<   2017年 10月 ( 34 )   > この月の画像一覧
八戸市民病院はブラック労働? 1
市民病院の看護師の労働条件は正しいのか 1
市民病院は独立した機関
財布と会計方法は独自なものを持つ
病院長と事務局長、管理課長の三人で80億円の人件費を使う
24年80億 709人
25年82億 756人
26年93億 799人
27年76億 823人
28年80億 888人
ここで不思議なのは看護師たちが辞めたがっている
給料が安いのか
そこで、
本給と手当と残業手当を調べた
24年25億64百万+19億64百万円+1億91万円=47億2百万
25年26億8千万+20億+2億11百万=48億91百万
26年27億99百万円+18億27百万+2億45百万=48億72百万
27年28億44百万+18億94百万+2億86百万=50億25百万円
28年29億62百万円+23億6百万+2億91万円=55億6千万
この看護局の本給と手当が全体の人件費の何割を占めているのか
24年度58%
25年度59%
26年度52%
27年度66%
28年度68%
また、
毎年本給は上がり続け30億
手当も25億は目と鼻
残業も増加で3億円に手が届く
看護師はブラック労働なのか
以下は有料ブログで



[PR]
by jpn-kd | 2017-10-31 20:48
毎度おなじみちり紙交換ならぬ建たない田名部組 5
中核市になり廃棄物管理が県から八戸市に降りた
ために、担当課の環境保全は田名部組に杭の存在を示す書類と、処理方法の説明を求めた
9月10日に説明すると田名部組は口先で逃げた
ところが、9月10日はなしのつぶて。
為に、環境保全は八戸工大に長崎屋地下部分と地表に出た杭が地盤を固める役に立っているのかの調査依頼
10月末の現在も田名部組から返答はない
杭の有効性を田名部組は証明が出来ず、マリモ関連の設計屋にその書類作成を依頼
まだ、その書類は作成中で基本設計も中途半端
以下は有料ブログ


[PR]
by jpn-kd | 2017-10-30 17:24
八戸下水道、不納者に差押せず、毎年4000万円を捨てる 2
八戸下水道、部長の佐藤がやる気なく税徴収に不公平 2
市役所職員の6割はズルイ奴、仕事をしたふりをするだけ。モタモタしたふりをして残業代を稼ぐ。
下水の部長の佐藤がやる気がない、それを見て部下も仕事をしたくない。
徴収しなければならない税を徴収しないは、住民監査請求の対象、当然、徴収しなかった職員がそれを負担しなければならない。
ところが、代表監査のハヤカリがやる気がない
大体、監査委員の仕事を理解できていない
代表監査でありながら代表を名乗らない
人事権は代表監査にあり、監査委員にはない
それすら、理解できない利口の足らないのがハヤカリ
奴が総務部長のとき、教育委員会の人事権は誰にあると悶着をつけた
すると、抜けたハヤカリは教育委員長にあるとぬかした
馬鹿丸出し
これは、教育長にある
あとから気づいておっとり刀で間違いだったと詫びてきた
馬鹿は八戸市役所には掃いて捨てる程いる
つまり、こうした不正ではないが横着を決め込む職員には懲罰を要求する
それも、金銭負担を求めるのだ
青森市役所職員はアウガの失敗でゼニを取られた
八戸も市長が抜け策で失敗、会計検査院にカネ返却
職員全体で負担するのか、それとも小林一人でか?
八戸23万市民は職員はまともに働いていると信じているが、なに、そんなのは夢で屁をこいたようなもの
臭くてたまらぬ奴ばかりよ
汚い手口を使う
以下は有料ブログで


[PR]
by jpn-kd | 2017-10-29 22:05
八戸下水道、不納者に差押せず、毎年4000万円を捨てる 1
八戸下水道、部長の佐藤がやる気なく税徴収に不公平 
毎年4000万円も徴収しない下水道料金
まともに払う奴が馬鹿を見ている
ただでさえ、多額な投資をし、市民からこれ以上下水を延伸するなと嘆願される無策ぶり
やる気のない職員の指揮を取るのが部長の佐藤
此奴は教育委員会から異動
下水は技術屋の仕事、事務屋がノコノコ面を出す場じゃない
先般から先の部長の後村が、伝家の宝刀、差押をしてでも不納欠損を取り立てると豪語
ところが、その糸口を付けるといいながら、そんなことは言ってないと開き直り
こうした手合いが役人には多い
録音されていることを知らないからこうした嘘を平気でつくが、昨今はボイスレコーダも万年筆型、ボールペンサイズの動画記録媒体もある
こうした新兵器にカネを使うと、こやつら嘘つきを撃退できる
さて、
こいつら下水の職員は職場が職場だけに汚い手口を使う
一体全体、不納欠損額が幾らかを、書類で確認すべく行政文書開示請求を提出
すると、不開示決定を出してきた
自分たちが一次証拠を見せず、不納欠損額は4000万だの2000万だのと訊く度に違う数字を言う
こうした、言葉の証明は二次証拠
なんと言っても、一次証拠を確定しない限りには、逃げ得をしている不埒な奴らを追求もできない
また、下水の職員は一度も請求に歩いていない
これは、行動履歴を見れば瞭然
見せない、知らせない、自分たちは徴収に歩かない
八戸市役所には徴収専門の収納課がある
ところが、ここは動かない
詳しくは有料ブログを

続<--有料ブログへ

[PR]
by jpn-kd | 2017-10-27 00:55
広島警察署が泥棒に8500万円盗まれた
広島中央署8500万円盗難事件 30代捜査員の「謎の死」
「事件が動くかもしれない。広島県警の事情聴取を受けていた県警の捜査員の一人が、亡くなった。年齢は30代後半だといい、関係者に衝撃が走っている」(地元記者)
事情聴取を受けていた警察関係者の死が意味するものは──。地元関係者の間で憶測が飛びかうなか、10月7日に中国新聞が〈捜査難航 長期化の様相〉と題した事件の続報でこう報じた。

〈県警の捜査員だった男性1人が自宅で亡くなった。男性は県警の聴取に関与を否定し、関与を裏付ける客観的な証拠も得られていない。死亡した詳しい原因は不明だが、自殺の可能性はないという〉

 前出・地元記者は言う。

「聴取を受けた警察関係者が亡くなったということで各社裏取りに走りました。が、捜査の進展がなく、捜査員の死が事件と無関係の可能性もあり、大手メディアは二の足を踏んでいた」
 盗難事件は「カネが盗まれた時期さえ特定できていない」(前出・県警関係者)こともあり、長期化すると見られている。県警は、捜査の進捗についても「お話しすることはない」(捜査三課)という。謎は深まるばかりだ。

※週刊ポスト2017年10月27日号
[PR]
by jpn-kd | 2017-10-26 08:10
他市の残業 8
選挙管理委員会事務局30代「選挙のない時期は業務量は少ないため定時で帰宅」[市町村]
2016年10月25日
地方公務員の仕事内容 市町村




1. ニックネーム
大蔵二郎
2. 年代(配属時)
30代
3. 職員区分
市町村職員
4. 課の名称
選挙管理委員会事務局
5. 月の平均残業時間(通常時/繁忙期)
通常時10時間/繁忙期55時間
6. 仕事内容
選挙に関する事務、選挙への啓発など選挙全般の業務
7. 仕事の感想
選挙に関する業務ですので、国政選挙、県知事選挙、県議会選挙、市長選挙、市議会選挙が実施されるときは、選挙が公示・告示される数週間前から投開票が終了するまでの約1カ月間はかなり忙しいです。
選挙ポスターの掲示板を業者に発注し、投票を啓蒙するポスターを作成します。選挙期間中はポスター掲示板が倒れていないかなどをチェックしたりします。そして、投票所で投票の立ち会いをするなど長時間勤務を強いられます。その代わり、選挙のない時期は業務量は少ないため定時で帰宅できます。
仕事の内容は法律によって決まっていますので、粛々と物事を進めればよいので、仕事そのものの難易度は低いと思います。公職選挙法に従って仕事を進めるのです。
選挙期間中は、もちろん休日出勤をします。ただし、業務の繁忙期は限られているため、ストレスを抱えて休職する人はいませんでした。


[PR]
by jpn-kd | 2017-10-25 14:35
他市の残業 7
高齢福祉課50代「市役所生活でもっとも忙しかった部署でした」[市町村]
2016年10月25日
地方公務員の仕事内容 市町村

1. ニックネーム
高木たろう
2. 年代(配属時)
50代
3. 職員区分
市町村職員
4. 課の名称
高齢福祉課
5. 月の平均残業時間(通常時/繁忙期)
通常時15時間/繁忙期40時間
6. 仕事内容
介護保険事業の企画運営、介護保険施設の認可、介護認定審査会の運営など介護保険に関する業務全般
7. 仕事の感想
介護保険制度がスタートして5年後に配属されました。市役所生活でもっとも忙しかった部署でした。毎日残業をやりました。
介護保険事業は、国の方針が数年おきに変化します。当初は、老人ホームを次々に建設して、足腰の弱ったお年寄りには老人ホームに入所してもらって介護をする方針でした。
しかし、介護保険財政が膨張するにつれて、通所介護を重視する方針に変更されましたので、現場の自治体は国の方針変更に翻弄された点が仕事の難しさでした。市の介護保険事業の計画においても、計画見直しを行うことがたびたびありました。
忙しくてもできるだけ休日出勤は避けようという部署としての方針があったので、平日頑張って働きました。
業務量は多く、仕事も大変でしたが、高齢者のために必要な仕事なのだという心意気でみんな働いていましたので、休職者も発生しませんでした。


[PR]
by jpn-kd | 2017-10-24 15:47
他市の残業 6
都市計画課50代「猫の死体を投げ入れられたこともありました。二度とやりたくない仕事です。」[市町村]
2016年10月25日
地方公務員の仕事内容 市町村
1. ニックネーム
秋葉ひろし
2. 年代(配属時)
50代
3. 職員区分
市町村職員
4. 課の名称
都市計画課
5. 月の平均残業時間(通常時/繁忙期)
通常時10時間/繁忙期40時間
6. 仕事内容
都市計画の策定、都市計画事業の勧告及び助言、地価の公示、建築行為の制限など
7. 仕事の感想
都市計画事業は、市民の私有地に直接的にかかわる事業ですので、都市計画課に配置されたときはそれなりに覚悟を持ちましたが、やはり大変でした。
業務量は、都市計画を策定するまではスムーズにいきますが、策定したあとの住民への説明業務が大変です。私権を制限する必要があったり、土地を買い上げる必要もありますので、住民のなかには激しい抵抗を示す方がいます。
都市計画を策定したのち、あるお宅の増築を差し止めてもらう必要があったときは、そのお宅の方からかなり抵抗されました。別の市民の方に、私権制限や土地の買い上げを説明したときは私の自宅の庭に、猫の死体を投げ入れられたこともありました。二度とやりたくない仕事です。

激しい抵抗をした方への説得作業にはかなり時間を要しましたので、ときには深夜まで残業することがありました。当然、休日出勤もありました。しかし休職者はいませんでした。


[PR]
by jpn-kd | 2017-10-23 20:50
毎度おなじみちり紙交換ならぬ建たない田名部組 4
マリモの力を借り八日町にビルを建てる田名部組に暗雲
先ず予定の平面図(基本設計)が二枚のペラで提出されたが、これではどうにも資料価値が薄い
ここから詳細設計に入るが、資料が乏しいので八戸市の予算(10月16日)がくめなかった。
これは、田名部組からの資料が来なかったため。
当然、市の予算編成なしで11月の国への交付金説明ができず、またも暗礁に乗り上げるか?
また、
以下は有料ブログで


[PR]
by jpn-kd | 2017-10-21 17:41
他市の残業 5
税務課30代「忙しくて記憶が曖昧になります」
[市町村]2016年10月24日
地方公務員の仕事内容 市町村
1. ニックネームみるく
2. 年代(配属時)30代
3. 職員区分市町村職員
4. 課の名称税務係
5. 月の平均残業時間(通常時/繁忙期)通常時40時間/繁忙期60時間
6. 仕事内容住民税の賦課•徴収滞納整理その他租税の収納管理家屋評価
7. 仕事の感想小さな自治体でしたので、係は二人いましたが、住民税については申告相談以外は全て一人で行っていました。住民税の仕事は覚えてしまえば簡単ですが、お金を扱うので緊張しますし、毎年税法が変わるので、きちんと対応しないと大変な事になります。申告相談から当初課税の時期(12月〜6月)が最も忙しく、気がついたら春が来て、落ち着いたと思ったらもう夏だったという感覚でした。忙しくて記憶が曖昧になります。一年を通して県からのややこしい調査ものがちょくちょくあり面倒です。滞納整理は最も大変で、なかなか収めてくださらない、暴言を吐かれるなどは当たり前です。小さな自治体なので知り合いが多く神経をすり減らします。休日は自治体や消防の行事に参加して休めない月もあります。

[PR]
by jpn-kd | 2017-10-20 11:33


ブログで行政改革をめざす日本救護団 080-9850-5240
メルマガ-まぐまぐ

メルマガ購読・解除


 

カテゴリ
タグ
以前の記事
記事ランキング
検索
楽天
その他のジャンル
画像一覧
累計: 検索エンジン登録
本日: SEO対策
昨日: メール配信

アクセスアップ