八戸市役所の頭脳、逸材の男、癌になり辞職
八戸市役所の頭脳、逸材の男、癌になり辞職
八戸市役所に40人の逸材がおられる。物事を正確に把握し判断力に優れた人物。
あとは十把一絡げ、その人物が突然辞職。
何の話も聞かされてなく、どうして、なんで、サヨナラの一言もなく去ったのか。
左腕をもぎ取られた思いをしばらく抱いた。
こちらが思うほど、相手は思っていない。これが現実。
癌患者爺ィになって知り得た事がある。
それは必ず形あるものは壊れるということ。
それが、八戸市民病院で余命三ヶ月の宣告。
何をしに、この世に生まれたのかの根源をつきつけられた。
何も考えずに、昨日も元気、今日もなんとか生きてると日々を送りに送った。
馬齢を重ね、市役所は市民に役だっているのかの探求で10年を過ごした。
解決できたこともあるが、いずれも小さなことの積み重ねで、市役所からは厄介者と呼ばれた。
形が消える前に、自身が幼い頃食えない時を過ごし、道ばたのあめ玉を蟻を追い払って食った。回虫が湧いた。
芋俵が配給を待ち野積みになっていた。俵の隙間から手を入れて盗んで食った。どこにいちじくがあり柿がなると頭の中にあり、よその家の物も自分の物だった。
そんな、子ども時代と同じように腹をすかせてる存在を知り、なんとかしなければと思って、今日も市役所を廻る。
そんな折り、声をかけられた、突然姿を消した逸材男だ。
大腸癌になり辞職とのこと、生きていたんだ、良かったと思った。人はこの世にいさえすれば、何かの役に立てる。
優秀な頭脳を市民のために役立ててもらえる。有難かった、嬉しかった。
元気そうで何よりだ。
死ぬまでは生きている。何を考えたかではなく、何をしでかしたかが問われる。
一粒の麦、もし死なずばただ一つにてありなん、死なば多くの実を結ぶべし。
死ぬまでが勝負、互いに残りの時間は見えた。
死に物狂いでやるだけだ。


# by jpn-kd | 2019-01-19 13:37 | 行政ネタ
お寺さま、母子家庭からの嘆きに応えさせて頂きました

お寺さま、母子家庭からの嘆きに応えさせて頂きました

お寺さまは住職というだけあって、一処にとどまり動くことがない。当然お寺さま自体が諸処方々に配給する手段を持たない。

そこでNPO法人沙羅双樹の会が、それを代行させていただいている。

母子家庭から知人を通じて嘆きが来た。

理事長が面談中で癌患者の死に損ない爺ィが嘆きを聞いた。

母子家庭で二人の子育て中、長女が障碍を持たれる。ただでさえシングルマザーで悩みは多い。それに更に負荷がかかっておられる。

それに負けずに生きていかなければならない。

太宰治が言う、「世間とはあなたでしょ」、この方も世間から障碍児を抱えていると後ろ指。

それが苦になり、言葉の端々に「すみません」が出る。

理事長が面談を終え、嘆きを聞き、お寺さまからの菓子、果実、餅などをお渡しした。

その後、「親爺、あの人痩せて手足がカサカサしてたのを見ましたか?」

「いや、気づかなかった」

「世間から苛められ続けたからスミマセンを繰り返す、自分の食べるのを減らして、子供達を養育しておられる、気の毒な話です」

癌患者爺ィは気づかなかった。

理事長はポケットを逆さにしてマネーを絞り出し、肉と米をその日の内に紹介してくださった知人と共に、その家に届けた。

シングルマザーは玄関口で米と肉を持ち泣きながら帰る理事長と知人を見送った。

翌朝、また泣きながら知人に礼の電話があったと言う。

裸になってもNPO法人沙羅双樹の会は生活困窮者を救う。

武士と生まれた悲しさは、狭い道を拡げて通るが、おのが稼業、聞かぬうちはまだしものこと、聞いたからには、庶民の難儀を救うため、裸になっても尽くすのが小川家の精神。

困ったら尋ねてください。電話453344

17ヶ寺のお寺様の篤志はこうして活かされてます。

八戸市内に46ヶ寺が存在。八戸仏教会が団結すれば、もっと多くの母子家庭に幸せを運べます。
# by jpn-kd | 2019-01-18 07:55 | 母子家庭
八戸市立高等看護学院存続の危機
八戸市立高等看護学院存続の危機
看護学校に行きたい高校生がいる
八戸市高等看護学校に問い合わせた。すると、ここは准看護師の免許を持たないと入学できないという。
受験者は何人いたのかと問うた。
50人定員に35人受験、これでは学校経営はできない。
原因はと訊くと准看後学校が八戸市内に一校がなくなったという。
看護師になるには准看護師資格を持たずとも受験できる。
大学、3年制短大、看護学校・養成所(3年制、4年制)がある。
八戸市立高等看護学院は2年制と変則、准看護師しか受験できないのが問題。
八戸市の特殊性を考えず、このまま走れば閉校は間近。
3年生の看護学校にならなければ、高校卒業生を受け入れができない。
問題点を洗い出し、教育制度を改めないと廃校となる。


# by jpn-kd | 2019-01-17 20:19 | 行政ネタ
郷土の誇り、えんぶりがまた来る
郷土の誇り、えんぶりがまた来る
成人式で小泉進次郎氏が言った。
「横須賀を離れて日本に飛び出せ、そうすれば横須賀の良さが判る」
言葉が足らずなのか、放送局のテープカットのせいか、イマイチ判らぬが大体こんな意味を言ったようだ。
八戸市には誇れる祭りが二つある。
夏祭りの山車、冬祭りのえんぶりだ。
小雪の降りかかって見物人が寒さで背中を丸め、そこをえんぶり組がやってくる。
手平がねの音、太鼓の響き、鼻水垂らしてえんぶりの往くのを眺める。
今年も生きて、この響きを聞いた。
これを他都市で聞いたらどんな、心持ちになるだろうか。
あ、えんぶりだ、まさか、ここでえんぶりの囃子が聞ける訳はない、でも、やはりえんぶり囃子だ。
こう思ったら裸足で駆けて、音に近づこうとする。
これが八戸魂だ。
ふるさとは遠きにありて思ふものそして悲しくうたふもの、室生犀星の詩だ。
訃報が来た。東京で一人暮らしをした八戸市の友人が孤独死。誰に見とられることなく死後一週間経過し発見された。友人の手帳に連絡先が書かれ、そして、その通知を受けた。
死ぬときに、えんぶり囃子が聞こえていたろうなあ、工藤というえんぶり囃子の名人だったよ。少なくともオレはそう、信じていたのさ。
えんぶり囃子が小雪の降りかかる寺横町に流れる、間もなく、工藤がこよなく愛し、えんぶり組の属し、太鼓を巧みに叩いた、あの姿が目に浮か。死んだ工藤もあの、ゆかりのえんぶり組の中に混じっていることだろう。
工藤、お前の奮闘したえんぶり組のDVDを市民に見せたくて、八戸市役所の社会教育課に頼んだよ、そしたら結果が来たので、読んでくれ。オレは精一杯努力したけど、今年のえんぶりには役に立たない。勘弁してくれ。お前の訃報にふれ、それでもオレは精一杯やったよ。
小川真様

 えんぶりDVDの活用状況のお問い合わせについてお答えいたします。
 今年度は、2月1日(金)開催予定の「家庭教育研修会」(定員300人)の開始前の時間に、翌日開催の「民俗芸能の夕べ」のPRを兼ねて、えんぶりのDVDを上映し、受講者に視聴していただく予定です。
 また、来年度は、公会堂文化ホールで開催する「市民大学講座」(今年度の同ホールでの受講者数は2,952人)の開始前(開場から講演が始まるまでの1時間の間)に、えんぶりを含む民俗芸能のDVDを上映し、受講者に視聴していただきたいと考えております。
 公民館での上映につきましては、今年度は、公民館講座の内容が既に決定しているため、新規の講座としてのDVD上演は困難ですが、来年度に向けて、講座を企画する公民館主事の研修会(1月16日開催)で、収蔵DVDを紹介する予定です。
 さらに、来年度の公民館におけるDVD上演を促進するため、今年度は、公民館への貸出用として、パソコンに接続できる小型スピーカー1組を購入予定です。
 以上、よろしくお願いいたします。

# by jpn-kd | 2019-01-15 17:11 | 八戸市興隆案
八戸市図書館返却催促せず二年放置
八戸市図書館返却催促せず二年放置
図書館でコピーをすると、いちいちコピー申し出でをする。住所氏名連絡先電話番号を記載させる。
多くの図書館は申し込み不要、八戸市図書館は職員の仕事づくりのためにこれを行う。
書かせた書類を綴り棚に放り投げる。
著作権の問題が発生したときに役立てるという。
過去に一度もそうした問題は発生してない。
仕事のために仕事をする。馬鹿な職員が自分たちの仕事を増やすために、役に立たないことをする。
ただでさえ人数が少なく、土日の図書館は5時で閉館。
休日くらいゆっくり本を見させろ
さて、
地域通貨の話を探した。NHKが発行した本にそれがあり、貸し出しを希望。
なんと、二年前から貸し出したままになっていた。
督促を忘れたためだ
本来の仕事忘れて、コピー申し込み書保管管理など愚にもつかぬことにうつつを抜かすな
図書館職員の本来の仕事は貸し出し。
それも履行できず、図書館職員と言えるのか?
当該本は返却要請したという。
原因は借り人の転居だという。
返却遅延管理不行き届き!

# by jpn-kd | 2019-01-14 13:49 | 行政ネタ


ブログで行政改革をめざす日本救護団 080-9850-5240
メルマガ-まぐまぐ

メルマガ購読・解除


 

カテゴリ
タグ
以前の記事
記事ランキング
検索
楽天
その他のジャンル
画像一覧