<   2014年 08月 ( 16 )   > この月の画像一覧
市長・副市長A・Bのタクシーチケット調査4
昨8月29日、24年度市長タクシー券調査再開
田名部は通勤費として燃料代を貰っていると言い換えられた
バス代だと信じていたが、通勤費には燃料代の支給もある
南郷区に通勤すると月額8千円程度でるとのこと
バス代でないので二重取りにはならないと秘書課は弁解
当日は酒食があるので、自家用車ではなくタクシー乗車で何処が悪いと開き直りだ
秘書課の大沢はさんまか鯵か?
直ぐに開き直る
昨今は水産業者の手抜で冷蔵庫で干物を作るから味が悪い
喰えた代物ではない
やはり天日干しが一番
日本人は働く心を忘れ、手間を惜しみカネが欲しいに成り下がった民族
その典型がこの秘書課だ
三役の手伝いをする
これは公務に対して助力
ところがタクシー券は私用
それを公と私と分る作業は私設秘書
その分を三役に請求し一般会計に入れよ
それとも、タクシー券は三役とタクシー会社とで結び、公だけ費用弁償で三役から請求させよ
税金とはそうしたものだ
ところが、
今回判明したのは田名部の八戸ガス取締役問題
これを秘書課の大沢は八戸市が5000万円の出資をしているので、田名部が出るのは当然で、タクシー利用は公だという
ならば訊く
田名部は株券を所有しているのか?
八戸市が出資したので、田名部個人とは何のかかわりも無い
出資しているから田名部にそのお鉢が回っただけ
そして月額8万円の収入を得ている
田名部個人が八戸ガスに貢献したのではない
便宜的に役員にさせられただけ
つまり、この田名部への給与は田名部自身に渡すべきではなく八戸市の一般会計に入れよ
さすれば、タクシー代は正当な請求
月給はポッポに入れて、頬かむりでタクシー代を請求は理不尽
本来、会社は資本家に報いるには株主配当をもってする
水道企業団のところでも触れたが、出資する市町村への配当をせず、内部留保で150億円も所有
これも、配当減税ならぬ水道料金の低減が必要だ
さて、
八戸ガスは歴代、八戸市役所三役ともたれあい、勝手なことをし放題だが、この田名部のタクシー代をみても、いかに市民の目の届かないところでコソコソとやる
市長小林はそれをいいこととし、八戸ガス社長であった鈴木継男の所有する家を借りて、幾ら家賃を支払ったかを言わない
タダなら収賄罪
鈴木はそれを八戸ガスの子会社八戸液化ガスの傘下に売却
つまり、市長小林は自分の地位を利用し、利益供与を得ている
が、これについて誰も非を言わぬ
言わぬから正しい訳ではない
李下に冠の諺もある
李下の冠(りかのかんむり・李(スモモ)の下で冠の曲っているのをなおすと、李の実を盗むのかと疑われる) 他人の嫌疑を受けやすい行為は避けるようにせよという意。
もって銘すべしだ
市長がこれだもの二役において何をかいわんや
b0183351_11133111.jpg

b0183351_11144112.jpg

by jpn-kd | 2014-08-30 11:13
監査委員を監査する。何もしなくとも月額54万円タダ取り代表監査6
具体的事実を口頭で指摘する監査事務局
権限がないのにあるかのように装う欺瞞隠しが口頭注意
記録に残さないように陰で隠れてこそこそ
こうした形式的監査だと市役所職員は軽くみている
その証拠がある
昨日収納課で聞き取りをした
Q予備監査で指摘された抽象的改善命令は具体的指示があったのか?
Aあった
Qその証拠は?
A証拠は無い
Q書証がなくて指摘されたをどう証明する
A口頭で注意をされた
Qその注意は下長納税貯蓄組合に認められない経費は返済しろといいうのか?
A返金しろではなく、認められないというだけだ

かくほど左様に監査委員はいい加減なことしかしない
監査は検査で、不正な支出があれば返金を求めることだ
不正に消費したからとて公金横領ではない
以前市長の交際費を不正に消費した職員がいた
これは検察に告発したが咎めはなかった
咎める咎めないは検察が決める
こうした事実を見聞したは警察・検察に告発する
公務員はそうした事実を発見した場合は告発せよと規程されている
ところが、この性悪女のような監査事務局員は適当にしかやらない
監査委員すら口頭で注意で、文書は出さない
ボケ老人なら記録にせず、記憶で処理するだろうが、公務員はボケ老人か?
記録を作成するから気分で動く庶民と違う
その記録を放擲し口頭でのヨレヨレ注意では誰が従う
監査委員は形式
暦年、市長のゴマすりが就任して甘い汁を吸った
役に立たない形骸化した監査委員制度は外部委託し、市長への嫌らしい媚びを見せないようにするべき
また、この白川に媚びるおべっか野郎がいて、白川とそれが本館エレベーター内でひそひそ上がったり下がったり
扉が開いた瞬間実に妙な空気が流れた
間男を見られたという後悔の念が見てとれた
男同士、それも頭白髪まじりがこそこそ何をしていたのか
追求するべき立場にはないが、妙なことはしないことだ白川代表監査委員
監査をした以上、記録に残し口頭でチョコチョコとやるな
ここは江東区ではない八戸市だ
by jpn-kd | 2014-08-29 08:37
監査委員を監査する。何もしなくとも月額54万円タダ取り代表監査5
監査事務局員による権限を具備せずに行うモグリ監査を予備監査という
これを偉そうに何日にやるので、その書類を監査事務局に持参しろと命令
そして、代表監査は毎日登庁するが、別室で鼻毛を抜いている
何もすることがない
それなにに、毎日出勤手当てを貰いイヤイヤ出て来るが、もともとやる気がないから一日が千日にも感ずるな
まるで乙女の恋心だ
一日が千秋の思いというやつだ
そんなに暇をこいているなら、自分で監査をすることだ
ところが、資産税課のやつらと同じで、毎年一月には市内住宅を見て歩けと地方税法に規程
ところがこれをしない。その理由は市内を見ろだからシナイだとよ
そのため、顔が日に焼けていない
この白川もそれ
自分が手を汚さないことが大人だと錯覚
中国人は昔、手を袖口に入れてそれを出さないのが大人との思い込み
だから、いつも両腕を上に上げて、私は大人アルヨと示した
白川もそれ
人生はあれこれするから面白い
カネを貰ったとて、働きに合わぬものを貰えば咎めがくる
それも気づかぬお大人、カワイソウネ
予備監査はモグリにさせ、白川は本監査をする
ただ尋問するだけ
オマエハ、コノカネを何にツカッタカ
それが年に二回
たった二日で年額600万円タダ取りだ
市長にゴマをすると、この監査役の仕事が配分される
監査委員は一人は市議、二人は見識のある者
白川に見識があるとは知らなかったな
世の中広い、こんな男でも見識があるとは
白川のは見識があるのではなく、見識ばるの間違いではないのか?
けんしき‐ばる【見識張る】見識があるように見せかける。(広辞苑)
いいかげんな予備監査で、収納課に監査室長名で出した文書は何が記載されたか不明
補助金交付事務・納税貯蓄組合補助金において補助金対象外経費を補助金経費として認めているものがあった
どの組合かが不明。そこで筆者が監査委員事務局員二名とともに収納課へ行き、それを調べたところ、15万円を支出した下長組合
この金額の過半をしめるのが弁当代
50人の組合員が一人千円以上の弁当をみなとやから取った
昨今の弁当は500円も出せば腹一杯になる
それを無理やり千円以上使う馬鹿がいるか
具体的に下長だと指摘もせず、改善命令になるのか
えー本日は曇天で、天気があまりよくない
といわれて改善できる大人が下長にいるのかね?
指摘事項というのは、何処の誰が何をしたかを見る
ところが泥棒が泥棒を捕まえる監査室
国民健康保険税徴収事務において復命書に専決権者印のないものがあった
いいか
監査はカネの支出に間違いがないかを検査する
その検査行為は監査委員しかできない
その監査委員が見識なく見識ばるなら、外部に監査行為を委託しろ
監査室の兵隊五人分、年間4000万円と白川らの報酬をゼロにし、年間2000万円で外部監査を導入することこそ、余程理に適っている
白川代表監査解任、監査事務局閉鎖を要望する
b0183351_8202356.jpg

b0183351_8195483.jpg

by jpn-kd | 2014-08-25 08:20
監査委員を監査する。何もしなくとも月額54万円タダ取り代表監査4
一年を二日で暮すいい男白川。白川は本監査しかしない。
予備監査は事務局員に押し付ける。
事務局員には監査権限が付与されていない
いない人間が居る不思議
それが出した結論も白川は知らない
だから白川夜船監査という。これについては明日、その詳細を掲載する
この白川は交通費を支給され毎日登庁
タイムカードは特別職のためない
それをいいことに五時まで勤務しない
途中でふける
湯気のようなもので、たしかにあったような無かったような、ほんにお前は屁のような
この白川のやるのが本監査
一年に二度働く
サンタクロースより少し良い
さんたズロースのようなものか
子どもに夢を与えるサンタクロース
監査事務局員に仕事を押し付けるさんたズロース白川
ズルイ奴にはかなわない
八戸市役所で一番ズルイのがこの監査委員
もとより仕事がない
だから仕事の仕方を知らない
住民監査請求を出しても、仕事の仕方を知らぬため、その証拠を出せだ
証拠がありゃ警察が動く
そもそも行政監査と財政監査が仕事
それを財政しかしらないから混乱
頭がメリーゴーランドで同じところを堂々巡りだ
これを曹洞宗では繞行(にょうぎょう・にょうはめぐること)といい、堂内をめぐる。
もっとも途中で印金が鳴って反対に巡るが、監査委員のは同方向でグルグル
縄文館長の小林が土偶6点、土器5点を亡失し、亡失は弁償と規程されているので、それを監査委員に求めたが、頭メリーゴーランドでスケーターワルツも軽やかに
グルグル巡ったあげくが、その証拠を出せ
証拠は本人の供述書
それではダメで亡失した証拠だと
こいつらは腐っている
八戸市役所の規程では亡失が判明したら速やかに直属上司に届けよ
ところが縄文館長の小林はそれを2年間隠し通した。2年間だぞ。2年間。短大なら卒業
図書館が古文書紛失で教育長が縄文館は大丈夫か?
それで、ようやく重い腰
なんたって仕事をしたくない白川
その他の委員も何もしないで月給取り


b0183351_84753.jpg

by jpn-kd | 2014-08-24 08:04
監査委員を監査する。何もしなくとも月額54万円タダ取り代表監査3
監査事務局員には監査権限がない
それをあたかもあるかのごとくに装い、それらを指嗾(しそう・指図してそそのかすこと)し、予備監査として、その結果を監査事務局長名で出し、あたかも正当な行為であるように錯覚せしめて、故ない行為を糺すがごとき言動・行動をするのは、虎の威を借る狐で、事務局長の野田は反省をなければならない。
それでは、かかる代表監査の仕事とは何か?
これ自体が明確になっていない。
監査事務局の規程は、
(事務の専決及び代決)
第4条 事務局長は、あらかじめ監査委員の指定した軽易な事項について専決することができる。
とあるが、これは監査を事務局が行えるという規程ではない。
何故なら、監査に軽易か重大かを規定するところの軽易な事項ならば、あらかじめ監査委員が指定しなければならない。
これは第四条に規程
それでは、監査事務局の諸君が行った予備監査は役に立たないどころか、越権行為である。
重大な法律違反で、これこそ監査対象
自らを縛る行為だ。
良寛和尚が言う
水の上(へ)に数書くよりもはかなきは己が心を頼むなりけり
監査委員事務局は、何の根拠も権限もなくよく図々しくも作業をしたもんだ。
代表監査の白川に仕事をさせず、権限をあるかに装い、各課に定期監査どと称して書類を運ばせ、それを閲覧するは、筆者より不届き
筆者は行政文書開示法にのっとり、それを請求する
監査事務局は違法
それを積年見過ごしてきた職員は愚か者だ
昨今、八戸市役所の人的質が落ちた
前市長の中村、現小林と市長が凡俗で自分のことしか考えられぬ
だから、部下が保身に汲々とし、市民に目が行かない
そもそも、
白川は何をしているのか
出勤手当て年間7万円弱を貰い、毎日出勤
ところが、こいつは一年を三日で暮すいい男だ。
この諺は江戸の昔にさかのぼる
一年を二十日で暮すいい男
昔の相撲取りは一年二場所。十日を二回やったそうだ。
それを称して一年を二十日で暮す
これより凄いのが浅草のお酉様だ。
一年を三日か、二日で暮す。
十一月の酉の日しか神社を明けない
白川はこれと同じだ
まさかに、八戸にお酉様がいたとは

by jpn-kd | 2014-08-23 11:09
市長が読まない市長への手紙
南郷区保存文書破棄問題
十年保存文書を五年で廃棄
ゆえに、契約関係が不明
本来保存しなければならない文書を係員の錯誤で破棄
これ自体はありうる話
それを防ぐために八戸市文書保存規程あり
それには契約書は30年とある
ところが総務は第三条を楯に十年を言う
三条より五条に重きあり
どの法律も罰則規定は尻にある
それだけ条文は下ほど重い
その廃棄処分をしてよいかの伺いを総務部に提出
その機能が働いていない
今回の南郷区も伺いを総務部に提出
その書類名が「南郷コミュニティーバス関係」とあったそうだ
そこに契約書類が含まれていないのか?
この判断が総務にない
だから一括処理
南郷は村だった
平成17年度から八戸市となった。
当該処理書類は平成17年度のもの
当然、八戸市が管理する初の行政文書
八戸市の規程どおり処理されているかを検査する好機
それを見逃した
改善はどうするのか
これは総務部長判断
南郷区に対し、徹底した八戸市の規則・規程の遵守を訓令すべき

本日8月22日10時に市長への手紙をメール発信
読者諸君とどのような返答が来るかを待とう
結果次第で掲載
by jpn-kd | 2014-08-22 10:28
はっち何をしたのか?不可解な契約変更
4年前に完成したはっちの工事監理疑惑浮上。
仙台の針生建築研究所が設計を担当し、そのおまけで工事監理を同針生がもらった。その金額6195万円。
これは請負ではないので、収入印紙の添付はないと規定しているそうだ。(八戸税務署弁)
請負と事務作業は違うそうだが、不明。
さて、この6195万円の契約は写真の通り平成21年3月26日。
工事監理は工事が開始されてから必要になるが、まだ工事着手前。
にもかかわらず本契約は契約検査課が締結。
ところが、
この写真だ。
契約締結の翌日、契約変更をしている。
平成21年3月27日だ。
これを言い出したのは中心市街地活性化推進室。主幹は今野慎一。
何故、翌日に契約変更をしたのか?
ならば、最初から変更すればいい。
3月末は年度末。
なにかからくりがあったのだろう。
それについて石黒建設部長に問うた。
良く覚えていないが、国からの交付金がらみでそうしたような記憶あり。
ならば、その指示書類があるのか、現在調査を担当課であるはっちに依頼。
変更内容は
20年度中に3千万円を支払う契約を、その年度は0にし、翌年度一括支払いにするという妙な話だ。
本来、3月26日に締結した契約は、残り5日で工事監理ができるはずもない。
それを一度結び、変更するという不可思議なもの。
なら、最初から、その年度の支払いはないと明記すれば、契約変更は不要だ。
仕事を増やすための仕事をしているのか?
地方自治法には
第一条  地方公共団体における民主的にして能率的な行政の確保を図るとともに、地方公共団体の健全な発達を保障することを目的とする。
能率的にしろ。
理念の通りに。それとも八戸市役所は逆行を狙っているのか?
b0183351_9193774.jpg

b0183351_9203539.jpg

b0183351_9212616.jpg

by jpn-kd | 2014-08-20 09:21
監査委員事務局長野田の越権行為
八戸市はこのように規程
監査委員事務局規程
(事務の専決及び代決)
第4条 事務局長は、あらかじめ監査委員の指定した軽易な事項について専決することができる。
監査委員しか監査ができない。
ところが代表監査の白川が仕事をせず、事務局長をそそのかせて、監査をさせ、それを白川が目を通すことなく改善命令を下した。
これは越権行為。
また白川代表監査は自分の仕事をきちんとこなせ。
監査委員が目を通さずに出す改善命令は事務局長の野田名だ。
こんないい加減な話はない。
そこで第四条だ。
あらかじめ監査委員が指定した軽易な事項について専決できるとある。
なら、監査委員があらかじめ指定した文書を出せ。
監査委員がどれとどれを軽易だと類別したのか。
その命令文書は誰の名で出されたのか?
監査委員全員の合意なのか?
軽易の定義は?
専決すれば、監査委員に報告せず、改善命令が出せるのか?
改善すべき点があったということは重要な事案ではないのか?
これらについて答えろと監査事務局に伝達したが、盆休みに入った。
地獄の釜の蓋も閉まった。
明日の月曜日には監査事務局長野田から返事もあろう。
世の中は勝手解釈寝言の言い訳は立たない。
法的裏づけなしには何もできない。
監査委員は汗を出したがらない。
気にいらないノダ。
by jpn-kd | 2014-08-17 09:26
市長・副市長A・Bのタクシーチケット調査4
副市長A・Bは月額915000円の報酬を得ている。
交通費は支給するとある。
当然貰うべき。
ところが、市長とちがい公選ではない。
市民に顔を売る必要がない。
だから、夜になってウロウロ町中を歩く必要がない。
市長は当選しないと木から落ちたサルになる。
元居た木が恋しくて枝を見上げるが、副市長は市長の気にいってもらえばいい。
絶えず見るのは市長の顔色。
ところが往々にして、この副市長がアナを掘る。
奈良岡は困ると議会だろうが懇談会だろうがニヤニヤする。
いかにも不遜で槍玉。
田名部は何を言い出すかわからない。利巧が足らない。
副市長として、いくつかの職責を与えられる。
たとえば八戸ガスの重役。
これで月額8万円を得ている。
それを申告したかどうかはわからない。
副市長は夜の会合に出る必要がない。
盲腸のようなもので、副市長に来てもらいたい会合はない。
出ても出なくともいい、夏の怪談話の幽霊役。
出るぞ出るぞが楽しい。
出ないで早く家に帰って糞して寝ろ。
ウロウロしてタクシー券を使うな。
交通費の範囲で処理しろ。
秘書課も間違っている。
公費で副市長のタクシー代を支払おうと躍起。
請求書が上がってくると私費と公費の分別。
この秘書課員の作業は税金。
税金で副市長の私的秘書をする馬鹿はいない。
それとも副市長から毎月幾らか貰っているのか?
訳のわからぬことはするな。
副市長にタクシー券を渡すから煩雑になる。
副市長は自費でタクシー乗車せよ。
それが正当な支出なら秘書課員に請求しろ。
これが筋だ。
副市長と市長のタクシー券を私費・公費の分ける作業は、各々がするべきで税金を投入してまでする仕事ではない。
小林から率先しろ。
秘書課員は公。
私的な出費は女房に計算させろ。
私費公費の区別ができないようでは市長失格。
また、副市長A・Bは立場をわきまえろ。
月額915000円を得ながら、税金にまで手を伸ばそうとするな。
自分のことは自分でする。私的作業に秘書課を使用するな。
by jpn-kd | 2014-08-16 07:55
市長・副市長A・Bのタクシーチケット調査3
田名部副市長交通費二重取り
田名部には月額2000円の交通費支給。
それで通勤する。
市長は公用車出勤。
ここが市長と副市長A・Bとの差。
しょぼしょぼだか堂々とだか田名部が登庁。
グランドホテルで会合があったのだろう。
そこで帰りにタクシーを使用。
ところがグランドホテルは市役所と同じ地区だ。
タクシーに乗らずに交通費支給内で処理すべき。
つまり
このカネは不要だ。
返還を求めるべき。

その根拠は、
八戸市議会議員は議会に出ると、一日3000円支給される。
にもかかわらず、タクシーで登庁すれば、そのタクシー代は政務費とは認めない。
二重取りだから。
これを議会事務局は日付で調査。
否認され、議員は個人で弁償する。
それは、
「費用弁償」とは、地方自治法で
「議員は職務を行うため要する費用の弁償を受けることができる」
との規定に基づき、各自治体が条例で支給方法や金額を定めている。
議員の交通費支給で二重取りはできない。
議会事務局が目を光らせる。
が、田名部はそれが出来る。
何故?
規定がない。
特別職にはタクシー利用の規程がないから二重取りだろうが三重取りも可能。
ところが、市役所職員は管財課が要領を作成し、それを当てはめる。
だから職員は不正使用ができない。
ところが田名部は規則が無いのをいいことに二重取りは不届き千万。
住民監査請求は一年以内と規程。つまり田名部は時効で逃げた。
ところが、現在もそれをしている可能性大。
何故?
それは秘書課職員が公用、私用を分けているから。
つまり平成26年8月12日現在でも、それが行われている。規則がないから縛られないと盲信しているが、住民監査請求にひっかかれば返済しなければならない。
小林市長就任9年目、この間これが横行。
いやいや倫理観欠如欠如。
公金は我のものと錯覚してないのかね。
by jpn-kd | 2014-08-13 08:35


ブログで行政改革をめざす日本救護団 080-9850-5240
メルマガ-まぐまぐ

メルマガ購読・解除


 

カテゴリ
タグ
以前の記事
記事ランキング
検索
楽天
その他のジャンル
画像一覧
累計: 検索エンジン登録
本日: SEO対策
昨日: メール配信

アクセスアップ