「市長への手紙」について
                       八 広 第 242 号
                       平成30年11月19日
 小川 真  様

              八戸市長  小 林   眞
                      (公印省略)
 

       「市長への手紙」について(回答)


 平成30年11月2日及び4日差し出しの「市長への手紙」について、次のとおりお答えいたします。
 厚生労働省からの通知にあるとおり、子ども食堂は、困難を抱える子どもたちを含め、様々な子どもたちにとっての食育や貴重な団らんの場として、また地域における交流の場として意義があるものと考えています。
 市といたしましては、市内の子ども食堂の運営者に対し、安全管理上で留意すべき事項の情報提供や、保護者の養育に対する支援窓口等の情報を周知して、相互の連携強化を図ってまいりたいと考えております。
 また、当市教育委員会とは、これまでも子ども及び保護者への支援を連携して行っているところですが、改めて相互に関連情報の共有を図り、引き続き連携して取り組んでまいります。


(お問合せ先)
・子ども食堂に関すること
 福祉部 子育て支援課
 電話0178-43-9581
・市長への手紙に関すること
 総合政策部 広報統計課
 電話0178-43-9317

[PR]
# by jpn-kd | 2018-11-20 00:00 | こどもふれあい食堂
こどもふれあい食堂百軒目標14

こどもふれあい食堂百軒目標14
b0183351_17020269.jpg
お菓子卸の後村様からご協賛いただきました。
陸奥湊駅前、歩いて0分の好立地にあるのが有限会社後村商店本店様、所番地は八戸市湊町久保44、ご商売は和洋菓子卸業、しょっぱく世知辛い世の中で、元気にご商売に励む中、突然お邪魔してご理解いただき、協賛してくださり、どっさりとお菓子類を頂戴いたしました。陸奥湊駅前は戦後は大層賑わいました。行商のおっかさんたちが列車を使って近郷近在に魚や干物を売ってあるいた。
それから水産品を売る町の食料品店の店主たちが朝早くから仕入れにきた。ところがスーパーに押されて食料品の店数が激減。一等地駅前も歩く人も少なくなった。
ところが後村様は商売道は一筋道と常に全方向へ視線を走らせ、八戸の景気後退、サバの水揚げ減少の中でも、必ず成功の機運はあると固く信ずる経営の達人
またまた、
お菓子とリンゴの協賛をいただきました。有り難うございます
b0183351_17040235.jpg



[PR]
# by jpn-kd | 2018-11-19 00:07 | こどもふれあい食堂
こどもふれあい食堂百軒目標13
こどもふれあい食堂百軒目標13
b0183351_09001619.jpg

白銀公民館芸能発表会会場でこどもふれあい食堂募金活動をさせていただきました
市内公民館23施設のうち小中野、白銀の2公民館からお声をかけていただき、募金活動をさせていただきました。
なんとしてでも十分に食べられないこどもは救わなければならない。
何故?
こどもこそ宝なんです。懸命に生きて知識と知恵をつけ将来の日本を背負って立つ。
そのこどもたちがお腹を空かせて満足に勉強も運動もできないのは情けない。
そんな世の中にしたのは我々大人の努力不足。
23万都市の八戸市にこどもふれあい食堂を百軒つくり、どこでも誰でもが十分に食べられ、その食堂で宿題をし、お店の人に野球選手になりたい、サッカーで一番になりたいなどの夢を語る。
そのこどもたちの夢は我々大人の夢でもある。
成就させたい。
白銀公民館ありがとうございます。また一つ、こどもふれあい食堂へ夢がつながりました。



[PR]
# by jpn-kd | 2018-11-18 09:02 | こどもふれあい食堂
こどもふれあい食堂百軒目標12 渋柿頂戴しました
こどもふれあい食堂百軒目標12 渋柿頂戴しました。
b0183351_15202917.jpg
b0183351_15202976.jpg
b0183351_15202803.jpg
b0183351_15202817.jpg
八戸市の柿農家の山田様より、渋柿のご提供です。ご協賛いただける篤農家さまが次第に増えています。干し柿にしてこどもたちに分けます。一寸時間がかかりますが大切な天然甘味で貴重品です。
山形上山はこの渋柿を上手に干して名産・特産品として全国に販売。地域が総ぐるみで商品開発すると、名品・特産品になる好例です。
八戸も海産物の町、干物の特産品として全国に売り出すは可能。
資源は有限、智恵は無限。
山田様有り難うございました

[PR]
# by jpn-kd | 2018-11-16 15:26 | こどもふれあい食堂
こどもふれあい食堂百軒目標11
こどもふれあい食堂百軒目標11
b0183351_14301062.jpg
b0183351_14303008.jpg
b0183351_14303919.jpg
b0183351_14304796.jpg
農家さまからフードバンクにご支援続々
三沢市の粒ヶ家地様より、フードバンク事業に提供とキャベツをしこたま頂きました。
東京東急田園都市線に二子玉川という駅あり、これをにこたまと若者は呼ぶ。
東京にこたま、三沢の粒ヶ家地様はしこたまです。
早速、こども食堂と母子家庭にお届けです。

[PR]
# by jpn-kd | 2018-11-15 14:30 | こどもふれあい食堂


ブログで行政改革をめざす日本救護団 080-9850-5240
メルマガ-まぐまぐ

メルマガ購読・解除


 

カテゴリ
タグ
以前の記事
記事ランキング
検索
楽天
その他のジャンル
画像一覧