターネットはただで見せるから、肝心なことは書かれていない。が、団員180名には、団の報告書、プレス「日本救護団」には、実名を挙げて詳細な報告がなされている。又、名誉毀損で訴えられるようなことまで。ところが、この雑誌は、本屋では売らない。団員にならないと買えないのだ。
 変な人間に読まれないようにとの仕掛けがなされている。今月中に団員は二百名を突破するのは間違いない。
by jpn-kd | 2009-07-08 08:08
<< デーリー東北新聞広告効果あり 「日本救護団」が提唱した、イタ... >>


ブログで行政改革をめざす日本救護団
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28
メルマガ-まぐまぐ

メルマガ購読・解除


 

カテゴリ
タグ
以前の記事
記事ランキング
検索
楽天
その他のジャンル
画像一覧