<   2016年 04月 ( 28 )   > この月の画像一覧
八戸図書館利用者減 ブックセンターより蔵書を増やせ
全国の図書館の平均蔵書数より八戸は大きく下回っている
それは
ひとえに市長に教育に対しての熱意がないからだ
児童生徒は勿論、生涯学習の成人、老人への気配りがなくただひたすら市長の椅子にしがみついている
あわれな男よ
市民サービス忘れ己の欲を満足せんがために、補正予算まで組んで「ライアの祈り」という映画に2000万円を投入
映画は栄華どころか、散々な入りで興行収入は赤字だ
「ライアの祈り」は「あらイヤの祈り」になった
市長小林の決断はこうした場あたりなもの
町中にブックセンターといういい加減な発想で行政が本屋を開業し利潤を得るそうだ
三春屋の上の本屋も力を失い新刊書やが中古まで置いている
あれじゃ
見に行く気力がなくなる
本屋の営業は実に困難で返本できるというメリットばかりではない
市役所職員も本屋には行きたくないと漏らす
人が嫌がる仕事を創出するな
市長小林が女房でも使って本屋をやれ
小林自身が「いらっしゃいませ」ができるのか
無粋な面を見せれば客はキャッと言って逃げよう
図書館の本が足りない
余計な予算にカネをつぎ込まず、文化発展にカネを出せ
せめて
全国平均の蔵書数を揃えろ
それが市長の仕事だ
ともかく
市長の周りにはへつらい、媚びるやつらばかりで、まともな意見も言えない奴らばかりだ
八戸弁でこびるはおやつ代わりの飯をいうぞ
市長、それはまずい
こうしたらどうか
これが言えないようでは八戸も惨めの極みだ
情けない市長を推戴すれば、八戸の街は滅亡の一途だ
足立区は60万都市、図書館は8館もある
八戸に3館ある
南郷が持っていたもの
八戸駅前の誰も入らないビルの穴ふさぎで入居したもの
大事なところにカネをつぎ込まず、不要なところに注入するは誰が考えても理不尽だ
それを罷りとおさせる市長小林は愚かの極みだ
不要、不急が見えないのかね
by jpn-kd | 2016-04-30 07:08 | 行政ネタ
予知力 たまに先が見える
八戸市役所にハヤカリという総務部長がいた
退職して今は代表監査におなりだ
この監査委員の長を代表監査という
ほとんど仕事をしないのを旨とする楽な仕事で市長の覚えのめでたい奴がなる
責任なんてのはない
副市長のように市長と運命を共にすることもない
毎月50万円の報酬を得る
このハヤカリ氏が総務課長のころ
「あんたは福市長になる人だ」
と予言したことがある
本人は「いやいや」
と否定
退職した時期が悪く、奈良岡が副市長にぶら下がっていた
そこで
退職後、一年浪人し
めでたく代表監査におなりだ
小川の予言は少し外れて、少しあたりだ
時の運があり、大平氏が副市長
これは本人の運だけにどうすることもできない
行政文書開示請求日本一の小川の特技は、ぺらぺらとページをめくる途中で、数字が光る
あるいは、文字がきらめく
だから
不正を発覚できる
文書がお待ちしてました
私を見てとばかりに輝く
これが面白い
その数字を丹念に追うと、役人の懈怠、怠慢が芋づる式に出てくる
デカの事件究明とまったく一緒だ
行政の組織くぐるみの隠ぺい体質はどこも同じだ
沖縄、鹿児島と調べてみたが、県議会こそ悪の温床だ
最近、寄る年波で他県に出るのが億劫になってきた
これからは
八戸市に専念し行政を改革する
手始めが
消防団の寄付集めの撤廃だ
さて、
この小川の能力は他に伝授するわけにはいかない

行政は毎年ほぼ同額のカネを費消する
定年退職したら、興味のある部署、たとえば教育とか民生などを調べることだ
図書館に潜り込み郷土史を調べるのも面白いが、生きた時間、つまり、今がどうなっていることを見るのは痛快だ
まして
行政の不正、怠慢をあばくのは酒を飲んでオダを上げるより精神衛生にいい
また
行政マン諸君を見ていると、ハヤカリ氏のような人物を見つけ、予知、予言ができるようになるのも不思議だ
団塊の世代の諸君
八戸市役所はワンダーランドですぞ
こんなに面白くてタダで楽しませてくれるところを他に知らない
by jpn-kd | 2016-04-29 02:18 | 行政ネタ
どうした水産科学館マリエント
食堂部分で訴訟に発展したマリエント
この尻もちが共産党
結句
八戸市役所に落ち度なし
いいがかりも休み休みにしろ
ここの入館者数が伸びない
23年度 57052
24    65314
25    67053
26    71559
27    73466
指定管理業者の努力が入館者数に現れる
訴訟騒ぎで注意が散漫か
TVなどのマスコミ受けがいいがマンネリ
それに引き比べ
入館者数を伸ばしているのが児童科学館
水産科学館    児童科学館
23年度57052  48695
24年度65314  62554
25年度67053  69717
26年度71559  78638
27年度73466  98026

25年度から逆転した
28年度はひと桁上げる
指定管理業者の努力こそ入館者数に現れる
がんばれ水産科学館、負けるな児童科学館
互いに競うことこそ、八戸のこどもたちに夢を与える
by jpn-kd | 2016-04-28 10:39 | 行政ネタ
建たない田名部組のビル予定地が住民に迷惑
長横町もめっきり人通りが減った
長崎屋のあったころはバス待ちの人たちが軒下にあつまった
これを取り払い新しいビルを建てることで国のカネをひっぱった
当然
新しいビルを建てるという条件のもとで
ところが
その計画がうまく行かない
販売業者を下に入れ上をマンションにして分譲するとかしないとか
当初は三年で建てるはずがずるずると時間ばかりが経過
国との契約違反だと八戸市はやきもき
期限内に建たないと違約というわけでもなさそうで、いずれにしても建てる建てると田名部組は口頭で説明するが計画書を出さないという
町づくり文化部がそれを担当

ラチがあかない
拉致でこまっているのは北朝鮮ばかりではない、八戸市も同じだ
さて、
その建築予定地が鉄板でおおわれたまま五年経過
バス待ちの人が狭い歩道にあふれる
前は、軒下でそれらを解消
ところが、軒がない
鉄板でどうにもならない「たい焼き君」状態
毎日、毎日ぼくらは鉄板の‥
鉄板に押されて人々がギュウギュウ
あふれて車道に押し出される
バスが来ると解消されるが、雨がふれば傘の花だ
余計狭くなっている
これを
町づくり文化に申し出た
気が付かないのかね
担当はあふれたバス待ち客を認識
ならば
鉄板を凹ませろ
あるいは全体に下げろ
いずれ
ビル工事は始まるだろう
八戸市が市長小林の得意技で、また、カネを出して通路部分を確保し、バス待ちは解消されるだろう

建つか建たぬかわからず五年
この五年の間、バス待ち客は困難を極める
行政は地域住民の生命と財産を守るのが仕事
建つか建たぬかは次の問題
あふれてバスに接触、あるいは轢かれるでは行政の怠慢
大原則に反する
火事にもならない建つか建たぬかわからぬ煙のような話に五千万円の予算がついた
建たない田名部組に鉄板を後退させよ
それが
地域住民の安心と安全の確保になる
すみやかにやれ
バス待ちのジジババは毎日困っている
いくら桜咲く春になったとはいえ、バスがくるまで押すな押すなじゃ困りものだ
町を巡回して困難を除去しろ
それが
八戸市役所職員2千人の仕事だ
by jpn-kd | 2016-04-27 07:39 | 行政ネタ
失敗 市長小林はっち建設で大恥
市長小林が箱もの行政の代表作が中心市街地活性化のシンボルはっち
そのシンボルが立たなくなった
そもそも
この小林を擁立したのが市議工藤ゆうごう
これが死んだ
この男なくして小林はなかった
この工藤にとりまいたのが鈴木、元ガス屋の社長だ
小林を立てるべく画策
もとより民主市長を倒すべく計画をめぐらしていた八戸自民団
いやおうなく同調
そして小林が市長になった
おたおたしてたが、わかりやすいのが箱もの行政
次々と建てたな
なかには
建ったが壊れたゴミ処理場もあった
それでも
小林はめげない
ここがエライ
恥知らずだから、失敗という言葉を知らない
そこで
中心商店街の目貫を市有地にし、建てたのが無目的建物はっちだ
こいつに人が寄らない
中心商店街空洞化を加速
それに気づかないふりをする
ここが
小林の破廉恥漢たるところ
失敗の本質をごまかし、へらへらするのが骨頂だ
その具体的数字を上げる
はっちの入口にカウンターをつけ出入りの人数を調べた
平成22年 16 
   23   85
   24   89
   25   96
   26   98
   27   95万人
ところが
これは出入りだから本当は半分
実数字は
平成22年8万
   23 42
   24 44
   25 48
   26 49
   27 47
図書館入館者数と並べる
   23 42 41 
   24 44 41
   25 48 39
   26 49 38
   27 47 38
図書館も入館者数を落としている
図書館を糠塚から中心商店街の移動すれば
この合計数がウロウロすることになる
市長小林は場当たり策の無能ぶりで、市営の本屋をやるという
バカも休み休み言え
行政が物売りをするのか
行政はそうした仕事をするところではない
物事の本質を見定められない市長では八戸は荒廃するばかりだ
はっちは完全に失敗した策
これを見物に各地から視察に来る
失敗の本質を探るために
反面教師の代表作だ
by jpn-kd | 2016-04-26 08:51 | 行政ネタ
八戸巷の噂 市議坂本よしひろは法皇?
八戸市役所介護保険課が介護業者の請求に疑問を持った
沖縄那覇でも請求に水増し、架空請求があり行政が処分決定した
やってもいない行為をでっちあげて介護保険適応として請求する
これは歴とした不正請求
国をだまして金を手に入れるというやっかい極まりない行為だ
これをびしびしと取り締まり、不正に手に入れたカネを吐き出させた
あの
あさりってのがある
あれには砂が入っているから、一晩塩水につけて包丁なんかの鉄分を含んだものを一緒に入れておく
すると
翌朝の味噌汁の実になるって寸法だ
介護保険課が不正に手にしたカネを摘発
カネを返す行為にはその先がある
過誤請求としているうちはいい
つまり
介護保険課はカネは間違って請求したのだから、お返しなさいと指導した
ところが
業者は先を読んだ
このままいけば詐欺事件になると青くなった
そこで
同じ介護施設を階上で経営する市議の坂本よしひろに頼み込んだそうだ
どうしてそれがわかったか
人は巧くいくと誰かに喋りたくなる
王様の耳はロバの耳と同じだ
その噂が耳に入った
そこで調べてみた
その業者がこのままでは大騒ぎになり八戸の介護事業者は次々に不正発覚される
なんとか
介護保険課を黙らせてほしい
そこで
陰の実力者坂本よしひろに頼み込んだ
そして
介護保険課の手足を縛った
どのように?
人事異動で課長を交替させた
さらに
新任の課長に吹き込んだ
働くなと
そこで沈静化だ
これを自慢げに業者がしゃべって歩いた
業者としてはオラホの坂本よしひろ先生はたいしたもんだと言いたかったのだろう
ところが
これは不正請求だ
当然刑事事件だ
国は介護事業者の適正な請求にはカネを支払うが、その額が増加して頭を悩ませる
ところが介護事業者は働くものの確保に頭を悩ます
働く側は賃金の安さを嘆く
介護の事業は儲からないそうだ
そこで、悪智慧を働かすのか、業者の不正請求も新聞に載る時代
ところが
介護保険課の手足を縛る方法があった
人事異動で正義の芽を摘むのは日本国にとってはどうなのかね
それにしても
オラホの坂本よしひろ先生はえらい人だ
by jpn-kd | 2016-04-25 05:45 | 行政ネタ
熊本大地震
熊本で一か月過ごした
そのウロウロした土地すべてがやられた
益城町、菊池市、合志(こうし)市、熊本、玉名市、和水(なごみ)町、ここには18代続く友人の家あり
450年続く郷士の家、近くにある田中城の物見が仕事
街道を田中城に攻め込む敵兵を見つけると狼煙を上げる役目
東京から年に数回草取りに来る
今回の地震の特徴は強い地震が2回目に来た
ふつうは一発屋で売れたけど飛べない歌手のようなもの
一発目がでかくて次が続かない
帰って来いよの松村和子だ
ところが
熊本地震は二発目が大当たりだ
女のため息の森進一のようなもの
これじゃあ、倒壊を免れた家もたまらない
もともと熊本は水の上に乗っかっている
上水道も貯水池なくして地下水くみ上げ
ところが地震で地下水も動き、濁りが生じた
有数の温泉地を持ち、阿蘇から東に抜ける大分には湯布院などの温泉地をぬけ別府に至る
まさに
温泉地帯が断層に沿っている
これがやられた
四月の一日に熊本を出て福岡経由で関門トンネルを抜けた
今は地震で交通渋滞だ
のんびりした町だったが、熊本県民は大変だ
ともかく地震が大小合わせて頻発
こころが落ち着かないだろうが、これ以上の大規模地震は発生しないだろう
ともかく
何度もゆすぶられているので、家の中には立ち入らないことが肝要
東北大地震で空き家に泥棒が入った
同様に熊本でも発生
大事なものは所持しなければならない
風呂敷でくるみ、背中にたすきがけで所持するべし
各地からの支援物資も来る
絶望せず体操しながら待つことだ
県営住宅無償貸出も開始になった
政府の策も次第に見えるはず
それにつけても
世の中一寸先は闇
でも、必ず朝が来るように闇もかならず晴れる
by jpn-kd | 2016-04-24 11:58 | 温泉めぐり
八戸市議会議会事務局の手抜き
議会の使命は市長の暴走の阻止
八戸市長小林は認知症のようで、ものごとの判断がつかず、八戸の中心街を徹底的に破壊
国の交付金目当てのめかけ根性が捨てられず、葬儀屋と組んでロクなことをしない
その妄動行為のもとはカネ
国のカネをひっぱってくるならいいと、議会も承認するが、そんなめくされ金欲しくて、場当たりにやるから町が壊れた
一番は無料駐車場を設けること
これは市が駐車場を一括借り上げすることだ
業者いじめにならない
こうした案を議員が提案しなければ、小林組の手合いにはダイナミックな発想がない
議員諸君が小林案を認めるばかり
議員は色々な角度から見聞したことを議会で質問
これは議事録で確認できる
前沢市議が一般質問した
質問内容は目次に記載あり
中心街活性化、教育問題、奨学資金など
しかし、その質問がどのページにあるかが不明
前沢市議の質問を全部読まなければならない

議員はまず、中心市街地活性化について問う
つぎに○○についてと発言の頭を押さえている
しかし
議会事務局がぼーっとしていて、そのインデックスをゴシックにしない
議会の会議録はネットで検索可能
それには
インデックス検索をする
前沢市議、活性化などの語句を入れれば該当がずらずら
大事なのは電子文書ではなく印刷物
9月議会に質問が多かった、少なかったかは冊子のぼりゅうーむで察しがつく
共産党の質問は相変わらずくどく、水産科学館の食堂の肩を持った発言をくりかえす
最近の共産党には切れがない
もう少し市政を研究しろ
こうした市議連が何を発言したかの議会議事録作成は議会事務局の腕の見せ所
ところが八戸の議会事務局は十年一日
代わり映えがしない
鹿児島市議会の議事録はよくできていた
また
ボリュームも厚い
内容も濃い
ここは共産党が切れていた
いくつもの発想の良さを確認
議員が何に着目し、そのカネの流れが適切か、そうでないかを精査する
議会で不正、不要をつくから町がよくなる
眠り込んでいる議員が多い
議場は暖房がきいていて、興味のない発言に居眠りが出るのだろうが、報酬を得て居眠りは不謹慎だ
後ろの席の議員ほどそれが多い
聞くに堪えないような質問もある

議会事務局は議事録を読みやすくするべき
さすれば、
活性化を議員が継続し質問したのか
その結果、町がどうなったのかを一貫して眺められる
議会事務局の頭の中が議事録作成にでる
いいかげんなものを作らず英知を結集しろ
同じカネをつぎ込んでも、なるほどよくできてるという議事録もあり、そのように革新することにこそ、議会事務局の本質がある
他の議会の議事録を読んで来い
議員のかばん持ちをして他都市に随行するが、その都度見聞を広めてこい
by jpn-kd | 2016-04-23 09:48 | 行政ネタ
八戸市消防団長寄付金は集めない
消防団員が、これみよがしの消防車を使用し寄付を集めることはやめると断言
その代替案の消防団運営交付金の支給は今後考えるとのこと
それではだめだ
中止させた寄付行為の代わりのカネを出さなければならない
その原資は消防本部職員が4名がかりで消防団を見ているが、これを従来の3名にもどすことだ
一人あたり800万円の経費削減になる
わずか150名が増加しただけで1名増員は理不尽だ
鹿児島市のようにバイトのおばちゃんに会計管理をさせ、再任用を2名雇い消防団管理をすれば年間2000万円でおつりが来る
それを消防本部職員が4名がかりでの体たらく
消防団員の無知につけこみ、消防本部がやりいいようにやる
それは
消防団を食い物にしているのだ
消防団は歴とした団体だ
その消防団長に市議の大舘氏が就任
わずか一票差で団長になった
最近よたよたしておられる
それでも消防団長だ
消防団会計も消防本部に任せておたおたしている
よたよたにおたおただ
大舘氏は長年市議をしてこられたので予算決算には精通
それも
カネの流れが適切かどうかを承認するかしないかを決める仕事
が、
自分が予算要求し市役所防災課と対峙
頭の一つも下げなければならない
如才ないからうまくやるかも
それとも
役所の話をご無理ごもっともで聞くのか
ここらの押しと粘りが予算交渉には必要
自民の何でもOK主義ではうまくいかない
共産党のように何でも反対も常識を疑う
市議は傍観者、こんどは当事者だ
任期満了まで務まるのかね
ああ
よたよたしてちゃ
演説に台に登ってこけるなよ
消防団長も公職、結構挨拶の場も多い
檀に上がる前に団長がこけたじゃ絵にならない
消防団を独立不羈の団体にするために大舘市議団長の活躍を期待
歴代の団長にない人脈をお持ちだ
消防団のために、それを活用していただこう
積年の消防本部が自分の都合のいいように団会計を自在に活用
それをぶち破る好機到来
そこに
よたよた団長の登場で舞台は役者がそろった
大舘団長に消防団運営交付金を防災課と交渉してもらい、寄付行為を願ってあるく、消防団乞食根性を打破しよう
by jpn-kd | 2016-04-22 00:52 | 行政ネタ
本日八戸市消防団長と面会
寄付金を集める八戸消防団
それは違法だ
公務員法違反で八戸消防団長を告発する
これには横浜地裁の判決があるが、解釈によっては寄付金集めは公務ではなく、一般会計に入れる筋合いのカネではないと主張するものもいる
が、
個々の判断は色々あるが裁判所の判決ではない
肝心なのは司法判断、巷で云々は寝言
告訴告発は国民の権利だ
大事なのはそうした問題を警察に申し出ることだ
こんなことを見ましたと申し出れば警察権を行使し事実関係を調べる
呑んだり食ったりするカネを集め領収書も出さず、支出明細も示さない
これは
暴力団のたかりと同じだ
準公務員の身分でするから尚悪い
寄付は今後集めないと消防長と消防団長が決めたという
その証拠は?
今後寄付行為をしないという確約書が出るのか?
それともそれはその場しのぎの消防団係の寝言か?
口先介入では日銀の黒田とどこが違うのか
1350人の長の消防団長、八戸市役所2000人の長の小林
ともに重責を担う
消防団員の糧道を絶つのは易い
されば、
その寄付金集めの飲食費を絞り出さねばならぬ
消防団長にはその策がおありか
当方にはある
そのすり合わせが必要となる
消防本部に消防団委託費をまかせきりにしてきた咎めが出た
消防団長に予算管理の頭がない
ゆえに
絞り出す源泉がみつからない
世の中は頭脳の勝負
他人任せにするから見えるものも見えなくなる
by jpn-kd | 2016-04-21 00:27 | 行政ネタ


ブログで行政改革をめざす日本救護団 080-9850-5240
メルマガ-まぐまぐ

メルマガ購読・解除


 

カテゴリ
タグ
以前の記事
記事ランキング
検索
楽天
人気ジャンル
画像一覧
累計: 検索エンジン登録
本日: SEO対策
昨日: メール配信

アクセスアップ