余命いよいよ30日だ、さあ殺せ、言いたいことを言い放って死ぬ
二至二分四節で一年が定まり、悲喜こもごもの歳が暮れる。
そんな歳月を海音寺潮五郎が司馬遼太郎との対談で見事に評した。
「もう、ぼくの人生という財布には大きな額のお札が入っていない。小さな紙幣しか残っていないんだ」
大きな紙幣は一万円札、これは十年単位、千円は一年だろうと思え、我々はすでに六枚の万札を使い果たし、七枚目の万札を千円に崩した。
七十の節目を越えたとき、この対談を思い出した。
私の父親は79で死んだ。私もそこまでは行けないような気がしていた。
3枚目の千円札を使い、四枚目が小銭になったとき、父親と同じように胃がんを宣告された。
来たなと思った。やりたいことをやり通した人生、今更延命も望まない。
人間は一度は死ぬ、
二度死んだ奴を見たことない。
常々そう思っていたので、わりとサバサバしている。
ところが家族が騒ぎ出した。
胃を切除し、肝臓の転移部分も切除すると沖縄の日赤に告げられ、余命90日、那覇で切除しますか?
そこで八戸市民病院に転院、ひな祭りも過ぎていた。
ところが市民病院では切除しない、あなたの場合は切除しても助からないので、外科としてはお役に立てません。
内科がこういった。すると、放射線か抗がん剤になります。市民病院には放射線専門の医者が辞めたのでできません。
抗がん剤もAの薬なら、A。Bの薬ならBを投与しますが、AとBを混合投与となると出来ません、
癌専門の病院でセカンドオピニオンを聞いてきてください、そうすれば薬が決まりますので八戸市民病院でも治療ができます。
妙なことを言う医者だ。
あきれて国立ガン研究センター東病院に転院した。
やはりA・Bの薬を使った。
海音寺が言う少額紙幣の四枚目を崩した。すると余命90日は250円のコインだ。
そのコインも余命45日となったので125円になった。駅の自販機で暖かいお茶を飲もうと値段を見た。130円
もうお茶も買えないと思ったら、可笑しくて、駅のホーム柵に捕まって笑った。
さあ、殺せだ。
余命30日は83円でしかない。何でも数字に置き換えると良く判るもんだ。
愚脳部下殺し市長に殺されるな、奴は人を殺してでも栄達を望む根性の腐った奴なのだ。
死ぬとき、三人まで道連れに出来るのを知ってるか?
死人の四人連れという
死ぬ奴が一人、そいつが呪う奴を三人まで道連れにするというもの
何人も見たな、
そのようにして、昨日まで元気だった奴がころりと死ぬのを


# by jpn-kd | 2017-05-12 00:00 | 八戸市長小林部下殺し
八戸市職員企画力不足、愚脳市長小林はただ無駄飯を食い、職員は汗を流さない2
課の職員はなるべく面倒なことはしたくない。
ヒキガエルと同じで困難な石は避けて通る
青森県が産んだ文学界の偉人、八戸の三浦哲朗より100倍も偉大だ。
その男が、名著「人間失格」の中で言っている。

「してその翌日(あくるひ)も同じ事を繰返して、
昨日(きのう)に異(かわ)らぬ慣例(しきたり)に従えばよい。
即ち荒っぽい大きな歓楽(よろこび)を避(よ)けてさえいれば、
自然また大きな悲哀(かなしみ)もやって来(こ)ないのだ。
ゆくてを塞(ふさ)ぐ邪魔な石を
蟾蜍(ひきがえる)は廻って通る。
上田敏訳のギイ・シャルル・クロオとかいうひとの、こんな詩句を見つけた時、自分はひとりで顔を燃えるくらいに赤くしました。」

肝心なのは、太宰は顔を赤らめた
ところが行政の職員はそれを喜びとし、何もしないことが徳であるとすら思い込んでいる。
また、係長がやる気でいても課長が首を縦に振らない
やる気を削ぐ課長の実名を10指に余る数を指摘できる
それが、本当に八戸23万市民のためになるのか?
かつて、東洋一の高速弾丸鉄道あじあ号
この満鉄職員が絶えず言い合ったのが「それが本当に日本のためになるのか?」
こう言い合うことで日本のためを思い行動した。
八戸市役所職員も言い合え
「それが本当に八戸市民のためになるのか?」
こう言い合い、汗を流せ、
市長が愚脳で部下殺しなら、職員がやる気を出さずに八戸市民は幸福の青い鳥を得られるのか?
降伏を願いたいのは愚脳市長小林だけだ
まだまだ、やることがある、
そしてそれは毎年津波のように襲う、
大なり小なりの形を変えて
もう余命30日を切った、体調はすこぶる悪い
が、真実は叫ばなければならない
目の黒い間は叫び続ける
市役所職員だからこそ、ダイナミックな変革ができる
その原資は税
税は富の再分配だ


# by jpn-kd | 2017-05-11 00:00 | 行政ネタ
八戸市職員企画力不足、愚脳市長小林はただ無駄飯を食い、職員は汗を流さない
南郷の道の駅は農産品で年間1億8千万円を売り上げる
これを黙って見逃しているのが、八戸市の部下殺し市長小林
水産品は農産品より高額
ゆりのき通りのまつりんぐ広場を八戸道の駅にする
施設を改良し、これを民間委託する
つまり、南郷と同じやりかただ
八戸の観光の目玉は陸奥湊の魚菜市場、これは八戸市立だ
ここは戦争未亡人たちのために作られた
往時は150の店が入った
食料品店がスーパーに淘汰され、陸奥湊は活気を失った
官営の魚菜市場に今は30店しか入っていない
売り上げが上がらないからだ
売り上げ衰退は構造的なもの
その店が今、幾ら売り上げているのか、撤退しないためには官は家賃だけとらずに、共に存続の智恵を出すべき
ところが、家賃1100万円をむしるだけだ
店子があえいでいる
病気の巣を除去し楽にしてやるの気が水産事務所にない
どうして、そんなことが断言できるか?
店子の売り上げを把握していない
それでは、倒れた者を遠巻きにして救急車の来るのを待つだけだ
昨今はAEDがある
適切な処置をすれば助かる
陸奥湊の再開発が叫ばれ、調査予算がついた
ただ、再開発を願っても成就しない
そもそも、あの地が存続できるには、あの地域全体の売り上げが幾らで、損益分岐点は幾らなのか
これをたたき出さなければ、再開発は念仏に終る
八戸市役所職員は金魚鉢の金魚だ
他の世界を知らない
町を存続させるには活気ある町にするべき
それは、カネを動かす仕組みを作ることだ
愚脳市長部下殺しは小林総務省あがり、八戸を文化の町にしたため、衰退し中心商店街は閑古鳥
水産八戸の新生の鍵は、道の駅の出現だ
そこに、陸奥湊が移転するもよし、働き者の湊のかっちゃが出るもよし
仕掛けだ、ダイナミックの仕掛けこそが、町を活性化する
愚脳部下殺し市長小林の代わりに町中活性化を提唱する新市長の登場を待とう


# by jpn-kd | 2017-05-10 06:12 | 行政ネタ
シリーズ 過労死 八戸市長小林が部下を殺した場合16
保健所担当のGL中村氏が過労自殺したのは、八戸市役所が抱える根源的な問題。
市役所職員は他の職場経験者が少なく、今執行している体制に対する批判力が欠如
これが仕事の効率化を妨げている
GLが自殺するケースが多いのは、仕事に配備する人員の根源的間違いによる
従来はGLは仕事を持たない
部下に仕事を割り振り、その進捗を眺め、遅滞する場合に適切な助言
これが、八戸市のやり方だったが、愚脳市長小林が市役所に入りこむあたりから、GLも仕事を抱えるようになった
全体を見回す役が自分の仕事に追われれば、部下の仕事もこなさなければならず、困惑の度合いは増す
前回披瀝したが、残業ゼロは可能だ
デッドライン(最終処理完遂日)をにらみながら、この残業は今日するべきかを決定する
日限があるなら、急いで今日残業はしなくていい
残業の必要性を認識するところから始まる
八戸市は担当課長に残業許可を得る
これを時間外勤務命令簿という
デッドラインを決め、その進捗状態をGLが把握し、それを課長が諾否を決める
4億3千万の残業をゼロにする
それには外注方法を積極的にとることだ
4億3千万を民間にながせば、八戸は活性化する
仕事のない人に仕事を与えることだ
収納課は電話督促員を抱える
これは民間だ
同様に、徴収業務も八戸サザビー会社を設立し、そこに委託することだ
市役所職員しか出来ないことは企画立案
その計画遂行は民間委託だ
ルーチンワークは形式を職員が決め、その管理をすればいい
さすれば、市長小林に殺されなくともすむ
愚脳市長小林は44歳の女財政部長と同じで部下殺しなのだ

# by jpn-kd | 2017-05-09 00:00 | 八戸市長小林部下殺し
平成28年度 市の施設の入館者数 解説8
水産科学館マリエントは管理者がやる気をなくして入館者数激減
これに対して増加の一途をたどるのが児童科学館
ところが、これを指導する教育センターが利口じゃない
世の中何が大事かが教育委員会に理解力がない
伊藤教育長は歴代でも何でも見てやろう、やってやろうの精神横溢
ところが、手足になる教育委員会の職員がその気を出さない
こうした職員を税金泥棒という
小川 真 様


問い合わせの児童科学館入館者数について、回答します。

平成24年度  62,554人
平成25年度  69,717人
平成26年度  78,638人
平成27年度  98,026人
平成28年度  99,726人

以上、よろしくお願いいたします。


 八戸市総合教育センター 島浦 靖
間もなく10万人の大台に乗る
これは管理者三八五の力だ
八戸市役所職員2000人、三八五も二千人の職員を有する
市役所の企画立案、これは職員が行え
手足として働く者は民間に業務委託せよ、これが行政の効率化だ
市役所職員年間給与800万、民間はその半分400で動く
官のできることは官で、民の出来る事は民間委託をすればいい
税金の有効利用だ
この、児童科学館でさんすう博士を誕生させようと提唱
いかにやるかだけだが、教育センターが難色
そうした所ではないが反対理由だ
地域が求めるものは何か
根源的な問題だ
世の中は人・物・カネの三つで構成される
大事なのは人
その教育に税を投入する
税は富の再分配だ
地域で優秀な子弟を育てることこそ緊急な問題だ
ために、伊藤教育長は給付制奨学金制度を拡充だ
一番ケツのカネなくして教育が受けられないのを絶滅したいの現われ
日本はリビアより遅れているのか?
カダフィは希望する者は大学まで無償で行ける国にした
失業し家のない人には家を無償提供した
それでも殺された
それはロスチャイルドが支配してきた国家へのカネの貸し付けが崩壊するからだ
結句、それを阻止するために殺した
カダフィが存在することは西欧が築いたカネによる国家支配が意味をなさなくなるから
まあ、これを詳しく解説するには紙幅が不足だ
伊藤教育長も、うすうすカダフィの策を知っているのだろう
では
給付型の奨学金制度は単独八戸では財源不足、返還型奨学金制度の拡充は保証協会居を駆使すればいい
八戸市は毎年保証協会にカネをくれている
それは八戸市民が暮らしていくために必要だからだ
ここに行き茨島GLが交渉、高校生の奨学金の保証を願うと
保証協会は商売、事業ではないからダメ
そのまま、キャンキャンとGLは帰ってきた
勉強は学業というよな、
学業は事業とどこが違う?
もう一度交渉しろと迫った
人は宝だ
宝を育てるために親は辛苦する
その子が世の中を堂々と渡り、次の優秀な世代を育てるために頑張る
今を生きる者の使命は、我はこれほどのことしか出来なかった。
次代を担う若者は年寄りの築いたものを踏み台としてのし上がれ
それが、年寄りの仕事なのだ
行政が立案し、民間がそれを支える
児童科学館がいい例だ
マリエントが悪い例だ

# by jpn-kd | 2017-05-08 00:00 | 行政ネタ


ブログで行政改革をめざす日本救護団 080-9850-5240
メルマガ-まぐまぐ

メルマガ購読・解除


 

カテゴリ
タグ
以前の記事
記事ランキング
検索
楽天
その他のジャンル
画像一覧
累計: 検索エンジン登録
本日: SEO対策
昨日: メール配信

アクセスアップ