タグ:藤川ゆり ( 4 ) タグの人気記事
美人すぎる市議藤川優里を考える4

同12月定例会もダルイ。

23年は藤川二期目、選挙前に東北大地震、

当選二年生議員の藤川、進歩したのは7回目23年9月の経済と畜産の藤川

8回目24年3月は経済と観光、見える部分しかか見てない、得意の老人、こどもはどこへ消えたか、これは藤川のところに情報提供者がいないため、また、藤川も足を運んでいないからの現象だ。

9回目同9月は高齢者特別乗車証について伺います。

 当市では、公共交通が果たす役割は、経営面だけに着目するのではなく、お金でははかれないようなさまざまな価値を生み出しており、そこに着目しながら育て、確保していくという考えのもと、全国的にも厳しい地方の公営バスの維持に努めております。

 維持のための政策、投資先はさまざまありますが、その中でも4億8000万円という巨額な税金を投じている、この高齢者特別乗車証の交付状況とその認識について伺います。

愚脳市長小林、これには答えず。

藤川はこの一般的回答で満足したのか追加質問なし

つまり、聞きかじった話で、市側の支出が正しいのか、それとも高齢者に立って存続が必要かの、自分の立ち位置が明確で無く、ダラダラ質問。議員たる資質に欠ける。

市議は市民の代表、市民目線に立たなければならぬが、藤川にはそれが欠如だ。

10回目25年9月見るべき点なし、市民目線欠如

11回目26年6月は経済の藤川、旗印変えるべき。こんな話だけなら市民はは離散だ。

12回目27年6

伺いますが、改めてマチニワの整備目的、将来のあり方をどのように想定し、その効果をどのようにお考えなのか、お答え願います。

愚脳市長小林、まず1、中心街活性化策についての(1)八戸市美術館の将来のあり方については、お許しをいただきましたので、割愛させていただきます

相手にしてくれない。

13回目27年12月も経済の藤川

14回目28年9月

最後に、花小路整備事業について伺います。

 花小路は三日町と六日町と結ぶみろく横丁と東西に交差することに加え、先月完成したガーデンテラスと今年度後半着工予定のマチニワとも隣接していることから、これらの完成により、その存在感と必要性に加え、未整備な部分も顕在化することになります。

 そこで、花小路整備事業の経緯と現状についてお示し願います。

愚脳市長小林

花小路は、ガーデンテラスの整備計画が具体に動き出したことにより、ヤグラ横町から中央通りまでの通り抜けが可能となる見通しが立ったことから、今後の花小路整備の推進体制が整ったところであります。

三日町にぎわい拠点の花小路部分の整備においては、既に整備を終えているガーデンテラスのデザインと協調させ、統一感が生まれるような整備を行ってまいります

どうした話でもない

15回目29年3

経済の藤川

子供たちに愛と夢を若者には希望をお年寄りには安心をは、そんな発言、質問もなく空念仏の念仏倒れだ。


by jpn-kd | 2017-06-25 00:00 | 行政ネタ
美人すぎる市議藤川優里を考える3

簡単にあしらわれた。若い娘だからと市長も丁寧に応えるが藤川の質問が微細に渡らなあいため総花回答。これもやむなしだ。

3回目は平成21年定例会

次代を担う子どもたちに対するアプローチ手法について伺います。

 当市では、平成16年に定めた八戸市環境基本条例において、環境先進都市をつくり上げることとし、運輸部門においても地球温暖化対策を推進すべきことは言うまでもありません。

 また、八戸市は平成17年に国土交通省のESTモデル事業の地域選定を受け、平成18年度から3年間にわたりさまざまな施策を実施してきたことは記憶に新しいところです。

 当市と同様に平成17年にESTモデル事業の地域選定を受けた神奈川県秦野市では、小学校でのTDM教育を実施しており、報告書によると多くの成果を上げているそうです。環境的に持続可能な社会を目指すには、小学校などの低年齢のときから公共交通の大切さや使い勝手を学ぶ必要があるのではないかと、秦野市の報告書を見て感じたところです。

 そこで質問いたします。次代を担う子どもたちに対して公共交通の重要性や有効性を教育、啓発していく必要があると思いますが、市としての御見解をお伺いいたします。この際、教育委員会としてのお考えもお聞きしたいところではございますが、今回は交通政策の観点から御答弁いただくことで結構でございます。

一年生議員はどうしても情報収集力に乏しいため新聞から得た情報を地方に置き直す作業に追われる

4回目は20年6月定例会はまるでジャッキ、愚脳市長小林を持ち上げる、持ち上げるトントントントンひのの2㌧ほども上げた、市民目線はゼロ

5回目は平成20年12月 定例会-1208-02

みるとこなし、子供、老人、市民目線なしのTVや新聞の受け売り

最後に、保育園の潜在待機児童について伺います。

 先進諸外国に比較すると、日本の子育て関連予算は3分の1から4分の1と言われております。そのような中、厚生労働省では就労と結婚・出産・子育てという二者択一構造を変え、働く意欲を持つすべての人の労働市場参加を実現しつつ、国民の希望する結婚・出産・子育てを可能にするための対応に着手しました。

 社会構造に合わせた多様な保育サービスの充実や、保育所保育方針の施行等の課題を、本格的な少子化に対応するため、制度、政策そして意識改革など、あらゆる観点からの効果的な対策の再構築と実行には、私も大変期待しているところでございます。

 

 そこで伺いますが、当市の潜在的待機児童をどのように把握していらっしゃるのか、対応とその必要性や方策について伺います。

回答 当市におきましては、少子化の影響から、近年、入所児童数が減少傾向に転じまして、定員割れする保育所が増加する状況が見られております。こうした状況も勘案しながら、今後は把握している待機児童の解消にとどまらず、潜在する待機児童が存在することも十分踏まえました上で、適正な定員管理に努めていきたいと考えております。

 以上でございます。

6回目22年6月定例会も独自な切り込みなし、交通政策に興味あるの?


by jpn-kd | 2017-06-22 00:00 | 行政ネタ
美人すぎる市議藤川優里を考える2

市では、ことしのえんぶり前に、八戸の朝市と横丁をPRするため、朝市・横丁マップを作成しました。これが行政らしくないと言えば失礼ですが、なかなかおもしろいもので、先日パンフレットをいただきに伺ったところ、在庫がなくなり、ただいま増刷中ということでした。在庫がないとは、よいのか悪いのか、何とも言いがたいのですが、引き合いがあるということは喜ばしいことであります。

 宿泊型観光地としての魅力を発信するために、八戸ならではの8つの横丁と9つの朝市をセットにしたこのPR戦略は的を射ている。24時間眠らずに遊べる八戸を積極的に発信するべきです。

 聞くところによると、横丁に行くと、いろいろなお店に大手ビール会社とのタイアップによるポスターが張ってあるとのことですが、そのビール会社が八戸市の朝市と横丁をPRするための短冊ポスターを作成してくださったようです。民間を巻き込んだPRを行い、新しいマーケットを開拓するには、今までにない多角的な観光PR戦略が必要であると、この施策に大いに期待するところであります。民間とのタイアップによる多角的な広報宣伝の今後の展開について伺います。

 

簡単にあしらわれた。若い娘だからと市長も丁寧に応えるが藤川の質問が微細に渡らなあいため総花回答。これもやむなしだ。

3回目は平成21年定例会

次代を担う子どもたちに対するアプローチ手法について伺います。

 当市では、平成16年に定めた八戸市環境基本条例において、環境先進都市をつくり上げることとし、運輸部門においても地球温暖化対策を推進すべきことは言うまでもありません。

 また、八戸市は平成17年に国土交通省のESTモデル事業の地域選定を受け、平成18年度から3年間にわたりさまざまな施策を実施してきたことは記憶に新しいところです。

 当市と同様に平成17年にESTモデル事業の地域選定を受けた神奈川県秦野市では、小学校でのTDM教育を実施しており、報告書によると多くの成果を上げているそうです。環境的に持続可能な社会を目指すには、小学校などの低年齢のときから公共交通の大切さや使い勝手を学ぶ必要があるのではないかと、秦野市の報告書を見て感じたところです。

 そこで質問いたします。次代を担う子どもたちに対して公共交通の重要性や有効性を教育、啓発していく必要があると思いますが、市としての御見解をお伺いいたします。この際、教育委員会としてのお考えもお聞きしたいところではございますが、今回は交通政策の観点から御答弁いただくことで結構でございます。
by jpn-kd | 2017-06-20 07:41 | 行政ネタ
美人すぎる市議藤川優里を考える1

藤川は、

子供たちに愛と夢を若者には希望をお年寄りには安心をがHPの念仏タイトル

看板と実際が大きく乖離だ。これを本当に実現しようとしているのか、藤川の議会発言から検証。

思わぬことは口にのぼらない、口から出た言葉だけが、信念、思想を表わす。そして、それをどう実践するかだ。

三浦ひろしという市議がいる。着想は正しい、が、役所のシステムを知らない。

議会で吠えたら、それが実行されるなら誰も苦労しない。計画、立案、それを実行させるには予算のぶんどりが大事だ。

それを担当課がどう、作成し財政と折衝するか、ここにこそ市議の介入する余地がある。復活折衝に持ち込まず、計画実現の重要性を財政に説くからこそ、担当課は元気がでる。

それもせずに議会で質問して満足するな。それは市議として23万市民のためを思っていない。カネの裏打ちのない行政執行などあり得ないのだ。

藤川は若者、年寄りの暮らしやすい生活の実現を標榜、果たしてそれらの発言記録があるのか。

藤川は本会議でしか発言しない。協議会、委員会では人形、面だけ出して黙して帰るだけで、無用の長物。

発言しないから懲役に行く話ではないが。

藤川市議誕生の経緯

藤川は平成19年)4月、父藤川友信(元八戸市議会副議長・自民党津島雄二系)の青森県議会議員選挙における2度目の落選がきっかけとなり、八戸市議会議員選挙の告示5日前に出馬表明。無所属で立候補し、同年422日に、八戸市議会議員選挙史上最高の6962票を獲得し、トップ当選した。

大学卒業後は政治家の秘書になることを考えていたが、父は専業主婦になることを望んでいたという。2003年、父の選挙において、うぐいす嬢を務めた。 200748日、県議会議員選挙での父の落選後、八戸市内の選挙事務所を兼ねた自宅において、支持者に礼を述べると共に「(2週間後に控えた)市議会議員選挙に出たい」と表明した。両親共々反対したが、410日、土下座しての出馬の訴えに父は容認し、その日の夕方、近くの写真店へ選挙ポスター用の写真を撮りに行ったという。

介護予防事業の推進、介護保険料や介護サービスの利用料金の値下げや見直し働くお母さん達のために病児保育の施設を作ることなどを訴える。投票日は雨であったため浮動票の低下を心配し、テレビのない自分の部屋で結果を待ったという。定数36に対し47人が立候補したこの市会議員選挙において2位当選の前沢時広の3665票の倍近い6962票を獲得し、トップ当選した。八戸市議選史上最多得票であり、20歳代の女性候補者というのも八戸市議選では初めてであった。若年層の投票増加により、12年ぶりに投票率が上昇した

投票率向上には投票者に連番の籤を配布

選挙結果発表と同時に籤の当選者に八戸地域商品券を配布

一等300万円

二等200万円

三等100万円

これを選挙費用として活用しろ

この根拠については選管事務局に一年前に伝達

県内他の市町村で実施

同じ事を八戸でできない訳がない

この事項伝達が円滑に委員長の所に届いているのか?

事務局に怠慢はないのか?

それとも知りながら、意見を伝えることを放棄したのか

それは委員長の資質に関わる

必ず返答せよ

さて、1回目は平成19年12月議会初登壇

質問は幾つかするが肝心な事は引き出せなかった。

初手ではこんなもの。特別藤川に欠点があるわけではない。

二回目は平成20年6

当市の観光課職員が作成するブログ、たねブロは、直接足を運び、実際に八戸を楽しんでいることが伝わるブログであり、アンダーグラウンドまでに及ぶその情報の多様性や深さ、表現力も魅力であります。掲載されている写真も、海の幸が目いっぱいに乗った磯ラーメン、そして、スープまで飲み切った器のその気持ちいいこと、ブログは、パンフレット作成、郵送に要するコストを抑えながら効果を発揮できる手段でもあり、市長のブログと並び、注目しているところであります。

 そこで、伺いますが、たねブロ誕生の経緯、現状、今後の展開についてお示し願います。

 次に、民間とのタイアップによるPR方法について伺います。
by jpn-kd | 2017-06-19 07:31 | 行政ネタ


ブログで行政改革をめざす日本救護団 080-9850-5240
メルマガ-まぐまぐ

メルマガ購読・解除


 

カテゴリ
タグ
以前の記事
記事ランキング
検索
楽天
その他のジャンル
画像一覧
累計: 検索エンジン登録
本日: SEO対策
昨日: メール配信

アクセスアップ