特集 八戸裏面史 いかさま名誉市民鈴木継男を通して見た八戸 その11

小林が八戸液化ガスから381台のはるるを購入、ところが覚え書きは321台。

覚え書きの印鑑は株式会社MKテレビサービスと記されているが、同社は有限会社で株式会社ではない。

佐々木はこの覚え書きについて、こう証言している。

昭和56年11月に返品を受け入れ、57年10月20日で確認。ようやく覚え書きに捺印して貰えることになった。昭和57年2月27日午前中、八戸液化ガス常務取締役工藤健太郎と共に小林の事務所を訪問。小林は印鑑を押したければ、そこに置いてあるので勝手に押すようにと机の上を示したので、私が小林の会社印と個人印を押した。それを八戸液化ガスに持ち込んだところ、小林の会社印が必要とのことで、再度工藤健太郎と共に小林のもとに行った。小林は自分から会社の印鑑を押してくれた。持ち帰ると陰影が薄いので、再度工藤と共に小林のもとを訪れ押印を要求、このとき小林は自ら押印した。

この佐々木が平成8年6月15日午前10時に八戸港で水死体であがる。これを調べるべく東奥日報、デーリー東北を調べるも記事としての水死は発見に至らず。

ただ、死亡広告あり。

b0183351_14074768.jpg

八戸ガス興業社長馬渡就、八戸ガス・八戸液化ガス社長鈴木継男、液化ガスの子会社ベストライフ社長橋本正保の名が見える。

この馬渡は鈴木継男の腰巾着、八戸ガスから八戸液化ガスが飛び出し、同様にガス興業が飛び出した。つまり、この三社は親子関係。馬渡はガス管工事では市内一、それなりの権勢をふるった。やりすぎて、馬渡は、鈴木継男同様、選挙違反で逮捕され、銀行が融資引き上げで倒産。

b0183351_14091558.jpg

# by jpn-kd | 2017-05-26 00:00 | いかさま名誉市民
特集 八戸裏面史 いかさま名誉市民鈴木継男を通して見た八戸 その10

これに対し佐々木次長は「分かりました。松下電器に伝えます。こんなの納得できませんよね」と言って引き上げた。

それから二日後の4月30日、小林は佐々木次長にもう一度自宅に来てもらい、「覚え書きには同意できません。私はお金は一円も欲しくないし、安易な妥協はしない」と松下住設奥羽設備機器営業所の田中勇二郎所長へ宛てた書簡を渡し、併せて松下幸之助直筆の色紙を返却。

その後も小林は佐々木次長に再三、「松下の正式な見解はどうなっているか」と回答を促すが、「いくら催促をしても回答がありません」と繰り返した。

小林は5月26日新聞社大手にナショナルはるるは欠陥商品であると書留郵便を出したが、何の音沙汰もなかった。

その後、1983年(昭和58年)小林はマンデーを創業。商売は順調に推移し、小林は「はるる」欠陥商品の追求を再開。

八戸液化ガスを通して回答を求めても無駄だと、松下電器の東京支社を訪ねた。

応対した大阪本社秘書室泉課長は、

「おかしいですね、その件はすでに解決済みになっている」と二通のコピーを示した。

一通は八戸液化ガスとテレビサービス社との覚え書き、もう一通はその補足文書。

覚え書きは1981年(昭和56年)4月28日、八戸液化ガスの佐々木が持参した覚え書きと同一内容、1500万円(解決金)を始めとし、空白部分が全部植えられていた。

日付けは「よねくらホテル」で小切手を受け取る前日が記載され、小林がこの覚え書きに署名押印をしないにも関わらず、印鑑が押されていた。

小林はこの事実確認を八戸液化ガスの佐々木に確認すると、偽造を認め、

「覚え書き、覚え書き補足とも、原案は松下側が作成し、印鑑は私が押しました。鈴木社長とお会いできる機会をつくります」

佐々木は偽造を認めたものの、鈴木継男は逃げ回り、会うことをひたすら避けた。鈴木継男が小林と面会したのは、二年後の1987年(昭和62)7月28日。

偽造された覚え書き

作成年月日が昭和56年3月30日は鈴木継男が取締役社長とある。しかし、鈴木継男が八戸液化ガスの社長に就任したのは同年の6月、作成年月日は専務であった。

つまり、この覚え書きは虚偽だ。


# by jpn-kd | 2017-05-25 00:00 | いかさま名誉市民
緊急暴露 田名部組補助金法律違反 長崎や跡地を戸田建設に月額12万で貸したのが違反

かねてからよからぬ企みをし、建つ建つとかけ声ばかりの田名部組、そこへ隣接の地にホテル建設、戸田組が貸して欲しい、資材を置き始めるが、図々しい田名部組は市役所の問いに短期ですからとしらばっくれた。

ここで散々煮え湯を飲まされた市役所は、眉に唾をつけなければならぬが、もとより、やる気のない金魚鉢の金魚ならぬ市役所職員、荒波をくぐり、生き馬の眼を抜く商人には、赤子の手をひねるがごとくに口先だけで、いいくるめられた。

ところが、日本救護団の小川、6月3日までの命、その先は見通し建たずで、八戸によろよろ出てきた、まるで市議の大館恒夫とそっくり。

そこで、三日町の角に立ち驚嘆。

大型クレーン二基が大活躍。

建たない田名部組のビルが補助金を得て更地になったを勿怪の幸いとばかり、戸田建設の申し出でを快諾、おのおの契約書を交わし、月額12万円で貸した。

ところが八戸市補助金規則の19条には貸す、売る、担保に入れてはならないと規定。

田名部組明確な違反。

すると、黙って猫ばばを決めこもうとした田名部組に市役所が王手、その金は田名部組のものではない、国に返納するか市にするかは今後決める。

ともかく、貸して得たカネは田名部組のものではないと口頭で伝達。

追って文書が出て、田名部組の着服したカネはアサリ、ハマグリが水に入れられ、一晩おけば砂を吐き出すにも似て、あわれ、市役所にとぼけてぽっぽを決め込もうとした目論見は見事、棺桶に両足を突っ込んだ小川に待ったをかけられた。

死に損ないジジイの力、おそるべし。

また市役所の町づくり文化も汚い、癌研の抗がん剤の副作用で天井をみるばかりの、死に損ないでも分かるように、毎日市役所に通いながら、それに気づかぬは情けない。

部長が原田だけに気にしているのは腹だ? 

上を見て歩け、誰の目にもクレーンは見える、町づくり文化の職員に見えないのは、田名部組からいくらか貰って黙認か?

それが役人のすることか!

逮捕は免れぬ案件、日常生活の繰り返しが、実はとんでもないターニングポイント、これをヒチコックシーンという、町づくり文化の職員逮捕などとならぬよう、もっとも、そうなれば面白い。まさかに、愚脳市長小林が黙認したなどはないだろうて。

いや、それもありか?

補助金等に係る予算の執行の適正化に関する法律

(財産の処分の制限)

第二十二条  補助事業者等は、補助事業等により取得し、又は効用の増加した政令で定める財産を、各省各庁の長の承認を受けないで、補助金等の交付の目的に反して使用し、譲渡し、交換し、貸し付け、又は担保に供してはならない。ただし、政令で定める場合は、この限りでない。

○八戸市補助金等の交付に関する規則

19 補助事業者等は、補助事業等により取得し、又は効用の増加した次の各号に掲げる財産を、市長の承認を受けないで、補助金等の交付の目的に反して使用し、譲渡し、交換し、貸し付け、又は担保に供してはならない。ただし、補助事業者等が補助金等の全部に相当する金額を市に納付した場合又は補助金等の交付の目的及び当該財産の耐用年数を勘案して市長が定める期間を経過した場合は、この限りでない。



# by jpn-kd | 2017-05-24 01:43 | 行政ネタ
特集 八戸裏面史 いかさま名誉市民鈴木継男を通して見た八戸 その9

ところが、八戸液化ガスは裁判で、「昭和56年3月30日八戸液化ガスは、原告会社に対し、商品買い戻し代金と解決金(和解金)の一部を支払い」と奇妙な主張を行い、小切手受け渡しの席に同席した佐々木次長も、「私もその場に同席していました。解決金1500万円の支払いについて、その会議の際に合意ができました」

と陳述し、同じような趣旨を証言。

鈴木継男が出した小切手が解決金を含んでいるとすれば、「はるる」購入代金から約束手形分500万を差し引いた額と同じなのだろうか。

昭和56年4月28日、八戸液化ガス佐々木次長が小林の自宅を突然訪れ、「これに同意してほしい」と「覚え書き」なるものを提示、これは松下電器が作成し、田中勇二郎奥羽設備機器営業所長が八戸に持ち込み、佐々木が持参した。

覚え書きはテレビサービス社と八戸液化ガスが「はるる」問題に関し、商品を買い戻し、和解金を支払うことで合意、今後テレビサービス社は八戸液化ガス並びに松下電器に対して請求もしくは主張を行わない、という内容だ。

突然の覚え書き提示に小林が驚き、怒ったのは言うまでも無い。3月16日の交渉で「今度は松下電器の正式な見解を持ってくる」と約束しながら、それを反故にし、解決金を支払うことで、すべてを終らせるのではないかと小林は佐々木次長に、

「これでは全くこれまでの話し合いが無意味になります。私が要求しているのは欠陥商品のリコールです。松下電器の正式な見解も示さず、解決のための話し合いもないまま、いきなりこんな覚え書きを見せられても同意できません」と抗議。


# by jpn-kd | 2017-05-24 00:00 | いかさま名誉市民
特集 八戸裏面史 いかさま名誉市民鈴木継男を通して見た八戸 その8

ナショナルと警察を敵にした男

三・一書房刊 海原悠介著

八戸液化ガスの鈴木継男社長に取材することができた。

鈴木継男は肝心の質問には何も答えず、

「古い話で思い出したくない。この件は全て弁護士に任せているので、取材したければ弁護士に聞いてくれ。マンデーが潰れたのは、ニセ警察官僚のためで八戸液化ガスとは何の関係もない」

と述べ、続けて取材した弁護士も、

「貴方ねー、新聞記者だか何だか知らないが、そんな古い話をほじくり返してどうするの。古い話に興味があるなら、NHKの大河ドラマでも見たら。あの話は時効だよ、時効。貴方、弁護士が年間幾つ相談ごとを抱えるのか知っているの。いちいち覚えていたら頭がパンクするよ」

と取り付く島がなかった。

どうして鈴木継男は古い話で思い出したくないのか、それは、鈴木継男がマンデーを落とし穴に引きずり込んだからだ。

松下電器との最後の交渉からおよそ二週間経った頃、八戸液化ガスの鈴木継男専務から突然、小林に声がかかり、小林は八戸市内の「よねくらホテル」で食事の接待を受けた。同社の佐々木勝男機器事業部次長も同席。

この席で鈴木専務は「「はるる」の欠陥問題でご迷惑をおかけしました」と頭を下げ、「これは私の気持ちだ」として額面1786万の小切手を小林に差し出し。「どうしても、これを受け取って欲しい」と述べた。

1786万は「はるる」381台の購入代金2286万から、まだ支払い期日の来ていない約束手形500万を差し引いた数字だ。

小切手の差し出しは、小林が要求した返品引き取りとリコールのうち、前者を代理店側がのみ、購入代金の全額返済を申し出たことを意味する。

小林は仕入れ代金の返済が、松下電器に対するリコール要求への回答ではないことを確認したうえで、その小切手を預かった。(小切手の受け取りに関して、鈴木専務の方から領収書は求められず、小林は、このとき、領収書も預かり書も発行していない)

「欠陥商品を売りつけたのだから、購入金を返してもらうのは当たり前だ」と小林は思ったのだ。


# by jpn-kd | 2017-05-23 13:47 | いかさま名誉市民


ブログで行政改革をめざす日本救護団 080-9850-5240
メルマガ-まぐまぐ

メルマガ購読・解除


 

カテゴリ
タグ
以前の記事
記事ランキング
検索
楽天
その他のジャンル
画像一覧
累計: 検索エンジン登録
本日: SEO対策
昨日: メール配信

アクセスアップ