タグ:政務活動費 ( 9 ) タグの人気記事
昨年12月最高裁 政調費事務所費は違法 カネ返せ

政調費8100万円返還確定 最高裁、愛知県の上告棄却

 愛知県が県議会3会派に交付した政務調査費(現政務活動費)が車のリース代や事務所の家賃などに使われたのは違法だとして、名古屋市民オンブズマンが各会派に返還させるよう大村秀章知事に求めた訴訟で、最高裁第一小法廷(小池裕裁判長)は、知事側の上告を棄却する決定をした。15日付。交付した全額の約8100万円の返還を各会派に請求するよう知事に命じた二審名古屋高裁判決が確定した。

 市民オンブズマンが問題としたのは、2009年度に自民党、民主党(現・民進党)、公明党の各県議団に交付された政調費のうち、県議82人の事務所の家賃や光熱費、車のリース代。

 14年1月の一審名古屋地裁判決は「調査研究活動と、その他の議員活動の双方に使われており、政調費を充てるのが許されるのは一部」などと指摘。約2800万円分を違法と認定し、各会派に返還請求するよう知事に命じた。

 一方、15年12月の二審判決は「法律が定める調査研究に必要な経費に該当しない。特別の事情が存在したと立証できない限り、政調費としての交付は認められない」と判断。市民オンブズマン側の主張を全面的に認め、知事に命じた返還請求額を、交付した全額の約8100万円とした。

 政調費を巡っては、12年の地方自治法改正で政務活動費に名称が変わり、使途が従来の調査研究に加え「その他の活動」にまで拡大。「その他」の具体的な内容は、各議会が条例などで定めるとしている。

    

 大村知事は「政調費の趣旨を適正に判断したとは言い難い高裁判決が確定したことは誠に遺憾だが、最高裁の最終的な判断として結果を受け止めざるを得ないと考えている」、愛知県議会の鈴木孝昌議長は「誠に遺憾。今後、各会派で政調費の返還に向けた手続きが進められると認識している」とのコメントを出した。

(中日新聞)


[PR]
by jpn-kd | 2017-01-09 20:44 | 行政ネタ
那覇市議政務活動費不適切

富山市議の乱脈な政務活動費の使用
全国各地で同様なことが繰り返される
沖縄那覇にはNHKが目を光らせる
また、熱心な記者がいるんだ

[PR]
by jpn-kd | 2016-10-21 00:18 | 行政ネタ
八戸市議政務活動費はらわたまで見せます

市長小林ハサップで大目玉
会計検査院がカネ返せだ
市議も不正請求すればカネ返せだ
富山市議会はすごい、刑務所に行かなければならない奴らばかり
八戸はグレーがいるね
自民の秋山市議もガソリン代を会派が請求しなくなったので、一枚だけの領収書の手口は使えない
改革・改善大事なことだ
先見の明ある課長にやる気のある係長がつくと変わる
その、好例となったのが議会事務局庶務課だ
栄田課長は市民病院でもカード支払いを導入した立役者
円滑に進行中、世の中は変わるからこそ面白い
すべて、市民のためだ

[PR]
by jpn-kd | 2016-10-17 00:29 | 行政ネタ
富山市議政務活動費着服でごたごた2

市議よりひどいのが県議
兵庫の野々村は裁判に発展、刑事事件にあたる
詐欺、公金横領で刑務所に行かねばならない
まあ、執行猶予もあるが
いずれにしても逮捕覚悟でやる横領だが、わずかなゼニで一生を棒に振る
冷静に考えればゴミみたいなカネ
それが大事だと思う瞬間がある
好事魔多しだ
八戸でも自民秋山市議が領収書一枚で50万円のガソリン代を処理したことがあった
昨今はそんなことは改められたろう
詐欺・公金横領の二字が背中にくっつくのを忘れるな
こうした事例を見るたび、八戸市議会の政務活動費、そろそろ調査するかと心を動かされる
やるか! 八戸も、沖縄県議、那覇市議、鹿児島県議、鹿児島市議と巡業、八戸に戻りやらないのも不義理だ
うん?






[PR]
by jpn-kd | 2016-09-19 05:59 | 行政ネタ
富山市議政務活動費着服でごたごた1


[PR]
by jpn-kd | 2016-09-18 17:58 | 行政ネタ
富山市議政務活動費不正使用で連続辞任

<富山市議会>補選実施へ 新たに自民会派1人辞職願提出へ

毎日新聞 914()1942分配信

欠員が計7人に 政務活動費不正疑惑

 富山市議会(定数40)を巡る政務活動費の不正請求問題で、新たに自民会派(7月時点で28人)の浅名長在エ門市議(65)が14日、領収書偽造による不正を取材に対し認め、議員辞職する意向を明らかにした。既に自民系3人が辞職し民進系2人が辞職願を提出しており、浅名市議が辞職すれば、富山県議に転出した1人を含めて市議会は欠員7となり、補欠選挙が行われる。21日の市議会本会議で辞職が正式決定する。政務活動費の不正を巡る議会の補選は極めて異例。

 浅名市議によると、一昨年と昨年に計2回、市政報告会の茶菓子代と偽って計約4万6000円を会派に不正請求した。白紙領収書は、普段から利用している食料品店からもらって自宅で保管していたもので、金額などは家族に書いてもらったという。浅名市議は「金額の多寡は問題ではない。市民の信頼を裏切ったので辞職する」と述べた。

 14日は民進系会派の民政クラブ(4人)の幹事長、針山常喜(70)と会派会長の高田一郎(69)の両市議も辞職願を議長に出した。2人は2013~15年度、領収書に数字を書き加えたり白紙領収書を偽造したりし、広報誌の印刷代などとして計1292万円を不正請求し約1180万円を得たと説明した。また09年と13年の市議選では、会派の口座にプールしていた不正取得金を選挙資金に充てたという。今も針山市議の口座には500万円以上、高田市議の口座には400万~500万円が残っているという。

 一方、不正を認めた自民会派前会長の中川勇氏(69)=既に辞職=と谷口寿一市議(53)について、市民団体は15日、詐欺容疑で県警に告発する。

 市選挙管理委員会によると、補選は市議会が辞職を認めた翌日から50日以内に行われる。選挙には約1億円の費用がかかる見込みのうえ、来年4月には任期満了による市議選もある。市民からは「不正に税金を受け取っていたうえに補選でさらに金がかかることに、全く納得がいかない」と怒りの声が上がっている。【大東祐紀、久野洋、竹田迅岐、古川宗】


市議の政務活動費の額は少ない、それでもこうした詐欺が行われている。

県議の政務活動費にこそ疑惑満タンだ。

この問題を沖縄県議会、鹿児島と調べたがいずれも黒。

青森県議も調べるべきだが、腰を据えてやらなければならない。

当然、ホテルなどの経費がかかる。八戸市と青森市、近いようでも遠い。

年金暮らしの筆者にはちょいと難しい。青森市内の年金暮らしがやれる立場におられる。

全国の年金暮らしが立ち上がれば、この政務活動費の不正使用は根絶できる。


[PR]
by jpn-kd | 2016-09-17 06:44 | 行政ネタ
堺市の小林由佳市議百条委員会で証言拒否
また地方議員の政務活動費の問題です。問題となっているのは、元タレントで大阪維新の会に所属する女性市議。12日、堺市議会の百条委員会で、300万円近い政務活動費の行方を追及されましたが、数十回にわたって証言を拒否しました。

 午後1時、黒いジャケット姿で現れた堺市の小林由佳市議(38)。質問に答える前に謝罪の言葉を述べました。

 「私の政治家としての未熟さから起こった問題。本当にこのたびは申しわけございませんでした」(大阪・堺市議会 小林由佳議員)

 大阪維新の会所属で現在2期目、かつては関西を中心にタレント活動をしていました。これが問題のチラシ。自身の活動を記したもので、2011年から4年にわたって、毎回7万枚を配布したとしていました。しかし・・・

【去年8月 取材】
 Q.見たことはある?
 「ないです」(堺市民)
 Q.見たことは?
 「ないです」(堺市民)
 Q.1回も?
 「1回もないです」

 チラシを見たことがあるという市民はいませんでした。政務活動費から印刷代などおよそ286万円を支出したとなっていますが、本当に配られたのでしょうか。

【去年8月 取材】
 Q.(チラシは)存在するのか?
 「存在します。ちゃんと領収書もいただいているし、配布報告書もいただいています」(大阪・堺市議会 小林由佳議員)
 Q.誰も見た方がいないが?
 「私はちゃんと活動費を・・・」
 「存在しますから、ちゃんと」

 しかし、この1か月後・・・

 「(弁護士に)調査をしてもらうと、ちゃんと配ってなかったとの報告」(大阪・堺市議会 小林由佳議員)

 配布を委託した業者が精神疾患だったため配っていなかったというのです。小林議員は政務活動費を返還しましたが、堺市の竹山市長は先月、小林議員を詐欺容疑などで刑事告訴しました。

 そして12日の百条委員会。小林議員は、後ろに控える弁護士と頻繁に相談を繰り返しながら質問に答えました。

 「印刷枚数はそれぞれ何枚?どこで印刷されたのか?どのような内容のチラシだったのか?」
 「ご質問に関しましてですが、刑事訴追に関わるおそれのある事項と考えますので、この場での証言を控えさせていただきます」(大阪・堺市議会 小林由佳議員)

 「どのエリア、どの町に配布されたんでしょう?」
 「この場での証言は控えさせていただきます」(大阪・堺市議会 小林由佳議員)

 核心に迫る質問が出ると、この言葉を数十回繰り返しました。これで市民への説明責任を果たしたと言えるのでしょうか。(12日18:12)
[PR]
by jpn-kd | 2016-02-13 00:00
ブログ管理7万円、名刺代36万円…維新・堺市議の政活費返還求め監査請求
堺市の小林由佳議員(大阪維新の会)の政務活動費に不適切な支出があったとして、市内の自営業男性(47)が2日、平成23~26年度分のうち計約1千万円の返還を求めるよう堺市に住民監査請求した。
 男性によると、小林市議は多額の管理費用が不要なブログを使っていたが、月に約8万円をホームページ管理費用として、うち半額程度を政活費から支 出。ほかにも23~25年度の名刺の印刷代を計約36万円としていた点などを列挙し、「多過ぎて全て使ったと考えるのは不自然」としている。
 男性は請求後、「政活費の支出を市民が検証できるように使途を写真付きで情報公開してほしい」と話した。
 小林市議は昨年、市の監査委員から25年度の政活費約247万円分の返還勧告を受け、ことし2月に返還した。小林市議は取材に「ブログの費用は業務委託でかかったものだ。請求内容を精査し、監査結果に従って対応する」と話している。
[PR]
by jpn-kd | 2016-02-06 00:00 | 行政ネタ
元テレビリポーター小林市議の政活費問題 1000万円返還を勧告 堺市の住民監査請求
元テレビリポーターで堺市議会の小林由佳(よしか)議員(37)が政務活動費として計上した議会報告のチラシが、作成・配布され なかった問題にからみ、平成23~26年度のチラシを含む政活費約1千万円の返還を求めていた住民監査請求を、市監査委員が全面的に認め、小林議員に同額 の返還を請求するよう竹山修身市長に勧告した。
■あだ名は“金太郎”…大阪維新の会…架空チラシ、秘書の人件費…
 市監査委員事務局が30日公表した。市は同日、小林議員に請求した。勧告は29日付。小林議員のチラシを見た人がほとんどおらず、ホームページ(HP)作成費が高額であるなどとして市民の一人が9月2日、住民監査請求していた。
 監査結果によると、チラシの作成・配布については、当時秘書だった同市議会の黒瀬大議員(39)を介して業者に依頼していたが、業者は約束通りに業務を行わず、全くしていないことも3~4回あったとしている。
  また、HPの作成・運営費では、見積書の検討もせず黒瀬氏が役員を務める会社と安易に契約、経費の書類も保管されていないと指摘。23、24年度の秘書と しての黒瀬氏の人件費についてもメールのやりとりに実態がほとんどないことから、雇用実態を確認できないと結論づけた。
 小林議員は昨年12月にも、政活費をめぐる住民監査請求で、黒瀬氏を含む人件費約247万円の返還勧告を受けていた。
小林議員は今回、返還請求を受けた政活費のうちチラシ作成・配布を含む約371万円についてはすでに収支報告書を訂正、返還する としているが、残りの額については「弁護士と相談して対応を決めたい」と話した。一方、竹山市長は小林議員に「説明責任を果たしほしい」とする一方で、 「議員として出処進退を明らかにしてほしい」とのコメントを出した。
[PR]
by jpn-kd | 2016-02-05 00:00 | 行政ネタ


ブログで行政改革をめざす日本救護団 080-9850-5240
メルマガ-まぐまぐ

メルマガ購読・解除


 

カテゴリ
タグ
以前の記事
記事ランキング
検索
楽天
その他のジャンル
画像一覧
累計: 検索エンジン登録
本日: SEO対策
昨日: メール配信

アクセスアップ