1月26日付けの東奥日報が水産事務所の不手際を暴いた6
1月26日付けの東奥日報が水産事務所の不手際を暴いた6
八戸市役所は全国市有物件という保険に加入する。ゴミ処理場の屋根が落ちたときも、この保険が支払われた。
当然、この保険加入担当の行政管理課に連絡する。電動フォークリフトは一台183万円、半分が国の補助だ。
八戸市役所は一元管理が徹底していない。各課が車両を購入管理だ。つまり水産事務所が車両を購入し自賠責をかける。
では行政管理課は何をするのか?
各課に自賠責をかけたかを訊く、かけてないと言われると全国市有物件の保険料率が上がると伝える。水産事務所はそれを訊いた。
が、見逃した。そんなことは水産事務所の仕事ではないと判断したのだ。
ここに磯島の大ボケがある。

こやつ磯島は電動フォークリフトは魚市場C棟を走るだけだ。公道を走らないから自賠責は不要と考えた。
ところが構内事故でも免停は来る。当然人身事故は発生する。そのための自賠責だ。
事故は発生しない。これはあらまほしいが現実には無理だ。
当然、事故が発生した。
自賠責をかけていないから治療費は自腹だ。当然八戸市がもたなければならない。
ところが、副市長の田名部は、「そったらもん、払う必要がない」と発言。

八戸市役所の頭は相当痛んでいる。
この電動フォークリフトは誰が運転するのか?
八戸市役所職員課か?
全国市有物件保険は職員が事故を犯したときに使える。
ところがマルヨ運輸が起した事故だけに、全国市有物件保険は支払いを拒否。
だから、マルヨ運輸に支払えだ。

副市長の大平はイカサマ名誉市民鈴木継男の片棒を担いで、嘘で固めた自伝を作成だ。挙げ句に八戸商工会議所が熊谷義雄の選挙違反を犯したと記した。
そういう事実はなかった。
副市長は二人いる。両方ともまともな判断のつきかねる人物だ。
磯島は総務の法規にこれを相談だ。ここには東大卒の清水がいる。その清水が支払う理由がないと判断、また弁護士も同様な判断だという。
マルヨ運輸は憤慨した。
水産事務所に電動フォークリフトを操作できる人物は二名。他は無免許だ。
水産事務所職員が操作するなら二台の電動フォークリフトだけでいい。
23年度に7台購入は職員以外が操作することを想定している。
ここに矛盾がある。それに法規の清水も八戸市役所顧問弁護士も気づかぬは愚かだ。
つまり、市場内に電動フォークリフトを放置しそれを自由に使わせた。
これは安全配慮義務違反にあたる。

理由は、電動フォークリフトは市の財産だ。
市の財産には行政財産と普通財産とに分れる。
行政財産は不動産をさし、普通財産は動産を言う。
電動フォークリフトは普通財産で物品にあたる。
これは八戸市財務規則に規定がある。
物品を貸し出す場合には管理者を置き、貸し出す条件・期間を明記せよ。
磯島はこれをせず、電動フォークリフトを野放しにして事故発生に至らしめた。
つまり、事故が起きるだろうと思いながらも、財務規則を無視し漫然と市場内の運輸会社
職員に電動フォークリフトを操作させた。
これは問われる。




[PR]
# by jpn-kd | 2018-02-12 02:23 | 行政ネタ
1月26日付けの東奥日報が水産事務所の不手際を暴いた5
1月26日付けの東奥日報が水産事務所の不手際を暴いた5
水産事務所、愚脳市長小林のハサップ失敗の尻ぬぐいをしながら、自らも幾つも失態を演じた。
普通、失敗が見えればこれを修正するのだが、水産事務所長の磯島にそれができずに失敗を連続して犯した。

事務所長に冷静判断ができない。それを補佐するのが課長だ。適切なアドバイスができず、傍観すれば事態は深刻だ。
このシリーズを書きながら、時間を経過させたのは職員には処理能力があると信じていたから傍観した、無論、このように解決すべきだは教唆。
が、できない。
為に失敗の上塗り。
問題の本質は水産事務所長の磯島の能力不足だ。
自分がトップに上り詰め水産の責任者となり多くの手足を使うが、人間の器量というものがあり、磯島にはソレが欠如、それを自在に伸縮できる奴は人間の上だ。
が、こうした奴は少ない。
水産の長は愚脳市長小林の印鑑を持つ。ここにこそ問題の本質が隠れているのさ。
市長に諮らずとも市長印が押せる。独断専行がここにある。
さて、
この問題の本質は二つある。
一つはカネの問題。
11月11日にマルヨ運輸が魚市場内で電動フォークリフトで人身事故を発生。
公道だろうが構内だろうが人身事故を起こせば警察から免停処分がくる。
運転者はそれだけのリスクを冒しながら作業をしているのだ。
それでは、その電動フォークリフトを操作するのは誰か?
それは、複数社の運輸会社社員なのだ。
電動フォークリフトは34台、一度に全部を購入したのではない。
23年度 7台
25年度12台
28年度 7台
29年度 8台

これらに水産事務所長は自賠責をかけなかった。
つまり失敗を4度犯した。これを補佐する課長が気づかず見逃した。
担当課全体でボケているのだ。

自分たちのミスで運輸会社の社員が事故を起し自賠責を使わせてくれと言われ、初めて自賠責未加入の重さを知るが、自分たちが犯した事故だ、運輸会社が払えと治療費90万円を払わせた。 続


[PR]
# by jpn-kd | 2018-02-11 06:47 | 行政ネタ
建たない田名部組ビル、杭を抜かぬが悔い残し喰い喰い悔いる長崎屋の腐った弁当
建たない田名部組ビル、杭を抜かぬが悔い残し喰い喰い悔いる長崎屋の腐った弁当
旧長崎屋のビルを解体し町中再生の切り札となる中心市街地活性化の切り札となるはずの複合優良住宅。

目先のカネが欲しくて手を上げた田名部組、それにつけてもよく倒産しないね。銀行からの情報はまったく鼻つまみものの評価、それでも片肺飛行でもなんとか保ってきた。
こいつらの得意技、手口は口先介入、犯人の手口で刑事は△の犯行だと見破る。
田名部組は最初から建てる気はなく解体だけやり後は野となれ山となれと国の補助金欲しさに解体だけやった。
国の補助金に手を伸ばしたのが失敗の元、これが成就、つまりビルが建たない限り補助金は返還しなければならない。履行不能ならば年利5%の金利まで取られる。
これらを頭に入れもう一度、この計画を見直す。
八日町地区優良建築物等整備事業
歩行者空間の改善など市街地の環境形成に資する優良な建築物の整備(優良建築物等整備事業)に対し、平成24年度は、株式会社八日町プロジェクトが実施した基本設計業務等を支援し、平成25年度は、解体工事、実施設計業務等の支援を実施する予定です。
事業の目的
敷地の立地特性、中心市街地のまちづくりの経緯及び今後の方策を踏まえ、土地の健全かつ合理的な高度利用に基づき、集客・居住施設から構成される複合施設を整備します。
それにより、中心市街地の回遊性の向上、定住の促進、歩行空間の環境改善を図り、活力と魅力にあふれるまちづくりに貢献することを本事業の目的とします。
基本設計内容(平成25年3月現在)
• 事業会社  株式会社八日町プロジェクト
• 事業の場所 八戸市八日町43番地 他
• 敷地面積  1,653平方メートル
• 総事業費  約29億円(うち補助金 約5.7億円)
• 整備内容  免震構造、鉄筋コンクリート(RC)造 地上15階建
• 延べ床面積 10,781平方メートル(容積率対象床面積9,878平方メートル)
• 最高高さ  67.10メートル
• 主な用途
1階~ 4階:商業施設(物販、飲食)
5階~ 7階:業務施設(事務所)
8階~14階:住居(賃貸)
15階:飲食店舗
もう7年目になる。その間田名部組は口先だけで建ちます、建たせますと悪ガキに対する教師のように廊下に立たせる体罰的言い訳を、実に何と6年も繰り返した。
担当課の田湯は狼少年とまで罵られた。
田名部組の話を真に受けた結果だ。
それも実に驚嘆したのは担当課が聴聞結果を書類に残していなかった。
それを是正させ、開示請求で文書を見て田名部組の口先その場しのぎが露見。
杭が残った長崎屋地下には水が溜まっている。48年以上も水に浸った杭が腐った弁当のようなもので役に立つとはどう素人考えでも思えない。
また、中核都市となったため産業廃棄物は八戸市の担当となり環境保全課が監視。
そこで、杭の有効性を八工大の教授に依頼、当初は田名部組も順調にマリモの子会社を督励しながら書類を提出。
ところが頓挫だ。

八工大教授は現場を踏査しておらず腐れ水に長年浸った杭の有効性をどうやって机上の空論を出すのか?
当初漏れ聞いたところでは杭は地盤強化に有効、ところが書類が滞りはじめて有効性に疑問が出て、やはり抜くとなった。
地下の杭435本、全部抜くなら目の玉飛び出る額。最低でも一億はかかるそうだ。
環境保全課は田名部組の手口を知らないので、言葉を信じ、やる気があると判断。
ところが、これが手口、田名部組に散々泣かされた町づくり文化、手口は知悉、初手の環境保全課が信じているだけ。
知ってしまえばそれまでよ、知らないうちが花なのよ
これはサトーハチロー作詞の麗人の唄
濡れた瞳とささやきに
ついだまされた恋心
綺麗なバラにはトゲがある
綺麗な男にゃ罠がある
知ってしまえばそれまでよ、知らないうちが花なのよ
田名部組の手口にひっかかった八工大教授と環境保全、さて、どうするどうするスチャラかちゃん




[PR]
# by jpn-kd | 2018-02-10 03:51 | 行政ネタ
東北スーパー業界の雄、天下のユニバース転落の坂
東北スーパー業界の雄、天下のユニバースにのしあげたのが三浦紘一、八戸一の成功者だ。
明治以降の地元新聞を閲覧し幾多の英才、偉才を見聞したが、三浦は八戸始まって以来の成功者だ。
東証一部に上場までこぎつけて、息切れだ。
子孫に譲らず、人は財、とばかり人材を信じ職員に後を委ねるとばかり合併で存続を図った。
ところが、こいつらが財宝ではなく白鼠で、家の中から崩し始めた。
2月8日、ユニバースの辛子売り場で商品を探すと133円と93円がある。
安い方でいいと手を伸ばすと、こいつが帯封で束になっている。束で買えという意向だ。
20年前にも、こうした束売りをバンドル値引きと称して販売したことがある。
陳列棚に割り引き商品の札があるがレジで値引きがされますの表示がなく、支払い後レシートと付き合わせて、確かに引いてあると得心。
が、これは不評で間もなくやめた。
客の側に立ち位置を置いてなかった。小売店は一個一個を販売するを旨とする。
今回の帯封で個別にしないのは店側の論理、束にすれば見栄えがいいというだけ。高齢者が束の帯封をどうやって切るのだろう。
面倒だから隣の133円を買うと狙ったか?
まさかに、そんな露天商のような商売はするまい。この店は南類家店。店長は国分。
その経緯がYOUTUBEだ。
実は前段がある。
同店で買い物をしレジ袋を買うと伝達し支払った。
袋に買い物を入れようとするが見当たらない、レジに怒鳴った。
「袋が入ってない」
慌てて袋をよこした。迷惑をかけましたの詫びもない。
社員教育が落ちた。これは合併のせいだろう。
今回の辛子をユニバース本社の苦情係に伝達。
起業家の三浦紘一の理念は臭いにおいは元から断て。
苦情を言い出した客を訪ねろ、そして苦情の原因を特定し解除しろ。
一に訪問、二に訪問、三四がなくて五に訪問だ。
これが三浦紘一の哲学だ。苦情を言うのは良くなって欲しいの裏返しだから。
三浦もボケた。社員が三浦の作った神輿にぶら下がり出した。
苦情係は客の家を訪問せず、電話で詫びの言葉を重ねた。
三浦の哲学をぶち壊し、苦情係が苦情を言われる体たらくだ。
何のための苦情係だ?
三浦の築いたユニバース、存続できなくするのは人財のはずの人材が材木の材に変わった今、店長教育、苦情係教育、大事なこと忘れてないのか?
客は気に入らなければ他店に行けばいい。面倒な苦情は避けて通る。
ユニバース、ナンバーワンから転落は近い。
大体客の数が少ない。囲い込みのポイントカード、そんな目先ばかりに目が行き7倍ポイントの日、そんな時だけ客は寄る。
ポイント制度は利益を失う元、こんなのはやめるべき。
さあ、どうする苦情は店で囲い込む、世間に漏れないは妄想。
YOUTUBEの時代が来たのだ。
消費者がここが気に入らないと言いだし、それを自由に掲載する。苦情の幅が世界に広がったのに気づかない起業家三浦紘一、老いたか、合併会社に経営を委ねた失敗だ。


[PR]
# by jpn-kd | 2018-02-09 12:00 | NEWS
市役所身体障害者職員悪乗り
市役所身体障害者職員悪乗り
別館横の路上にタダで駐車許可を得た身体障害者たち。
その数3名。
ところが立体駐車場工事のため置けなくなった。そこで行政管理課は市民広場前の歩道を障害者職員たちのために開放。当然他の車両との区別が必要。
ために許可証を車内の見える場所に置けと指示。
ところがHONDA51-80は数年前から許可証を掲示しない。都度行政管理課の柳沢に伝えた。
ところが伝達せずに握りつぶしたのか、あるいは伝達したが51-80が無視したのか、この柳沢にはこれで3度目、担当課のいい加減に腹が立つのでYOUTUBE掲載。
八戸市役所馴れ合い体質。愚脳市長小林も鼻つまみだが、こいつら職員も同類だ。
怒ったぞ、昔と違いYOUTUBEの時代を忘れるなよ
クレーマーも動画の時代だ。


[PR]
# by jpn-kd | 2018-02-09 00:00 | 行政ネタ


ブログで行政改革をめざす日本救護団 080-9850-5240
メルマガ-まぐまぐ

メルマガ購読・解除


 

カテゴリ
タグ
以前の記事
記事ランキング
検索
楽天
その他のジャンル
画像一覧
累計: 検索エンジン登録
本日: SEO対策
昨日: メール配信

アクセスアップ