タグ:「はっち」 ( 15 ) タグの人気記事
「はっち」の金の流れに不審あり
3月2日に指摘した開館当時のイベント出費に不明・不正・不明朗なる金を見つけ、この正当性を述べよと伝達したが、
「わかりました」
の返答を残し、それっきりにしている
待つのも仕事
しかし、三月も本日で終るが、出費した事実は消すことができない
その、出費に対し吟味もぜずに、相手方に支払うわけもない
役所は支出行為に対しては、支出伺を立て、支出負担行為兼支出命令決議書にもとづき金を出す
当然、課員の印・課長印・そして部長になれない館長の風張氏の印が必要になる
つまり、「日本救護団」が指摘している出費に対しては、最終責任は部長になれない館長の風張氏が責任を負うことになる
と、いうことは、一ヶ月の間、「日本救護団」の追求がなければよい、あの野郎が死ねば助かると思い続けていただろうが、そうは世の中甘くない
待つだけは待ったが、伊達や酔狂で待っているのではない
そちらにも、応分な言い訳があるだろうと待った
しかし、無視するは許されない
いいか
行政文書情報公開は平成11(1999)年5月、「行政機関の保有する情報の公開に関する法律」を制定、役所の仕事内容を知ることができるようになった。
これは、国民の平等に持つ「知る権利」なのだ
それを行使して、かかる金の流れが不明であり、不正である
と、なじられたら、それが正しい支出であることを証明しなければならない
さもなくば、自腹を切ってでも、その金は弁済しなければならない
こんなことは自明の理
役人ばらは最終的には、その覚悟を必要とする
それが、日本人の恥の精神なのだ
腹を切って詫びる
東京電力の社長をつとめた清水氏も、国を傾けるほどの大失態を演じたが、この恥を知らない
死ぬ覚悟であたるから、できないこともできる
「日本救護団」は狭い道を拡げて通るが、己が稼業、たとえ敵の数がどれほどあろうとも、聞かぬうちならまだしものこと、聞いたからには、腕と目釘の続くかぎり、斬って斬って斬りまくり、死人の山を築いてくれんず
相手の言い分は聞く、が、制限時間内にすることだ
それが、行政マンとしての勤めだ
それとも、逃げ切るのが仕事なのか?
部長になれない館長の風張氏に、このことが伝達されていないとも思えぬ
行政文書開示請求が出たら2週間以内に、開示・不開示は決定しなければならない
が、質疑をされ、それに応答しない罰則はないが、これは信義の問題
それとも何か?
「はっち」は八戸市役所の出先機関ではなく、民間企業で開示請求の対象ではないのか?
返答はいかに!
[PR]
by jpn-kd | 2012-03-30 09:00
「はっち」年間入出館者数は図書館利用者より少ない
2月(2/11~) 91,916人
3月 69,461人
4月 60,712人
5月 67,534人
6月 57,323人
7月 89,820人
8月 96,165人
9月 61,492人
10月 72,919人
11月 67,508人
12月 64,911人
1月 66,725人

計866,486人
このような数字を「はっち」は出してきた
疑問なのは8月
三社大祭があってもこれ、7月が9万、その一割しか祭りでも伸びない
数字の捉え方に疑問
また、出入りの数がこれだから、半分が利用者数
つまり、86万の出入りは43万の利用者といえる
年間43万人の利用者数は八戸の図書館利用者よりも少ない
22年度
八戸図書館利用者47万人
南郷図書館    9万人
八戸駅前図書情報 9万人
合計      65万人
年間を通じてみると、三日町の好立地にありながら、八戸図書館よりも利用者が少ないは問題がある
また、祭りの時期に集客があるとも思えない
単年度だけでは、正確なところはわからぬが、中心商店街に人があつまらないことが、最大の理由であろう
それでも、年間43万人の利用があることから、市民密着型の建物にできさえすれば、いくらかなりとも、中心市街地衰退の歯止めとなるやも
[PR]
by jpn-kd | 2012-02-09 08:24
雨が降ったら八戸市営バス
10月1日「はっち」の徹底討論に参加
一時間経っても胸ぐらつかんだ話に入らず、馬鹿馬鹿しくなり退去
市営バスでの帰路、あいにくの雨
ところがバス内にビニール傘が何本か置いてある
降りがけに、それを借りた
昨年の今頃、市営バスの料金回収作業を調査
そのときに忘れ物の山
傘が多く、それを貸し出せと提言
それが実行に移されたようで、どのバスに乗っても数本の傘あり
さて、これの回収
「はっち」に貸し傘回収コーナーを設置しそこに返す
同様に、雨が降ったらはっちに駆け込み
ただで傘を借りる
傘にははっちと大書
宣伝にもなろう
もともと忘れ物の傘の有効利用
これで、にわか雨からは安心・安全の八戸
[PR]
by jpn-kd | 2011-10-03 08:12
「はっち」で徹底討論不徹底2
ロバート・ワイズっていう製作家がいた。監督もやる多彩な人
これがジェローム・ロビンズと組んで「ウエストサイド物語」を作った
これでアカデミー監督賞(オスカー)を得た
これが1961年、これで踊りに歌に目覚め『サウンド・オブ・ミュージック』で1965に再びオスカー
ロバートは歌や踊りとは無縁の作品を手がけていた
「市民ケーン」八百長ボクシングの「罠」などで社会派だ
それがジェローム・ロビンズとめぐり合って一代の傑作「ウエストサイド物語」を生む
世の中は実に不思議な道場
知らぬ世界を囁いてくれる人と巡り会うと人生が拓ける
「はっち」での討論会も同じ
知らぬ世界の人の目に、我々の居住する八戸がどのように映っているのか
その人たちが我々の気づかなかった宝を教えてくれる
これがまれびと
まれびとを尊崇する気風は昔からある
七福神もまさにそれ
人は人によって鍛えられ人によって伸びる
自分をひけらかすのではなく、他の者に我々がどのように映っているのかを聞くところに伸びる要素あり
聞く、訊く、質問をしたおす、ここにこそ伸びようとする根源がある
[PR]
by jpn-kd | 2011-10-02 10:24
「はっち」で徹底討論の不徹底
10月1日(土曜日)17時から開催
予定入場者数55
開始時入場者25
半数がサクラ(市役所関係者)
推して知るべし
小中野出身者で現在東京勤務などのパネリストもいて、凋落した八戸がどのように写っているのかを聞いてみたい
忘れている八戸の宝を気づかせるような発言を期待
ところが、音響が悪い、プラスチックの椅子が尻に痛い、パネリストの自慢話で一時間が経過
映画は2時間で完結
面白くない映画は開始の10分でわかる
座談会形式はだらだらでは眠くなる
ばかばかしいので一時間で退席
長い時間を走ればいいのではない
胸ぐらつかんで、こんな見方・考え方があるを提言するべき
こんな話じゃ人は寄らない
行かないほうが良い好例
せんべい汁の木村氏が企画だけに興味あったが、汁だけに煮込みが足らない
シルかくそといわれぬように運びに苦心が必要

b0183351_19365165.jpg

[PR]
by jpn-kd | 2011-10-01 19:26
「はっち」で徹底討論
面白い企画
50万人が来たという「はっち」
今後の利用方法を考えるもとになるのか
観光とは何かを考える好機
「日本救護団」も参加する
[PR]
by jpn-kd | 2011-09-30 08:21
「はっち」をよってたかってダメにする連中3
デーリー東北新聞の記事から、「はっち」の建設費総額40億円が判明
当初、この建物建設には29億円を予定していなかったのか
それが次第に膨れ上がった
建設明細は
調査設計費(基本設計、実施設計等)  274百万円

用地購入費  604百万円

建物移転等補償費  180百万円

本体建設費  3,039百万円

付帯工事(番町スクエア工事費等) 47百万円

事務費  23百万円

計 4,167百万円
用地買収にともなう補償費2億円弱、隣接する裏の用地買収など余計な金が出た
次々と予算を投入し莫大な資金を消費し、ようよう建ったが風張館長が言った維持費が倍にも膨れ上がった責任は誰がとるのか
およそ42億円かけて、中心市街地に人々を呼び込む構想は、期待と現実はかけはなれている
「はっち」完成し半年、人通りは増えてはいない
イベントは活性化の原動力にはならない
やはり、若者の購買意欲を掻き立てるような品揃え、若者が安心して働ける町づくりこそが必要
中心市街地の駐車場を無料にすれば、人通りは戻ると盲信する商工業者
これらの心を安定するべく、駐車場無料化、それも市役所が負担し一年でも半年でもやってみることだ
しかし、その時機は失した
イトーヨーカドーが中心市街地を棄てて出ていく前にこそするべきで、今更遅い
結句、市長の小林の野心を満足するだけの施設でしかないのが「はっち」
八戸はやる気がなく日和見主義の市役所職員と、市長の小林の無策により滅亡する
「はっち」は観光交流施設というよりか、お荷物でしかない
膨大な維持管理費を使い続ける施設は本当に維持できるのか
税収が不足する時代、官主導で景気が回復するものなのだろうか
「はっち」はBeFmの放送料ひとつとっても。無駄な金を消費している
広報も同じだ
庶民感覚、無駄銭を使わないという金銭感覚がゼロ
メカケ商工会議所に補助金を500万も出していた
自立できる者に補助はいらない
この金額もようよう減少させた
必要な物は仕方がない、不要なものに金は出すな
三年前に調べたが補助金の半分は不要だった
出銭を惜しみ、必要なところに投入するのが基本
基本忘れて目先のことに振りまわされるな
「はっち」も無駄銭を惜しむ精神忘れれば荒廃の二字が待つ
心せよ、後世にあんなバカな物を建てたおかげで、八戸が衰亡したと言われる記念碑にするな
時代は変る、変る時代に変わらぬ役人根性
それが後世の物笑い、語り草にならぬよう、心せよ、出銭を惜しむ精神こそ必要なことを
[PR]
by jpn-kd | 2011-09-07 08:16
「はっち」をよってたかってダメにする連中2
○はっち 用地費  建築本体側  約 478,000千円
「はっち」を建てるべく八戸市は関重などの商店跡地を買い上げた
その金額が4億8千万円
社会主義国家でもあるまいに、中心市街地活性化と銘打って市有地とした
これもどう考えても利口が足らない
しかし、市長の小林はこれを敢行
それなりの目論見があたのだろう
充分な思考もなくおっぱじめたから、観光交流センターとした
ここでは物販をしないと明言
ところが風張課長が担当となったあたりから、様相が一変
皆様のご意見を聞きながらと、他人任せな表現となり、物販店を入れた
近隣店舗との競合をあえて行うことになった
これが第一の変節
建設費高騰のため設計変更
工事額は 本体建設費 3,038,700千円
30億円を超した
当初は25億円程度を標榜
これが第二の変節
第三は隣接する裏の土地を購入、これは平成21年
その金額は番町スクエア 約 125,000千円 
1億3千万円
物資搬入のため必要と変節
実は他に重要な意味もあるが、ここでは触れない
第四は維持管理運営費の変節
風張館長は2010年11月8日のデーリー東北新聞に、「節約の努力はするが、せっかく税金が使われるのだから、市民が自分たちの施設として思い切り活用してほしい」と語る。
ここでははっちの総事業費は、建設費や土地購入費、建物の移転補償費など合わせて約42億円。市が中心街再生の重要施策に位置付ける大型プロジェクトだ。施設規模も大きいため、開館後の維持管理費は年間で約1億2千万円が見込まれる。
このように記されているが、現実は維持管理に2億8千万円かかっている
これは大きな変節漢
市長の小林は変節漢、館長の風張氏は女史だけに変節者
これらが平気な顔で運営にあたるは片腹痛い
市民の税金を何と心得る
ここにおられるは、さきの副将軍水戸光圀公におわしますぞ
一同頭が高い、控え、控えッは黄門様、八戸に水戸黄門は来ないのかね
[PR]
by jpn-kd | 2011-09-06 09:40
「はっち」をよってたかってダメにする連中1
b0183351_1121837.jpg
「はっち」がBeFmへ払いすぎ
八戸市が飛びもしないFm電波のBeFmに余計な金を支払った
この金の返還請求をするべき
倒産必至のBeFmは最後のあがきをみせ、行政にすりよった
もともと、この会社は地域携帯電話会社
ところがこの電波は誰でも傍聴でき、中里市長が支持者から役所への就職斡旋をたのまれた会話が傍受され、これをツキキン社長が中里へ洩らし、以来地域携帯電話を八戸市役所は使わなくなった
これで窮したが、時代の波で携帯会社が合併の機運、それに乗り本社を郵政省の斡旋で売却
「日本救護団」が計画したFm放送をよこどり、赤字続きで市役所が投入した千万円の税金を原資で100万円にした
市民の税金を踏み倒した
開局以来10年、泣かず飛ばずで赤字累積、そこで広報に泣きついて放送活用を願う
ところが市役所の屋根につけたアンテナでは小中野でも聞こえないところあり
そんな電界強度の弱い放送は役に立たないと噛み付き、この放送料を見直しさせた
結句、五分放送を10500円
これはBeの言い値の放送料金表
いわゆるスポット料金
継続して放送依頼をすれば、大体6割が相場
ところが広報はこれを値引き交渉もなしに契約
これも見直しが必要
料金を低減できなければ放送回数を増やさせるなどの交渉をすべき
これを忘れていいなりは愚かだ
それとも、裏取引でもあるのか?
どこを衝かれても言い逃れ、言い訳の出来るようにするのが仕事だ
「はっち」の一階に薄暗い部屋あり
それが放送室、ここに時折薄汚れた服装の人間がはいりこみ、適当に時間つぶし
それはわずかな時間、大抵はブラックボックス
薄汚れた人間たちを薄くらい部屋に入れ込むな
暗くしておくようなら他の使い道を考察しろ
そこで先刻のBeに放送をさせる
その放送料金に違いがある
○放送事業積算
    ◇BeFM公表単価
      生放送5分単価15,750(税込み)÷1.05=15,000円 ①
      生放送以外5分単価10,500円(税込み)÷1.05=10,000円 ②

    ◇週あたり放送時間 生放送5分、生放送以外5分×7回 計40分とし、
     1分あたりの放送単価を積算
     @15,000円(①)×1回+@10,000(②)×7回=85,000円
      85,000円÷40分=2,125円⇒端数切り捨て 1分当り放送単価 @2,100円

    ◇設計額 @2,100円×40分/週×35週(8月~3月)×1.05=3,087,000円
    
                               八戸ポータルミュージアム 前田
5分で10500円のほかに1万円の色を着けた
色づきはじめた年でもあるまいに、色気を出すな
市役所に二通りの計算方式があるのも妙
継続利用は割引あり
四割削減交渉を開始しろ
「はっち」と広報の2課が連携し市民が納得する料金を支払え
それが出来ないなら放送依頼を中止
支払った金額返還は望まないが、変な支出は監査の対象
下半期は正しい料金にて支払うよう交渉せよ
[PR]
by jpn-kd | 2011-09-05 11:02
伊調選手の郷土愛
日経新聞が伝えた。連覇した北京五輪後、一度は引退を口にした。その後、男子選手との稽古を通じて攻め一徹の面白さを知ったといい、今はレスリングが楽しくて仕方がないという。実家は青森県八戸市。震災後、所属企業の募金活動に務めたが、「故郷のために何もできなかった。この試合のために帰れなかったのだとわかってほしい」。後ろ髪を引かれつつ、里帰りはアジア選手権(19日開幕)の後と決めている。
名古屋の高校へ行くとき、市長は中里氏、八戸市スポーツ功労者で表彰されたときはあどけなさの残る普通の女の子、それが世界の伊調選手に育った。郷土の誇りだ。「はっち」に伊調選手の金メダルを飾る部屋をつくれ。金メダイは見たことがあるが、金メダルは見たことが無い。誰も見たことがないものは勿論宝だが、伊調姉妹の郷土八戸への思い入れも宝だ。人は宝でその有難さに気がつかなければいけない。
伊調選手に教えられ、背中を押されて我々も八戸のために微力を尽くそう。
[PR]
by jpn-kd | 2011-05-03 09:10


ブログで行政改革をめざす日本救護団 080-9850-5240
メルマガ-まぐまぐ

メルマガ購読・解除


 

カテゴリ
タグ
以前の記事
記事ランキング
検索
楽天
その他のジャンル
画像一覧
累計: 検索エンジン登録
本日: SEO対策
昨日: メール配信

アクセスアップ