<   2012年 07月 ( 30 )   > この月の画像一覧
ジュニアハイスクール消防隊育成事業について
川崎市消防局
平成23年8月24日(水)午後2時、天候晴、川崎市立橘中学校の生徒の「放水はじめ」、「放水やめ」の号令が署庭に響き渡ります
川崎市では、従前から小学生を対象として行われていた「みんなが消防士事業」の枠を拡大し、中学生や高校生を対象として防災教育に重点を置いた「地域防災スクール事業」を平成21年度から推進しています
川崎市高津区では、この事業をさらに発展・展開すべく消火栓を利用した操法を中心としたジュニアハイスクール消防隊育成事業に平成22年度から積極的に取り組んでいます
この事業を展開することにした背景には、南関東地震や首都直下地震等の発生が危惧されていることに加え「東日本大地震以降、東日本では地震が起きやすいと指摘されている
地域防災力が求められている
地域防災の抱えている課題
地域防災活動の構成員が高齢化している
防災活動に参加・協力する若者が少ない
平日の昼間帯で地域にいるのは、高齢者・主婦・こどもが主である
地域防災の要となる防災リーダーの育成が遅れている
これらのことから、「体力的には成人と遜色のない少年層を活用することにより、貴重な防災資源が確保される」との考えを基本として、少年層の防火意識を目覚めさせるため、中学生への防災意識を促進しつつ、災害時には進んで初期消火活動に協力する「風土づくり」と地元の消防団をはじめとする防災コミュニティ等と連携した「防災活動への参加」を意識付け、次世代における防災リーダーとして育成することで、地域が一丸となった防災力の強化を狙いとする
[PR]
by jpn-kd | 2012-07-31 07:24
「中学生消火隊」初出動
9月6日(日曜日)に実施予定の「足立区総合防災訓練」で、「中学生消火隊」がデビューします。これは、東京消防庁の幼児期から社会人までの総合防災教育の一環で行われるもので、足立区はモデル自治体に指定され、今年度の新規事業として取り組みを始めました。今年度は、中学生の防火防災意識の向上を目的に、千寿青葉・新田・渕江・西新井中学校の4校で消火隊を結成し、来年度以降も順次募集を続けていく予定です。

 「自分たちの住んでいるまちは、まず自分たちで守っていこう」という気持ちを育てる一助になればと思って進めています。何でも人任せの風潮がはびこりつつある昨今ですが、大きな災害の時には、まずご近所の力が大きいことは阪神・淡路大震災で実証済みです。社会人としてのごく基本的な規範や倫理観も同時に養ってもらえたらと、期待しています。
 4校の早いところでは、この4月から、D級ポンプ(可搬ポンプで一番小さいサイズのもの。1分間に約220リットルの放水能力があり、火災対応は十分可能)を使っての放水など、地元の消防署や消防団のご指導のもと、訓練を続けています。総合防災訓練当日は、黄色の「A-FIRE」のジャンバー姿で初お目見えする予定です。私も消防団の経験がありますが、大勢の前で訓練どおりの成果を披露するのは、簡単なように見えて意外に難しいものです。中学生隊員の活躍が今から楽しみです。

 消防団のことをちょっと紹介させてください。区内には3つの消防団があります。各団長によると、団員には40年から50年を超えるキャリアの方もおり、年間平均200回程度の出動回数だと言います。火災ばかりでなく、風水害はもちろん、年末や花火大会などの大きなイベントの警戒にも参加しています。
 団員は、仕事を持ちながらの活動の上、真夜中や朝方の出動も日常茶飯事ですから、本人はもとよりご家族の負担も想像を超えるものがあります。さらに最近は、訓練に対してご近所から「うるさい」という苦情がでることもあり、なかなか思うように活動できず、苦慮している分団もあると聞きます。地域の防火防災には欠かすことのできない仕事をしていますので、少しでもご理解が進むとありがたいのですが…。
東京消防庁と東京都足立区が、中学生を地域防災の担い手として養成する試みを始めた。保護者の世代が勤めで地域を離れている日中に大規模災害が発生した場合、中学生が果たせる役割は大きいと着目した。区立4中学校で有志による「中学生消火隊」が編成され、訓練を続けている。
 新田中学(石鍋浩校長)では、2年生男子4人が隊員となり、7月から訓練を始めた。2学期初日の今月1日も放課後、運動場で消防署員から消火ポンプの使い方を学んだ。「接合よし」「放水始め」などと号令を掛け合いながら、15メートルのホースから放水した。「もっと大きな声で」「火元に近づき過ぎない」。署員からは次々と注文がついた。
 隊長の羽野順貴さん(13)は「消防の仕事にあこがれていたので応募した。しっかり声を出すのに苦労したが、大震災が起こった時、学んだことを生かしたい」と話した。
[PR]
by jpn-kd | 2012-07-30 08:24
防災甲子園を知っていますか
阪神大震災から10年を機に始まった全国でも珍しい防災教育のコンテスト「ぼうさい甲子園」(1・17防災未来賞)=毎日新聞社、兵庫県、ひょうご震災記念21世紀研究機構主催=が今年度も開かれます。
今年も全国各地から応募があり、多彩な活動成果が寄せられており、特に今年は東日本大震災で、防災教育の意義が見直される中、東北の被災地と各地をつなぐ学校間の交流の動きも盛んになっているそうです。
東日本大震災の被災地の中高生が今秋、相次いで修学旅行で西日本を訪れており、体験を語り継ぐ活動にもつながっています。
「世界中からたくさんの支援を受けた私たちができるのは、経験したことを広く伝えること。私たちのメッセージを受け止めて」。体育館であった交流会で、代表で釜石東中の川崎杏樹(あき)さんと金野(こんの)葵さんが話し始めた。地震が起き、海のそばにある校舎から福祉施設に避難したが、崖崩れの危険があったためさらに高台にある介護事業所を目指したことや、津波が来た瞬間の様子を、写真を紹介しながら生々しく証言、上町中の生徒は真剣な表情で聴き入った。
 2人はさらに続けた。「想定外の巨大津波から逃げることができたのは、普段の取り組みがあったから。特別なことをしたのではなく、普段の小さなことを続けてきた結果」。生徒らは隣接する小学校と合同避難訓練を続け、地域で防災のボランティアをするなどさまざまなことに取り組んできた。2人は福祉施設で崖崩れの危険を指摘したのが近くの高齢者だったことにも触れ、「知恵をくれ、守ってくれるお年寄りを大切にしなければ」とも訴えた。
「ぼうさい甲子園」ではこの震災に関連した活動についての特別賞を設けるとのこと。東北の被災地の学校の取り組みや、被災地とつながる遠方の学校・グループの活動などが対象。表彰式・発表会の前後などに被災地の学校と、近畿圏の学校などによる交流の場を設けることも検討しているそうです。
この、
釜石東中学の生徒の話を気象庁がDVDを作成し、全国の小中学校へ配布
津波時の避難を呼びかけた
それでは、どうして釜石東中学の生徒が、高台避難ができたのか
それには、平時に防災教育を熱心に説く指導者がいたからだ
それが、前述した群馬大の片田教授だ
世の中、偶然はたしかにある
が、それに備えることも、必ずできるはず
そのできることが何なのかを探り、それを定着するのが、防災対策
[PR]
by jpn-kd | 2012-07-29 06:26
都庁近くの消防団員からコメント
ふふふ、こんなものは、氷山の一角。

「幽霊団員」の事を突いてみなされ。

実に興味深い、いいや、不正の塊が出てきますよ。

役人らしい実に姑息な処理がなされていますよ・・・・・・・・

「名義貸しの団員」「休団」「休団扱い」だってさ。(休眠団員とは、呆れ)


これで、団員定数の充足率を取り繕っているのです。

真面目に活動している団員は、馬鹿にされているのだ。
[PR]
by jpn-kd | 2012-07-28 08:50
3・11大津波 釜石東中学の生徒が小学生を励まし避難で全員無事 2
片田敏孝群馬大教授はこう言う
「家で親を待つ」と答えた子どもたち
 こうして津波防災教育が始まったのは06年。最初に行ったのは、子どもへのアンケートだ。
 「家に1人でいるとき大きな地震が発生しました。あなたならどうしますか?」と質問した。ほとんどの回答は、「お母さんに電話する」「親が帰って来るまで家で待つ」というものだった。
 私はそのアンケート用紙に、「子どもの回答をご覧になって、津波が起きた時に、あなたのお子さんの命は助かると思いますか?」という質問文を添付し、子どもたちに、家に帰ってから親に見せるように指示した。
 大人たちは、行政や防災インフラに頼ることで、前述したように油断していた。親の意識が変わらなければ、いくら学校で子どもに教えても効果は半減する。だから、「わが子のためなら」という親心に訴えようと考えた。
 この試みは奏功した。その後、親子で参加する防災マップ作りや、避難訓練の実施に繋がったからだ。完全に集計しきれてはいないが、今回の津波で、釜石市内の小中学生の親で亡くなった人の数は31人(4月5日現在)と、釜石市全体で亡くなった人の割合と比較しても少ない数が報告されている。親の意識改革は、子どもへの教育浸透を助けるだけでなく、親自身への一定の波及効果もあったのではないか。
教授の指導で釜石教育委員会は、防災学習をとりいれた
過去に何度も津波を経験した釜石市は「自分の命は自分で守ること」が出来るこどもを育てる
平成22年「釜石市津波防災教育のための手引き」作成
「助けられる人から助ける人」への意識を育むことをねらいにEASTレスキューという独自の防災学習を平成21年度から市内全校で開始
これは、釜石東中学校で生徒会が中心となって実施していた「地域貢献活動」に、防災をとりいれたもの
そのメニューは
①防火練習
②応急処置
③救急搬送
④防災マップづくり
⑤非常食炊き出し
⑥防災チラシ
⑦安否札配布
⑧津波記念碑清掃
⑨竹ざお担架つくり
⑩水上救助
これらは、「ぼうさい甲子園」(注)で2年連続優秀賞受賞

[PR]
by jpn-kd | 2012-07-27 08:27
東京消防庁・所得税法違反
b0183351_819047.jpg
東京・足立区の消防団補助金を調査
千住・足立・西新井消防署に対し、それぞれの消防団員一人あたり、一万円、年間1638万円 (福祉共済378万円含)を補助
この金の支出状態を各消防署の消防団係が作成し、一覧表として区の防災課に提出
その、一覧を見たとき、千住消防団が足立市場(青果市場借賃)として30万円を支出とある
この、領収書はあるのかと、防災課に問うと、領収書は消防署が所持し、区ではもっていないとの返答
千住消防署へ行き、確認しろとのことで、千住消防署に出向くと、開示しないとのこと
再度、区の防災課に行き、見せないと言っていると伝達
区は見せるように指示するとの回答
千住消防署から、開示するとの話で、またも千住消防署に出向いた
足立市場は東京都の所有地、消防団が防災訓練で使用するのに、30万円の金は不思議
この点を調べると、何、使用料はなく、警備員に菓子をくれた
その領収書はある
ところが、消防団の分団長に2万円、副団長に1万円を激励費として支出
総額で17万円
これが、操法訓練・年末警戒・出初式の三回に都度17万円支払われた
その領収書は、一覧表で各分団長の名と印鑑がおされている
これが、所得税違反になる
消防団の訓練手当ては非課税
これは、通達で規定されている
28-9 消防組織法第18条《消防団》の規定に基づき市町村に設置された消防団に勤務する非常勤の消防団員が当該市町村から支給を受ける各種の手当等については、次による。(1) 当該非常勤の消防団員が、消防、水防等のために出動した場合に支給を受ける出動手当、警戒手当、訓練手当等で、その者の出動の回数に応じて支給されるもの(以下この項において「出動手当等」という。)については、28-8の「その職務を行うために要した費用の弁償」に該当するものとして差し支えない。
ところが、この分団長激励手当ては非課税対象ではない。
こうした、使い方は所得税の対象となり、源泉徴収をしなければならない
他の消防署も同様な支出をしていると思われ、足立区防災課は調査を開始
この支出が所得税違反であることを、足立税務署の総務課に申し入れた
適正な処置をしなければならない
行政が国法を犯すでは、恥ずかしいかぎりだ
消防団と消防署がもたれあってはいけない
b0183351_8212747.jpg
b0183351_8215054.jpg

[PR]
by jpn-kd | 2012-07-26 08:21
3・11大津波 釜石東中学の生徒が小学生を励まし避難で全員無事 1
これは偶然ではない
先覚者の鋭い見識と実行力があった
現代版・紀州有田の「稲むらの火」
高台に逃げろを声高に叫んだ、現代の浜口梧稜は群馬大教授の片田敏孝氏
この人が防災を叫び、それに釜石教育委員会が呼応
片田氏のブログには、こう記載されている
まずは社会人教育を行おうと、講演会を何度か開催した。だが、来場するのは防災意識の高い、ごく一部の市民ばかりで、広がりに欠けた。その他大勢の無関心層に訴えるため、私は学校教育を糸口にできないかと考えた。
 防災教育を毎年受けた小中学生は、いつか成人となり、家庭を持ち、結果的に社会全体の底上げにつながる。子どもを通じて、親や地域社会に教育の成果が広がることも期待できる。
 早速、私は市内のとある小学校を訪ね、管理職クラスの先生に防災教育の実施を提案したが、反応は冷ややかだった。英語授業や総合学習への対応に忙殺されて余裕がない、というのが理由だった。また、津波とは関係のない内陸部出身の先生が多かったこともあり、危機感が薄かった。
 そこで当時の釜石市教育長に直接相談した。教育長は地元の出身であり、昭和三陸大津波の被害を実際に経験していたことから、防災教育の必要性を理解してくれた。そして、学校の先生への教育が必要だという結論に至り、平日の午後、全校を休校扱いにして、空いた時間帯に教諭向けの防災講演会を実施する機会を与えてくれた。
 先生方に私が訴えたことは、防災意識が不十分な今の釜石に育つ子どもたちは、今のままでは次に襲来する津波から逃れられないということだ。そして、その津波は彼等の一生のうちにほぼ必ず襲来するという事実である。自分の命を守ることが何にも増して重要なことと感じ取ってくれた多くの教員が、私の呼びかけに応じてくれ、先生方との連携で防災教育のテキスト開発と授業研究が各校で始まった。

[PR]
by jpn-kd | 2012-07-25 08:24
一家に一人市民救命士 これは、川崎消防局の標語です
市民救命士とは?
一般の人がけが人などの応急手当てができる態勢を整えようと、総務省消防庁が93年度から、全国統一の講習(普通コースで3時間)を定めて運用を開始。座学や実技で心臓マッサージや人工呼吸の仕方などを学ぶ。04年からは自動体外式除細動器(AED)の使い方も採り入れた。神戸市は修了すると「市民救命士」に認定。他の自治体は「修了証」などを渡している。昨年12月現在の全国統一講習の受講者数は、消防庁・局単位で東京都が延べ約139万人、大阪市が同約32万人。神戸市33万人、川崎市16万人
東京消防庁管轄の23区消防団員は74%がこれを所持
災害時の応急措置は消防団がとれることを証明
が、この消防団への災害時要援護者安否確認をせよ
との、命令が下る制度がない
昭和24年の消防設置法以来、60年にわたり、行政は消防団を育成してきた
しかし、東京23区は3・11に、消防団は動かなかった
2時45分という時刻のため、会社員の消防団員は地域に不在であった
すると、これを補うのは誰?
地域にいるのは、老人・婦女子
これに着目し、中学生でも地域防災の担い手になれると杉並区が動いた。
杉並区中学生レスキュー隊
平成17年度から開始
区内23中学校がすべて参加
年一回7月にレスキュー隊発足式が開催される
場所は区役所近接の阿佐ヶ谷中学校庭
23中学のレスキュー隊が消防署の指導のもと、①D級ポンプの操法訓練(放水まで)
②担架搬送訓練
③AED操作訓練の三つをこなす
教育委員会が主催するが、正課でのとりくみでもなく、クラブ活動でもない
自発的な子等からの申し出でによる(ここらが味噌)
山田ひろし区長の提案で、都庁から招いた教育長がそれを浸透させ、今にいたる
山田ひろし市長は三選までを公約、ために身を引いたが、教育長は現在も現職
ところが、杉並区は、この中学生レスキュー隊に、市民救命士の資格を授与していない
3時間講習を三回に分けて履修させ、市民救命士の資格を授与し、背中に、大きく市民救命士と書かれたジャンパーを授与すれば、意識は高まるだろう
子供を誉めれば、大人以上の活躍をするのは間違いない
[PR]
by jpn-kd | 2012-07-24 08:37
東京23区消防団へ各区の補助金一覧表
荒川区の消防団補助等の事務事業分析シートに、次のように補助目的を記載
区の防災対策上重要な役割を担っている消防団や防火防災協会の円滑な活動を支援することにより、区民の生命、身体および財産を火災から保護するとともに、水害・火災または地震等の災害を防除し、これらの災害に因る被害を軽減する
対象者・荒川消防団・尾久消防団・荒川防火防災協会・水防従事者・災害における応急措置業務従事者・民間協力者(消防作業、救急業務、水防事業、災害応急措置)
内容・消防団や防火防災協会の円滑な運営を図るため、財政支援を行う
消防団員等公務災害補償等共済基金加入に対する助成を行う
必要性・消防団は地域に密着した防災関係機関として、災害時に出動したり、区民消火隊や防災区民組織に対する防災指導等を行っている。区としてもその活動を支え、さらに発展させるための支援を行う必要がある

各区の補助一覧 判明分
新宿区  224万9750円
大田区 1200万円
品川区 1080万円
世田谷 2366万9143円
杉並区 1144万9千円
中野区  377万3千円
板橋区  288万円
練馬区 1092万7千円
文京区  440万3千円
葛飾区  995万円
墨田区 2190万4386円(福祉共済185万7千円含)
江東区  769万8422円
足立区 1638万円 (福祉共済378万円含)
台東区  800万7千円
目黒区 1082万3400円
千代田 1267万円 (福祉共済111万円含)
荒川区 1010万円

世田谷区は2366万・新宿区は224万と大きな差
はて? これはどういうことか

[PR]
by jpn-kd | 2012-07-23 07:54
小さな花
b0183351_1125584.jpg
東京・足立区青井の民間駐車場
小さな花が精一杯咲いていた
わずかな透間に落ちた種
それが、立派に咲いて見せた
素晴らしいものだ
人間、置かれた境遇を嘆くことはない
境涯をなじることもない
生きてるだけで、幸せなんだから
運を信じ、運を生かすことを考えよう
ないとおもうな、運と災難
あるとおもうな親と金

シドニー・ペシェというフランス混血のクリオール
1897年ニューオルリンズ生まれ
1949年からパリ定住
ソプラノサックスの名手
ルイ・アームストロングとならび世界の巨人と呼ばれる
ジャズ名盤・ブルーノートを支えた一人
この男は喧嘩早く、拳銃発砲、ナイフで刺すなどで刑務所に一年いたこともある
ところが、フランス人の女房に作ったのが、小さな花
これが世界で大ヒット 62歳没
この曲を日本で流行らせたのが、伊藤エミ・ユミ
双子の歌手
愛知県常滑出身、伊藤シスターズで細々、名古屋のレストランで歌っていた。
それに目をつけたのが渡辺晋
ご存知ナベプロだ
1959年2月にザ・ピーナッツとして売り出す
この姉のエミと結婚したのが澤田研二
この男が大当たり
グループ・サウンズで「ジュリー」の愛称で活躍するも、啼かず飛ばずの時代あり
ところが、伊藤エミと1975年に27歳で7歳上と結婚・同年8月の「時のすぎゆくままに」が大爆発
92万枚を記録
勝手にしやがれ、89万枚
歌がビジュアル化するもとを作った
テレビと歌、映像と歌が一つになり、ソフト帽を投げる仕種を小学生がまねるほど
澤田の田中裕子との浮気がバレ、18億1800万円を慰謝料
その後、田中と結婚
伊藤エミはあげまん 71歳没
田中は……?
世の中、運
ないとおもうな、運と災難
いつまでも、あるとおもうな親と金
[PR]
by jpn-kd | 2012-07-22 11:03


ブログで行政改革をめざす日本救護団 080-9850-5240
メルマガ-まぐまぐ

メルマガ購読・解除


 

カテゴリ
タグ
以前の記事
記事ランキング
検索
楽天
その他のジャンル
画像一覧
累計: 検索エンジン登録
本日: SEO対策
昨日: メール配信

アクセスアップ