タグ:全国遊説 ( 32 ) タグの人気記事
福島よつくら港道の駅
海水浴場隣接、利用者多し、直販部門も盛況、野菜魚は直ぐに売り切れ
花火大会もあり混雑に拍車
サーフィンよりもボディーボード向きの波
崩れが早く浜に近いので波に乗り切れない
女っこがボードにつかまりぷかぷか
水温もウエットスーツを着るかどうか迷うほど温かい
八戸の海とは大違い
ここはシャワーも駐車場(海水浴用)も無料のため、人出が多い
八戸の金浜の二十年前のようなもの、あそこは便所も水場もあったが取り壊された
八戸は人を楽しませる工夫にかけている
面白ければ人は寄る
仕掛けが大事だ
野口雨情の記念館は立派だ
作詞家でこれ、八戸は作家の三浦哲郎を見殺しにする地
人も物も大事にせず、大事なのは市役所職員の給料だけか
by jpn-kd | 2010-08-17 09:36
茨城県大子道の駅
お盆の最中、花火大会と盆踊りで満員、そこで仕方なくはなわに移動
途中行政の鑑、福島県矢祭町を通過、ボロ庁舎、経費節減、庁舎が立派でも効率は変わらない。
町会議員も日当制、世の中を良くする、良くしたい人はタダでも働く
住民にとって行政とは?
中世から近世の農民が税を担った時代、それが経済を中止とした税収に改められ、金を稼いだものから取る
さらに消費税のおうな天下の悪法が出て、稼がない人、稼げない人にまで税を押し付けた
これは不届き、貧者はさらに貧し、一揆が起きる要因を作った
老人が増え、余命いくばくもないと知り、日本のために命を投げ出すことに気づけば、一揆は必ず勃発する
富山県で米騒動が起きたように、地方でその火は起きる
増税ない社会保障、それが出来ないと声高に叫ぶのではなく、支出のもとを大幅に減らすことだ
海外援助、借款は返済されたのか、これら対外的なものに眼をやらずに、目先の予算見直しは根本を誤っている
赤字の最大の原因はなにか
政党助成金は本当に必要なのか
矢祭町を通過しながら、日本の現状を考えさせられた
by jpn-kd | 2010-08-15 08:22
福島県道の駅「ならは」
ここにも風呂があるが、塩湯ではあるもののイマイチ
海に近いのでサーファー多し
雨が降り肌寒いほど
お盆の帰京が開始され、これがおさまるまではどうにもならない
天気も悪いので読書、読書
by jpn-kd | 2010-08-14 09:09
宮城県石巻市上品の郷
三十年ぶりに来たら大変わり
高速道路が無料で利用でき、石巻の繁栄ぶりがわかる
新潟も無料の高速道路あり、名古屋へ通ずる国道1号はまるで高速道路、4号もこれにならっているが、せいぜい宇都宮まで、偉い政治家が出ないと無理
この道の駅に住民バスというのが走っている
公共交通の確保のため、全国各地が知恵をしぼる
台風一過で好天を期待したが、涼しい空気を運んできた
これから海岸線を沿って福島、茨城へと走る
台風がいい波をもたらしてくれるはず、タライの水と同じで、一度ゆれるとしばらく続く
ここの風呂は塩湯、結構利いた
お盆のせいか他県ナンバーが多く、満杯状態
この道の駅にはコンビ二もある
田んぼは色づいた
秋はすぐそば
by jpn-kd | 2010-08-13 08:49
象潟
紀元前466年の鳥海山の大規模な山体崩壊によって発生した流れ山が日本海に流れ込み、浅い海と多くの小さな島々が出来上がった。やがて堆積作用の結果、浅海は砂丘によって仕切られて潟湖が出来た。そして小さな島々には松が生い茂り、風光明媚な象潟の地形が出来上がった。東西の長さは20町(約2,180m)、南北の長さは30町(約3,270m)をそれぞれ超える程度であった。
江戸時代までは、九十九島・八十八潟が景勝地となり、「東の松島 西の象潟」と呼ばれ、松尾芭蕉の『奥の細道』(1689年)でも「松島は笑ふが如く、象潟は憾(うら)むが如し」と評され、「象潟や雨に西施がねぶの花」と詠まれた。
しかし1804年の象潟地震で海底が隆起し、陸地化した。その後、干拓事業による水田開発の波に飲まれ、歴史的な景勝地は消されようとしていたが、当時の蚶満寺の住職の呼びかけによって保存運動が高まり、今日に見られる景勝地の姿となった。
現代においても102の小島が水田地帯に点々と残されている。とりわけ田植えの季節になり水が張られると、往年の多島海を髣髴とさせる風景が見られる。象潟郷土資料館では、地震前の象潟の再現模型が展示されている。ウィキペディアより

ここに道の駅、風呂が特筆、入浴料350円、きつい塩湯、日本海一望の風呂、是非とも足をとめる場所。
by jpn-kd | 2010-07-30 08:40
瀬波温泉
新潟県、石油掘削中に油が出ないで湯がでた。元湯は入浴料840円、高いわりに湯が貧弱。行かないことをすすめる。
by jpn-kd | 2010-07-30 08:31
うみてらす名立
新潟県にある。夕日の落ちるのを露天風呂で眺められる。沸かし湯だが、いくつもの湯船があり、入りきれない。ホテルも併設だが、満室。親知らず子知らずの難所を抜け、水平線が空よりも高いところを走る。
冬は厳しいだろう。幾つもの海水浴場を通り、北上を続けるが、暑さも峠を越えた。
日本海側は波もなく、サーフィンには不向き、一度もどり、船とエンジンを下ろし、茨城県大洗にでかける。
車内を一部改装、バッテリーをもう一台追加しなければならない。ここまでで4000キロ走行、八戸に戻ってオイルフイルター交換だ。
これから燕の国上道の駅の風呂に入る。
by jpn-kd | 2010-07-28 16:56
富山黒部宇奈月温泉
ここはおすすめ、公衆浴場350円に入るために駐車場900円。トロッコ列車に乗る人のための駐車場しかない。
周囲は見上げる山、谷あいにへばりついているような町、狭いところに巨大な旅館が駐車場を占有、しかし、湯がいい。うなるほどいい。
高い駐車場に余りある慶、ぜひおすすめの温泉、カランも4つしかないが、山道あえぎながら登り、入浴するだけの価値はある。
by jpn-kd | 2010-07-28 10:59
和倉温泉
能登半島、七尾市、ゼンリンの地図を頼りに行ったが、総湯は取り壊して工事中。こうしたこともある。ゼンリンの確度は高い。付近を聞いてまわり、やっと入浴。海べりのため塩湯、駐車場も、道も大きくゆったり。が。大した湯ではない。まあ、行かないよりは行ったほうがいい程度。
by jpn-kd | 2010-07-27 13:22
富山県なめりかわ道の駅で八戸人と逢う
城下4丁目で全国の郊外型ショッピングセンターで医療器具を販売している藤原さんから声をかけられた。旭ヶ丘が住居とのこと。
北陸が担当で巡回中、八月三日には八戸に帰るとのこと。
八戸人も頑張っておられる。
by jpn-kd | 2010-07-27 07:51


ブログで行政改革をめざす日本救護団 080-9850-5240
メルマガ-まぐまぐ

メルマガ購読・解除


 

カテゴリ
タグ
以前の記事
記事ランキング
検索
楽天
人気ジャンル
画像一覧
累計: 検索エンジン登録
本日: SEO対策
昨日: メール配信

アクセスアップ