八戸市営ペット霊園に空き巣

◎大久保 清掃事務所長 それでは、八戸市動物死体焼却場事務室への進入窃盗、いわゆる空き巣について御報告申し上げます。
 本件は、鍵をかけていた事務室から現金が盗まれたものでございます。
 1、発生日時でございますが、平成27年5月27日水曜日の動物死体焼却場の業務が終了した午後8時ごろから翌日28日の業務を開始する午前8時までの間に発生したものと思われます。
 2、被害施設所在地でございますが、八戸市大字鮫町字大草離3-14地内でございます。通称ワンニャン斎苑と申しますが、その敷地内にあります事務室が被害を受けたものでございます。
 3、管理業務受託者でございますが、特定随意契約によりまして、公益社団法人八戸市シルバー人材センターが管理を行っております。
 4、経緯でございますが、5月28日木曜日の午前8時15分ごろに、動物死体焼却場の現場担当者から清掃事務所に、事務室が空き巣に入られ、警察に通報したとの連絡があり、清掃事務所の職員が急行いたしました。
 8時45分ごろ、職員が現地に到着いたしましたが、既に警察による捜査中のため、事務室内への立ち入りができず、外で待機していまして、午後2時ごろ現場検証終了後に事務室に入り、事務所内を確認した次第でございます。
 5、被害についてでございますが、27日に徴収しました動物死体処理手数料7700円、内訳は市民の持ち込みによる手数料1体当たり2050円が2件、収集による3600円が1件、計3件、ここが公金部分でございます。
 それと八戸市シルバー人材センターがつり銭として用意しておりました3万5000円が被害に遭ったものでございます。
 事務室内の物品及び書類等については、被害がないことを確認してございます。
 6、今後の対応についてでございますが、手数料につきましては、当事務所内で保管しないことを原則といたしまして、業務終了後、毎日銀行の夜間金庫で保管することを検討いたしております。


# by jpn-kd | 2017-07-10 00:10 | 行政ネタ
人非人と呼ばれた都市整備部長後村15

こんな馬鹿しか部長にならないから、本質の摘除に本腰が入らない。

黙って応分に支払うのが当然だと、多くの市民は従順に支払う。

ところが2000万円も毎年不納欠損で、市の収入がなされない。

それを摘発し徴収するのが下水の仕事だ。

佐藤はそれを放擲した。わずか滞納者は125件、それを足で稼ぎ、納付を促す、こんなことは佐藤、お前が自分の足でもできる話だ。それをせずとも業者を使え、これが小川の鉄則だが、佐藤が陰険、邪険な物言いをするなら、お前が働け、汗を流すんだ。

後村は人非人、こやつとは共に天を頂きたくないやつばら、こんな奴は地獄に落ちろ。佐藤は汗を流し、23万市民が納得する働きを示せ、尻が椅子に貼り着いているのか? 

自分の車を運転するのか、公用車を使うのかは別として部長職で給料があがった分、市民のために働け。

教育委員会と異なり、下水は働きが見える、まして、滞納整理だ。佐藤が作表する125件がどのように整理ができ、幾ら徴収してくるかが楽しみだ。まだ7月、KKSになど頼まずとも、お前らが働け

KKSに発注すると小川に利益があるなら、これを勧めるが、出さなくともいい。小川はKKSのセールスでもなく、また一円のカネも貰ったことがない。佐藤が貰う給料は市民の税金だ。応分に働け、不公平を除去しろ。できないのに部長面をするな。馬鹿野郎。


# by jpn-kd | 2017-07-10 00:00 | 行政ネタ
町の噂 マリエント食堂経営者出て行く

指定管理業者の悪判断でゴタゴタした食堂、継続して経営ができると勝手な判断でゴネたが、到頭4月に営業を中止、7月3日に撤退同意書類を作成。

新規に食堂経営者を求めるが、これは指定管理業者の吉井館長が悪判断をした咎めで市役所を巻き込んでの裁判沙汰。

これをやられると、法廷に毎回職員を派遣し記録を作成、ために二人がかりとなる。なんで指定管理業者のために我々職員が苦労しなければならないのと嘆きも当然だ。

30年度は指定管理業者入れ替え、こうした行政に迷惑をかける団体は弾かれる。館長の吉井は身から出た錆、従業員は失職するぞ。

ここらが、悩ましいところだ。従業員をそのまま受け入れてくれ、指定管理業務を遂行してくれる新規業者が出るといいが、望むべくもないか。


# by jpn-kd | 2017-07-09 08:42 | 行政ネタ
人非人と呼ばれた都市整備部長後村14

建設部長の竹洞が失敗し予算が余っている。その額700万円だ。

これについては竹洞糾弾の稿を別に予定しているので、詳細は明かさない。

この中から200万円を当てると説明。すると、勝ち誇ったように、財政は不要額を他に転用することを認めていないと言う。

他に転用できないという法律・条令があるなら出せ、そんなもの見たことがない。

つまり、佐藤は適当に聞きかじったか、捏造したことを誇らしげに言っているだけだ。

寝言は寝てから言え。

結句、今年度は下水未納者はまたも逃れ、2000万円の税は取れなかったと処理される。

徴収するべく努力するなら分かるが、取る行動も起こさず、取れなかったは嘘、取らなかった正しい。

こうした滞納整理を実施しない下水にこそ問題があるが、目つき陰険、性格邪険、他人の失敗に快哉をあげ、我が身の失敗は棚にあげ、しきりに栄達を願う亡者もかくやと思わせる佐藤、後村の失敗は得たり賢し、そんなものに手は貸さぬ、苦労は後村、お前がしろ、撒いた種は自分で苅れとばかりに竹洞が開けた不要予算、他に転用は当然、丹前、浴衣と同じで着込むことは誰でもできるが、佐藤はそれを拒否だ。

もとより、佐藤に貸しはあっても借りはない。だからこそ、こやつも返り討ちだ。
# by jpn-kd | 2017-07-09 00:00 | 行政ネタ
人非人と呼ばれた都市整備部長後村13

200万円の補正を願うように言うが補正ですか?と奥歯に物がはさまった言い方だ。

佐藤はやらないと当初より踏んでいるが、後村攻撃の材料固めでのダメもとの確認だ。

小川 真 様

  ホームページからお問い合わせのありました件につきまして、次のとおり回答いたします。
  ご指摘のありました収納業務委託につきましては、今年度、事業費を増額しており、従来からの 窓口収納業務等に加え、下水道賦課状況の確認業務や納付約束者の履行確認業務、約束不履 行者への電話による納付確認業務を新たに拡充して実施しているところでございます。
 今後につきましては、今年度の業務実績等も踏まえた上で、次年度以降の取り組みとして検討 してまいります。

****************************************
031-0801
青森県八戸市江陽三丁目1-111
八戸市 環境部 下水道業務課
担 当 : 蓬田・小笠原
TEL
0178-44-8259 FAX 0178-47-9065
****************************************

これはコールセンター業務と呼び、収納課はこれに毎年1500万円を投入、これは当期の税金が未納者への督促で糞の役にも立たないが、外部発注だけに小川は苦情を入れない。

かくほど左様に役人は仕事をしないをモットーとする。

佐藤が補正予算を出しやすいように水を向けた。


# by jpn-kd | 2017-07-08 00:00 | 行政ネタ


ブログで行政改革をめざす日本救護団 080-9850-5240
メルマガ-まぐまぐ

メルマガ購読・解除


 

カテゴリ
タグ
以前の記事
記事ランキング
検索
楽天
その他のジャンル
画像一覧
累計: 検索エンジン登録
本日: SEO対策
昨日: メール配信

アクセスアップ