<   2016年 03月 ( 28 )   > この月の画像一覧
さくら満開 熊本鹿本
いい陽気になりました
今年も桜を見れました
さくらは見ごたえあります
花の下で宴会をする人々多し
b0183351_992897.jpg
b0183351_995335.jpg
b0183351_9101948.jpg

by jpn-kd | 2016-03-30 09:10
阿蘇は大分側から見るのが最高
阿蘇は温泉を豊富に持つ
これを熊本側から行くと広大な景色を味わうことができない
ところが
山をくねくねと登ると眼下に阿蘇の広大な景観が広がる
うーん
さすがに阿蘇だ
と納得できる
それが
この写真だ
b0183351_7531246.jpg
b0183351_755836.jpg
b0183351_7562184.jpg

by jpn-kd | 2016-03-29 07:58
国民保護法と消防団8
消防団が地域住民の避難誘導が計画されていない現状をどう打破するか
それは消防団が自立し地域防災の担い手は消防団しかいない現実に目覚めるべきだ
それでは
何からそれを現実の問題とできるか
かつて
神戸で大震災が発生した
常備消防は消火活動に専念し救助活動ができなかった
これを教訓とし市民救命士を生み育てた
これは一定時間の講習を終えた人に与える資格だ
AED、応急手当などの知識を持つ
昨今はコンビニにもAEDが置かれ緊急対応がなされる
また市町村はAED設置場所の地図をHPなどでも提供する
地図に落としただけでは人命は救えない
操作方法を知らなければならない
日常できないことは非常時にはできない
そのための訓練であり講習だ
この講習は消防署が積極的に実施
成果もあがっている
万一に備える体制を日ごろから養うことだ
ところが
消防団員が全員、市民救命士の講習を受講したか
残念ながら100%ではない
まず、消防団員全員が受講すべき
地域には老人・婦人・子どもしかいない
この子どもたちに着目したのが杉並区だ
当時の区長の山田ひろし氏は少年レスキュー隊を組織
これは
中学生に操法訓練をさせ、大会を開催し学校単位で成果発表をするものだ
燃えた
中学生でも立派にこなし、応急手当、担架搬送などをマスターする
子どもだと軽く見れない
知識と行動力があれば立派に大人並みの仕事をこなす
この少年レスキュー隊は都内のほかの区にも飛び火し、方々で中学生が奮闘する
東京は直下型の大震災が発生するという
それに備えて行政は防災の観点から地域をどう守るかを考察している

by jpn-kd | 2016-03-28 06:50 | 行政ネタ
大分県 長湯温泉
こんなのも道の駅と言いたいほどの小さなもの
街道から少し入り込む
温泉館を中心として物販店がある
みょうな物を発見
大豆を醤油で甘辛く味付けたもの
これがうまい
方々うろうろしてるとこうした発見もある
ここは炭酸泉
夕方風呂に入ったら照明がくらく炭酸の泡が見えない
折角の温泉入浴が泡と消えた
六角形の湯船はぬるい
だから出ると風邪をひく
だけに
長湯だ
それで長湯温泉とは言いえて妙
まあ、
二度は入りたくない
入浴料金は竹田と同じで500円
b0183351_8493471.jpg

b0183351_8501528.jpg
b0183351_8512078.jpg

by jpn-kd | 2016-03-27 08:51 | 温泉めぐり
豊後竹田温泉
和歌山の温泉で出会った風呂巡りの人から竹田がいいと聞いたのが10年前
今回はそこへ行った
かなり山の中
ナビが妙なところを教えウロウロ
シャープのゴリラ
大変使い勝手がいい
それでも時折こうしたことあり
それでも二度、三度と迷いながらも到着
風呂のいいというのは相対評価で絶対的なものにあらず
竹田(たけた)の風呂は建物風情あり

湯がどぶ臭い
しじみ汁の中に入ったようなもの
湯もぬるい
評判とは大違い
もっとも、
自分の評価も絶対ではない
というのも
熊本の大野温泉、再度入ったらさほどだ
こうした風呂めぐりも絶対ではない
そんな意見もある程度に聞くべし
b0183351_1482320.jpg

b0183351_1491338.jpg

by jpn-kd | 2016-03-26 14:09 | 温泉めぐり
山笑う 九州 錦江湾
鹿児島に戻り、ここから北上
山笑うという季語がある
山の木々の芽が出た
つやつや椿の葉が陽光を照り返す
ぼたぼたと花が落ちることから武家は椿を植えないとか
竹も風にそよぎ
いよいよ春たけなわだ
あちらこちら温泉を巡り八戸に戻る旅
昨夜は宮崎県小林の道の駅
沸かし湯だったので入浴せず
温泉地九州で沸かし湯には入りたくない
b0183351_92527100.jpg

by jpn-kd | 2016-03-25 09:26
さくら咲く 熊本
いよいよ日本列島に春が来た
熊本人吉の街道にもあちらこちらでさくらの開花
誰も見ないような急斜面の山は満開
こぶしの花が咲き、そしてさくらだ
誰もが心待ちににするさくら
日本人のこころの花
敷島の大和心を人問わば
朝日に匂う山桜花
本居宣長
いい陽気になってきた
花冷えの言葉もあり
三寒四温でまだまだ肌寒い日々が続く
b0183351_6231060.jpg

by jpn-kd | 2016-03-24 06:15
国民保護法と消防団7
消防団という名が間違い
これがために常備消防の下にあるようなイメージだ
消防団は地域防災の核
名称変更の時期がきた
独立した団体を抑え込んだ常備消防の発想を変えることだ
消防団の予算は消防団が行政と交渉する
窓口は
防災課だ
消防団に資金管理事務員を雇用し、あるいは管理団体を任命し、その運営管理を消防団長が執行する
地域防災は消防分団が行う
独居老人の保護、避難誘導
幼児、学童の安全確保などは婦人消防団員の増強が肝要
市民救命士の増強を計り中学生以上は全員が受講する社会の実現
操法訓練も大事だが、消防の真似をしても地域防災の根は育たぬ
常備消防は消防団の予算から手を引け
そして
消防団に地域防災を骨子とした計画を立てさせよ
これが
消防団自立のもとだ
そして
消防団の相互意思疎通のために、管理された情報統制でなく、彼らのITを持たせよ
それには
無料で連絡できるネットのブログだ
消防団ブログこそが消防団発展のもとになる
各地に出でよ
地域消防団ブログ
これこそが消防団行動の公告、さらに地域の防災の現状を発信するメディアとなる
自分の意思で地域防災を担うことだ
by jpn-kd | 2016-03-22 09:56 | 行政ネタ
国民保護法と消防団6
行政がカネを出し、その窓口を常備消防としたために消防団の自主性が欠落した
常備消防と同じことをするなら消防団は不要だ
常備消防予備隊から脱却し、地域住民の避難誘導に特化すべきだ
北朝鮮はアメリカまで飛行するロケットを開発し、嘘だか本当だかわからぬが核弾頭も搭載できるという
テロでアメリカが震撼した
航空機をのっとりビルに突入
多くの被害が出た
ところが
北朝鮮はボタン一つでアメリカに攻撃をしかける
当然
日本も射程距離だ
戦時中は町内会を組織し焼夷弾を消す訓練をしたが、役に立たない
アメリカが開発した焼夷弾、ガソリンを入れ、大型爆弾が途中でこ小分別れしそれに着火しガソリンの雨だ
これじゃ、穴掘って逃げても蒸し焼きだ
戦争はむごい
皆殺しになる
殺した人数の多い方が勝ち
なさけない話だが真実だ
行政は国民の財産生命を守るという

戦争になればどうにもならない
焼夷弾で焼かれた家の補償を行政はしなかった
焼夷弾で焼かれて一晩で15万の都民が死んだ
その
補償もしない
死んだものは帰らない
死ぬ者貧乏だ
現在日本は戦争に巻き込まれていない
国民は安穏として平和ボケだ
ところが
政府は危うい事態を察知し法律を制定
それが国民保護法だ
ミサイルが飛来する
当然火災が発生
原爆なら市民は溶ける

大規模な火災発生
常備消防はそれに追われる
ために
消防団が避難誘導をする
常備消防より桁違いの人員を有する消防団
常日ごろから避難場所の確保
それへの誘導訓練
歩行困難者をどうするのか
分団地域の独居老人数の把握
それへの連絡方法
避難場所での飲食
それへの補給
また
便所、給水場所の確認
応急仮設便所の確保
それの設営と消防団が担う仕事は多い
当然
それには予算を必要とする
常備消防を経由し消防団費を行政に要求する現状は問題解決にならない
行政と消防団長が直接予算要求をするべき
なぜなら
消防団は常備消防の奴隷ではない
独立した他の団体なのだ

by jpn-kd | 2016-03-21 11:00 | 行政ネタ
菊池温泉 美術館を中心に温泉客集める
ぬるい温泉が八軒よりあつまり温泉めぐりをさせる
大きな駐車場が美湯館よこにあり、そこに駐車し温泉を回る
温泉は500円
旅館が日帰り温泉を提供
ぬるぬるのアルカリ泉
三軒めぐって千円
温泉手形を発行
一日でもよし、期限なしでもよし
三人で利用も良しと商工会議所が音頭
駐車場には大型の物産館もあり、品揃え充実
智慧を出すと色々な集客方法ありと感心
勿論
駐車場は無料だ
写真は大型物産館
b0183351_7171918.jpg

by jpn-kd | 2016-03-20 07:17 | 温泉めぐり


ブログで行政改革をめざす日本救護団 080-9850-5240
メルマガ-まぐまぐ

メルマガ購読・解除


 

カテゴリ
タグ
以前の記事
記事ランキング
検索
楽天
人気ジャンル
画像一覧
累計: 検索エンジン登録
本日: SEO対策
昨日: メール配信

アクセスアップ