<   2011年 01月 ( 49 )   > この月の画像一覧
八戸市議採点簿24
平成22年 8月 民生協議会

現時点採点表
伊藤円子80
畑中哲雄69
松橋42
石橋40
田中満39
夏坂38
大島33
坂本真将22
寺地16
山名文世15
小屋敷14
森園13
工藤10
豊田10
松田10
秋山8
藤川優里6
下田4
古舘3
前沢3
三浦隆宏2
島脇一男1
立花1
田名部和義1
八島1
荒川-5
越後-5
東野-7

もうすっかり忘れていたが、100歳以上の高齢者の生存確認と、市民病院の決算。
高齢者確認年齢引き下げについては「検討中」との事だが、通訳すると見なおしませんという事だろう。
市民病院の決算は、いかに赤字をわかりにくくするかが、担当者の腕の見せ所だという。
累積欠損金は132億円余という。それを27分以内の時間で了承。
欠席者は田名部和義委員長。
発言加点  伊藤氏2点
マイナス点 田名部和義委員長 マイナス5点


◎梅内 高齢福祉課長 それでは、全国で今話題となっております100歳以上高齢者の所在確認について、八戸市の状況をお手元の資料に沿って御報告申し上げます。
 当市には、平成22年7月31日現在、100歳以上高齢者が45名おりました。
  結果的には、八戸市には所在不明の100歳以上の高齢者はおりませんでした。
◆伊藤 委員 ゼロであったということは大変よかったというふうに思っております。
 それで、次年度以降も100歳以上の方の所在確認をするということを伺いましたけれども、100歳以上ということでなく、もう少し対象年齢を下げた方向で対応していくという考え方についてはどうでしょうか
◎梅内 高齢福祉課長 現在、90歳から99歳までの人口が1839人、80歳から89歳までが1万1511人、それから70歳から79歳までが2万5508人と、100歳以上に比べまして非常に対象者が多いということから今検討中です。


◎松田 管理課長 それでは、平成21年度八戸市立市民病院事業会計決算の概要について御説明を申し上げます。
この結果、その下の収支差し引きCでございますが、2億5947万3295円と単年度黒字となり、累積欠損金は132億3329万5014円に減少いたしました。





  民生協議会記録
 ─────────────────────────────────────
開催日時及び場所
 平成22年8月20日(金)午前10時00分~午前10時27分 第3委員会室
 ─────────────────────────────────────
本日の会議に付した事件
 ● 所管事項の報告について
  1 八戸市非常勤消防団員等公務災害補償条例の一部改正(案)の概要について
  2 市有財産の無償貸付けについて
  3 100歳以上高齢者の所在確認について
  4 平成22年インフルエンザワクチン接種事業について
  5 八戸市国民健康保険条例の一部改正(案)の概要について
  6 八戸市広域医療連携基金の設置及び管理に関する条例(案)の概要について
  7 平成21年度八戸市立市民病院事業会計決算の概要について
  8 その他
   ・ 各種審議会等委員の推薦について
 ─────────────────────────────────────
出席委員(8名)            │ 欠席委員(1名)
 副委員長 壬 生 八十博 君     │  委員長  田名部 和 義 君
 委 員  森 園 秀 一 君     │
  〃   夏 坂   修 君     │ 委員外議員(なし)
  〃   下 田 保 夫 君     │
  〃   松 橋   知 君     │
  〃   畑 中 哲 雄 君     │
  〃   伊 藤 圓 子 君     │
  〃   坂 本 美 洋 君     │
 ─────────────────────────────────────
出席理事者
 防災安全部長           白 川 文 男 君
 福祉部長兼福祉事務所長      山 内   隆 君
 市民健康部長           松 浦 伸 一 君
 市民病院事務局長         林   隆之介 君
 総務部理事            嶋 津   明 君
 防災安全部次長兼防犯交通安全課長 田 向 一 也 君
 福祉部次長兼福祉政策課長     池 本 伸 也 君
 市民健康部次長          工 藤   哲 君
 国体室長             田名部 源 一 君
 市民病院事務局次長兼物流施設課長 田 村 博 美 君
 総務部副理事           小 向 洋 一 君      他関係課長
 ─────────────────────────────────────
出席事務局職員
 主査 和 田   智
 ─────────────────────────────────────
   午前10時00分 開会
[PR]
by jpn-kd | 2011-01-31 19:47
まだ整理がつかないのか道路維持課の街路灯
b0183351_12213321.jpg
二年前に指摘した年間1億円の街路灯電気料金
街路灯の数と東北電力の請求の数が合わない、その精査につとめているが、いまだに詳細、明細が上がってこない。一体全体やる気があるのか。
自分たちが責任放棄し、東北電力の言われるまま、電気料金を支払うは不届き。自分の家なら不正請求をされれば怒るはずだが、八戸市役所の体質、放置、放棄は得意技、桔梗野工業団地もアニータ青森県の言うまま気ままにまかせて、県民の税金で寿司を食っても食ってない。ところが金の流れを調べてみたらばれたという
県不用論、県なんてのは役に立たない、ケントウ違いという。
東京足立区の街路灯標識、八戸市も検討の時期、それとも県と同じでケントウ違いか?
それともデントウ違いか?
b0183351_12215691.jpg
b0183351_12222442.jpg

[PR]
by jpn-kd | 2011-01-31 12:22
おもしろ半分46 世界の黒沢 七人の侍予告編
世界中が注目した作品、これを下敷きにして「荒野の七人」が誕生、ユルブリンナー主演、スティーブ・マックイーンらが凄腕を見せた。
この七人の侍の脚本の小国さんは八戸出身、実際に台本を書いたのは橋本忍と黒澤、小国御大は英書を片手にフムフムだったそうだ。橋本忍が書いていた。
この橋本が兵隊に行き、病気で入院、隣のベッドにいた兵士が退屈しのぎにシナリオの本を見せた。橋本はこれなら自分も書けると発奮、それが現実となり、その教えてくれた兵士の実家を訪ねた。久しぶりに会った兵士は墓石の下だった。病気が悪化して亡くなった。それから橋本の快進撃、切腹で示す男の意地と貧困、それを仲代達矢が見事に演じきった。
中台の終生の作と呼ばしめた逸品。
また、黒澤は「用心棒」を作り、これがクリント・イーストウッドの「荒野の用心棒」となる。世界の黒沢、日本映画を世界に押し出した偉大な人物だった。

[PR]
by jpn-kd | 2011-01-31 10:13
おもしろ半分45秋刀魚の味 予告編
監督の小津さんは生涯独身、60歳で死んだ。笠智衆は八十八で死んだ。若い頃から老け役、寅さんの御前様役、加東大介は小説『大番』の主人公・株屋のギューちゃん役に抜擢され、加東はユーモラスでエネルギッシュな男を熱演し、映画は大ヒット。大番シリーズは4本も作られ、ギューちゃんのあだ名はそのまま加東自身の代名詞となるまでになった。64歳で没、津川雅彦の叔父さん。戦争を懐かしみ笠を艦長と呼び、総員甲板と敬礼しながらバーの中を歩く。
バーのマダムが岸田今日子、八戸出身の羽仁もと子が作った自由学園に学び、演劇の世界へ。砂の女はすさまじかった。76歳没。
小津さんは世界の小津と呼ばれるほど、カメラアングルの低さに定評があり、股のぞきと呼ばれたが、畳に座る習慣ではどうしてもそうなるだけ。それが外人には珍しかった。
日常を丹念に撮った監督、いい仕事をされた人だった。

[PR]
by jpn-kd | 2011-01-30 14:35
おんぶに抱っこに肩車、市長の小林
八戸ガスに八戸市は出資、その社長をしたのが鈴木継男氏、所蔵する絵画を八戸市に寄贈。が、八戸市名誉市民にはなれない。名誉市民の民間人は三浦哲郎だけ、あとは行政マン。絵画寄贈では名誉市民たる資格がない。
この鈴木氏の自宅内に小林は居住、同一屋根の下ではなく、鈴木氏が隠居所として建てた離れに居住、ここを再選後購入したという。言ったのは鈴木氏だけに間違いはなかろう。
当選して居所を求めるは誰しもすること、それがたまたま鈴木氏の所だった。ここまでは判るが、小林の事務所に行ったら、そこにハヤカリなる男がいた。これは鈴木氏の手下で、愛想がいいのだけが取り得、この男は八戸ガスにいたことがある。
つまり鈴木氏は居所と人手を世話したことになる。これがおんぶに抱っこだ。
肩車は収入が増えた小林に家を売ったことを指す。幾らだかタダだか知らない、そこまで踏み込んで聞く気もないからだ。
「日本救護団」は税務署ではない、AからBに名義が変わろうと、代金が収受されたかされなかったかなど眼中にない。
不用な建物を建設することで収入が増えたのか、市長報酬だけで溜め込んだのか、鈴木氏が安くしたのかなどさっぱり判らぬが、ともかく売ったそうだ。
さて、今度は縄文館、ここにバスを行かせるように画策中、さて首尾よくいくのか。
南部バスの最大の赤字路線、どうなることやら
[PR]
by jpn-kd | 2011-01-30 10:11
桔梗野工業団地問題で帰れなくなった副市長奈良岡
市長の小林が桔梗野問題に決着をつけようと画策
県は食糧費でスシを食いネエ、津軽っ子だってねえ、清水の次郎長ってのはそんなに強いのカイ、子分でつよいのは誰だって、浪花節の石松代参千石船の話、これで江戸っ子、神田の名が全国的に広まった。それのもどき。
小林が引っ張ってきた奈良岡は県の役人、それを焚き付けて桔梗野問題をあばいた。自分じゃできないから、議員に頼み込んで、これこれを質問してくれと根回し、そういう点、小林はなかなかシタタカ。
それで筋書き通りに質問が出る、当然アニータ体質の悪名高き青森県、叩けば出るほこり、それに悪乗りして、人事課は仕事もない事業団に加担すべく積年二人を出向していた。
毎日退屈で退屈で、あああとあくびの連発。一人頭年間700万円を浪費、この銭返すのかネ、八戸市役所は妙な所で、いまだにバブルだ。
小林が市長になって改善したのは市長交際費、これは中村の頃からくらべると半分になった。だが、南部の殿様にはいまだに付届けだ。
江戸の昔は遠くなったが、どういう気なのかネ
小林の手先になって事件を暴いた奈良岡はもう青森県には戻れない
ハサップのために連れてきたのが、桔梗野問題の乱脈にすりかわり、小林こければ奈良岡も、親亀の背中に子亀を載せて、親亀こければ皆こけるで、市長職を失えば一巻の終わり。小林は自分の時代が続くと踏んだ。
だから強行突破だが、小林の差し金は誰しも知ってはいるが、県もそれを強くいわない、互いに紳士面をしているだけ。
俗に言う貧乏くじ、これを拾わされた奈良岡、田向地区の建築基準をゆるめて、商業地区にするとはどういうことか、小林のご都合主義が露呈、すると、病院を中心とした厚生施設地区構想はやめたのかと思うと、豊田市議が総合保険センターを建てることへの提灯発言、もういらないんじゃないの、箱物は
間もなく開館する「はっち」の敗北は間違いないが、来館者が増えようが増えまいが、小林は建てるおとだけが問題で、是川に24億円かけて、土偶の家を建てた。
これもやっかいな問題だが、八戸市民はよく黙っているもんだ
無知蒙昧、市長は市民のためになることをしてくれていると、信じているのかね、金の流れは水の流れと等しい
それをたどれば、市長がいかにヘンナことを画策しているのが見える見える
それでも黙っているから妙な市民だ
[PR]
by jpn-kd | 2011-01-30 08:53
八戸市議採点簿ー桔梗野団地問題
「そういうことには疎いので、あらためて言いたい」
発言が色々取り上げられている。
今年の流行語大賞には、是非ノミネートして欲しい迷言だと思う。
この発言をされたお方に是非読んで頂きたいブログが有る。格付け会社が別会社で、1段階の引き下げが違う点。しかし状況は殆ど同じ。

格付け
2002年5月31日 00:00 :  日本の国債に対するムーディーズの格付けが二段階下がった。景気回復が見込めず財政悪化に歯止めがかからないと見られた結果。日本の国債はほとんどが日本国内で消化されその多くは銀行が買っている。通常なら格付けが下がれば国債も下がるのだが銀行は資金運用先が国債以外に無いため、国債の価格が下がらないという奇妙なことになっている。外国に資金が流出し始めれば一挙に国債は暴落する恐れがある。能天気な総理や財務大臣には分かっているのだろうか。

能天気な総理や財務大臣には分かっているのでしょうか?今もそのまま当て嵌まる内容と思う。
これは、「菅直人公式サイト」からのそのままの引用である。

さて、前回平成22年 8月 議員全員協議会の桔梗野工業用地造成事業について発言は割愛したが、どこが問題だったのかをあぶりだしているので、記しておく。

◆坂本〔眞〕 議員 一回整理させていただきますけれども、当初、八戸市が事業団に、場所選定につきましては案を上げているわけです。それにつきまして県のほうから、そこではなく県道に近いとかどうのこうのいろいろな理由をつけて現在地にしたいということで、実際には力関係から言って事業団が現在地を決めて、現在地で施工されていると。
 昭和60年から62年の間に、土地を買ってそこに建物を立てた10社が、水が噴き出したということで他に移転ということで、買い戻し8億8142万9000円、それから移転補償8億9615万円、合計17億7757万9000円であります。その後、一たん買い戻したものをさらに売却いたしまして3億6853万円、差し引き14億904万9000円の想定外の支出がされたと。

八戸市は別の場所の案を出したのに、県が問題土地を購入。
責任は市に押しつけている。更に都合の悪い?書類は破棄して無いと言っている。
事業団の存在こそが本質のようだ。県の各種事業団は存在しない方が問題を起こさないで済む。
秋山市長は北インター工業団地は完売されると思っていたようだが、売れ残っている。

◆◆森園 議員
そもそもの原因というのはガバナンスがなかなかできていない、県のほうがこういった組織を、事業団をつくったということ自体がまず一番の問題だなというふうに私は思います。

◆松橋 議員
昭和62年9月の八戸市議会で、当時の秋山市長から、桔梗野工業用地の負債は北インター工業用地と合算すれば問題はないということの説明があったといいますが、私はこの流れが大きいのじゃないかなと、この答弁が大きいのじゃないかなと。
[PR]
by jpn-kd | 2011-01-29 19:58
八戸市議採点簿23
平成22年 8月 建設協議会

  建設協議会記録
 ──────────────────────────────────────
開催日時及び場所
 平成22年8月20日(金)午前10時00分~午前10時45分 第4委員会室
4 田向地区の都市計画の変更案について
◆◆坂本〔眞〕 委員 多分、十分な文言で御説明されていると思うんですが、ただずらずらずらと来るんで、私も理解が不足するんですけれども、要するに保留地処分を促進するということは、規制を緩くして利用の幅を広げるということですか。単純に言えばそういうことですか。
◆豊田 副委員長 副委員長の立場で恐縮なんですけれども、何点か御質問と御要望をさせていただきたいんですが、今、坂本眞将委員のお話の中からもわかりましたのは、今この時期に変更案を出したというのは、市長がマニフェストでも述べられたように総合保健センター、これをつくりたいということで田向地区を想定しているということが昨年の12月議会で出たと思うんです。それで3月議会の質問の中でこのようになったという経過なんですが、そのことを受けて、多分私は、平成22年度に基本構想を策定して、そして平成25年度に建設、立ち上がりという予定のもとに、今年度がタイムリミットなので、ここの用途変更をこの時期に急いでいるのかなと思ったんですが、それよりも前にこちらの保留地処分、これを第一義的に考えて、変更ありきが先だったものでしょうか。そこをお尋ねしたいんですが。
◆発言加点
◆坂本真将2
◆豊田5
豊田の言葉から判るのは市長の小林が田向に総合保健センターの箱物を建てるということ
消防本部も建て、またも箱かい、四角い顔してるからな、小林は、いや、お供え餅の出来損ないか。
[PR]
by jpn-kd | 2011-01-29 19:05
おもしろ半分44 はやぶさが八戸に来る
水産科学館マリエントに、はやぶさが来る。その映画が各地で上映され大評判、八戸でもこの上映を期待したい。
予告編を見てくれ、このはやぶさが燃え尽きても、使命を果し、カプセルを放出、それが来るんだ。こんな興奮を子供たちと共有できることは喜びだ。

[PR]
by jpn-kd | 2011-01-28 12:22
おもしろ半分43 アドレナリン予告編
昔の映画は話の展開がまだるい。そこにいくと、このアドレナリンは効果音の心臓の鼓動、画面のそれを表現するためのゆらぎも現実感があり、まさにそう思うと相槌を入れたくなる。
青森県庁の汚い手口を読まされたりすると、精神浄化に、この映画は最適。ぜひ見てくれ。今頃言ってるのかジジイって、あら、また誉められちゃった。
淀川死して面白映画紹介の拠り所はぴあかな。

[PR]
by jpn-kd | 2011-01-28 10:35


ブログで行政改革をめざす日本救護団 080-9850-5240
メルマガ-まぐまぐ

メルマガ購読・解除


 

カテゴリ
タグ
以前の記事
記事ランキング
検索
楽天
その他のジャンル
画像一覧
累計: 検索エンジン登録
本日: SEO対策
昨日: メール配信

アクセスアップ