特集 八戸裏面史 いかさま名誉市民鈴木継男を通して見た八戸 その3

「ナショナルと警察を敵にした男」

(三一書房)の著者が明かす事件の本質 
 私が小林氏と初めて会ったのは、今からもう12年も前である。当時私は時事通信社の社会部記者をしており、旧通産省記者クラブ社会部分室に詰め、原発問題や公正取引委員会、消費者問題等を主に担当していた。お世話になった弁護士から、小林氏が遭遇した複雑怪奇な事件のことを知らされ、何とか力を貸してくれないかと頼まれたため、彼に会って話を聞くことしたのである。
 その時彼の口から出た言葉はあまりにおどろおどろしく、いかにも荒唐無稽で、正直言って私は辟易した。何しろ、彼が経営していた電気器具の激安店マンデーはナショナルに目の敵にされ、小林氏が雇った同社相談役が実は事件屋でナショナルに逆利用され、暴力団を操ってマンデーを潰した。さらにはその相談役は警視庁公認の詐欺師でもあり、マンデーの金を引き出しては警察幹部を赤坂の料亭で接待していた。しかもマンデーの顧問弁護士までもがナショナルと通じ、「このままでは命が危ない。暴力団の嫌がらせから逃れるにはマンデーを倒産させるしかない」と倒産を薦めたというのだ。当初私はこの男は、少し頭がおかしいのではないかと疑い、この胡散臭い話には乗らないことにし、弁護士先生に何故取材しないことにしたか、その理由をどう説明するか、そればかりを考えていた。
 と、間もなく小林氏から2度目の電話があった。「お見せしたいものがあるので、もう一度あって欲しい」。私は気乗りがしなかったが、もう一度会うことにした。彼が案内したのは都心にある某大銀行の地下にある貸金庫だった。
 貸金庫の中にあったのは、ナショナルのFF式温風暖房機「はるる」が欠陥商品であることの証明につながる偽造された覚書や詫び状、くだんの相談役と警察の関係を物語る約300枚の名刺、警察幹部が芸者衆と踊りに興じている料亭でのスナップ写真など、写真週刊誌なら飛びつきそうな貴重なものばかりであった。「もし私に何かあったら、これらの資料を公開してもらうようある人に頼んでいます」。真剣な表情で訴える小林氏の話を聞いて、「これは本物かも知れないな」と思い、私は取材を始めることにした。
 そして案の定というか、事件に登場する関係者は、全否定するか、逃げ回るかのどちらかで、取材は最初から困難を極めた。私は警察や暴力団絡みの話は後回しにして、焦点を「はるる」が果たして欠陥商品であったかどうかにしぼり込んで、関係者や関係団体、会社に片っ端から当たった。その結果、
小林氏の証言通り、松下電器が定価のわずか37%以下という破格の値段で代理店、それもナショナル系列下にない代理店に卸し、小林氏がリコールを要求すると、解決金として1,500万円を払ったことにして、一件落着をはかったことが、紛れもない事実であることが判明した。
 もし、「はるる」が欠陥商品でなければあり得ない話であり(八戸市まで出向いたナショナルの技術担当者らは、「はるる」が欠陥品であることを明確に認めている)、松下電器とその代理店・八戸液化ガスは、小林氏の口を封じるために、解決金を支払ったことにして、お茶を濁そうとしたのである。
 この時点で私は原稿を書き、「
『はるる』が欠陥商品であり、ナショナルはリコール要求に応えず、八戸液化ガスと共謀して解決金を出したことにして蓋をした」とする私の記事は翌日の東京新聞などに掲載された。記事がもし事実無根ならば、松下電器側から抗議され、場合によっては名誉毀損で訴えられてもおかしくはなかった。だが、松下電器と八戸液化ガスからは抗議の電話一つなかった。彼らは「はるる」が欠陥商品であることは十分認識していたがために、抗議できなかったのである。
 問題はそれからである。マンデー倒産劇の序章とも言うべき「はるる」の欠陥問題はクリアできたが、ナショナルが事件屋と暴力団を使ってマンデーを潰したという小林氏の言い分は果たして本当なのか。捜査権のないブンヤの取材には限度がある。小林氏の言い分が本当だとしても、それを裏付ける証拠を探すことは不可能に近い。私は頭を抱えながらも、とにかく可能なかぎり動き回ることにした。当たって砕けろだ。こうして取材は事件の核心に向けて本格化した。その取材中に実に様々なことが起こり、私はこの国の深い闇を目の当たりにしてしばし、立ちすくんだ。本インターネットにアクセスした読者の方に、マンデー事件の本質を理解していただくために、ごく大雑把な事件の概要と背景をまず記したい。


# by jpn-kd | 2017-05-15 00:00 | いかさま名誉市民
特集 八戸裏面史 いかさま名誉市民鈴木継男を通して見た八戸 その2
ほら吹き人殺しの鈴木継男の関連したマンデー事件は三一書房から刊行されていた
見つけた別のブログにはこう記してある

1996530日、青森県八戸市優良企業「八戸ガス」子会社役員佐々木勝男さん(当時55歳)が突然失踪し、2週間後の615日朝、変死体で八戸漁港に上がった。
 警察は捜査内容を一切公表せず、他殺か、事故死かそれとも自殺か、真相は闇から闇に葬られたまま7年が経った。

そんなある日、八戸市を根城とし全国展開した電気器具の安売り店「マンデー」の元代表小林勝のもとに「佐々木さんは殺された」との情報がもたらされた。

小林が松下電器と八戸液化ガス(八戸ガスの子会社)を相手取って起こした訴訟の最中、裁判で証言し、マンデー事件のカギを握っていた男が変死体で発見されたのだ。ことは尋常ではない。小林の必死の追求が始まった。
 ミステリー作家ならおそらくこんな風に書き出したであろう。しかしここに紹介していることは虚構の小説ではない。

小林勝が実際に経験したことばかりである。日本を代表する企業の中の松下電器が裏で何を行い、全国の電気商や消費者をいかに欺いてきたか。本ホームページはマンデー事件の全貌を明らかにし、松下電器とその代理店八戸ガスの悪行の数々を告発するものである



# by jpn-kd | 2017-05-14 00:06 | いかさま名誉市民
緊急NEWS 建たない田名部組のビル MS業者マリモ受けるか?2

愚脳市長小林が田名部智之を面倒みようと、男気を出し田名部組の子会社の八日町プロジェクトに補助金交付
これが曲者、補助金対象は弱小、かつ経験ゼロの個人であろうが、企業であろうが一切お構いなし
ために、頓挫
もとより、田名部智之には建築する気がなく、解体費用を取り込むことが第一義
ために、建たない状態が継続し、愚脳市長小林の
①ハサップ
②八日町PJ田名部組の建たないビル
③保健所担当職員の部下殺し
④官営本屋赤字垂れ流し
の四重苦の一つが解消しそうだ
それは広島のMS業者マリモに田名部組がどう粉をかけたのか、20年前払い地代一億円を呑みそう
今月末にマリモと田名部組が契約を結べば
工事着工は来年度、つまり2018年四月以降だ
残る三重苦の保健所担当職員部下殺しは愚脳市長小林は責任を負わなければならない


# by jpn-kd | 2017-05-13 05:52 | 行政ネタ
特集 八戸裏面史 いかさま名誉市民鈴木継男を通して見た八戸 その1
愚脳市長小林がどうして鈴木継男の家に入り込み、家賃を支払ったのか払わなかったかは当事者しか知らない
しかし、鈴木継男がいなければ、愚脳市長小林は鈴木の家に入り込む理由がない
不法侵入で逮捕だ
ここに焦点を合わせて、年代を追わず、思いつくままに記す
ペテン師鈴木継男が死んだので、洗いざらい奴の悪行を暴露する
こんなブログを見つけた

昨日、小生も数十年前に面識のあった小林氏が自殺したのだと古い友人から
電話で教えられ驚きました。彼が残したブログを見て
さらに驚きました!日本に正義はあるのでしょうか・・・

注釈:全国展開した電気器具の安売り店「マンデー」の前進はテレビサービス社

今でこそ東北新幹線のターミナルとなった八戸市だが、この物語が始まったころは、
漁港での水揚げは有数のものだったにせよ、まだ東北の寂しい地方都市だった。
その八戸市にテレビサービス社という電器店が開業したのは1973年。

社長は小林勝。
高校を卒業して仙台の三洋電機や東京の電器店で修業した後に独立した。
働き者で消費者思い、格安な価格で販路を広げたちまち市内一の電器商に成長した。

ところが、1980年、思わぬ災難が降りかかる。この事件の発端である。
三洋電機系列だったテレビサービス社に、松下電器産業の欠陥商品、
暖房器具「はるる」が持ち込まれたのだ。
仲介した卸会社は従来から取引していた八戸液化ガスで、
小林社長は、仕入れ価格が定価の37%という
破格の安さだったことと、日ごろから経営の神様といわれた

松下幸之助を尊敬していたので、
喜んで飛びついた。381台購入し、夏の間にほぼ全部売りさばいた。

ところが、気候が寒くなった10月ごろ、買った消費者から
「ちっとも暖かくならない」「スナックの客が寒いといって帰ってしまう。
すぐに引取ってくれ。」などとクレームが殺到し始める。
吹き出し温度が80度までしか上がらず厳寒の青森県では使い物にならなかったのだ。


そもそも、商品の値崩れに一番神経を尖らせていた松下電器が、
37
%という異常な安値で系列店でもないのに
店に卸したこと自体おかしなことなのだ。松下電器が、
当初から欠陥を知りながら押し付けた疑いが濃い。


小林は八戸液化ガスに商品の引取りを要求する一方で、メーカーの松下電器と直接交渉した。
松下側は欠陥商品であることをなかなか認めようとしなかったが、しまいに、
寒冷地では十分な温度には達しないことを認めた。

ところがここから問題はこじれる。
松下側は示談でことを済ませようとするが、消費者の立場を考える

小林はこれを拒否し、
あくまで製品のリコール(全製品の回収)を要求する話し合いは何度も行われるが、
松下側にリコールの意思はまったくない。解決しないまま約3年の月日がたつ。

198411月、小林は、欠陥問題がどうなっているのか、
相手側の見解を聞くべく松下電器の東京支社を訪れるが、
そこで、松下電器大阪本社の課長が「すでに解決済みと聞いていますが」
といって見せた文書に小林は仰天する。

解決金1500万円で紛争は解決したという内容の覚書で、
すでにテレビサービス社と八戸液化ガスの間で交わされたことになっている。


その覚書にはテレビサービス社の社印と小林自身の印鑑も押してある。
「解決金なんか受け取っていない」
「偽造文書だ」と、小林はかんかんに怒るが、その場ではラチが明かない。
以後、松下電器と八戸液化ガスを相手に一電気商の苛酷な闘いが始まる。

小林は後に松下電器の奥羽営業所長だった田中勇二郎と、
八戸液化ガスと代表者の鈴木継男ほか二人を相手取って訴訟を起こすが、
裁判では敗訴する。そして二審の東京高裁で審理中、
紛争当時八戸液化ガスの営業部長であり、
一審の被告訴人であった佐々木勝男が謎めいた死を遂げるのである。
(敬称略)

そしてついにはマンデ-社長小林勝氏までもが200371日ガソリンを浴びて
死亡してしまうのです。自殺してしまったのでしょうか?・・


# by jpn-kd | 2017-05-13 00:00 | いかさま名誉市民
緊急NEWS 建たない田名部組のビル MS業者マリモ受けるか?

連休明けに図面を出したいといったマリモ
出そうで出ないはババアの月経だとたかをくくっていたが、ババアに回春が来たようで、メンスがチョロリだ

5月10日、マリモが八戸市役所を訪れ
一階と二階上の概略図を提出
まだメンスかなと思う程度で、田名部組との契約は今月末予定
契約になれば、着工は来年度だと

本格メンスは今月末まで判らない
まだ、新年度に入ったばかりだ、気の長い話だよ

それにつけても、

ババアに春がくりゃ、田名部組も一息つけるか?




# by jpn-kd | 2017-05-12 13:59 | 行政ネタ


ブログで行政改革をめざす日本救護団 080-9850-5240
メルマガ-まぐまぐ

メルマガ購読・解除


 

カテゴリ
タグ
以前の記事
記事ランキング
検索
楽天
その他のジャンル
画像一覧
累計: 検索エンジン登録
本日: SEO対策
昨日: メール配信

アクセスアップ