<   2012年 03月 ( 31 )   > この月の画像一覧
八戸の消防団についての考察5
b0183351_95807.jpg
消防団がハッピを着て、信玄袋を片手に複数人で戸口に立つ
協力金として500円を出せという
500円じゃ仕方が無いと、皆がこれに応ずる
その金は何に使われているのか
町内会費は強制ではない
これを支払わない八戸市役所職員もいる
職員の二割は払わないといわれる
当然、この消防団協力金も支払わないことだろう
町内会費の使途を明確にした決算書を提出しない町内会もある
これは問題だ
公民館に強制的に取られている実態もある
また、日赤の赤い羽根募金なども、町内会費を食い物にしている
日赤の場合は、払戻金を町内会に差し出してもいる
構図がしっかり出来ている
それは日本が戦争をしていたころからの食い込みだ
昭和22年に消防法で、消防団を設置しろと義務化
その管理は地方自治体にある
しかし、八戸の場合は消防本部に丸投げしている
消防本部は消防団管理のために人員を配備しなければならない
消防は広域事務組合の管轄
でありながら、八戸市役所の仕事を何故押し付けられなければならないのか?
それは、広域事務組合に応分の負担金を支払っているからだ
が、これは論理に矛盾あり
本来の消防団は地方自治体の管理下に戻すべき
と、いうことは、消防団のありかたを吟味するときがきている
つまり、消防団が何故、町内に消防協力金を求めるのか?
それは、飲食の金に窮するからだ
消防団は市役所の管理下にあるから、消防団には金が流れているはずだ
実にそうだ
年間2億円以上の金が消防団に消費されている
では、どうして金が不足するのか
大食いの奴ばかりが消防団にいるのか?
団長は7万2千円
副団長は5万4千円
分団長は2万8千円
副分団長は2万4千円
部長2万1千円
班長2万円
団員1万9千円
機能別団員1万円
これは月額じゃない
年額だ
これじゃあ、消防団に入れといわれても入りたくないのが現状
[PR]
by jpn-kd | 2012-03-31 09:58
「はっち」の金の流れに不審あり
3月2日に指摘した開館当時のイベント出費に不明・不正・不明朗なる金を見つけ、この正当性を述べよと伝達したが、
「わかりました」
の返答を残し、それっきりにしている
待つのも仕事
しかし、三月も本日で終るが、出費した事実は消すことができない
その、出費に対し吟味もぜずに、相手方に支払うわけもない
役所は支出行為に対しては、支出伺を立て、支出負担行為兼支出命令決議書にもとづき金を出す
当然、課員の印・課長印・そして部長になれない館長の風張氏の印が必要になる
つまり、「日本救護団」が指摘している出費に対しては、最終責任は部長になれない館長の風張氏が責任を負うことになる
と、いうことは、一ヶ月の間、「日本救護団」の追求がなければよい、あの野郎が死ねば助かると思い続けていただろうが、そうは世の中甘くない
待つだけは待ったが、伊達や酔狂で待っているのではない
そちらにも、応分な言い訳があるだろうと待った
しかし、無視するは許されない
いいか
行政文書情報公開は平成11(1999)年5月、「行政機関の保有する情報の公開に関する法律」を制定、役所の仕事内容を知ることができるようになった。
これは、国民の平等に持つ「知る権利」なのだ
それを行使して、かかる金の流れが不明であり、不正である
と、なじられたら、それが正しい支出であることを証明しなければならない
さもなくば、自腹を切ってでも、その金は弁済しなければならない
こんなことは自明の理
役人ばらは最終的には、その覚悟を必要とする
それが、日本人の恥の精神なのだ
腹を切って詫びる
東京電力の社長をつとめた清水氏も、国を傾けるほどの大失態を演じたが、この恥を知らない
死ぬ覚悟であたるから、できないこともできる
「日本救護団」は狭い道を拡げて通るが、己が稼業、たとえ敵の数がどれほどあろうとも、聞かぬうちならまだしものこと、聞いたからには、腕と目釘の続くかぎり、斬って斬って斬りまくり、死人の山を築いてくれんず
相手の言い分は聞く、が、制限時間内にすることだ
それが、行政マンとしての勤めだ
それとも、逃げ切るのが仕事なのか?
部長になれない館長の風張氏に、このことが伝達されていないとも思えぬ
行政文書開示請求が出たら2週間以内に、開示・不開示は決定しなければならない
が、質疑をされ、それに応答しない罰則はないが、これは信義の問題
それとも何か?
「はっち」は八戸市役所の出先機関ではなく、民間企業で開示請求の対象ではないのか?
返答はいかに!
[PR]
by jpn-kd | 2012-03-30 09:00
八戸市営バス 旭ヶ丘操車場出発時点から遅れ
儲かっていない店はなんとなく消沈
店も薄暗い
けっして省エネのせいではない
同様に薄暗いのが市営バス
旭ヶ丘の操車場の小汚いこと
また、職員にやるきがない
ウメナイという部長からして、なんとなく、そこらの爺ィ風になった
財政にいたときは、もうすこしピンとしていたが……
周りの雰囲気になじんだのだろう
毎回、バス運行不都合で「日本救護団」の標的にされる市営バス
遅れてシミマセンなんてことは一度もいわない
いわないのが仕事だと思いこんでいる
部長がウメナイ、部下はいわないでナイナイ尽くしだ
また、課長のヤマジが情けない
消防本部にバス停がないと陳情に行った
ヤマジの上着の袖に丸い穴、そこから白いワイシャツが見える
なんだと訊いたら
ストーブにくっつけてしまったト
仕事もしないで、ストーブに齧りついているから、そったらことになるんだべ
この男に投書を読み上げた
27日午前9時35分ごろ、国道45号線明戸でウルスラ高校行きのバスを待った
遅れて到着
乗客に問うたところ、操車場出発から遅れて出た
これをヤマジに問うた
操車場を出るところに信号機があり、その作動が遅くて時間がかかる
二点目に四本松の信号に時間がかかった
ところが、バス停は四本松と新井田川と明戸の三つ、そこで5分も遅れるは時刻表作成に問題あり
ヤマジはしきりにいい訳をするが、読者諸君、さて問題の本質は?
それは、バス運転手が銭函を抱えてバスに乗り込んだ時間
バスを始動させ、操車場の待合室に到着した時間
ここが問題
ヤマジはこれにふれない発言、つまり本質かくし
ヤマジは本質をかくして埋めようとする、しかし部長はウメナイ
だから、こうした問題が露呈する
東京都バスに乗る
運転手が遅れてご迷惑をおかけしましたと詫びる
お寒いなか、ご迷惑さまでございました
本日は、この先の●●で火災が発生し、交通規制がありましたので、遅れました
お急ぎのところ、まことに申しわけありません
遅れをとりもどすようにつとめますが、事故をおこすと更なるごめいわくになりますので、できうるかぎり遅れのバンカイにつとめます
こういうぞ
バンカイの弁解をしているのではない
ヤマジのはいい訳ばかり、それも本質かくしだ
都バスを見習えとはいわない
同じように車内放送、車外にも音声は聞こえるようになっている
機器の使い方ぐらいは習熟させろ
[PR]
by jpn-kd | 2012-03-29 09:40
八戸の消防団についての考察4
火事ですか、救急ですか
消防司令が、このように訊く
救急車出動回数が消防車より多い
藁屋根のころは飛び火が恐かった
火は高い所にあがる
水と性質がまったく異なる
が、現代建築は不燃・防炎処理がほどこされている
昔ほど火事が発生しない
すると、頻度の多い救急要請
これも時代のながれで、初期治療が施術されれば延命率が高いことがわかった
従来は救急車は、タダの搬送車
ところが、気道確保で延命率が上がることが、外国の例で実証された
が、日本では医師会の反対で、それができない
これはおかしい
法よりも人命が大事
そこで緩和され、救急救命士の誕生
東京消防庁救急担当主幹であった武井勝徳が雑誌『暮しの手帖』に投稿を行ったことや、1989年(平成元年)から約2年に渡りフジテレビの報道番組『FNNスーパータイム・週末』において、黒岩祐治の旗振りで救急医療の現場や、救急救命士の必要性を訴える特集を放送していた。それらのことが世論の反応を呼び、1991年(平成3年)4月23日に救急救命士法が制定されて制度化された ウィキペディアより
つまり、時代の要請にこたえる以外に方法はないのだ
救急車内はさながら小病院
機器は充実し、必要とあらば限定はされるが投薬も可能
世の動きに国が動いた好例
すると、昭和22年来の消防団のありかたも、当然見直されてしかるべき
が、誰もそれに手をそめない
実は、この消防団にも悩みがある
火消しの時代
これらを支えるのは町のお大尽
彼らが火消し組に金を出し支えた
昔は火の走る方向の家をぶち壊すからだ
金が支えるぶち壊しからの回避
これがDNAとして、日本人の心に焼き付いている
それは、消防団の地域からの負担金徴収だ
[PR]
by jpn-kd | 2012-03-29 08:40
八戸の消防団についての考察3
改善、改革も経年で劣化する
明治10年、鹿児島で西郷隆盛がおこした西南の役
これに、斗南藩士たちは警視庁巡査として応募
会津で薩摩藩士の略奪・暴行を目の当たりにした
それに報復せんと、大挙して鹿児島に向った
この年に消防の歴史に刻まれる改革があった
それが、前述の腕用ポンプ
大八車でこれを火災現場に持ち込み、天水桶、貯水槽の水で消火が可能になった
大八車はエンジンカーとなり、昨今は2から3トンの水を消防車に溜め込んで疾走する
タンクに水が満杯状態での疾駆は、ハンドルをとられ、自身が事故を起こす
これには相当の習熟訓練を要する
が、消防団にそれが可能か?
毎年、数台の消防団消防車を新車と交換
しかし、現代装備の消防車を使いこなせるだけの技倆をもっているのか
消防団の能力の低さをなじっているのではない
八戸消防署が市役所の前にあったとき、夕刻になると訓練がある
大声をあげて、毎日訓練をする姿を目撃
それほどまでしても、火災現場では事故が起きる
絶えず、危険と背中合わせの仕事なのだ
昭和22年の消防法で、行政がそれを担う
消防本部と消防署・消防団を設置せよとある
しかし、消防団を消防本部管轄にせよとは書いていない
が、八戸市は消防団を消防本部管理下においている
消防団と消防本部は別の団体だ
119番に電話をする
これは消防本部に直結する
司令が聞く
「火事ですか救急ですか?」
平成23年の救急出動件数は570万7千件
前年と比べ24万3千件の増加
2010年の火災件数は4万7千件
圧倒的に救急車の出動回数が多い
こうなると、救急車が出動中に、更なる出動要請が発生する
こうした場合、消防車を出すと、公安委員会から苦情が出た
全国統一ではないのが公安委員会
八戸の場合は、こうした融通は可能
これをPA連携という
Pはポンプ車
Aは救急車
時代は確実に変化し、消防署から火災現場へは八戸市内なら5分で到着
すると、消防団に消火活動をさせる必要があるのか?
[PR]
by jpn-kd | 2012-03-28 09:31
八戸の消防団についての考察2
八戸中心市街地に消防屯所があり、それは江戸の昔から同一場所にある
町火消しは町内で金を出し合い、消防を組織
この機能は、延焼をくいとめること
火を消すことは二の次
大体、煙の上がったのを見て、徒歩で火事現場へ到着し、消火栓、消防車もない状態ではなしえることは限定的
これが、改良されるのは消火栓のない時代では、貯水装置を利用した腕用ポンプの登場
明治10(1877)年の国産化による
これを全国的装備とするべく、消防組規則改正、明治27年(1894)
屯所を設け、火の見やぐらを装備し、町火消しから消防組へと変わった
昭和22(1947)年消防組織法で市町村の管轄となる
これが自治消防のはじまり
そこには、消防本部・消防署・消防団を設置しろと規定
屯所の火の見やぐらは、建築物の高層化にともない、無用の長物、より高い消防署の望楼警戒となり、さらに、電話回線の普及により、望楼も廃止
高層化は次第にエスカレートし、エレベーターなしでは上層階へ行けないほどになり、各階層の部屋も建築材の進歩にともない、密閉性をもつようになった
新建材の登場で、燃焼した場合には有害物質を出すなど、高度の知識が必要となった
また、密閉された部屋での火災は内部を燃やしつくし、ドアを開けるたとたんに、急激な酸素を供給し、爆発的に燃え上がるバックドラフトと呼ばれる状態を招くことになる
こうした、現代建築への消火活動は、消防団の装備では鎮火は不可能
ボンベを背に、面包を装備した常備消防ですら、日頃の鍛錬でも消火活動は危険をともなう
訓練もない消防団にみてくれだけの消防車を用意しても、実働はできず、むしろ現代火災には役に立たないどころか、消防団員による二次災害が発生する
火災には初期の対応が重要で、発火から五分が鎮火の重要な時間となる
昨今の火災警報器設置の義務付けで、八戸管内では六割程度が装備
また、各家庭に消火器設置で、この初期消火への対応は、格段に改善されつつある
また、家自体も不燃性の建材使用の法制化で、燃えにくい、また、飛び火を受けにくい構造になってきている
こうした、ことから、昭和22年当時の発想で消防団を消火活動に貢献させるより、火災予防、要援護者への災害時救護活動へと、方向を変える時期がきている
消防団は日常業務に従事しながら、消火活動・消防活動にたずさわるのが基本理念である
しかしながら、会社員に災害時に出動せよ、勤務時間に消火活動に参加せよというのは、不可能でしかない
[PR]
by jpn-kd | 2012-03-27 09:11
八戸の消防団についての考察1
昔、村八分ってのがあった
部落で悪しきことをした者への制裁をいう
それでも、二分が残った
それは、火事と弔い
火事が八分の家に発生
すると、昔は藁屋根だから、飛び火で部落の家が焼ける
水は高いところから低い所へとながれる
ところが、火は低い所から高い所へと探ってあるく
馬鹿と煙は高い所へあがると昔から言う
チョロチョロ燃えた火は、壁を伝わり屋根へと抜ける
屋根を突き破った炎は、仲間を求めて飛び歩く
これが飛び火だ
隣の家にうつるのではない、いきなり遠くの屋根に音を立てて移る
部落全体が焼け落ちるのに時間はかからない
昔は消防車もない
火が出れば家財道具を運び出すだけで精一杯
1923年の関東大震災も、このDNAが作用
大八車に家財道具を積み、本所の被服廠跡の公園へ逃げ込んだ
そこで3万5千人が火災旋風で焼け死んだ
その場で火葬され、3・11の災害がれきのような人骨の山ができた
付近を歩くと悪臭で耐えられなかったと記されている
近くの清澄庭園は紀伊国屋文左衛門の屋敷、それを岩崎弥太郎が買い取り庭園を整備、そこへ近隣の人々が逃げ込み、多くの人命を救った
シャープの早川の妻子も、ここへ逃げ込む途中で焼死
早川はシャープペンシル工場拡大のため、大坂の文具問屋から借金、その返済のため大坂へと転じた
天才・早川は関東大震災がなければ、東京・本所で能力をふるった
それが、火災で運命が大きく狂った。
火事と災害は人生への重圧は大きい
この火事に備えて火消しが誕生
江戸の昔の話だ
火消しというが、燃えている家の飛び火を避けるため、火の通り道の家を取り壊す程度
水をかけて消すなどということは全くできなかった
江戸の昔に竜吐水という設備があったように言うが、天水桶に溜めた雨水を水鉄砲程度の竜吐水でどうやって消せる?
火を実際に消せるようになったのは明治10(1877)年の腕用ポンプ国産化による
[PR]
by jpn-kd | 2012-03-26 11:57
八戸市営バス運賃上限300円で一割減収
わかりづらい料金刻みで、バスに乗るたび小銭を勘定
これが、初乗り150円となり120円の人には二割増し、しかし、500円も出している人にはとっては4割ダウン
そこで、交通部に聞いた
収入はどうか
一割減だそうだ
バスの運転手は、料金にはさわらない
ただ、ひたすら前を見て走る
ところが、バス時刻表どおりには走らない
遅れるはあたりまえ、時間より早く出発したのに遭遇したこともある
ダイヤどおりに走れないのは、ダイヤ編成に無理あり
運転手に訊く
なんで遅れた
管理者に言ってくれ。信号だってあるんだ
バスには拡声器あり、遅れてすみませんの伝達もない
なかには親切な運転手もいる
バスに乗って嫌な気になる
それくらいなら歩いたほうがまし
定年退職者は、どのみち、急ぐようなことでもない
しかし、それをあてにして病院へ行く人は困る
一時間に一本のダイヤでは、遅れるは困るもと
まして、接続をあてにしていれば、定年退職者も困る
しかし、運転手は困らない
銭函抱えて操車場の機械に入れるだけ
なら、もっと愛想よくできないのか寒いところで、足先冷たくして待っている乗客
遅れてすみませんに一言を言え
市長の小林も乗用車に乗らず、たまにはバスに乗ることだ
実に、市長ながらも市営バスに愛想がつきるゾ
公共交通とは何か?
市民感覚で考えろ、それには市長がバスに乗ることだ
黒い車でふんぞりかえっていては、見えるものすら見えなくなる
もっとも、見る気もないのだが……
[PR]
by jpn-kd | 2012-03-25 10:05
八戸市の盲腸・広域事務組合
ここは消防・ゴミ処理のもと
場所はユトリーの中にあり、空き部屋対策で借りている
ここは、年来、足手まといの者の受け皿
大体、本庁から出されること自体があまさりもの(南部弁)
何か問題があると、ここに追いやられる
今は教育委員会にいた東森氏
ここは何も仕事がない
消防は消防本部、ゴミ処理は清掃工場、糞尿は環境クリンセンター
では、何をするところか?
それは、市役所との折衝
それだけ? そりゃ殺生だろ?
ここが行政の無駄なところ
八戸市営バスが大赤字をぶっこいて人員整理
その受け皿が清掃事務所
清掃事務所というから、清掃工場(焼却施設)を管理するのかと思うと、あにはからん、ゴミの運搬
その運転手に、バスの運転手を廻した
バスの乗客は一人でもあがってくる
ゴミは助手がいないとあがってこない
人手がいる
清掃事務所は八戸市役所管轄
広域事務組合がどうして必要か?
階上やおいらせなど近隣の町村のゴミ、消防を担うから
そのため、消防・清掃工場を統括する所が必要となる
もともと現場作業
それを、無理やりに事務所をつくる
つくれば人員を配備する
誰かが引く貧乏クジ
この広域事務組合に出す仕事を八戸市役所にもある無意味な場所
それは、環境部、広域事務組合に金を渡す
そのために、ここが存在
ここは、何のためにその金が使われているかをご存知ない
また、作業内容についても知らない
知らなくとも仕事はできる
市長の小林が八戸セメントに押し付けた災害がれき、これとても、焼却工場をフル操業すれば広域事務組合だけで処理できた
ところが、環境部・広域事務組合・清掃工場とながれていくうちに、神経障害が発生して、どこかでやる気が失せる
市役所に蔓延しているのはシナイ病
何もシナイで一日暮らす、何かすれば処理が面倒では、被災地のがれきの処理はすすまない
が、八戸市役所役人根性、我が身の痛いのは一瞬でもいや、他人の痛いのは百年我慢できる
シナイ・やらない・聞いたふり、前向きに考えるは聞かなかったと同じです
無策無能政府も地方行政にがれき処理を願った
八戸市長の小林は、協力するふりは良いけれど、足元行政の盲腸シナイ病の解決できず、広言するのも考えもの
[PR]
by jpn-kd | 2012-03-24 09:36
景気後退で八戸市の供託金は無意味
市民の税金を金を貸すというので供託
四月一日に出して三月末に返済
供託した金の十倍貸すという約定
これが履行されなていない
供託金合計で12億5千万円
つまり125億円の貸付がなされる約定
ところが、
61億1千万円しか貸していない
つまり半分だ
地震のため、県の低金利に流れたというが、本当なのか?
ならば、供託金も半分でよかろう
あまった金で八戸市は、漁船をつくり、漁師に安く貸し出せ
八戸は海から拓けた町
漁業振興なくして八戸の未来もない
去年と同じことを繰り返すな
災害はやってきた
浜は大被害をこうむった
が、この供託金制度は役にたたない
役に立たないことを役人がやる
役所とは市民の役に立つから役所
役に立つ結びつきをするのが役人
それが役に立たないは……
供託先一覧
青い森信金 1億8千7百万
同    600万
商工組合中央金庫 3億円
同    2500万円
青銀   3億2千万円
みち銀  1億7千6百万円
秋田銀行 3千万円
岩手銀行 7100万円
東北銀行 4千万円
北日本  5千5百万円
青森県信 1600万円
[PR]
by jpn-kd | 2012-03-23 10:22


ブログで行政改革をめざす日本救護団 080-9850-5240
メルマガ-まぐまぐ

メルマガ購読・解除


 

カテゴリ
タグ
以前の記事
記事ランキング
検索
楽天
その他のジャンル
画像一覧
累計: 検索エンジン登録
本日: SEO対策
昨日: メール配信

アクセスアップ